Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

医療心理師について本気出して考えてみた(2)

公開日: : 医療心理師

前に某有名私大の心理学系の教授をしてる先生と話してて、病院での心理検査だったり心理面接だったりの保険点数の話題が出てきました。

 

現状については前にも書きましたが、現状では心理検査をやるのはもちろん心理職なんですが、病院の会計上は医師がやったことになっています。で、心理面接に関しても保険請求はできないので、50分程度の面接時にはかならず医師の診察も入れることにして、これもまた医師がやったことになるわけです。で、お金をとっていると。

 


これって法律上はかなりグレーに近いわけです。医師しかやっちゃいけないことを実際にはやってるわけですから。で、保険請求せずに自費でカウンセリングをやってる精神科のクリニックもあったりしますよね。あれは混合診療というやつであり、これもまた厳密には違法なのですね。

こういった現場が抱えている問題を世間に知らしめるために、すんごい有名な先生にスケープゴートになってもらおうって話があったらしいです。それこそ河○レベルの人が法律上は医師しかやっちゃいけないとされている診療行為をおこなった罪で逮捕されたりした日にはかなり強烈な問題提起になりますよね。

この話が事実なのか、それとも酒の席でのヨタ話なのかはわかりませんが、そんな衝撃的な事件が起こる前に今回の資格制度に関する動きが明るみになりました。

前にもちょこっと書きましたが病院にとってこれまで不採算部門であった心理職が、例えば臨床検査技師だったりと同じような形で保険点数が請求できるということになれば、これは病院内での地位の向上にも繋がるかもしれませんよね。ただ、この資格が「名称独占」になるのか「業務独占」になるのかで随分違ってくるとは思います。

簡単に言えば「名称独占」とは「その資格をとった人しかその職名(この場合は医療心理師)を名乗れない」ということであり、「業務独占」とは「その資格をとった人しかその仕事はできない」ということであり…実際、どっちになるんでしょうね?まがりなりにも病院の心理職がこれだけいる中でこれから業務独占にするってのは現実的ではないので、恐らくは名称独占になるんだと思いますが…そうなると資格自体の拘束力があんまりないってことだし…

などとごちゃごちゃ言いながら、前にも述べたように国家資格だろうと何だろうと結局個人の能力でなんとかなる問題だと思うんですがねぇ…病院のソーシャルワーカーなんてのはそれこそ不採算部門なわけですが(あ、金を払わない患者に対するとりたてを主な業務にするワーカーもいるって話を聞いたこともあるんですけどそれはおいといて)、患者さんに対するサービスという観点からは重要な位置を占めており、ちゃんと能力があれば病院からも評価されるってことなわけだし。病院経営のことを大局的に考えるのであれば、不採算部門であってもサービスの拡充ってのは結局は利益に繋がると思うんですよね。

また2ちゃんの

こちらもあわせてどうぞ

2005/02/07 | 医療心理師

関連記事

no image

恐るべき「医療心理師10万人(5万人?)計画」

灰色たぬきの戯言の6/23のエントリ、そういえば・・・で、こんな恐ろしいことが書かれていましたよ。

記事を読む

no image

決起集会のお知らせ・”煤━━━(?・?━━━━ ̄!!

行かないけどなw 本日の「サンバじゃない」というエントリーのコメント欄で熱い議論が交わされている資格

記事を読む

no image

【擁護派じゃ】医療心理師について本気出して考えてみた(11)【ないってば!】

さて、議員連盟も結成されいよいよ国家資格化にむけての動きが大きくなってきてますね。細かい動きを追うの

記事を読む

no image

【懲りずに】医療心理師について本気出して考えてみた(10)【続ける】

さて本日の産経新聞より   鬱病ケアに国家資格 「医療心理士」創設へ超党派議連  

記事を読む

no image

【臨床心理士】医療心理師について本気出して考えてみた(9)【擁護派?】

さて今日も今日とて忙しい感じですよ。午前午後と1件ずつロールシャッハのオーダーが入ってるともういっぱ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 2チャンネラーの意見も含め、医療の心理職についての誤解ってのは大きいような気が。でも、ロテ職人さん、少なくとも「良貨」と評価されているのでいいですね(笑)。ここに書き込みしているので、いつか私も「祭り」に逢うのかな。
    ヨックタイさん(催眠を学ぶ)や、パンフルムースさん(精神科医のほほんノート)も言及しているけど—-病院は、基本的に心理職については実力主義ですよね。臨床心理士資格所持を採用条件にしているところもあれば、そうでないところもある。臨床心理士資格に価値を認めない病院・医者も多いですし、そういったところでは「仕事ができればなんだっていい」わけで。
    それから、臨床心理士を持っていようが、大学院を出ていようが、実態としては、病院の心理職の待遇はそれほどよくないですよね。かなり理解のあるところじゃないと常勤はないですし、常勤であっても待遇は準看護師並みのところも多いでしょうし。
    (間違っていたら訂正してくださいね)
    心理職を国家資格にするということは、「常勤職を設ける」(すべて常勤で雇うという意味ではなく、常勤職の割合を増やすということ)ということが前提になると思います。非常勤職メインの国家資格そういう意味では、医療心理師の方が高くつくかもしれませんよね?

  2. 「祭」にはなっていませんが、件のスレではtakashiさんとこのブログの一部がコピペされてましたね。
    で、臨床心理士資格については指定大学院制度成立以前はそれなりに能力(=心理職として働くために必要な最低限の能力)がある人だったら基本的に取れる資格だったと思ってます。だからこそ指定大学院制度の糞っぷりが際だつわけですが。
    待遇に関してはやっぱりよくないですね。准看護師さんがどの程度の収入なのかはわかりませんが、例えば男性が一家を養う(というのが時代錯誤な考えだということは承知の上で)のに充分な収入が得られるかというと厳しい職場は多いかと思います。それって職業としてどうよ?って感じですよね。
    それを考えたら私個人はまだ恵まれてる方なのかもしれません。
    国家資格化されたからと言って、常勤職が増えるかというと…正直どうなのかなぁ?これからそんなにパイが増えるとは思えないので、結局、今働いている人が移行措置で資格をとっておしまい、ってオチになる可能性もなきにしもあらず…

  3. そんなにたくさんは、人数が要らない職種ですからねえ。
    現職の人が資格を取ったら、あとはそんなにパイはないのでは\\\。
    そして収入も、そんなに増えるとも思えない。
    だって、もともと不採算部門なわけですから、
    単に保険で病院側の赤字が補填されるだけのことと思います。
    それでも、あからさまに「不採算部門」という扱いを受けなくなれば、
    居やすくはなるかもしれませんが。

  4. >nobuさん
    そうなんですよね。そう考えるとあんまり現状は変わらないような気が…
    現職の人間はいいけど、病院勤務の心理職を取り囲む状況はもっと大変になるかも。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑