Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【これまでの】臨床心理士が研究するということ(4)【まとめとか】

公開日: : 研究と臨床

このブログは基本的にいつも行き当たりバッタリで書いているので、時々自分が何を言いたかったのか見失うことがあります。特にシリーズが長くなってしまうとその傾向があるようで…

 

ということで、これまでの3回書いた分の流れをまとめつつ、自分の頭の中も再度整理してみます。

 


・研究と臨床の共通点

研究
1.仮説を立てる
2.仮説を検証するための方法を考える
3.方法に基づいて実験・調査をする
4.結果について考察する
5.必要であれば1に戻って仮説を修正
  または2.に戻って方法を修正

臨床
1.見立てをする(=治療的仮説を立てる)
2.治療的仮説に基づいて方針を決める
3.方針に基づいて面接を行う
4.面接終了後(あるいは面接しながら)考える
5.必要であれば1に戻って治療的仮説を修正
  または2に戻って方針を修正

→基本的な考え方の流れは同じ
→その中では科学的な思考が重要になる

・「科学的思考」とは何か?
「科学的思考」=「実証性」「再現性」「論理性」が保証されている

・臨床においては…
「再現性」…必須の条件。再現性のない心理療法・カウンセリングは呪術と同じ
「論理性」…なぜその見立てからその方法が導きだされるのか?なぜその場面でそう応答したのか?を論理的に破綻することなく考えなければならない。それを考えなくては「再現性」を上げることはできない。
「実証性」…臨床実践の中では測定するのが困難な変数が多かったりするので、なかなか難しいかも(でも効果研究などの観点からは重要)

とまあ、こんな感じでしょうか?

2005/02/04 | 研究と臨床

関連記事

採用情報 - 株式会社金子書房

金子書房さんが「心理検査職」の募集をしてます

昨日、Twitterでもつぶやきましたが、心理アセスメント関連の書籍の出版で(私の中では)有

記事を読む

研究計画書の考え方

非心理系学科卒で臨床心理士指定大学院に入るのに心理系学科への編入・学士入学は必要か?

読者の方のメッセージから 先日、読者の方からメールフォームにてメッセージいただきました

記事を読む

ブログを書く手

研究の対象者をブログで募集することの問題点

何年前のことだろうか… 遥か昔…と言っても、このブログを始めて数年くらいの頃ですが、表

記事を読む

螺旋階段

臨床家として、研究者として、どのように生きていくのかということ

ためになった勉強会。来年度も参加するかどうか… 今年度、月1で開催される某勉強会に参加

記事を読む

本棚と本

それでも心理臨床家が「理論」や「根拠」にこだわらねばならない理由 @39you1さんのつぶやきへの返信

@39you1さんのつぶやきから 14/01/27のエントリ、「最終学歴=博士後期課程

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (6件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. >論理的に破綻することなく考えなければ
    論理的に考えることが苦手な私にはつらい話です(^^;)
    いつもどこかにぽかっと(指摘されるまで気づかない)論理の大穴が開いてます(*_*)
    どうやったら論理の穴に気づけるようになるんだろう…というのはblog違いですかね

  2. 論理的に破綻があったら「研究」って成立しないですよね。
    で私は、従来の心理学の方法論に基づいたまっとうな研究というのは、臨床心理学的な研究よりも「論理的な破綻をきたしにくい」という点でやりやすいと思ってます。
    だからこそきちんとした方法論に基づいた研究をするというのは、自身の論理の構築能力を見つめる機会になると思うし、それを鍛える絶好の機会だと思うんですよ。
    時々「修論では症例研究がしたい」なんてふざけたことを言ってる学生がいますが、その時点でその学生がいかに能力がないかがわかります(研究の能力も臨床の能力も)。調査や実験に比べて、症例研究で論理の破綻なく論を構築できるかということがいかに難しいかわかってないわけですから。

  3. ま、偉そうなことを言ってますが、私も自分の論理はいつも穴だらけだと思ってます。
    だからこそ、日々の研究活動が自分にとっては臨床実践の質を高めるために必要なことだったりします。

  4. 無理解ですいません(–;)
    なんだかよく分からないのですが
    >精神分析は科学的思考に基づく研究ベースには乗らないと私は考えています
    っておっしゃってませんでした?
    認知行動療法とか、比較的科学的研究に乗りやすい心理療法を専攻されている方なら
    ともかく、ユングとか、ウィニコットとか精神分析よりのテーマを扱おうと考えている人は、
    科学的にはかなり研究しづらいテーマを持っているのではないかと思われますので、
    >「修論では症例研究がしたい」なんてふざけたことを言ってる学生
    になりやすいんじゃないでしょうか?

  5. ん?
    > >精神分析は科学的思考に基づく研究ベースには
    > >乗らないと私は考えています
    >
    > っておっしゃってませんでした?
    言ってましたね。で、今もそう考えてます。
    > ユングとか、ウィニコットとか精神分析よりのテーマを扱おうと考えている人は、
    > 科学的にはかなり研究しづらいテーマを持っているのではないかと思われますので、
    私もそうだと思います。
    それが科学的に扱うことがいかに難しいかをわかっていれば、症例研究というのがいかに難しいかもわかると思うし
    > 「修論では症例研究がしたい」
    というふざけた発言は出てこないだろう…
    という趣旨のコメントだったのですが…どの辺がひっかかってらっしゃるのでしょうか?

  6. ユングとか、ウィニコットとか精神分析よりのテーマを扱おうと考えている人は、
    科学的にはかなり研究しづらいテーマを持っているのではないかと思われますので、
    「やりたいテーマが、どうしても科学的に研究しづらい」
    →「(症例研究がいかに難しいか分からないではないけれど)症例研究など、質的な手段を取らざるを得ない」
    →「修論では症例研究がしたい」
    という経過をたどるのではないか、
    >症例研究で論理の破綻なく論を構築できるかということがいかに難しいかわかって
    いたとしても、どうしても科学的に研究しづらいテーマなので
    「症例研究」にせざるを得ない人もいるんじゃないか、と。
    それは、精神分析に「科学的に扱いづらい」概念がある以上、どうしようもないんじゃないでしょうか?
    それが、他の理論体系に無い特徴(長所)なのではないでしょうか?
    それとも、「科学的に扱いづらい」テーマを選ぶこと自体が「能力がない」為なのかもしれませんが、
    そのようなテーマを研究(利用)しないのなら、「精神分析」という理論体系
    をあえて選択するメリットが無くなってしまうのではないでしょうか?
    なぜなら「精神分析」的に科学的研究を行う場合、
    おそらく同様な研究が「心理学」的にも扱えるように思えてなりません。
    その場合、「精神分析」の理論体系を採用する必要が無いように思えます。
    それとも、科学的に扱いづらい理論体系を研究対象にすること自体
    望ましくないということなのでしょうか?


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑