Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「お疲れ様」って…

公開日: : 臨床心理学

本日のエントリ、やっぱり気になる「修了」と「卒業」に引き続き、「言葉にこだわったエントリ」第2弾。
大学院生の頃、相談室で個人心理面接のケースを持ってたんですが、ある日面接終了後に先輩からこっぴどく注意されたことがありました。


たまたまその日は先輩が控え室みたいなところにいて、面接終了後の私の発言を聞いていたのですが、先輩曰く、クライエントさんの帰り際に私は「お疲れさまでした」と言っていたのだそうな。
私は全く意図せずにその言葉を言っていました。
確かにクライエントさんは自分の問題をなんとかしたくて来ているのであり、仕事をしに来ているのではなりません。
で、先輩に言われました。「「疲れた」って思っているのはあなたの方じゃないの?」と。
自分では言葉に対しては敏感であるつもりだったのですが、まだまだ甘ちゃんだったのですよね。
SVでは何度か指摘されていたのですが、それ以降はより気をつけるようになりました。
そして、以前、私は非常勤でデイケアに勤務していたのですが、そこではメンバーさん達の帰り際、スタッフが「お疲れさまでした~」と言ってました。
私としてはツッコみたい気持ちで一杯だったわけですが、「さすがに週1回しか来てないペーペーが言うのもなぁ…」とか「そんなことで他のスタッフとの関係を壊してもなぁ…」とか考えて言えませんでした。
今、とあるグループに関わっているのですが、そこでも患者さんの帰り際、スタッフが「お疲れさまでした~」と言ってます。
グループだから良いんじゃない?…って問題ではないと思うんですよね。
他のスタッフの中でも、医師は私よりも臨床歴の長い人であり、ある分野ではそれなりに名前が売れている若手~中堅といった方です。
うーん。どうしたものか…皆さんはどう思いますかね?
※そんなの大した問題じゃないじゃん…と言われてしまう悪寒も少々ありつつ聞いてみる。

この記事を読んで(・∀・)22!!と思ったらクリックを!→人気Blogランキング

2005/05/06 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (20件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. その人の為と、本当に思うならば、言うべきだと。
    わが身かわいさの言い訳に、感じました。

  2. 別に我が身かわいさで言わないわけじゃなくて
    「相手のプライドだったりを傷つけないようにするには
    どうしたら良いかなぁ」とか
    「別に個人面接でもないし、無理に言う必要はないのかなぁ」とか
    考えているわけであり。
    現状では、それを伝えたところで私の立場が悪くなるとか
    そういうことはありませんです。はい。

  3. …というか、これはひょっとしてスパムコメント?
    もしそうだったら、うまいことやる…というか
    こんなに丁寧にスパムコメントを書いていたら
    手間がかかって仕方がないだろうなぁと思った次第であります。はい。

  4. わたくしめは色々なグループに関わっています。私もよく「お疲れ様」とか帰り際にいうのどうなんだろうと考えることよくありました。
    で、私見ですが、デイケアみたいな利用者の日常そのものになっているグループでは、「お疲れ様」っていう場面あると思うんですよね。
    例えば、色んな決め事やミーティング三昧だった日、外出でえらい歩いたときとか。

  5. だから、あらかじめ「これを言わないほうがいい」とか決める必要はないような。大事なのはそういう一言一言を自分がどのような意図で発しているのかがわかっていればいいと思います。といのが私の意見。

  6. で、そのスタッフの人が機械的に帰り際に「お疲れ様でした」といっているのなら、そこにそのスタッフと利用者の関係性はあまり感じられないわけで、それはちょっとと思いますけど。

  7. 手間がかかっているというところが、こころにくいスパムなんですわ。

  8. でもここでロテ職人さんが問いかけているのは、こういうことじゃなくてそのスタッフに言うべきか言わないべきかってことですかね?うーん、それは難しいですね。スタッフ間の関係ってグループにかなり影響しますからね。
    気軽に言い合える関係を普段から作っておくことが大事なんだなあと思うけど、相性もあるからなかなか難しい人もいますよね。長々とすいません。

  9. >おせっかいさん
    初めまして。コメントありがとうございます。
    > あらかじめ「これを言わないほうがいい」とか決める必要はないような。
    > 大事なのはそういう一言一言を自分がどのような意図で発しているのかが
    > わかっていればいいと思います。といのが私の意見。
    はい。私もそう思います。
    で、恐らく私が述べた医師は「お疲れさま」ということについては
    考えてないと思うんですよね。
    で、そういうことが言えない関係でもないんですが
    もし私がそれを言ったとしたら、たぶん彼は
    「そんなに深く考えんでもええんちゃう?」と答えると思うんです。

  10. あぁ…私が言おうか言うまいか迷ってるのって
    結局「言ってもわからないだろうなぁ」というのが
    その背景にあるのだと思います。
    納得してしまいました。
    勝手に自己完結してしまい申し訳ありません>おせっかいさん
    というか、おせっかいさんのお陰で考えをまとめることができました。
    ありがとうございます。
    …で、終わりにする必然性は全くなく
    他の方からのご意見もお待ちしております。

  11. 言われてみると、私も心理検査(特に、知能検査)を取った後は、
    ¢お疲れ様でしたー£って、言っていますね。
    その先輩の言葉が耳に痛いです。
    相手に言っているつもりでも、実際のところ自分に言ってる可能性が高そうです。むむ。
    ロテさんは、検査の時は、言わないですか?

  12. 治療者が「お疲れ様、って言うべきか、言わざるべきか……」って逡巡する位の関係性って、精神療法のあり方としては私の好みです。
    けど、「お疲れ様」っていうのは、別に相手が疲れてるかどうかっていうよりは「さよなら」「じゃあ」って感じの慣用句的に使うんだから、「お疲れ様」を言ったところでそこまで悪影響もないと思うんですけれど、どうかなあ?

  13. >浅木さん
    > 言われてみると、私も心理検査(特に、知能検査)を取った後は、
    > ¢お疲れ様でしたー£って、言っていますね。
    いや、確かに疲れると思うんですよ。
    WAIS-Rやロールシャッハなんかをやった時は気の毒になることすらありますよね。
    で、検査の際には(これはみんなやってることだと思いますが)
    一通り目的などを説明した後に「ご協力お願いできますか?」と尋ねています。
    それで終了時には「今日は(ご協力)ありがとうございました」というようにしていますが…
    どうでしょうか?

  14. >ミナミノシマさん
    実際、悪影響はないですよね。
    結局「治療者側がそのことをどう考えているか」
    あるいは「治療者が言葉に敏感であるか」
    ということが問題だと思うんですよ。
    恐らく私が挙げた医師の場合には
    そういうことは考えてないんじゃないかと思うんですよね。
    …ある意味では彼に対してそれを指摘するのは
    かなり(彼の臨床に対する姿勢などの)核心部分に触れることのような気がもしますが
    …でも多分、言っても理解してもらえないんだろうなぁ…

  15. 入所施設などの職員が、入所中の患者を連れて受診に来た場合などには、意識的に「ご苦労様でした。」と声をかけるようにしています。一人の入所者(患者)をチームで支援しているというムードを盛り上げるためといえるでしょうか。
    あと同僚でも目上の人には「お疲れさまでした。」と声をかけるのは、失礼にあたるとも言いますね。実際には「この程度では俺は疲れないっ!」と怒る人もいないでしょうが、言葉の掛け方は難しいですねえ。

  16. ああ、あと学校の先生などが来院した際にも、「ご苦労様でした。」と言っている気がします。これも目的は同じですね。「お大事にしてください。」という決まり文句が使いにくいから、というのも理由かもしれませんが。

  17. >afcpさん
    おや。afcpさんらしからぬ勘違い?
    > あと同僚でも目上の人には「お疲れさまでした。」と声をかけるのは、
    > 失礼にあたるとも言いますね。
    これは目上の人に「ご苦労様でした。」と声をかけるのが失礼にあたる…
    の間違いでは?
    日本語Q&A:スペースアルク 
    「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い分けは?
    http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn=112
    を初めとして、「お疲れ様」「ご苦労様」を検索語にググってみても
    やはり「ご苦労様」は目上の人には使わないのがマナーのようです。

  18. 産婦人科の診察台から降りるときにも
    言われるとひっかかる言葉のような・・・
    と考えるとやはりデリカシーの問題なのですよね。
    恥ずかしいところをさらしたあとで
    「お疲れ様」と言われるとその行為を
    確認させられたような恥ずかしさに襲われるから。
    学校臨床などの現場ですと
    「(お忙しいなか)ご苦労さまでした」という挨拶を
    自然にできますが、医療場面だとやはり
    「お大事に」のほうがしっくりきますか。
    病院の清算時に「ありがとうございました」と言われると
    わらっちゃうもの。

  19. ロテ職人さん
    おお、そうなんですか。
    僕は「お疲れさま」≒「ご苦労様」のつもりで書いていました。
    この二つにも使い分けがあるのですね。勉強になるなあ。

  20. 「ありがとうございました」
    と言うの、和みますし、テストを取らせてもらう側として
    その姿勢大事ですよね。忘れてはいけないところです。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑