Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

実証にもとづく子育て

公開日: : 子育て

私の書いた4/5のエントリー、こんな広告あるんですねで、takashiさんのさいころじすと日記[学会・研修会]すくすくコホート三重─21世紀を担う子どもの発達を探るの記述にツッコミを入れてみました(その詳細については当該エントリーを参照のこと)。


で、そのツッコミに対してtakashiさんからご丁寧な返信いただきました(こちら→[心理学小話]恒例企画!?─ロテ職人さんのツッコミに答える。
私は

エビデンスベーストな子育てってのはどうなんでしょうか?子育て支援に対する何らかの示唆は得られるのかもしれませんが…「子育てを実証に基づいて検討する」のと「実証に基づいた子育て」ってのは全く別物であり、「実証に基づいた子育て」ってのは個人的にはあまりしたくはないものだなと。確かに育児書とかは気になりますけど…どうなんでしょうか?

と書いたのですが、それに対してtakashiさんはこう答えています。

これは、私の紹介の仕方が悪かったですね。コホート研究の事業は、まさに「子育て支援に対する示唆を得る」のが目的になります。この示唆を元に子育てするのが「実証に基づく子育て」ということになりますかね。

…うーん。やっぱり何か違和感が残るんですよね。「実証に基づく子育て」という言葉そのものが。で、その違和感は何なのかという点について考えていたんですが、私のツッコミエントリーのコメント欄でのミナミノシマさんの発言からなんとなくわかったような気がしました。
ミナミノシマさんの発言を引用してみますと

子育ての分野で「エビデンス」というと居心地悪いのは、「エンド・ポイント」を設定する、ってこと自体が胡散臭くなっちゃうからじゃないですかー?
「30歳で年収一千万」をエンドポイントにした子育てと「60歳で盆栽を愛する」をエンドポイントにした子育ては違うでしょうしー。

で、恥ずかしながらこの「エンドポイント」という用語を知らなかったのでぐぐって見たところこんなのを発見しました。
健康情報ヘルスケアポケット-EBMとコクラン共同計画に関する用語解説
で、「エンドポイント」とは…

 医学的介入の意義を評価するために任意に選んだアウトカム項目。評価の物差しは死亡、QOLの変化、副作用の発現など。
 血圧、血糖値、腫瘍サイズなどの物差しは、患者にとって真の利益となっているかわからないため、脳卒中、心筋梗塞の発症や死亡などの、いわゆる真のエンドポイントtrue endpointに対して代用エンドポイントsurrogate endpointと呼ばれる。

ふむふむ…
つまり「子育て」においては様々な価値観があり、その評価の基準となる明確なアウトカムは設定できないというあたりが私の違和感の元だったのではないかと思うのですよね。「子育てを実証的に検証」し、「実証に基づく子育て支援」を行うということが目的なのであれば非常にすっきり納得できます。
子育てのゴールなんて一つじゃないですもん。うちなんかはどうしても子どもを見ながら家事をやらなきゃいけない場面ってのが多かったりするので、結構テレビとかビデオとかに頼ってしまってます。そういうことに関して実証データなしに「2歳までのテレビの視聴は、子どもの発育によくない」なんて言われた日には腹が立ちますからねぇ。…でも実証データがあってもどうなんだろ?やっぱり「必要悪」と思ってしまうかもしれません。
そしてうちの娘の好きなDVDを張ってみる。

ベイビー・モーツァルト
ベイビー・アインシュタイン

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2003-09-18
売り上げランキング : 2,140
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ベイビー・ベートーベン
ベイビー・アインシュタイン

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2003-09-18
売り上げランキング : 7,648
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

…これらの商品のリンク先の評価を見てみると、基本的に高い評価がなされていますが、反面、ものすごく低い評価をつけている人もいます。(ざっと見ただけではありますが)肯定派の発言も否定派の発言も実証(=エビデンス)に基づくものではないんですよね。子育てに関する様々な言説が氾濫している現代において、takashiさんからご紹介いただいたようなコホート研究は非常に意義があるものだと思います。
ちなみにうちではテレビとかビデオなどを子どもに見せる場合には、できるだけ話しかけながら一緒に見るようにしてます(「~きれいだねぇ」とか「楽しいね」とか)。これもエビデンスには基づいてないんですけどね。そして上で挙げたDVDはかなりお薦めです。これも(少なくとも子どもの発育上の影響に関しての)明確なエビデンスはないんですが。
takashiさんは最後のまとめで

それから、「実証に基づいた」と言う場合、ここでは、「厳密に統制された効果研究の知見」というよりは、「経験的な根拠に基づいた知見」という意味合いが強いでしょうか。

と述べていますがそれはむしろ逆では?これまで子育て支援などは経験的な根拠に基づいておこなわれていたが、大規模コホート研究によってその根拠となる部分を補強するというのが目的になるのではないですかね?
結論:子育てにおける価値観は多様であるはずであり、その意味で「実証に基づく子育て」という概念は「エンドポイントの設定が明確にならない」という点で違和感が残る。「実証に基づく子育て支援」が最終的な目的なのであれば納得できる。
この件についてどう思いますか?>takashiさん&皆様

この記事を読んで(・∀・)22!!と思ったらクリックを!→人気blogランキング

2005/04/07 | 子育て

関連記事

交響組曲『ドラゴンクエスト4』

自分の「派手なクラシック音楽好き」の原点はひょっとしたらドラクエのオーケストラ版なのかもしれない

最近、ひょんなことから次女とドラクエをやっているのです。DS版の。 つい先日、4をクリ

記事を読む

子どもクッキング

次女のために子ども向け料理本を買ってみた

最近、次女が料理に凝っておりまして。それ自体は良いことだと思うのです。 ただ、何と言い

記事を読む

ちはやふる 第1巻

今さら『ちはやふる』にハマってしまったワタクシなのです

別に例の実写映画化からの…ではないのです。 ・「ちはやふる」末次由紀先生が語る、実写化

記事を読む

東京ディズニーリゾート便利帖第3版

次女と2人でTDLに行くことになったのでちょこっと調べてたら『東京ディズニーリゾート便利帖』の改訂版が出ていた

近々、小3の次女とワタクシの2人で東京ディズニーランドに行くことになりました。 3月生

記事を読む

少年少女 日本の歴史

学習漫画 日本の歴史 小学館か集英社かどちらを買うか迷ってる

我が家の娘も早いものでもう小6ですよ。 6年生になると社会の授業には歴史が含まれてくる

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (3件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 実証は有効で公平な説得ツール(のひとつ)だと思います.手続きが標準化されていてわかりやすい.データを元に議論できる点で,おおむね公平な議論が成立します.
    実証は事実を捉える上で非常に有効です.人間の主観的判断は間違えやすいものですし,誤った認識はここそこに存在します.実際,事実に反する誤った常識や方法論に依拠する子育ても多いかもしれません.その中には危険なもの,将来,悪影響が出るものもあるかもしれません.
    たとえば,30-40年ほど前は泣いた赤ん坊を抱き上げると独立心が育たないなどといわれていました.しかし,愛着行動の「実証的データ」を通して,この考えはだいぶ変わりました.実際,泣くことに応答的な母親の子供は運動および知的能力に優れています(Ainsworth でググって見てください).

  2. つづきです.
    もちろん,実証が捉えられないことは山ほどありますし,実証の論理そのものには大きな穴があります.そういう意味で,実証はすべてではありません.また個人の信ずる価値は,実証の有無と基本的に関係がありません(たとえば,いわゆる「モーツアルト効果」はデータをきちんと見る限りウソなのですが,ロテ職人さんが紹介したDVDはわたしも良くできていると思います).
    それでも,子育ての上であやまった常識,危険な方法論を是正するには,実証に基づく説得が一番良いのではないでしょうか.また,平均的に見て良いと思われる手法を選択肢のひとつとして提案することもできると思います.
    長くてごめんなさい.

  3. [心理学小話]恒例企画!?─ロテ職人さんのツッコミに答える その2

    ロテ職人さんから、再び突っ込みをいただきました。[http://blog.livedoor.jp/rotemeister/tb.cgi/18258811:title] >> …うーん。やっぱり何か違和感が残るんですよね。「実証に基づく子育て」という言葉そのものが。で、その違和感は何なのかという点について考えて
    つづきです.
    もちろん,実証が捉えられないことは山ほどありますし,実証の論理そのものには大きな穴があります.そういう意味で,実証はすべてではありません.また個人の信ずる価値は,実証の有無と基本的に関係がありません(たとえば,いわゆる「モーツアルト効果」はデータをきちんと見る限りウソなのですが,ロテ職人さんが紹介したDVDはわたしも良くできていると思います).
    それでも,子育ての上であやまった常識,危険な方法論を是正するには,実証に基づく説得が一番良いのではないでしょうか.また,平均的に見て良いと思われる手法を選択肢のひとつとして提案することもできると思います.
    長くてごめんなさい.


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑