Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【擁護派じゃ】医療心理師について本気出して考えてみた(11)【ないってば!】

公開日: : 医療心理師

さて、議員連盟も結成されいよいよ国家資格化にむけての動きが大きくなってきてますね。細かい動きを追うのはもう面倒なんで裕’s Object Relational Worldの方を見ていただくとして(いつも大変お世話になっております)、心理臨床学会もようやく焦りが出てきたのか、それとも今まで様子見を決め込んでいたのか…その辺はわかりませんが、国民のみなさんへ緊急声明を出してきました。
面白いのでこれにツッコミをいれてみます(どーせ、そっちに行けば全文見られるわけだし、コピペしても大丈夫ですよね?もし問題があればご指摘ください。当方、平身低頭謝った上で削除するのはやぶさかではありません)。あと繰り返しになりますが、私は間違っても「臨床心理士資格擁護派」ではありませんので、その辺りをご理解した上でお読みいただけたらと。

平成17年2月22日

国民のみなさんへ

日本心理臨床学会

理事長 鑪 幹八郎

資格制度に関する緊急声明

 本学会は1982年の創立時より心の問題に対する心理療法,カウンセリング,心理検査などを研究する学術団体として活動してきました。現在,会員数15,000人を超え,そして医療の領域にはすでに4000名近い本学会会員が働いております。
 さて,2月4日以来,医療心理師の国家資格が議員立法で検討されている,という新聞報道がありました。
 資格問題は本学会が長年真摯に取り組んできた課題そのものであります。本学会は発足以来,常に心の問題の資格とはどうあるべきかについて議論を積み重ねてきました。このことが国政レベルで取り上げられるようになったことは,一面では大変喜ばしいことです。しかしながら,「医療心理師」案にはいくつかの重大な危惧を抱きます。

はい。私もその4000人の中の一人です。しかし「国民のみなさん」宛とは大きく出ましたね。これまでいったい、どれだけ「国民のみなさん」にアピールしてきたんだろう?今さら?って感じもしますが。でも鑪先生は嫌いじゃないです。あのヒゲに萌えーです。
で、実際国政レベルで取り上げられるようになったのは確かに喜ばしいことであり、そして私も今回の「医療心理師」資格案には反対です(だからと言って臨床心理士制度が良いとも思っていません←くどい)。

1)養成課程は大学院で
 本学会では,悩みを抱えた人と心の交流を持ち,その気持ちを理解し,効果的な援助するためにはどのような知識と技能を持つべきかを常に学問的に検討してきました。その結果,心の問題を扱う専門家は,これまでの医師をはじめとする諸資格とはまたまったく別の難しさがあることが分かってきました。ただ単に知識の量や技能,実習経験だけでは十分ではないのです。心の問題を扱うということは,人格と人格の非常に複雑なやり取りがすべてと言っても過言ではありません。そのために,大学院での養成過程が是非必要です。

その理念は素晴らしいと思います。「理念」に対しては私は大賛成です。ただ…「人格と人格の非常に複雑なやり取りが全て」というのはこれを「技術」というように捉えればそうだとは思いますが、なんか「人格者」しか心理臨床には携わっちゃいけない、そして大学院での養成課程(「過程」か?)でその「人格」が磨かれる…と述べているかのように誤解されないとも限らないですよね。
「高度な技術を身につけるためには大学院での養成課程(ひょっとして「過程」かも)が必要である」と言えばいいだけの話であり。

2)国家資格は広く使える一つの資格に
{医療心理師}案のように医療領域だけに偏った資格では、教育・福祉・司法・産業などの領域での臨床心理職の身分が不安定となり、ひいては、国民の心の悩みに専門的に応えることがむつかしい状況が将来予想されます。

そうやってグダグダやってたツケが今回の事態なわけで。まだ反省してないんですかね、この人達は。別に自分が医療の現場の心理職だからってわけじゃなく、この辺が落としどころだとは思うんだけどね。

3)臨床心理学の養成が必要です
 本学会がこれまでに蓄積してきた臨床心理学の知見,現在の学問水準を十分に考慮に入れた資格を制定していただけることを心より念じております。

そうね。これは心の底から同意します。ただ、「臨床心理学」だけでなく「心理学という学問の中での『臨床心理学』」にした方がいいと思うけど。今の指定大学院の学生の中で「臨床心理学」は知ってても、「心理学」を知らない学生ってのは結構いるんじゃないかなー?あんな偏ったカリキュラムじゃ。
ただ、「医療心理師」資格ってのは「心理学」も「臨床心理学」も知らない心理職を作り出すという恐ろしい試みだったりするわけですが。

 国家資格制度は今後の日本社会に非常に大きな影響を与えます。
  21世紀にふさわしい,また,WHOを初めとして国際的にも通用する,国民全体のニーズに沿った資格を作るために、国会議員の先生方へ、お一人お一人がこの資格制度に関する意見を表明することをお願い申しあげます。

言ってることは立派なんだけどね。でももう無理だと思うよ。
ところで最後の一文。「国会議員の先生方に対して、国民の一人一人が意見を表明しろ」ってこと?それとも、国会議員の先生方に対するメッセージ?…後者かな?なんか風邪で頭がボーっとしているので、考えがうまくまとまりません。この程度の文しか書けず申し訳ありませんでした(「この程度の文」なのはいつものことだって?)。
しかし、相変わらず現実を把握してないというか何というか…それともひょっとして「否認」ってやつ?

この記事を読んで(・∀・)22!!と思ったらクリックを!→人気blogランキング

2005/02/25 | 医療心理師

関連記事

no image

恐るべき「医療心理師10万人(5万人?)計画」

灰色たぬきの戯言の6/23のエントリ、そういえば・・・で、こんな恐ろしいことが書かれていましたよ。

記事を読む

no image

決起集会のお知らせ・”煤━━━(?・?━━━━ ̄!!

行かないけどなw 本日の「サンバじゃない」というエントリーのコメント欄で熱い議論が交わされている資格

記事を読む

no image

【懲りずに】医療心理師について本気出して考えてみた(10)【続ける】

さて本日の産経新聞より   鬱病ケアに国家資格 「医療心理士」創設へ超党派議連  

記事を読む

no image

【臨床心理士】医療心理師について本気出して考えてみた(9)【擁護派?】

さて今日も今日とて忙しい感じですよ。午前午後と1件ずつロールシャッハのオーダーが入ってるともういっぱ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (7件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. > > 2)国家資格は広く使える一つの資格に
    > >{医療心理師}案のように医療領域だけに偏った資格では、教育・福祉・司法・産業などの領域での臨床心理職の身分が不安定となり、ひいては、国民の心の悩みに専門的に応えることがむつかしい状況が将来予想されます。
    > そうやってグダグダやってたツケが今回の事態なわけで。まだ反省してないんですかね、この人達は。別に自分が医療の現場の心理職だからってわけじゃなく、この辺が落としどころだとは思うんだけどね。
    これは釣りですか?
    たぶん、そこまでバカじゃないと思いますよ。
    「横断資格」が無理だということは知っているはずであり、これは真の主張ではないと思います。
    監督省庁を厚生労働省(単独)とした資格であっても、
    「医師の指導下」「大学院修了」を条件とした資格であれば、納得したはず。
    (真の争点はここ。まあこれも無理なんですが。)
    ただ、対外的にアピールするときに分かりやすいから、
    方略として「横断資格」を主張しているという面が強いのでは。
    私は、臨床心理士会の主張は、それはそれで実現が困難であり、
    自分の生きてるうちに認められれば御の字だと思っていましたので、
    今さら、失望も苛立ちもないんですが\\\。
    (つまり生涯にわたって公的資格ってのも、十分想定済み。
     それでも残っていける自信のある人間が、この世界に参入すべき。
     現実検討力があれば、そう思うはず。)
    ただ、マスメディアを通じて、
    「心理ってなるのが大変なんだよー。」「大学院」「専門職」「下っ端ではない」
    というイメージを植えつけようとしてくれるだけでも有難いことであり(特に最初の)、
    あとは自分で何とかするというだけ。
    あとはせいぜい、いちおう業界の中での多数派として、
    厚生労働省をけん制してくれれば、よいというだけで。
    理念には賛同するといっても、
    理想的であればあるほど実現は困難なこともまた事実であり、
    ならば認定協会なり心理士会に、いったいどうせよ、と。
    (これもまた、もしかして、「なりたい人問題」と同様に、
     相反する矛盾した期待? もしかして。)
    もっとも、理念の枠内で、
      数のコントロールをすべきだった
      実験心理学をも重視したカリキュラムにすべきだった
      (実質的にも・日本心理学会を政治的に敵に回さないためにも。)
    とか、いうなら、まだ理解できますが\\\。

  2. 続きです。
    もちろん、横断資格主張ではなくて、
    文部科学省に働きかける、というのもあり得ます。
    しかし、文部科学省に働きかけて近年に国家資格化できる可能性があるとすれば、
    それは、「教員免許」の枠内で、ですよね。
    「幼稚園教諭」とか「養護教諭」とかの延長で。教員免許を新設。
    そうでないと、既存の法体系との整合性が無い。
    でもそうすると、「研究者-実践家」としての養成は無理ですね。
    また、「教師」という評価する側の人間が、同時に心理カウンセラー、という
    役割葛藤(二重役割)の問題も発生する。
    病院臨床でなるべく「A-Tスプリット」にするのと同じようなことです。
    (釈迦に説法ですが。ご存知と思います。)
    (よく、文部・厚生の両方に働きかけるべきだった、みたいな話もありますが、
     どっちにしても無理でしょう。)
    これが、「何でもいいからごちゃごちゃ言わずに国家資格にしろよ」的な人が言うなら、
    十分あり得るんですが、
    「心理職には研究が必要」「理念には賛成」のロテ職人さんが、
    「グダグダ」とは、こはいかに?

  3. まあ、厚生省と文部省の「対立?」ってのも、前からのことで。
    幼稚園教諭と保母(今は保育士)なんかが、その最たるもの。
    この場合には、文部省に軍配が上がったわけですよね。
    「教員免許の新設」は簡単だけど、保母さんは国家資格にできなかった。
    (つまり既存の法体系と整合性があるほうが、断然有利。)
    (たしか保母は、都道府県知事の認定。つまり以外にも、准看護師と同等でしかない。)
    でも、まさか「保育園は公的資格だから、幼稚園にやろう」とは思わんですよね。
    みんな似たようなもんと思っている。
    (私も資格問題に関心もって初めて知った。
     保育園でお世話になった○○先生も、●●先生も、みんな公的資格だったんだ、って。)
    で、ここに来てようやく少子化とかいろいろあって、
    「幼保一元化」になりつつあって、
    ようやく保母さんも、最近になって「保育士」として国家資格化。
    (平成13年だっけ。最近。)
    だから、臨床心理士会が「『軽挙妄動』をつつしむ」ように言っているのも一理ある。
    だって、黙ってりゃわかんないかもしれないじゃないですか。あんまり。
    騒ぐと騒ぎがよけいに大きくなる。
    今でさえ、国家資格だとカン違いされているフシもあるし。
    (ただし、心理士会はインターネットの威力をあまり勘定していないようだ。
     機会があれば、注意をうながしたいかも。)
    もし「相談してよかった」と思ってもらえさえすれば(それがまた問題アリだけど)、
    冬の時代を経ても、やがて機会があれば浮上できるかも。
    だって、「理念は正しい」んだから。
    旧保母さんのほか、MSWとか、准看護師も、国家資格ではないですよね。
    (まあ、准看は、おおいに問題ありですが。)
    つまり、病院のソーシャルワーカー(MSW)は、
    精神科のPSW以外は、実は無資格状態ですよね、いまだに。
    (たいてい社会福祉士かPSWは、もってんだろうけど。)
    これだって、既存の法体系との整合性と、関係団体との利害の問題なわけで。

  4. >nobuさん
    丁寧なコメントありがとうございます。釣りというか…わりと朦朧としているときに書いた文章だったので、ここまで丁寧にコメントしていただくと逆に申し訳ないような気も…
    > たぶん、そこまでバカじゃないと思いますよ。
    > 「横断資格」が無理だということは知っているはずであり、
    > これは真の主張ではないと思います。
    とのことでこの辺は同意です。ただ
    > ただ、対外的にアピールするときに分かりやすいから、
    > 方略として「横断資格」を主張しているという面が強いのでは。
    これはどうかな?と思うわけです。単純に考えて心理臨床学会ってのは(日本臨床心理士会もだけど)、その構成員の多くが教育臨床の領域に関わっている人達ですよね。「横断資格」を主張するのは、そうした人達への(あるいはそうした人達による)アピールとしての意味合いも強いんじゃないですか?医療領域に限定した資格ってのが国家資格の落としどころであったはずなのに、そのように学会(あるいは心理士会)内部で意見のとりまとめをできなかったのが現在の混迷した状況を招いているのであり、言うなれば頭が悪いのは(さすがに以下自粛←それでも5000人くらいは敵に回した)。それを私は「グダグダ」と表現したわけです。
    まあ、実際意見のとりまとめなんてのは所詮無理だったのだとは思いますが。
    ということで、今さらこんな「緊急声明」なんてものを出すのは「無様」としか言いようがないんですがどうでしょうか?なんか「国民のみなさん」に対して発言しているというよりは、「頭の悪い臨床心理士(とその予備軍)」に対しての弁明というか言い訳にしか見えないんですよね。
    臨床心理士資格を持ってまともに働けるのって、理念に賛同した上で(なりたい人がこんなに多い状況では)それを実現するのは無理と知りながらも、少なくとも自分の中でそれを目指す事のできる人だけなんじゃないかと思うんですよ。ですから公的資格のままでも全然問題ないと私も思っています。
    繰り返しになりますが、私は横断的資格を求めているわけではなく、むしろ医療領域限定での国家資格化が落としどころだと思っていました。ただ、それが歪んだ形でなされてしまったのが残念であり、そしてもう私は我が道を進むしかできないわけです。
    …なんかやっぱり朦朧としているようです。まとまりません。ツッコミどころ多数だと思いますが(そしてちゃんとnobuさんへのレスになっているかわかりませんが)、温かいご指摘(笑)よろしくお願いします。

  5. > ただ、それが歪んだ形でなされてしまったのが残念であり、
    > そしてもう私は我が道を進むしかできないわけです。
    心中お察しします。
    レスは、インフルエンザがご快癒されてからで、けっこうです。
    もし歪んでいなくて、\\\つまり心理臨床学会が、
    医療領域での資格化ということで集約できていたら、違っていましたかね\\\。
    私は、今でも、臨床心理士会なり心理臨床学会なりが、
    その多数派であるというアドバンテージを以って、
    あくまで厚生労働省を監督省庁とする資格という前提で、交渉してくれたら、
    少しは有利に進むかも、と思ったりもします。
    もしかしたら、「医師の『指導』」か「原則大学院修了」のどちらかだけでも、
    勝ち取ることができるんじゃないか、と\\\\\\。
    (しかし、「指定大学院」とか作っちゃった以上、
     もう挙げたこぶしは下ろせないんだろうなあ、きっと。)
    もし「指導」になれば、
    たとえ厚生労働省管轄の資格であったとしても、
    他領域の人も、晴れて相談を受けられるし、
    あるいは、「大学院での養成」を勝ち取って、質を高めてから、再度交渉とか\\\。
    全心協に任せていても、要は「米搗きバッタ」みたいなもんですからねえ\\\。

  6. ちといいすぎたかも\\\。

  7. >nobuさん
    あんまり「いいすぎ」って感じはしないんですけど…
    妥当な意見だとは思いますが、もう私はこの件に関しては
    傍観者的に見ていようかなぁと思っておりますです。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑