Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【資格試験の】臨床心理士が研究するということ(7)【論述問題】

公開日: : 研究と臨床

nobuさんのブログ(開設おめでとうございます)、心理臨床家nobuのつぶやきBlog今年度の臨床心理士資格試験の論述問題について言及されています。

 

資格試験の問題については基本的に全く興味がないため、今の今までスルーしており、今年の問題に関しては全然知りませんでした。ただ、見ていると非常に面白い、というかこの「臨床心理士が研究すること」というテーマにぴったりだったのでちょっと触れてみようと思います。

 


nobuさんのブログでは

今年度(平成16年度)の、臨床心理士資格試験の論述問題は、「臨床心理実践のために求められる/事例研究法と数量的研究法の異同について述べよ。」というような問題だったらしいです。

と書かれていますが臨床心理士になりたい人のためのサイトで確認してみたところ、正確には

「臨床心理実践の基礎と深化のために求められる事例研究法と数量的研究法の異同について述べよ」

という問題だったようです(書き込みの主もうろ覚えではあるようですが)。

でこれはnobuさんもおっしゃっていることですがなかなかの良問じゃないですか。出題者、グッジョブ!です。

私はこのブログで散々主張してきているように、心理臨床家にとって研究することは業務の一つとして重要な重みを持ち、研究することが心理臨床の質を高めると思っています。ただ「心理臨床家の『研究者としての資質』」を問うというのはなかなか難しいとも思うんですよ。少なくとも資格試験の段階では。本当は修論を一つ一つ再査読するのが一番早いのだとは思いますが、マンパワーの問題を考えるとあまり現実的ではありません

…となると、やっぱりこの論述問題にかかってくるわけです。選択式の問題ではせいぜい統計のことくらいしか扱えないですしね。

しかし…

インターネットの掲示板などで、「研究から出たので驚いた」「問題のねらいがわからない」「おかしい」といった、受験者たちの書き込みを見かけるのですが、これってどうなんでしょうか。

…いや、ほんとどうなんでしょうか?たぶん、そういう人はこういうことを考えたりすることなく、形だけ修論を書いたんだろうなぁ…なんて感じるんですけどね。そういう人達は臨床心理士の養成課程が修士課程修了を要件としている意味を今一度考えた方がいいと思うんですがねぇ。専門職大学院だなんだと言ったって、やっぱり基本的に大学院は研究機関なんだよ。

…ひょっとして、もしこのブログがもう半年くらい前から存在してたとしたら…この手の記事をちゃんと読んでる人であれば余裕で回答できる問題じゃないですか?

そんなわけで結論は
このブログは臨床心理士資格試験対策にもなる!
ってことでファイナルアンサー?

#ちょっと時間があったら、この論述問題のロテ的解答書いてみようかなぁ…

2005/02/17 | 研究と臨床

関連記事

採用情報 - 株式会社金子書房

金子書房さんが「心理検査職」の募集をしてます

昨日、Twitterでもつぶやきましたが、心理アセスメント関連の書籍の出版で(私の中では)有

記事を読む

研究計画書の考え方

非心理系学科卒で臨床心理士指定大学院に入るのに心理系学科への編入・学士入学は必要か?

読者の方のメッセージから 先日、読者の方からメールフォームにてメッセージいただきました

記事を読む

ブログを書く手

研究の対象者をブログで募集することの問題点

何年前のことだろうか… 遥か昔…と言っても、このブログを始めて数年くらいの頃ですが、表

記事を読む

螺旋階段

臨床家として、研究者として、どのように生きていくのかということ

ためになった勉強会。来年度も参加するかどうか… 今年度、月1で開催される某勉強会に参加

記事を読む

本棚と本

それでも心理臨床家が「理論」や「根拠」にこだわらねばならない理由 @39you1さんのつぶやきへの返信

@39you1さんのつぶやきから 14/01/27のエントリ、「最終学歴=博士後期課程

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 私が受けた平成15年度の問題は、たしか、
    「自殺予告など、クライエントが危機行動を予告した場合、セラピストとしてどう対応するか述べよ」
    みたいな感じでした。
    今年度や、これまでの問題に比べるとかなり抽象的な印象を持っていますが—-。

  2. 「抽象的」と言われたらそれまでですが、ただそれだけにどんな臨床的背景を持つ人であっても、同じ条件で書く事ができるというのはあるんじゃないでしょうか?
    記事の方にも書きましたが、研究のことを考えている人であれば書けるんじゃないでしょうか?どうだろう?
    H15年度の問題なんかも、一見「危機介入」のことを書けばいいかと思われがちですが(実際、某なりたい人のためのサイトでもそう解答したと言ってた人がいました)、私なんかはそうした場合はまず「慎重なアセスメント」が必要だなと思ったりします。
    選択式じゃないので、行動療法の人も精神分析の人もある程度条件が同じように出題するってのはなかなか難しいのかもしれませんね。そういう意味でも今年は良問だと思うけどなぁ…

  3. この問題の回答は、理論的な背景だとか、勤務先で大きく変わってきますね。
    それから、この問題は、
    ●倫理面・守秘義務
    ●(人格障害などを念頭においた)アセスメント
    ●危機介入
    など、切り込む角度によっても変わってきますよね。これらのうちひとつだけ取り上げて回答した人もいるだろうし、全部触れて回答した人もいるだろうし。
    はたまた、「学校臨床では~」「病院臨床では~」「開業では~」と、領域別の対応の仕方を書いた人もいるだろうし、面接場面での対応を書いた人もいるだろうし、面接後の対応を書いた人もいるだろうし—-。
    たしかに今年度の試験問題は良問ですね。「落とすための問題であった」とも言えるけど。

  4. そうですね。H15年度の問題は様々な側面・立場から答えられる…ということに気づかなかった人はまずかったかもな~と思っています。
    臨床心理士の資格試験は現状を考えると「落とすための問題」である方が良いように思います。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑