Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

カウンセリングでがっぽり儲ける方法(5)

公開日: : カウンセリングで金儲け(偽)

ここまではネットによる広告戦略について述べてきたように、確かにネットは強力な武器になります。
ただ、いくらネットが普及してきたとは言え、やはりテレビなどマスコミの影響力にはまだまだ及びません。


ネットでの宣伝の際にも同じ事は言えるのですが、ユーザーの皆さんの中には「カウンセリング受けてみたいけどご近所の目が…」とか「恐いところなんじゃないの?」とか誤解されている方も少なくありません。
ビジネスとしてのカウンセリングを展開する上でそうした方々の誤解を解くことは大事であり、そのために親しみやすさ・カジュアルさがまず必要となるわけです。
具体的には心理学に関係するテレビ番組でコメントしたりすると効果的ですよね。
その際、「血液型性格診断」だったり「アロマセラピー」だったり「前世療法」だったりと、ユーザーの方の関心をひく話題を入れていくことがポイントになります。
最近では「カラーセラピー」や「アニマルセラピー」などもユーザーの関心の高いところだと思います。
テレビの世界では未だに「動物」は数字が取れますし。
こうした番組でコメントするためには、常にアンテナを広く張り巡らすと同時に、テレビ・雑誌等に対しては積極的に営業活動をしていく必要があります
この辺はもう一般的なビジネスと全く同じと言ってよいでしょう。
営業の際には、先ほどお話したように所属学会名だったりあるいは博士号だったりはかなりの威力を発揮するはずです。
こうした地道な営業活動の甲斐もあって、最近ではテレビドラマの監修なんて仕事も入ってきてます。
皆さんご存じの方も多いと思いますが金曜サスペンスワイドの「催眠プロファイラー・賭手三田代(かけてみたよ)」シリーズ。
あれの催眠に関する指導や心理学の知識に関する監修は私がやってるんですよ。
あと最近やった仕事としては映画のプロモーション用に心理検査を作ったりもしました
雑誌の取材なんかは多すぎて最近では断っちゃってます。
もったいないんですけどね。
そうした仕事は例えばクリニックを経営している当ジャパン・カウンセリング・アカデメイア(以下JCA)の卒業生のところに回したりしてます。
女性誌の「こころの相談」関係の連載を持ってるJCA卒業生もいます。
こうやってマスコミの露出が増えたおかげで、当JCAと付属カウンセリングルームは多くのユーザーの方に名前を覚えていただき、今日もたくさんの方がご利用してくださっています。
カウンセリングルームの方のクライアントはマスコミ関係者や芸能人も結構多いんですよ。
…今回はここまで。次回は「JCAにおけるカウンセリング教育」の核心に迫ります。
続く
※このテキストは「ジャパン・カウンセリング・アカデメイア開校10周年記念講演『カウンセリングビジネスの現状と展望』」の録音記録を再構成したものです。本講演記録の無断転載は堅く禁じます。掲載記事の全ての著作権はジャパン・カウンセリング・アカデメイア(株)に帰属します。


…はい、例によってこれもまた嘘記事です…が、当然のように続きます。
繰り返しになりますがこの記事はフィクションであり、ジャパン・カウンセリング・アカデメイア、超カウンセラー学会、妄毛泰三(もうけたいぞう)は架空の団体・人物です。実在の団体・人物とは一切関係ございません
また当エントリはカウンセリング・ビジネスを奨励するものでも擁護するものでもございませんが、いくつかの団体を揶揄する内容は含まれているかもしれません。
その辺りを何卒ご了承くださいませ。
なお、本カテゴリー「カウンセリングで金儲け(偽)」及び当エントリに対してのご意見ご感想は専用のエントリを設けますので、そちらへよろしくお願いします。
当エントリのコメント欄はジャパン・カウンセリング・アカデメイア及び妄毛泰三へのご意見・質問・応援メッセージなどのみの受付となりますのでご了承ください。
コメントいただいた方には妄毛泰三CEO兼主任講師兼主任カウンセラーより直々にコメントレスをお返しいたします。
Yahoo! JAPANでは妄毛泰三のプロフィールも見ることができます→こちらから

妄毛泰三を応援してみる

関連記事

no image

一人でも多くの方に心の癒しを!~日常的にカウンセリングを受けられる時代を目指して~

月刊『癒しの時代』8月号 妄毛泰三氏(ジャパン・カウンセリング・アカデメイア(以下JCA)CEO兼主

記事を読む

no image

「カウンセリングでがっぽり(略」ご意見専用エントリ

当エントリは「カウンセリングで金儲け(偽)」カテゴリ及び、「カウンセリングでがっぽり儲ける方法」シリ

記事を読む

no image

カウンセリングでがっぽり儲ける方法(6)

さて、これまでは当ジャパン・カウンセリング・アカデメイア(以下JCA)の概要とその広告戦略について述

記事を読む

no image

カウンセリングでがっぽり儲ける方法(4)

私はカウンセリングの専門家でありますが、同時にジャパン・カウンセリング・アカデメイア(以下JCA)と

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 妄毛先生、前世療法よりも、いわゆる「育てなおし」とかの方がアピール力は強いように思われるのですが、いかがでしょうか?

  2. 妄毛先生はじめまして。先生からのコメントをいただきたくて、書き込んじゃいます。
    メディアに露出すると、一気に人気が高まりますよね。
    そこで、実際に、前世療法やカラーセラピーやらをしてほしいと言ってくるクライエントさんたちには、どう対応なさってますか?
    いろんな療法を使えるようになるのは、難しいと思うのですが・・・。

  3. >五。様
    ご指摘ありがとうございます。
    おっしゃる通り、「育てなおし」は非常にアピール力が高く
    JCA付属カウンセリングに於きましても
    先日まで「育てなおし」専属カウンセラーがおり担当しておりました。
    非常に密室性の高いプレイルームにおいて
    熱心なカウンセリングがおこなわれていたのですが
    現在は担当カウンセラーが長期休養に入っております。
    今のところ、復帰時期は未定ですので
    残念ですが現在は「育てなおし」希望のユーザー様は受けつけておりません。
    もし「育てなおし」に強いカウンセラーがおりましたら
    是非ともスカウトしたいと思いますので、ご紹介よろしくお願いいたします。

  4. >浅木様
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    > そこで、実際に、前世療法やカラーセラピーやらをしてほしいと言ってくる
    > クライエントさんたちには、どう対応なさってますか?
    > いろんな療法を使えるようになるのは、難しいと思うのですが・・・。
    ユーザー様のニーズに出来る限り答えるために、当JCAでは
    幅広く様々なカウンセリング技法を学ぶことができるカリキュラムを
    用意しております。
    前世療法に関しましては基本的には催眠療法になります
    (前世療法の場合は催眠下で前世の記憶を探りだすのが基本となります)。
    催眠は私の得意とするところですし、専門のカウンセラーも多数おります。
    カラーセラピーに関しましても「超(スーパー)カウンセリング学会」の
    認定資格超(スーパー)色彩療法士の資格保持者が多数おりますので
    可能な限りユーザー様のご希望に沿えるような体制は整っているかと思います。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑