白衣の意味

公開日: : 仕事

8a49277d.JPG※もし画像の使用等問題がありましたら、お気づきの方はご指摘ください。ご指摘ありましたら即座に削除する気満々でございます。
まずはいつもの告知から。
今、医療心理師問題を中心とした心理職の資格問題について日本で一番熱く語られているのはこの記事のコメント欄です。
本日の「サンバじゃない」 コメント欄
自分のブログでありながら私自身がROM専になってしまっていますが全く無問題です。前にも言ったように横レス&ののしり合い大歓迎です(でもののしり合いにならないところを見ると「みんな大人だなぁ」と思ったり)。私自身も読んでて非常に勉強になるし、考えをまとめるのに役立っています。コメントできそうな時にはちょろりと発言するかもしれませんので、その時はよろしくお願いしますです。
さて、そんな大盛り上がりのエントリーもいいんですが、こちらはまったりと更新を…


先日、突然おすすめサイトのコーナーでもご紹介したデイリーポータルZ。日曜日のコネタはこんな記事でした。
プロの心理療法士に心理テストとカウンセリングを受けてみた
内容的にはそれほど注目すべきところもないですし、ツッコミどころはいくつかあるんですがまあその辺はおいといて…ネタとしては「白衣で待ち合わせ」「白衣で買い物」「白衣で居酒屋」ってところがミソでしょうか。
で、気になったところを抜粋してみます。

「ところで素朴な疑問だけどさ。心理療法士ってなんで白衣着るわけ?」
「そうやねえ…。まあ病院のルールってとこかな」
「でも医者とか看護師と違って、血が飛んできたりはしないんでしょ」
「そりゃそうだけど。でも、白衣があったほうが患者さんとも距離もとれるからね」
「ジャージの上に白衣着たりはしないの?」
「しません!」 

さてこのブログを見ている人の中で病院勤務の心理職または病院で実習中の学生さんなどは少なくないと思いますが…皆さんは職場では白衣ですか?デイケアなんかだとまた事情は違ってくると思いますが、白衣の方は結構多いのではないでしょうか。ひょっとして学校でSCやってて白衣の人も…いたりするのかな?よくわかりません。
なんか薄っぺらい意見で申し訳ないんですけど、私は白衣って「『治療者』としての記号」って意味以上のものも以下のもののないように思っています。もし自分が今と同じように病院で働いていて白衣を着てなかったら、きっと「自分が何者なのか」を説明するのがすごくめんどくさくなると思うんですよね。
先日、総合病院の心理職をやってる知り合いからメールが来たんですが、そこの職場では心理職の所属がワーカーさんと同じ相談室で、ワーカーさんと同じ制服なのだそうな。その辺に関しては「(白衣じゃないと)とたんに戦闘力が落ちる気がしてしまいます」と書かれてて「そんなもんなのかなー」と思ったりもしました。
この辺、皆さんはどうお考えでしょうかね?つまらない問題提起で申し訳ないです。
#なんだか精彩を欠いた内容だなぁ…月曜だからでしょうか?(「いつもだろ!」というツッコミはなしの方向で)

つまんねーと思ってもクリックしていただけるとうれしゅうございます→人気blogランキング

2005/04/04 | 仕事

関連記事

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日、日本ロールシャッハ学会第21

記事を読む

仕事が終わったら

日本ロールシャッハ学会第21回大会で研究発表とWSの事例提供します

明日から2日間、札幌国際大学におきまして、日本ロールシャッハ学会第21回大会が開催されます

記事を読む

図解・台風の科学

台風なので…

今日は台風なので… もう出勤してしまいました。 やらねばならないことが山積みです

記事を読む

リハビリ

リハビリ的に投稿してみる

2016年12月31日以来、実に263日ぶりのブログです。 ぶっちゃけ、ブログの書き方

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック (24件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 私のところは、去年の中頃から白衣廃止になりました。
    心理と事務のみ。今は私服に名札、というスタイルで働いてます。
    廃止になる前は、自分自身はともかく患者さんが混乱するのでは・・・、とかあれこれ心配しましたが、廃止になってみたらそれ程大きな問題は起きなかったですね、私は(私の上司にあたるベテランの心理士さんは、かなり抵抗を示されていましたが)。
    ただ、職業アイデンティティの問題とか、色々と考えさせられる出来事ではありました。

  2. ナニゲに自己開示しつつ、衣装歴なんぞ。
    企業の健康管理室勤務だった時代は、一般事務系の制服を着ていました。総合職の女性も同じ制服を着ていました。
    保健師さん(若くてきれいな女性ぞろい)は白衣でした。
    社内の診療所に精神科医のサポートで入る時も一般事務の制服だったので、従業員は不安だったかも。
    病院勤務だった時は白衣着てました。コーディネートでたらめな服で出勤できて便利でした。

  3. 現在進行形の乳幼児健診では、エプロンしてます。
    兄弟を連れてきたお母さんのサポートをするボランティアさんと同じ色・別デザインで、
    お母さんがたに警戒されずにお子さんの様子が観察できていい感じです。
    時々気になる子どもの観察中に、「トイレに行くから」と別の子の子守りを頼まれちゃうのが玉に瑕です。
    健在進行形の大学学生相談室は私服です。SC時代も私服でした。
    学生さんたちには「先生たちと毛色の違うオバチャン」として扱われてます。
    一般事務の制服を着て大会社で働くと、よく知らない人からは「高卒の事務の女の子」のようにしか扱われず、
    平たく言うと意見とか専門性とか無視されがちで、やりにくかったです。
    個人的な好みや事情としては、私は白衣を着ると気分がかしこまっちゃって戦闘力落ちるので、
    私服とか一見ボランティアなエプロンあたりが好みです。

  4. 私は、今年度は、私学の高校、大学での相談業務ですが—-両方ともスーツにネクタイです。
    スーツにネクタイは大嫌いなんだけど—-本当は、ユニクロ系のカジュアルな感じで行きたいのだけどね。

  5. 私はデイケア勤務の時には普段の活動内容が大きく影響し、Tシャツ・ジャージ。その合間に行う病院での査定・面接の時には急いでいるのでその上から白衣←そうしないと、患者の皆さんと全く格好がかぶってしまうので、見分けつかない・・・(泣)
    それから病院の心理室の時には少しこぎれいな格好(シャツスタイルとかニットとか。スカートは病棟に入るので穿く事はなかったですが)にネーム着用、査定・面接時は白衣を羽織るスタイルでした。
    現在の学生相談は上記のこぎれいな格好のままですね・・・もう少しラフになったかな?スカートも穿きます。ネームぐらいはつけたほうがいいのかなーと思うのですが、非常勤だからか作ってもらえず?特に何にも言われません。

  6. ジャージに白衣・・・着たりしてました。

  7. こういうまったりエントリーもよいですね
    (とはいえ、当事者にとってはまったり…というだけの問題ではないかも?)。
    >yuinoさん
    私服でもそんなに変化はないのかもしれないですね。んでもmooさんもおっしゃってるように、コーディネートには気をつかわなきゃいけないかも
    …「コーディネートはこーでねーと」というオヤジギャグが頭にこびりついて離れません…orz どうしたいいんでしょ?

  8. >千と千尋さん
    専門職としてもTPOにあった服装があるということですかね。
    私なんかはやっぱりずっと白衣でやってるせいか、やっぱり白衣の方が戦闘力が上がる気が(…考えてみると防御力なのか?)。制服はやっぱり微妙ですよね。知り合いがちょっぴり気の毒です。
    ちなみに私のところは白衣は白衣なんですが、ボスの意向でその下はネクタイ着用が義務づけられています。うぜーの何のって…白衣の下なんてジャージでオッケーじゃないですかね?>コスモスさん(w
    >takashiさん
    スーツはめんどっちいですよね。クリーニング代もかかるし。しかし私もファッションには疎い方ですが「カジュアル=ユニクロ」という発想はいかがなものかと思われ。

  9. >「カジュアル=ユニクロ」という発想はいかがなものかと思われ。
    私服の95%はユニクロなんです、私。ユニクロじゃないのはトランクスぐらい。
    さらにツッコミが来そう—-。

  10. >takashiさん
    最近、takashiさんが私よりも年下であるという事実を知り驚愕してしまった次第であります。なんとなく。ま、それはおいといて、別にユニクロでも何でも似合っていればそれでいいと思うのですよ。でも意外に「ユニクロが似合う」人っていないような気も…無印と並ぶ「Best of 無難」とでも言いましょうか。
    私は「痩せているときは」ファッションにそれなりに興味があったりします。…というほど気を使っているわけでもないですし、実は持ってる服の3~40%はユニクロか無印のような気がします。
    今からファッション誌ってのもなかなか難しいと思いますのでそんなあなたにはこちら!
    いちからはじめるファッション入門マニュアル
    http://www.at-fashion.com/
    肉体改造に成功したら次はユニクロ以外に目を向けてみるのもいかがでしょうか?

  11. なーんて初心者向けのファッションサイトを勧めたりする私がなんか「痛い人」のように思われてしまう今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?

  12. >コーディネートには気をつかわなきゃいけないかも
    「こーでねーと!」とゆーのは無いんですが、自分なりに気を付けてます。
    スカートはまず履きません。大抵ジーンズ(ストレートでダメージ加工の無いもの)ですね。
    トップスは露出が少ないもの。胸元が開かないカットソー+カーディガンかタートルネックというスタイルが多いかも知れません。
    あと、服の形以上に気をつけているのは、服の色ですね。
    モノクロか淡い色を選ぶようにして、原色‐特に赤と紫は着ないようにしてます。
    しかし、私のワードローブは赤と紫が結構ある上に、ファッションセンス0のくせに奇抜な形の服が多いので、着られる服が少なくて毎朝タンスの前で悩んでます・・・。

  13. 心理職のイメージ

    ロテ職人さんのところで、『「白衣」がモビルスーツのようになっている』かもしれないとのことです。
    (詳しくは、リンク先どうぞ)
    ところで、「心理職のイメージ」ってどのようなものなのでしょう。
    ちょっと親方のサイト(別名:日本臨床心理士資格認定協会)の「臨床心
    さつきさん…その適応指導教室というのは、古い公民館の2階ですね?
    アルバイトさんで入ってたのでしょうか。
    適応指導教室ってご近所同士で結構密に勉強会してますので
    書き方によって簡単に個人が特定できちゃいます。
    ご注意をば。

  14. まったりエントリーに便乗して、TBさせていただきますた。
    えーと、わたしもついでに服装などをコメント。
    わたしの場合は、「目立たないこと」を一番重視してますよ(笑)。
    軽めの服装は自分のケースの仕事のときだけですねぇ。軽い服装だと中身もチャラチャラ(ハイ。中身軽いです)してると思われるので(汗)。逆に重すぎるとプレートなしでも「心理のヒト」というイヤンなオーラが出てるのか(泣)、「カウンセラーの先生ですよね」と紹介前に言われます(これかなりイヤです)。スカートは、はきません。確実にお水系と思われるので。ま。いいんですがね。

  15. 私も便乗。
    私も私服がほとんどです。でも、仕事ではジーンズだけは履かないことにしています。
    子どもと関わる時はズボン中心。
    クリニックは大人の方も多いので、大人っぽくしようと心がけております。
    化粧もするし、ロングだけどスカートも履いてます。
    社会性がなく精神年齢も低いせいか、実際よりも若く見られます……。

  16. Yシャツがわりに、ユニクロのノンアイロンのファインブロードシャツを愛用しているtakashiです(だって、Yシャツはクリーニング代かかるし、ユニクロのだと綿100%だから肌にやさしいし)。
    >最近、takashiさんが私よりも年下であるという事実を知り
    >驚愕してしまった次第であります。なんとなく。
    ははは、実際、見た目と実年齢・体年齢の間にはかなり差があります。ちなみに、ユニクロや無印以外で何かお勧めのものがあったら教えてくださいな。
    それにしても、みなさん、きちんとファッションには気を使ってらっしゃるようで—-私も見習わないと—-でも、その前に体型を変えないと—-。

  17. 初めてカキコませていただきます。
    皆様どうぞよろしくお願いいたします。
    学生時代に
    相手の服装はもとより、あらゆる行動を汗腺を使ってよく観るように。
    と同様に、自身も同じくらい厳しい目で観られているコトも意識するように。
    と厳しく指導を受けたものです。。。
    臨床家としてホッと安心させるような隙(一面)はみせても、
    相手に不安を与えるような隙は絶対にみせないようにと仰ってました。
    今ではそこまで神経質にはなっていませんが、
    やはり面接の前となると、この言葉が頭から離れません。
    白衣の意味にはカスリもしていませんが、ご容赦くださいませ。

  18. >yuinoさん
    赤・紫は仕事着としてはかなり微妙ですね。そういう意味では男性はスーツであればある程度無難にまとめられるので良いような気がします。
    …でもたまにシャツにネクタイでも「何っ!?」って感じのコーディネートになってしまう人がいないわけではなく…某北の方の大学にいるS野先生とか(笑)。
    >mooさん
    「スカートをはく→お水系」っていったい…?
    > 「カウンセラーの先生ですよね」と紹介前に言われます(これかなりイヤです)。
    これは嫌かも。でも医師と間違われるのもそれはそれで面倒だったりします。

  19. >浅木さん
    ジーンズは確かにちょっと…ですね。
    昔、精神科デイケアに関わってた時、スタッフの一人である若い女性の看護師さんがスカート(わりとロング)をはいてきたことがあったんですが、それを見たある男性メンバーさんが物凄い勢いでスライディングしてスカートの中を覗こうとしてました(失敗してしまいましたが)。見てて思わず笑ってしまいました。
    >takashiさん
    私も人にファッションのことをどうこう言えるほどオシャレさんでもないので…
    クリーニング代は結構痛いですよね。地味に家計を圧迫していきます。

  20. >佳乃さん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    > 汗腺を使ってよく観るように。
    ってなんかスゴイ言葉ですけど、感覚としては理解できます。
    神経質になる必要はないけど、そういう視点は常にもってないといけないかもしれませんね。
    私の師匠の師匠なんかは心理の学生や研修生に対して「白衣の一つのシミも許さない」という方だったようです。働いているとそういうことの意味も少しずつわかってくるような気がします。
    今後もコメント等ありましたらよろしくお願いしますね。

  21. 初めて書き込ませていただきます。皆様よろしくお願いいたします。
    私の体験なんですが、以前、とある適応指導教室(物理的構造:古い公民館)に少し関わっていたとき、
    常勤の心理職という立場の30代の女性と、そのかたの従者のように行動されている20代の女性教員のかたが、そろって白衣を着ておられました。
    (他は退職校長のおじいさま方が数名、背広スタイルで勤務。)
    でもその心理職という立場の女性は、白衣の中には胸の開いたヒカリ物系ブランドのシャツなんかをけっこう着たりしていて。
    んでもって、数名の特定の中学生にピッタリついて、学習指導したりなんかしていて。“囲って”ましたねー。
    異様な光景でした。
    (まあ、20代の女性教員のかたのほうは、専門が理科だったのかもしれないけど。)

  22. もう一つ、白衣と言えば、TVドラマの「白い巨塔」では、
    唐沢さんが演じる教授のほうは、“しわ一つ出ないような素材”を、
    江口さんが演じる教授のほうは、“しわになりやすい素材”を
    それぞれ使用した別の白衣をわざわざ作って、
    役柄を演出していたという話をTVで見たことがあります。
    なるほどねぇ、やるなぁ、と思って、その話は記憶に残ってます。
    (ご存知のかたも多いかな?)

  23. あ、役柄の地位は、まだ教授じゃなかったのでしたっけ?
    “医師として大学病院の教授になる野心”のために苦闘されていたような記憶がかすかに…(汗)

  24. さつきさん…その適応指導教室というのは、古い公民館の2階ですね?
    アルバイトさんで入ってたのでしょうか。
    適応指導教室ってご近所同士で結構密に勉強会してますので
    書き方によって簡単に個人が特定できちゃいます。
    ご注意をば。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑