Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

神経心理学関連本

公開日: : 心理・精神医学本

最近、私の中で神経心理学が熱いです。って別に私の中で熱いだけではなく、神経心理学はこれから心理臨床家が病院臨床の領域でやっていこうと思ったら必須の学問だと思います。
簡単に神経心理学とはどんな分野か、簡単に述べるとすれば、脳に何らかの器質的損傷を受けた患者が、どんな機能障害を呈するかを調べることで、心的機能に関する理解を深める学問といったところでしょうか(間違っていたら訂正ぷりーず)。
で、最近は神経内科からの検査依頼が増えておりまして、そんな場合には例えば実施するのがWAIS-Rであっても、神経心理学的知識は必要です。現在、WAIS-IIIが日本で標準化されていますが、聞いたところでは神経心理学的色彩がより強まっているそうです(まあ、元々神経心理学的検査の一つなんですけどね>WAIS)。精神科に限っても、高次脳機能障害に関しての知識は必須です。
そんなわけで今回は神経心理学がらみの本をご紹介。

神経心理学と行動神経学の100章
Orrin Devinsky 田川 皓一 田辺 敬貴

西村書店 1999-01
売り上げランキング : 557,885
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ロテ的お薦め対象:病院で働くならぜひ
高いですがお薦めです。題名に「100章」とあるように、100のトピックを取り上げて、神経心理学の基本的なところが概説されてありますので、必要なところだけを読むといったような形で拾い読みも可です。脳機能について知りたいけどいい本がない…というような方にもお薦めです。

神経心理学評価ハンドブック
田川 皓一

西村書店 2004-11
売り上げランキング : 157,450

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ロテ的お薦め対象:病院で働くなら是非。特に神経心理学的検査のオーダーが多いところでは必須
これも高いですが、神経心理学的検査について幅広く触れられています。4/25のエントリでご紹介した「心理アセスメントハンドブック」と同じシリーズでしょうか。私はまだ買ってないんですが、絶対買います。書店で立ち読みしてみたんですが、必要だと思いました。
他にも神経心理学関連でお薦めの本がありましたら、是非とも教えてくださいな。

この記事を読んで(・∀・)22!!と思ったらクリックを!→人気blogランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (8件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 待ってました!
    ・・が、高いですね。お財布と相談していつか・・というところでしょうか。
    いずれ買う時があればこちらで買おうかと思います。
    で、私が気に入っているのは医学書院の神経心理学コレクションのシリーズです。本の内容はおそらく普通のものだと思うのですが、この本の特色はCDROMがついてくることなんですよ。CDの中には(おそらく)ロールプレイではない生の患者さんの言動が収録されており、現場の方々にとっては日常なのでしょうけれども私のような現場に十分に入り込んでいない人間(初学者)にはとても有益な情報でした。
    CDのよさはそれだけじゃありませんが・・。

  2. 『神経心理学評価ハンドブック』読みたいけど、高すぎて…
    図書館で探してます。
    神経心理学というか、脳関係に関しては、入門書ですけど
    山鳥重『脳からみた心』NHKブックス、1985
    山鳥重『「わかる」とはどういうことか―認識の脳科学』ちくま新書、2002
    がお気に入りです。
    あ、ラマチャンドラン『脳の中の幽霊』角川書店、1999
    もすごく面白いですよー。
    現在は、
    池谷祐二『進化しすぎた脳』を読んでいるところです。
    WAIS-IIIは来年日本語版が出るんでしたっけ。
    うーむ、また予算申請せねば…

  3. かささぎさん、山鳥重先生いいですね!
    どんな本も読み心地がよいのは、アツシ先生のお人柄でしょうか
    ロテさんお勧めの本、どちらも使えそう、欲しいです。
    立ち読み後、こちら経由の購入を検討します。
    私自身が仕事で使用頻度が高い本は
    神経心理学入門 山鳥重 医学書院 
    脳の心理学 臨床神経心理学入門 島田睦雄 誠信書房
    神経科学-コミュニケーション障害理解のために- 舘村卓 医歯薬出版
    最近、知識のバージョンUPに役立ったと感じたのは
    高次脳機能障害のリハビリテーション Ver.2 医歯薬出版 

  4. もひとつ
    金原出版のリハビリテーションMOOK 4
    ¢高次脳機能障害とリハビリテーション」
    おすすめです。
    神経心理学的援助方法・検査のすすめ方まとめ方・観察記録法などのガイドが親切。

  5. 神経心理学に関係する本の紹介

    私は最近,「神経心理学の挑戦」という本を自分流に読んで,自分のブログに勝手なことを書いています。
    この本ではなじみのない専門用語が次々に出てきてとまどうことが多いと感じ,他の参考書があればいいなと思っていた折,ロテ職人さんのブログで神経心理学が話題にな.
    この本をお勧めするのを忘れていました!
    ¢神経心理学的リハビリテーションの原理£George P. Prigatano 医歯薬出版
    心理士対象の本で,臨床心理学的な視点に深みがあります。
    流し読むタイプの作りではないので,読むのにパワーが要ります。
    でも,しっかり向き合って読みこんでいくと,後半から腹の底からガッツが湧いてきます。
    ああ、頑張ろう,険しく大変な道だけど,と思えます。

  6. >liedさん
    高い本ですみません…。
    どうしても医学系の専門書って高くなっちゃうんですよねぇ…
    なんとかならないもんなんでしょうか?
    医学書院のシリーズは気になります。
    ちょっとチェックしてみますね。
    >かささぎさん
    やっぱり神経心理学関連の書籍は熱いですね。
    参考にさせてもらいます。

  7. >カカさん
    毎度ありがとうございます。
    やっぱり現場で働いていると「使える」本って貴重ですよね。
    みなさんから色々コメントいただけて逆にありがたいです。
    またまとめてご紹介したいと思います。

  8. この本をお勧めするのを忘れていました!
    ¢神経心理学的リハビリテーションの原理£George P. Prigatano 医歯薬出版
    心理士対象の本で,臨床心理学的な視点に深みがあります。
    流し読むタイプの作りではないので,読むのにパワーが要ります。
    でも,しっかり向き合って読みこんでいくと,後半から腹の底からガッツが湧いてきます。
    ああ、頑張ろう,険しく大変な道だけど,と思えます。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑