Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「ゆとり教育」からの脱却…大変けっこうなことで

公開日: : 臨床心理学

さて、今朝の新聞の一面にこんな記事が載っていました。

 

Yahoo!ニュースより




 

この「ゆとり教育」ってやつ、河合○雄が一枚(二枚、三枚くらい?)噛んでいたんですよね。確か。私も教育畑の人間ではないとはいえ、必ずしも無関係ではないと思うし、言いたいこともあるんでちょっと触れてみます。

 


てか、これってすごく良いことだと思われます。基本的に「ゆとり教育」なんてものは糞食らえです。教えることを減らす→落ちこぼれが出なくなるって思考がそもそも短絡的なわけで。

記事を引用すると

 中山文部科学相は読売新聞のインタビューに応じ、学習指導要領の見直しなどに関する見解を明らかにした。

 現行の要領については、「内容の削減はともかく、授業時間の削減はよくなかった」と述べ、「ゆとり」教育の問題点が授業時間を減らした点にあるとの考えを示した。

とありますが、いやいや「内容の削減」もよくないから。

さらに引用すると

 授業時間や教科内容を削減し「自ら学び、自ら考える力を養う」ことを目指し、2002年に小中学校で導入したばかりの新学習指導要領の目玉であるゆとり教育の全面的な見直し方針は、学校現場の混乱を招きそうだ。

とありますが、いやいや「内容の削減」が「自ら学び、自ら考える力を養う」ことに繋がるわけじゃないから。

これは大学・大学院での心理学教育にも関連することですが、「詰め込み教育」イコール「悪」というわけではないと思うんですよ。私は研究することの重要性を説きつつ、散々「自ら考えること」の重要性を強調してきたわけですが、そういった「考える力」ってのは「知識の蓄積」があってこそ生かされるものなんじゃないでしょうか。

学部教育での基礎的な心理学の知識だったりがないと(臨床心理学的研究であっても)研究なんてできないし、そもそも参考文献なしで「自ら考えること」だけで論を組み立てていくことなど不可能です。知識があることで研究の質が高まることだってあり得ます。

で、重要なのは「詰め込み教育」が肌に合わない人をどうするか、もっと言えば「勉強に向いてない人」をどうするかってことなんじゃないかと思います。どんなに内容を削減したってついていけない子ってのは絶対出てきます。結局、評価軸が「勉強できるか」「できないか」ということだけなのが問題なのであり、もっと別なところに親なり、教師なり、そして子ども自身が価値を見いだせれば無問題なんじゃないですかね?

ここから話はまた強引に心理学教育の方に持っていきたいと思うんですが、心理臨床の現場で働きたい学生の中にもいますよね。英語だったり、統計だったり、あるいは他の分野の心理学的知識だったり、下手すると臨床心理学的知識ですらも身につけることができない人。それはできるかもしれないけど、逆にどうしても「考える力」の身につかない人。そういう人は他の分野で価値を見出す、つまり心理臨床に関しては早めに引導を渡して諦めてもらうということも大事なんじゃないでしょうか

人の可能性ってのは信じたいと思うし、あんまり「素質」とかそういう話には持っていきたくないんだけど、どうしたって「お前は向かない」って人いますもん。本来であれば、大学院ってのがそういう人を振り落とすというそれなりに健全なシステムが働いていたはずなんだけどなぁ…

またまた話はもどりますが、やっぱり「教育内容の削減」なんてことをしてる時点で方向性がズレズレなわけです。どうせ勉強する(あるいはさせられる)子は塾行って詰め込まれるんだし。むしろ、教えることに関してそうやって塾に丸投げする方が問題だと思うんだけどなぁ(たしか同じ審議会で数年前「塾」の存在が認められたとかって話もありましたよね)。

正直、学問の分野に頭の悪い奴はいらねえ。そして臨床心理学というのもまた学問なんだよな。

2005/02/16 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ゆとり教育=学力低下 か??

    2月16日の記事「ゆとり教育からの方向転換」を取り上げたブログさんにトラックバックさせていただいております。
    あと
    > しかし、引用の許可をいただいていないので、明日にはきちんと削除致します。
    これは「引用の許可がないものを引用した場合、削除すれば問題ない」ということでしょうか?
    どうなんでしょうね?それって。
    > 言葉が足りなくて本当に申し訳ありません。
    > お手数おかけいたしました。
    どこでの発言がどう「言葉が足りない」のか私にもわかりません。
    別にお手数はかかってないのでいいんですけどね。
    > こちらのコメントもお時間のあるときに消去していただければと思います。
    と言うくらいならコメントしなければいいと思うんですけど…
    理由がわからないのでこちらのコメントは削除しません。

  2. 現場の実情を反映した「ゆとり教育」見直しを

    教育現場の実情をふまえた「ゆとり教育」の改革を。
    あと
    > しかし、引用の許可をいただいていないので、明日にはきちんと削除致します。
    これは「引用の許可がないものを引用した場合、削除すれば問題ない」ということでしょうか?
    どうなんでしょうね?それって。
    > 言葉が足りなくて本当に申し訳ありません。
    > お手数おかけいたしました。
    どこでの発言がどう「言葉が足りない」のか私にもわかりません。
    別にお手数はかかってないのでいいんですけどね。
    > こちらのコメントもお時間のあるときに消去していただければと思います。
    と言うくらいならコメントしなければいいと思うんですけど…
    理由がわからないのでこちらのコメントは削除しません。

  3. 教育問題はムズイ

    某掲示板にこんな投稿をした。
    ===============
    qinさんの「戦後教育」批判は今ひとつ話がピンときません。
    単純人間katazuの頭では戦前が素晴らしい教育システムを持った時代だったような印象を受けます。実際どうだったのでしょうか。
    qinさんの言われる戦後教育批判は日
    あと
    > しかし、引用の許可をいただいていないので、明日にはきちんと削除致します。
    これは「引用の許可がないものを引用した場合、削除すれば問題ない」ということでしょうか?
    どうなんでしょうね?それって。
    > 言葉が足りなくて本当に申し訳ありません。
    > お手数おかけいたしました。
    どこでの発言がどう「言葉が足りない」のか私にもわかりません。
    別にお手数はかかってないのでいいんですけどね。
    > こちらのコメントもお時間のあるときに消去していただければと思います。
    と言うくらいならコメントしなければいいと思うんですけど…
    理由がわからないのでこちらのコメントは削除しません。

  4. ゆとり教育の問題点とは

    ゆとり教育の是非については、トラックバック先のロテ職人さんと同じ意見なのですが、ロテ職人さんとはまた違った視点で問題点を書いてみようと思います。 私の考えるゆとり教育の問題点は、出来る子と出来ない子との格差を広げたであろう点にあります。 ゆとり教育の考え方
    あと
    > しかし、引用の許可をいただいていないので、明日にはきちんと削除致します。
    これは「引用の許可がないものを引用した場合、削除すれば問題ない」ということでしょうか?
    どうなんでしょうね?それって。
    > 言葉が足りなくて本当に申し訳ありません。
    > お手数おかけいたしました。
    どこでの発言がどう「言葉が足りない」のか私にもわかりません。
    別にお手数はかかってないのでいいんですけどね。
    > こちらのコメントもお時間のあるときに消去していただければと思います。
    と言うくらいならコメントしなければいいと思うんですけど…
    理由がわからないのでこちらのコメントは削除しません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑