スクール・カウンセラー制度-その構造的問題-(2)

公開日: : スクールカウンセラー

指定大学院の学生さんとお話する機会が実は結構あるんですが、そういう時に「スクールカウンセラーになりたいんです」という人は少なくありません。

 

で、よく話を聞いてみると明言はしないものの、「重い病気の人を相手にするよりは比較的健康な子どもを対象にしたい」だったり、ひどいのになると「大人よりは、(防衛的な関わり方で済む)子どもを相手にしたい」という思いが見え隠れすることがあります。

 

そんな時、私はこう思います

 

お前ら、学校臨床なめてんじゃねーぞ!

 


 


前の記事にも書いたように、スクールカウンセラーは非常に難しい仕事だと思います。子どもよりもむしろ、教師だったり親だったりへの対応が多いというところも少なくありません。物わかりの悪い教師って多そうですよね~(←偏見)。親の対応も難しいだろうなぁ…そんなん、あたしゃ、ようしませんわ(←偽関西弁)。

takashiさんのコメントにもあるように時給は高いんですが、その立場だったり経済的な基盤だったりは病院勤務よりもさらに不安定です。


…で、以下は私の妄想も多分に含んでいるので、明らかな事実誤認等が含まれているかもしれません。気づかれた方はコメント等いただけたらと思います。

資○認定協会か心○臨床学会か…どちら主導になっているのかよくわかりませんが、文科省が進める公立中学校のスクールカウンセラー制度…実はこの制度って「増え続け、仕事が無くなってきている臨床心理士資格保持者の受け皿」という意味合いが非常に強いんじゃないでしょうか?

地方はまだまだ開拓の余地があるかもしれませんが、都市部では病院やクリニックといった働き口はそろそろ飽和状態にあるようです。しかし、指定大学院を出て新たに臨床心理士資格を取得する人は、毎年1000人単位で増え続ける…かなり前から言われていたことですが、このままでは「資格はとったけど就職はできない…」という人がどんどん増えてくるはずです。

そこでスクールカウンセラーですよ。

確かに色々な面で不安定な職ではありますが、少なくとも日銭は稼ぐことができます。精神科や心療内科のクリニックの非常勤の人で給料の少ない分をスクールカウンセラーで補うという話もよく聞きます。

学校臨床はまだまだ開拓の余地がありますから(あ、でも東京都内なんかは既に厳しいみたいですね)、職にあぶれた臨床心理士資格保持者を受け入れることもできます。そういう人達も苦しいかもしれませんが、なんとか生活することができるでしょう。そして、本当は非常勤よりは常勤の方が望ましいんでしょうが非常勤であるということで、期せずして今流行りの「ワークシェアリング」を取り入れることになっています。

なんか良い事たくさんって感じですが…本当にこれでいいんですか?

<まだまだ続きます>

関連記事

教室の黒板

公立学校教員の業務の一部をSCが担うのは可能なのだろうか?

少し前のブログ記事ですが、こちらなかなか興味深かったです。未読の方、まずは読んでみてください

記事を読む

教室

スクールソーシャルワーカーについてよく理解できた気がする件

13/10/17のエントリ、スクールソーシャルワーカー関連の新聞連載を読んでみて考えたことで

記事を読む

SC推移

改めて考えてみる。スクールカウンセラーの時給は適正?

※上記図表はあくまでも「イメージ」であり、当エントリで主張している内容とは直接関係はありません…

記事を読む

NHK@首都圏 SCニュース

東京都がスクールカウンセラーを全都立小中学校・高校に配置の方向

twitterでこんなニュースを発見。 【ニュース】いじめの問題が深刻になるなか、東京

記事を読む

no image

カウンセラーの聞き取り転用 「他者に開示してはならない」…の背景をまとめてみた

11/10/15の記事、カウンセラーの聞き取り転用 「他者に開示してはならない」…って当たり前じゃん

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック (17件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 東京以外でも都市部は、「1人1校まで」という制限がかかってきていますね。地域によっては、臨床心理士の風当たりが強くて、「週1回4時間だけでいい」なんてところもあります。
    私の住んでいる地域は、圧倒的な人手不足(地元に臨床心理士養成校がないですし)、まだ「臨床心理士天国」状態が続いています。他県の人が、スクールカウンセラーの仕事を得るべく流れてくる現象も見られますね。
    しかし—-17年度でスクールカウンセラー事業も終了となり、「国の費用半分負担」もなくなりますから—-その後はあまり希望が持てないですね。なので私は今年度いっぱいでスクールカウンセラーの仕事は辞めます(笑)。これからはまだまだ配置が遅れている私学が狙いどころと言えます。私も来年度は私学で働きます。
    >「増え続け、仕事が無くなってきている臨床
    >心理士資格保持者の受け皿」
    しかし、ダメなことに、臨床心理士養成系の大学・大学院のカリキュラムって、「病院臨床」モデルと「民間専門相談機関」モデルに特化されている場合が多くて—-学校臨床についての教育やトレーニングは軽視されている。
    学校臨床についてあまり勉強していない人が、修了後すぐ学校現場に入るってのも—-認定校出身の人で、「心理アセスメントはスペシャルにできるのだけど、面接ができない」人だとか、「私はカウンセラーなので、授業・講義はしません・できません」人、「相談室にひきこもっている」人などなど、実際にいましたからねえ。学校では使えません。

  2. スクールカウンセラーから手を引くのは賢明な判断かと思います。ただ、そうやって先々のことまで考えられる人(ってのは優秀な人だと思うんですが)がどんどん手を引いていったら…どうなるんでしょうね?(笑)←笑ってる場合じゃない。
    それでいて「退職校長」なんかが増えていく…いやー恐いですね(笑)←笑ってる場合じゃない。

  3. >ロテ様、takashi様
    17年度でSC事業が終了というのは確定しているのでしょうか?それとも只時給が低下して存続するということでしょうか?現在でも学生は「SCになりたい」と資格取得を目指していますが、彼らにはその事実が伝わっていないのでは。。。御意見をお聞かせ願います。

  4. 17年度でSC事業が終わりというのは—-現在、SC事業によって、SCの予算は、臨床心理士に限り、予算の半分を国が持っています。それがひとまず終わるということです。その後については未定ですが、
    1:国が再び予算をつけて負担をする。
    2:自治体が国の分を負担する。
    3:国が負担しなくなった分、時給が減る。
    4:SC制度そのものが終わってしまう。
    の4つの展開が考えられます。ただし、1と2はまずないと思います。

  5. >takashiさん
    コメントありがとうございます。
    そうか。
    > SCの予算は、臨床心理士に限り、予算の半分を国が持っています。
    そうでしたそうでした。
    スクール・カウンセラー制度-その構造的問題-(3)の方のコメントには書いたのですが、SCの時給が半分になるというのはそういうことなわけですね。納得です。

  6. \\\というわけで、多くの場合、時給が半分になるわけですよね。
    もともと、SCは、各都道府県で「エース級」の人を呼ぶことを想定して、今の時給なわけですよね。
    それなら妥当な金額だと思います。
    ところが、風当たりは強いし、周囲の理解も得られにくい。
    ひどいときには、
    「不登校なんて甘えだ。引っ張って連れて来い。」
    などと、校長に命令されたりして\\\。
    そういうことをひっくるめて、そもそも相談ということに理解がない場所に、
    相談室を作り上げていく、ということも含めた上での、時給です。
    それにしても、ベテランにとっては、力も発揮しづらく、魅力のない職場で、
    中堅でもいける人は他にいってしまうわけです。
    ある程度SCの仕事がこなせる人にとっては、今の時給でも、安いと思います。
    ちなみに、私の知人は、校長から、
    「不登校なんて甘えだ。引っ張って連れて来い。」
    に近いことを言われたけど、直ちには行かなかった。
    (単に「本当にいいのですか?」と確認しただけですが。)
    そして、機嫌を損ね、クビになったわけです。名目上は他の理由で、ということになっていますが。
    こういう理由でクビになることだって、十分ありえる職場なんです。
    それで、年収が150万円減って、そして生活できなくなったと慌てなければいけない人は、
    構造論的には「余剰人員」です。
    もう日本の心理臨床の世界には、その人の居場所はないのかもしれない。
    本当は、そろそろもう少し学校側の理解も進んで、
    ベテランの心理士にとってもやりがいのある職場となり、
    時給に見合った人材を留めておけるようになることが、
    相談室を利用する生徒にとっても、いいことなんじゃないかと思うんですが\\\。
    臨床心理士会には、単に職を仲介するだけでなく、
    そういう理解を求めるような動きもしてほしいところです。
    ホントは。

  7. あと、「2ちゃんねる」やその他の掲示板でも、このBlogでも見かける意見で、
    「学校臨床=ブリーフでしょ」
    というのがけっこうあるのですが、これもどうなんでしょうか。
    たしかに、精神分析的心理療法やそれに近いこと「だけ」を学校でやろうとすれば、
    それは不適当ですし、問題です。
    また、ブリーフの人のいうような、
    「クライエントの健康な面に目を向け、そこを支える」というかかわりは、
    学校という日常的な現場では、とても大事ですよね。
    (しかし、他の流派のまともな人は、分析であれロジャース派であれ、そういうことをわざわざ声高に言わないだけで、
     ちゃんとやってますよね。)
    ほんとうは、SCであれ何であれ、「ブリーフ」的なこと以外も、
    きっちりできなきゃいけない。
    ここにもやはり構造的な問題があると思うんですよね。
    若い「なりたい人」がたくさんいる。しかし仕事もない。
    「はやく一人前になりたい」という思いだけが募る。
    そしてあせって、理解しやすく、訓練機関も短い(かに見える)、学校現場での軋轢も少なそうな、
    ブリーフ(や認知行動療法)に流れていく。
    しかしそんなに1~2年で身につく技法だけを備えた専門家なんて、専門家じゃないわけですよ。
    で、よく掲示板などでは「臨床心理士会」なり「認定協会」が悪い、という論調にもなるわけですが、
    しかし、自己責任、と思うんですよね。気の毒ですけど。
    本当は「臨床心理士」は、理念的には博士課程修了を前提とした資格であり、
    現実的に(というか政治的に)やむなく、今の受験資格になっている、ということを思い出してほしいわけです。
    実際問題として、博士課程修了か、修士出て6年、ぐらいがいちおうの目安と思います。
    それまでは、自分は「臨床心理士補」なんだ、というつもりでいてほしいです。ほんとは。
    がんばって訓練をつづけなきゃ、という思いが先であって、
    「文句ばっかいってんじゃないよ。心理臨床なめてんのか。」
    と、思ってしまう自分って、間違ってるんでしょうか。

  8. >nobuさん
    非常にエレガントな構成の長文ありがとうございます。
    このままコピペして
    「スクール・カウンセラー制度-その構造的問題-(4)」
    とタイトルをつけたいくらいです。
    SCの安定供給もままならないような私の知っている某地方都市ですら、既に時給が半分になることが決定しているということが、もう先がないという事実を物語っていると思います。

  9. と、コメントを書いたはしからまた名文ありがとうございます>nobuさん
    > 本当は「臨床心理士」は、理念的には博士課程修了を前提とした資格であり、
    > 現実的に(というか政治的に)やむなく、今の受験資格になっている、
    > ということを思い出してほしいわけです。
    いや、全くその通りです。褒め殺しでもなんでもなく、私の言いたいことをしっかり代弁していただいてると思います。このままコメント欄に埋もれさせるのは非常にもったいない意見なので、この一連のコメントは近々エントリに反映させていただきたいと思います。
    よろしいですかね?問題があればご連絡ください。

  10. > この一連のコメントは近々エントリに反映させていただきたいと思います。
    > よろしいですかね?問題があればご連絡ください。
    ありがとうございます。
    問題はとくに感じませんし、
    同じ意見をもっていただいているということ、
    目にふれるようエントリに反映させていただけるとのこと、
    うれしく思っております。

  11. nobuさんへ
    >「学校臨床=ブリーフでしょ」
    これは、かなり適確な意見だと思いますよ。私は筋下寝入りのブリーフセラピストなので多分に思い入れが強い発言とも言えますが—-学校では強力なツールであることは言い切れる、アピールできると思います。
    それから—-確認というか、繰り返しになりますが—-。
    スクールカウンセラーが幅広く理論・技法を知っていなければならないことは当然のことで、精神分析をメインに勉強している人だろうが、ブリーフをメインに勉強している人だろうが同じですよね。
    >しかしそんなに1~2年で身につく技法だ
    >けを備えた専門家なんて、専門家じゃない
    >わけですよ。
    ブリーフであろうが精神分析であろうが、「それしかできない」のであれば、専門家じゃないですよね。たとえば、「5~10年かけて見につく~技法だけを備えた人」だって専門家ではないと言えるでしょう。
    ところで、「若い人がブリーフに流れていく」てなことは初めて聞きました。ブリーフってそんなに市民権を得てるとは。でも、それしか勉強しないのであれば、大いに問題ですね。
    私は常々思うのですが、
    ●言語的な技法
    ●非言語を扱う技法
    ●身体的なアプローチ
    を最低でもひとつずつマスターする必要があるかな、と思っています。

  12. 正直…私はブリーフってよく分からないんですよ。何か有効そうなのは分かるんですが…
    これは受け売りなんですが(ほんとあくまで受け売りなんでつっこまれても困るという前提で)ブリーフは有用だけど、それが有用性を持つのは他の技法を柱としてもっていればこそだ…なんて話を聞いたことがあります。
    うーん。ちょっとブリーフとかも勉強した方がいいんだろうなぁ…少し資料など集めつつ考えてみようと思います。

  13. 「筋下寝」じゃなく「筋金」ですね。
    >ブリーフは有用だけど、それが有用性を持
    >つのは他の技法を柱としてもっていればこそだ
    これは、ブリーフ嫌いの人の発言でしょうか?(笑) ブリーフをひとつの理論・技法として認めず、あくまでも「ツール」としてでしか見てもらえない—-そんな印象を受けましたが—-。
    まあ、そもそもとして「純粋なブリーフ」だけの面接ってのはあり得ないわけで。それから、クライエントにとっては、理論・技法の選択肢が増えるほどいいわけですから。
    それから、ブリーフというのは単一の理論・技法ではなく、「ミルトン\エリクソンやシステム論に基づく家族療法から派生した一連の理論・技法」を意味しますので—-言語的要素が強いものもありますし、言語的要素が強いものもありますし、システミックなものの見方をするものもありますし、社会構成主義の影響が強いものもありますし—-。

  14. > >ブリーフは有用だけど、それが有用性を持
    > >つのは他の技法を柱としてもっていればこそだ
    > これは、ブリーフ嫌いの人の発言でしょうか?(笑) ブリーフをひとつの理論・技法として認めず、あくまでも「ツール」としてでしか見てもらえない—-そんな印象を受けましたが—-。
    いやぁ、よく言われる意見だと思いますよ。
    ブリーフで著名な○豊氏なども、「いきなりブリーフはまずい」と述べているし、
    ○田○一氏にお会いしたときも、同様の発言がありましたが\\\。
    これは認知行動療法にもいえることですけど、Beck自身も元は精神分析家ですし、
    「捨てた」と言っても、もっているわけですよね。
    もっとも開業の人などで、単一の技法を看板を掲げてやる分には、
    クライエントの同意がありさえすれば、よいと思いますが\\\。分析であれブリーフであれ何であれ。

  15. > ところで、「若い人がブリーフに流れていく」てなことは初めて聞きました。ブリーフってそんなに市民権を得てるとは。
    すごく人気あると思いますよ。とくに若手に。
    私は関東ですが、九州あたりでもそうだと耳にしました。
    関東のほうで、「もう他のは要らない」「分析なんて害」みたいな形で宣伝している人がいて、それが気にかかります。
    (そういうのに乗る人はそれまでの人ということで、いいのですが\\\。)
    実際には、ブリーフは現在けっこう支持を得ているはずなのですが、
    指導者層やそれに近い中堅以上の人は、
    分析系全盛であんまり相手にされなかった時代を経験しているからなのですが、
    どうしても他の流派に対して過剰に攻撃的な人が目立ちます。
    勉強会に行っても、誤解としか思えない批判を聞かされるし。

  16. nobuさんへ
    率直なご意見と裏情報ありがとうございます。
    >○豊氏も「いきなりブリーフはまずい」と
    >述べているし、○田○一氏にお会いしたと
    >きも、同様の発言がありましたが\\\。
    ええ、○豊氏さんがそう言っていることは知っています。もともと行動療法をやっていて、それから家族療法もやるようになって、その後にブリーフもするようになった方ですから—-実際ブリーフといっても、家族療法にブリーフの技法を取り入れているような感じですし、彼自分をブリーフセラピストだとは思っていませんので。
    ブリーフは、従来の心理療法とは全く性質が違うところがありますから、最初にこれを学んでしまうと、「他の理論・技法を学ぶ気が落ちる」てのは確かに否定できないですね。
    九州でブリーフが盛んなのは、有名人がけっこういるからだと思います。それも、磯貝先生だとか原口先生だとか、児島先生だとか、初期の頃から関わっている先生がいますから。
    心理療法間の中傷や誤解は、喜ばしいことではないですね。ただ、私はブリーフの人が特にそういったことをしがちだとは思いませんが—-というか日本でよくある光景かなと。ブリーフ以外の、ブリーフに対する中傷・誤解もかなり醜いのが多かったので、「お互い様」ってところもあります。要は、「原理主義者はダメ」なわけで。
    東豊先生(あっ、名前出しちゃった)のように率直な発言をしてくれる方もいるし。これは良心的な発言だと思います。
    宮田先生の場合は、たぶん他の理論・技法への配慮からそうした発言をしている面がありますかね。
    あと、私としては、「ブリーフ=simple」ですが、だからといってeasyではないと思っています。理論・技法を知ること自体は非常に簡単ですが、それを理解し使えるようになるまでは、他の理論・技法と同じぐらい時間がかかります。若い人には、そのへん誤解してほしくはないですね。

  17. そうそう。東豊氏ってブリーフの人というよりも、システムズアプローチの人ですよね。で、宮田氏の話はどっかで読んだ?か何かした記憶があります。
    「原理主義はダメ」というのは納得ですし、現場で働いていると特にそう感じます。
    実習で来てる学生さんなんかに対してもよく言うんですが、「使える駒は多い方がいい」ですよね。ただ、「知っている」から「使える」になるまでにはどんな技法であっても大変であり…
    とにかく日々修行であるということですかね。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑