「受容」「共感」はそんな軽々しい言葉じゃない

公開日: : 臨床心理学

心理臨床家nobuのつぶやきBlog「共感」についてというエントリーを読んで思ったこと。
同じような内容になってしまうかもしれませんがご容赦を…>nobuさん
「受容」とか「共感」とかといった言葉を我々心理臨床家は当たり前のように使っていますが、本当にそれができている人というのは一体どれだけいるのでしょうか?私は「受容」だったり「共感」なんてことはものすごく難しいことだと思うのですよ。これは間違ってもネット上の議論の中でできるようなことではありません。


たまにいますよね。臨床心理学系の掲示板などで議論が加熱し、どちらかが劣勢になって論理が明らかに破綻し始めると(劣勢になるのはその主張が論理性や妥当性に欠けているからにほかならないわけですが)「カウンセラーとしての節度ある態度を!」「もっと受容的に!」とか主張しはじめる人が。ひどいのになると「あなたは共感性が足りない」なんて議論の趣旨とは全く離れた個人攻撃になったりして…そういう人には一言こういってやりたい。「氏ね」と。
臨床場面で「受容」や「共感」がといったことが意味を持つのは、そうした態度が臨床的に有用だからであり、心理臨床家が日常場面でも受容的・共感的である必然性は全くありません。それはネット上での議論においても同じことであり、そこは治療場面ではないのだからいくら議論の当事者が心理臨床家であったとしても、その議論の場で受容的・共感的な態度を示す必要はないわけです。前述のようなアフォな主張(「もっと受容的に」とか「共感性が足りない」とか)をする人に対してはもう一言言ってやりましょう。「あんた私のクライエントじゃないですから~、残念!」と。
正直言って「受容」「共感」なんて言葉を振り回す心理臨床家ほど胡散臭いものはないと思います。ここで前にもご紹介したこの本からちょっと引用してみましょう。

フロイトをはじめ、特に古典的なフロイト派、精神分析の人たちはあまり肯定とか受容とか共感とか、そういうことを言わないのです。最近はそうではない理論が精神分析の方にも出てきてはいますけれども。私自身も使いませんね。なぜかというと、私自身の感覚で言うと、使うとその言葉に自分が甘えてしまう。自分が相手に好意的に接してさえすれば万事OKだというような気分になってしまうと、これまた慢心になるのです。自分が共感しているつもりでいて、実は全然できていないというセラピストが非常に多いですから、そういうことに対する自戒の意味でも、あまりそういう言葉は使いたくない。本当に相手を分かろうとしているときの自分自身の真剣な気持ちは、受容だの共感だのという言葉では言い表せないような、もっと真剣勝負のような心境で、そういうときに自分が本当にこの仕事をしていると思えるんです。

うーん。やっぱり禮子タソ萌え~です。もう一回リンク張っておこう。

精神分析的心理療法の実践―クライエントに出会う前に
馬場 礼子

岩崎学術出版社 1999-09
売り上げランキング : 35,517
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「受容」「共感」なんて態度は(臨床場面では)ものすごく当たり前な態度なんだけど、本当はものすごく難しいことなのですよ。こういう言葉を振り回す人…今一度自分の臨床をふり返って考えてほしいものです。

この記事を読んで(・∀・)22!!と思ったらクリックを!→人気blogランキング

2005/03/25 | 臨床心理学

関連記事

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日、日本ロールシャッハ学会第21

記事を読む

仕事が終わったら

日本ロールシャッハ学会第21回大会で研究発表とWSの事例提供します

明日から2日間、札幌国際大学におきまして、日本ロールシャッハ学会第21回大会が開催されます

記事を読む

図解・台風の科学

台風なので…

今日は台風なので… もう出勤してしまいました。 やらねばならないことが山積みです

記事を読む

緑色のスカーフ

ゴールドウォーター・ルールに則ってみれば小池都知事の心理がスカーフから読み取れるあの人は完全にアウトだよね

17/10/02のエントリ、小池都知事の心理がスカーフから読めるそうだで取り上げた「臨床心理

記事を読む

AIに支配される人達

感情認識AI技術はオンラインカウンセリングの質の向上につながるか?

(いらすとやより「AIに支配される人達のイラスト」) こんなプレスリリースを発見。

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (20件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. こんにちは。非常に共感(と安易に使ってしまった\\\(笑))しました
    ので、書き込ませていただきます。
    院時代、同級生にちょっと困ったちゃんがいて、最初は人によっては
    親切にしていたようですが、段々皆相手にしなくなっていました。
    その時に、その人が言っていたと噂で聞こえてきた言葉が
    「カウンセリングを勉強しにくる人たちはもっと優しいかと思った」
    です。それを聞いた時は、その場にいた皆で「じゃあ(カウンセリング)
    料金払って欲しいよね」とつっこみまくりでした。

  2. もちろん、臨床やっていくには人に対する基本的な愛(う\\\恥ずかしい)
    は必要だと思いますが、それは誰にでも優しくするとかそういうこととは
    ちょっと違うと思うんですよね。
    私はむしろ臨床家としては、物事をちょっとななめに見れるようなところ
    が、ただ優しいということより必要な気がします。
    お金をもらってやっているんだ、といういい意味でのプロ意識も必要だと
    思いますし。
    そうそう、むかーし合コンに参加した時も、職種を言ったとたん
    「僕を癒してー」と言われたことがありました。冗談だったんでしょうが
    ひいちゃいましたねー。でも、一般的な見られ方ってそうなのかも
    しれないですね。
    しかし、同じ臨床学ぶ人から(しかも院の)そういう言葉が聞かれたのは
    別の意味でショックでしたねー。

  3. ただひとこと
    「ほんまやー!」
    です。
    毎日当事者や少年と対決しまくっている私は「受容」や「共感」からは強烈にほど遠い心理臨床家と思います。自覚してますです。

  4. 受容と共感って、日常生活でやられると、ほんと、腹立ちませんか?
    某セミナーと言うのか講習を聞きに行ったときに(その講習内容はとてもよかったのですが、私の横に座った年配の方に話しかけられました。違う職種でカウンセリングを学んでいる方だったようですが、「~ですか?」と聞いて私が答えると、ものすごくうなずきが多い上に、「~なんですよ」と言う私のセリフに、「うん、うん、~なのね」と、いちいち返されたときには、キレるかと思いました。
    その方は、訓練を受けて身についてしまったもので、悪気は無いと思われます。でも、私はあなたと「対等な会話」をしたいと思っているのであって、「カウンセラーとクライエント」関係を望んではいません。と、思ってしまいました。
    なんか、普通の相槌とは違って、相手方が上にいるような、なんかいや~な気分にさせる相槌と言葉の繰り返しってありますよね。

  5. 「精神分析的心理療法の実践」読み終わりました。
    じんわり心地よい読後感に浸っています。
    歪みの少ない、偏りの無い美しいものに接したときのような、
    じんとした気持ちと、背筋がしゃんとなるような感覚を覚えました。
    いい本に出遭えました。
    ご紹介、ありがとうございました。
    禮子タソもまたある意味、サムライですね。

  6. 本日の静観

    「心理職情報交換」の中の、「心理職雑談掲示板1」での、ツリー「医療心理師」および、ツリー「医療心理師」に関して。
    >しゅうさん
    突然のTBすみません。別にしゅうさんの書かれた内容が癇に障るようなものだったというわけではないのですよ。てか、本当に癇に障るような内容だったら、私は「癇に障ります」と直接言います。
    TB送ったのは単に「関連しそうな内容だなぁ」というだけの理由でした。
    「受容・共感」についての考え方は、私はしゅうさんに非常に近いものを感じております。
    …ということをそちらのコメント欄にも書く予定。

  7. 「共感」について

    「共感」が絶対に必要な場面というのはあります。それ無くして進まないというような。だから、それが全くないという人は、この仕事はできません。しかし、「共感が足りない」と言われている場合の多くは、単にクライエントさんが話す内容を「どう取り扱うか」が分かっておら
    >しゅうさん
    突然のTBすみません。別にしゅうさんの書かれた内容が癇に障るようなものだったというわけではないのですよ。てか、本当に癇に障るような内容だったら、私は「癇に障ります」と直接言います。
    TB送ったのは単に「関連しそうな内容だなぁ」というだけの理由でした。
    「受容・共感」についての考え方は、私はしゅうさんに非常に近いものを感じております。
    …ということをそちらのコメント欄にも書く予定。

  8. (笑)
    浅木さんのレスに受けました(笑)。専門家だから「なんかいや~な気分」になってしまうのか、はたまた誰が対峙しても「いや~な気分」になってしまうのか(あかんやん)。
    大学生のときの教科書に「受容」やら「共感」やらというコトバが出てきても、「あ!」と『本気で』わかったのは、わたしの場合、臨床現場で数年経ってからでした。
    でも、この言葉を軽々しく使うのは嫌いなんですがね。「受容しているつもり」「共感しているつもり」にしかみえない心理学徒も(以下めんどくさいので略

  9. 本日の「萌え~」

    とある研修会に参加したときのこと。懇親会か何かの席だと思います。当時、広島の某大学から京都の某大学に移ったばかりのT先生が、もといた広島のクライエントさんと会うために、毎週往復しているという話をしてました。…
    >しゅうさん
    突然のTBすみません。別にしゅうさんの書かれた内容が癇に障るようなものだったというわけではないのですよ。てか、本当に癇に障るような内容だったら、私は「癇に障ります」と直接言います。
    TB送ったのは単に「関連しそうな内容だなぁ」というだけの理由でした。
    「受容・共感」についての考え方は、私はしゅうさんに非常に近いものを感じております。
    …ということをそちらのコメント欄にも書く予定。

  10. >bikkeさん
    つーか、禮子タソの言葉からもわかるように、受容・共感と優しさってのは異なる概念だと思うのですよね。普段の生活で優しい人である必然性はどこにもないわけであり。
    >いちさん
    んー。確かに職場によっては難しいですよね。「受容」「共感」ということは。でもどんなに対決していたとしてもどこかでそうした態度は持っている必要があるのではないかと。それはもちろん表面的なものではなくてね。
    >浅木さん
    結局、そのムカツクおばはんがやってるのって、受容でも共感でもないんですよね。技法としての「受容」「共感」のまねごとででしかないと。
    >mooさん
    禿しく同意でございます。

  11. >カカさん
    読まれましたか。ほんといい本ですよね。
    非常にエレガントに分かりやすく書かれており、精神分析的志向性を持つ人以外にもきっと役に立つのではないかと思います。
    ほんと「ラストサムライ」って感じですよ。禮子タソは(←この呼称はいいかげんやばいかも)。というわけで心から尊敬してます馬場先生。大好きです。

  12. bikkeさん
    >そうそう、むかーし合コンに参加した時も、職種を言ったとたん
    >「僕を癒してー」と言われたことがありました。
    ははは、これって、職業人の宿命ですよねー。
    プログラマーの人は「パソコン直して」とか言われるし、銀行マンは「お金ちょうだいー」とか言われるし。(言われないか)
    医者をしてて、お正月なんかに親戚の集まりになると、かならず健康相談になります。
    特に整形外科領域(腰痛とか)の相談が多いんだけど……、そんなの分からないって~!(そもそもレントゲンも取ってない段階で、アドバイスもなにもできないー)

  13. 「本当はゆっくりお正月の宴を楽しみたいのになー」って、機械的「受容・共感」モードで話を聞いてる自分がいます。
    医大の学生さんたちと話してても、「私精神科だよ」って言った瞬間、いろいろと相談されること多かったなあ。(でもなぜかこれは結構楽しんで聞けた)
    心理分野に関して言うと、「合コンで隣の席に心理学徒が座ってる」って状態は、結構ドキドキな状況なのかもしれませんね!
    だから防衛的に、先手を打って「癒して~」なのかな。

  14. さてさて「受容と共感」、あんまり安く売ったものじゃないという意見は共通しているようですが、でも、あんまり高くしたもんでもないかもしれないなー、と思ったりします。
    面接室の中で技法として慎重に「受容と共感」を使っていても、面接室の外で病棟の看護婦さんにふと「優しさ」を振りまかれて影響を受ける患者さんはいるだろうし。
    「優しさ」と「受容と共感」は同じものではなく、「優しさ」は「受容と共感」で置き換えることはできないけれど、「受容と共感」は「優しさ」で置き換わっちゃうかもしれません。
    (↑変なこと書いてたら教えてください。予め。)

  15. 「カール・ロジャーズ入門―自分が“自分”になるということ」

    「カール・ロジャーズ入門―自分が“自分”になるということ」  諸富 祥彦 (著)   カスタマーのおすすめ度:ロジャースの妻は、晩年、彼の浮気に悩まされていた。…等々、「カウンセリングは人間性」のロジャースをイメージしている人にとっては、衝撃的な事実が書かれて
    >しゅうさん
    突然のTBすみません。別にしゅうさんの書かれた内容が癇に障るようなものだったというわけではないのですよ。てか、本当に癇に障るような内容だったら、私は「癇に障ります」と直接言います。
    TB送ったのは単に「関連しそうな内容だなぁ」というだけの理由でした。
    「受容・共感」についての考え方は、私はしゅうさんに非常に近いものを感じております。
    …ということをそちらのコメント欄にも書く予定。

  16. 「共感」という疑わしきもの

     私はまだ若造で恐縮ですが、「共感」という言葉が以前から、詳しく言えば臨床心理学を学ぶ前からすっと入ってこなかった。それを言語化することが難しかったのだけど、この本に出会って言語化が可能になった。今日はそれを「書く」ことでさらに整理していこうと思う。以前.
    >しゅうさん
    突然のTBすみません。別にしゅうさんの書かれた内容が癇に障るようなものだったというわけではないのですよ。てか、本当に癇に障るような内容だったら、私は「癇に障ります」と直接言います。
    TB送ったのは単に「関連しそうな内容だなぁ」というだけの理由でした。
    「受容・共感」についての考え方は、私はしゅうさんに非常に近いものを感じております。
    …ということをそちらのコメント欄にも書く予定。

  17.  先日はトラックバックあありがとうございました。私の方も稚拙な内容ではありますが、トラックバックさせていただきました。

  18. 「共感」という疑わしきもの2

     自分のために書いたものがブログ。その中でもさらに自己満足的に書いた「共感」という疑わしきものの反応が良かったようなので、また書きます。調子に乗りやすいのが私。
     先日の内容のまとめとして、セラピストが目指しているものとしての「共感」という言葉を用いず.
    >しゅうさん
    突然のTBすみません。別にしゅうさんの書かれた内容が癇に障るようなものだったというわけではないのですよ。てか、本当に癇に障るような内容だったら、私は「癇に障ります」と直接言います。
    TB送ったのは単に「関連しそうな内容だなぁ」というだけの理由でした。
    「受容・共感」についての考え方は、私はしゅうさんに非常に近いものを感じております。
    …ということをそちらのコメント欄にも書く予定。

  19. いやはや…
    コメントの変わりにこの記事のトラックバックをいただいたということは、ロテ職人さんの勘に触るエントリーだったということですかね?
    「受容・共感」ネタはもう終わりの予定なんですけど、せっかくtakashiさんが触れられていたので、自分なりの考えをまとめてみただけのことなんですけどね。
    なので、「受容・共感」しなきゃとか、してないからダメとかいうことは言ってないつもりでしたが…
    と、言い訳してみる…。

  20. >しゅうさん
    突然のTBすみません。別にしゅうさんの書かれた内容が癇に障るようなものだったというわけではないのですよ。てか、本当に癇に障るような内容だったら、私は「癇に障ります」と直接言います。
    TB送ったのは単に「関連しそうな内容だなぁ」というだけの理由でした。
    「受容・共感」についての考え方は、私はしゅうさんに非常に近いものを感じております。
    …ということをそちらのコメント欄にも書く予定。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑