Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

少年の凶悪犯罪に臨床心理学的立場から言えること

公開日: : 臨床心理学

昨日、こんな事件がありました。


 


最近、少年の凶悪犯罪というのをニュースで目にする機会も多いですし、特にこの事件に関しては

府警や関係者によると、少年は精神科に通院中だったという。

ということで、何らかの精神科疾患を持つ者による犯行であったという可能性もあり、そういった意味では精神科疾患と凶悪犯罪との関連をも示唆する事件であるかもしれません。

最近はあまりテレビは見ないのでわかりませんが、少なくとも少し前まではこうした事件が起こるとテレビのニュース等ではよく見る面々がコメントしていたりしました(小田某とか香山某とか…ちなみにこの人たちは心理学者ではなく、精神科医であり精神病理学者なわけですが)。

で、実際臨床心理学を専門としていたりすると周りの人から「あの事件って心理学的に見てどうなの?」とか「あの犯人の心理ってどうなってるの?」と質問されることもないわけではありません。私はそういう時は必ずこう答えることにしています。

「実際に犯人に会ったわけじゃないからわからない」

「こうかもしれないっていう仮説は立てられるかもしれないけど、責任を持った発言はできないからコメントは差し控えさせていただきます」

と。

私は一応、精神鑑定がらみの心理検査も何度かしたことがあるんですが、そうやって多くの検査をしたってわからないことは多いんです。で、鑑定医も丹念に被疑者と面接をして、膨大の量の情報に基づいて鑑定結果を提出するわけです。

本来であれば、それだけ入念な情報収集が必要なのに(それでもわからないことは多々あるのに)、テレビとかの伝聞情報を元に確信を持ったコメントなんてできるわけないじゃないですか。

テレビでコメントしている人たちも、「~かもしれない」「~な可能性がある」という形で発言しているのかもしれません。ただ、自分の発言がどう編集されるかは実際のところわからないこともあるわけです。そうした中で発言するというのは非常に無責任であり、見方によっては「売名行為」に見えてしまったりします。科学的思考に基づいて責任を持った発言をしようと思ったら、私が上で挙げた程度のことしか言えないはずです。

また、こうした有識者・専門家と呼ばれる人たちによるコメントが、人々の不安を軽減するという効果も否定はできません。ただ、それならむしろそういった人たちが「なぜ不安になるのか」を問題にし、それに対する積極的な対処を考えた方が建設的なのではないかと思います。

大切なのは、無責任な仮説を垂れ流すことでは決してないはずです。

#というわけで、色んなブログでこの事件については既に触れられていたので、「なぜ?」という疑問を発しているところを中心にトラックバック送ってみました。こういうのってありなんですか?「なし」だとしたらなかったことにしてください>TB先の皆様

2005/02/15 | 臨床心理学

関連記事

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日、日本ロールシャッハ学会第21

記事を読む

仕事が終わったら

日本ロールシャッハ学会第21回大会で研究発表とWSの事例提供します

明日から2日間、札幌国際大学におきまして、日本ロールシャッハ学会第21回大会が開催されます

記事を読む

図解・台風の科学

台風なので…

今日は台風なので… もう出勤してしまいました。 やらねばならないことが山積みです

記事を読む

緑色のスカーフ

ゴールドウォーター・ルールに則ってみれば小池都知事の心理がスカーフから読み取れるあの人は完全にアウトだよね

17/10/02のエントリ、小池都知事の心理がスカーフから読めるそうだで取り上げた「臨床心理

記事を読む

AIに支配される人達

感情認識AI技術はオンラインカウンセリングの質の向上につながるか?

(いらすとやより「AIに支配される人達のイラスト」) こんなプレスリリースを発見。

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (20件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 以前授業を受けさせてもらった教官(犯罪心理が専門)が、こういった事件に対するコメントをしたことがありました。
    そしてTVの勝手な編集に傷ついて心を痛めていました。
    今は何が理由かは知りませんが、心の病で休んでるらしいです\\\。
    彼は無責任なことは言えない人なので、真剣に取り組んでいたと思いますが\\\。
    私は責任から逃げてるなぁ\\\と思いました。

  2. >ユキさん
    お久しぶりです(ってあの某サイトの元常連のユキさんですよね?)。コメントありがとうございます。以前、某サイトでその件について発言されていましたが、そんなことになっていたんですね。
    やっぱりマスコミの方々も(それが仕事だからこそ)わかりやすく、そして(不謹慎かもしれませんが、何らかの形で)面白く伝えようとすると、どうしても編集って必要になってくるわけで…その発言者が伝えようとしたことが歪曲されることもあると思います。
    そんな中で「責任」を持つとしたら「発言しない」ということもまた重要な役割なのではないかと思った次第です。
    その先生もどんな事情があるかはわかりませんが、責任を持つというのは大変なことなのだろうなぁということくらいしかわかりません。どうやったらその責任から逃げないでいられるんでしょうか…

  3. 斉藤環が
    「直接診ていないケースについて、専門家として考えられる可能性をコメントすることは、むしろ倫理的な要請である」
    と自身のホームページで述べているけど—-
    何か違うよな。倫理的な要請であっても、コメントしたことによって起こることについてもう少し敏感でいて欲しいような。

  4.  こうした事件のケースを見ると、親の教育放棄、または教育能力の低下、学校の機能低下、不適応生徒の学校外への放棄など様々なケースが背景にありそうです。一見、バラバラにも見えますが、そこに共通点を見いだすとするならば、大人がその子の心の叫びに関わってあげられないことが発端になっている様な気がします。心の問題は、なかなか断言ができないので(少なくとも私は医学的専門家ではないので)、応対する側が自信が持てないままに一歩下がったところで対応してしまわざるを得ないことにも問題があるのかもしれません。
     昔の環境というのは、無意識のうちに踏み込んだことを街ぐるみでやっていました。学校外での教育の重要性を感じます。また学校に与えられた機能も同じです。今の社会は学校や教育者に、一般企業やサラリーマンと同じ様なことを要求し、その持つべき意義を失わせてしまっていると思います。本当の教育を、歴史を教訓にして組み立て直すべきだと考えています。

  5. どうしようもなく憂鬱

    大阪の小学校に刃物少年、教職員1人死亡2人けが  14日午後3時10分ごろ、大阪
    >ヒカルさん
    コメントありがとうございます。
    テレビに出てくる人たちも専門家であるはずなのに(しかも私なんかよりもよほどキャリアのある人たちなのに)なぜしたり顔でコメントできるのか…
    上の方のコメントにある斎藤環氏もひきこもりに対する援助で有名な方ですが、そのような発言をするのは「倫理的要請」なのだそうで…倫理ねぇ…って感じじゃないですか?

  6. >takashiさん
    斎藤氏の個人サイト見てみました。
    http://homepage3.nifty.com/tamakis/HomePage/KINKYO.html
    …確かにありますね。この「倫理的要請」ってのは何なんでしょうね?この点について氏自身が述べている文章ってどこかにあるんでしょうか?
    その下に書いてある文章って、まさに私が述べているような「編集による歪曲」の可能性を示唆するものであると思うんですが…
    > この方針について異議のある方はメールでどうぞ。
    とありますが…微妙なところで繋がりがありそうなので、(匿名でも)メールはしたくないんですがねぇ。どうしたものか。
    「倫理的要請」ってことに関しての説明がないとしたら、無責任な発言をすることに対する免罪符と理解される可能性もまたあるわけで…

  7. あ、上のコメントの「繋がりがありそう」ってのは対人的な繋がり(「知人の知人」レベルの)がありそうってことで。意外に狭い精神科業界。
    >かんねんさん
    コメントありがとうございます。
    > 応対する側が自信が持てないままに一歩下がったところで
    > 対応してしまわざるを得ないことにも問題があるのかもしれません。
    これもまた一つの「仮説」でしかないとは思いますが、ただ外野はどうしても一歩下がったところで「あえてコメントしない」ことが重要なのではないかと思います。
    そして、現場の人間はやはりいかにコメットメントしていくか考えなければならないのですが…これはなかなか技術・知識が必要であり、難しいことだと思います。

  8. 弱者に向かう卑屈な感情

    共同通信ニュース 02月14日 16時33分
    小学校侵入、教員ら殺傷 殺人未遂で17歳少年逮捕
    懐古趣味を持ち出す訳じゃありませんが、ちょいと前の日本では無抵抗や非力な者をいたぶることを卑劣、卑怯とさげすんだのですが、もうそういう精神はこの国から消え失せたんでし
    >ヒカルさん
    コメントありがとうございます。
    テレビに出てくる人たちも専門家であるはずなのに(しかも私なんかよりもよほどキャリアのある人たちなのに)なぜしたり顔でコメントできるのか…
    上の方のコメントにある斎藤環氏もひきこもりに対する援助で有名な方ですが、そのような発言をするのは「倫理的要請」なのだそうで…倫理ねぇ…って感じじゃないですか?

  9. 大阪府寝屋川市の小学校に刃物を持った男が乱入。

    本日午後3時10分頃、大阪府寝屋川市の市立中央小学校に刃物を持った若い男が乱入、教職員3人が刺されるという事件があったらしく、今、テレビのニュース速報で流れました。
    男は逮捕されたそうですが、小学校に不審者とは、またかという感じでぞっとします。
    詳しく
    >ヒカルさん
    コメントありがとうございます。
    テレビに出てくる人たちも専門家であるはずなのに(しかも私なんかよりもよほどキャリアのある人たちなのに)なぜしたり顔でコメントできるのか…
    上の方のコメントにある斎藤環氏もひきこもりに対する援助で有名な方ですが、そのような発言をするのは「倫理的要請」なのだそうで…倫理ねぇ…って感じじゃないですか?

  10. 今の世の中が悪いとは言いたくなかったのだけど…

    まずはじめに、私の書いた拙いBlogに多くのトラックバック、そしてコメントありがとうございます。
    トラックバックをして頂いたBlog,そしてコメントを全て目を通しており、それぞれの書き込みについて、私なりの私見を述べたいと思うものの、それも難しい状況なの
    >ヒカルさん
    コメントありがとうございます。
    テレビに出てくる人たちも専門家であるはずなのに(しかも私なんかよりもよほどキャリアのある人たちなのに)なぜしたり顔でコメントできるのか…
    上の方のコメントにある斎藤環氏もひきこもりに対する援助で有名な方ですが、そのような発言をするのは「倫理的要請」なのだそうで…倫理ねぇ…って感じじゃないですか?

  11. 大阪府寝屋川市の小学校に刃物を持った17歳の少年が侵入、教職員を刺し1人死亡2人怪我

    小学校に刃物男、3教職員が死傷(NIKKEI NET) 小学校乱入:17歳少年が教職員3人殺傷 少年は口つぐむ(MSN-Mainichi INTERACTIVE) 大阪の小学校に刃物少年、教職員1人死亡2人けが(YOMIURI ON-LINE) 小学校に刃物少年、職員1人死亡2人けが 大阪・寝屋川(asahi.c
    >ヒカルさん
    コメントありがとうございます。
    テレビに出てくる人たちも専門家であるはずなのに(しかも私なんかよりもよほどキャリアのある人たちなのに)なぜしたり顔でコメントできるのか…
    上の方のコメントにある斎藤環氏もひきこもりに対する援助で有名な方ですが、そのような発言をするのは「倫理的要請」なのだそうで…倫理ねぇ…って感じじゃないですか?

  12. トラックバックありがとうございます。
    あ、よく見たら、自分が引用した産経新聞の記事も、自閉症について誤った認識(精神症の一種であるかのような)を広げる危険性がありますね。自閉症は発達障害のひとつなのに……。こう言うのを見ると、解説者としてのマスコミにも、大きな責任があるとは思うのですが。
    でも、大衆は分かり易い一般論を求めたがるので、そこにのかって商売する人間は一定の需要がありますから。自分も「空手と柔道ではどっちが強いですか?」とか、よく聞かれます。答えは「ケースバイケース」「こうかもしれないっていう仮説は立てられるかもしれないけど、責任を持った発言はできないからコメントは差し控えさせていただきます」ですけどね。

  13. >土岐正造さん
    コメント&TBありがとうございます。
    産経新聞の記事を見ると
    > 少年は「昨年くらいから自閉症や不登校の子供が通う
    > カウンセリングを受けていた」と話しているという。
    とあり、必ずしもこの少年が自閉症であると言っているわけでもないし、また「自閉症の子供のカウンセリング」というのは必ずしもないわけではないので、あながち間違いではないのですが…
    客観的な情報として提示していたとしても、受け取る側はそうは見ない場合はありますからね(それが新聞なんかだったらなおさら)。どんな情報であっても発信するからには注意が必要だと思います。
    だからこそ、専門家である我々はコメントを差し控えなければならない場面も多々あるのではないでしょうか。
    ちなみに
    > 「空手と柔道ではどっちが強いですか?」
    って質問はなかなかすごいですね。そりゃ「ケースバイケース」としか答えられないですね。

  14. トラバありがとうございます。
    専門家から見たら確かにテレビのコメンテータの表面的なところしか見ないで意見するのはおかしい事ですね。
    人間の心理ってそんな簡単にわかることじゃないし、じっくりと接しないとわからない事も多いでしょう。

  15. >ヒカルさん
    コメントありがとうございます。
    テレビに出てくる人たちも専門家であるはずなのに(しかも私なんかよりもよほどキャリアのある人たちなのに)なぜしたり顔でコメントできるのか…
    上の方のコメントにある斎藤環氏もひきこもりに対する援助で有名な方ですが、そのような発言をするのは「倫理的要請」なのだそうで…倫理ねぇ…って感じじゃないですか?

  16. 自閉症について(追加アリ)

    下のエントリーで書いた産経新聞の記事(正確には共同通信配信)に、誤解を招く内容があったので念のためにツッコミを入れておきます。該当部分は以下の記事です。 少年は「昨年くらいから自閉症や不登校の子供が通うカウンセリングを受けていた」と話しているという。 少年は「昨年くらいから自閉症や不登校の子供が通うカウンセリングを受けていた」と話しているという。

  17. 俺も17歳;

    小学校に刃物少年、職員1人死亡2人けが 大阪・寝屋川
    ・・・・・また・・・・大阪、ですか。
    ・・・・・これから私が転勤するとこじゃねーかよーーーーーーーー!!
    大阪に転勤が決まってニュース見れば、
    大阪で事件事件事件・・・
    不安だよコンチク
    >ヒカルさん
    コメントありがとうございます。
    テレビに出てくる人たちも専門家であるはずなのに(しかも私なんかよりもよほどキャリアのある人たちなのに)なぜしたり顔でコメントできるのか…
    上の方のコメントにある斎藤環氏もひきこもりに対する援助で有名な方ですが、そのような発言をするのは「倫理的要請」なのだそうで…倫理ねぇ…って感じじゃないですか?

  18. 自閉症について(追加アリ)

    下のエントリーで書いた産経新聞の記事(正確には共同通信配信)に、誤解を招く内容があったので念のためにツッコミを入れておきます。該当部分は以下の記事です。 少年は「昨年くらいから自閉症や不登校の子供が通うカウンセリングを受けていた」と話しているという。 少年は「昨年くらいから自閉症や不登校の子供が通うカウンセリングを受けていた」と話しているという。

  19. 不登校家族について勝手に考えてみた。

    今回、この事件では、自分は「不登校の子を持つ家族」っていう部分を、考えております。
    まぁ、不登校を子供が全部同じ事を起こすかっていうとそうでないわけだけど、今のマスコミの報道の仕方をみていると、なんか皆そういう予備軍なのか?とさえ思えてきます。
    自分
    >ヒカルさん
    コメントありがとうございます。
    テレビに出てくる人たちも専門家であるはずなのに(しかも私なんかよりもよほどキャリアのある人たちなのに)なぜしたり顔でコメントできるのか…
    上の方のコメントにある斎藤環氏もひきこもりに対する援助で有名な方ですが、そのような発言をするのは「倫理的要請」なのだそうで…倫理ねぇ…って感じじゃないですか?

  20. 佐世保事件と少年犯罪の見え方(改)

     佐世保のことでちょっとまとめなおしていたら、また小学校侵入殺人(未遂?)事件だ。 以下はその佐世保の再まとめ文。今日の事件は末尾で。 (これは投稿テーマを変えた文です) ------------------------------ すっきりしてない不…
    >ヒカルさん
    コメントありがとうございます。
    テレビに出てくる人たちも専門家であるはずなのに(しかも私なんかよりもよほどキャリアのある人たちなのに)なぜしたり顔でコメントできるのか…
    上の方のコメントにある斎藤環氏もひきこもりに対する援助で有名な方ですが、そのような発言をするのは「倫理的要請」なのだそうで…倫理ねぇ…って感じじゃないですか?


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑