Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

カウンセリングでがっぽり儲ける方法(6)

公開日: : カウンセリングで金儲け(偽)

さて、これまでは当ジャパン・カウンセリング・アカデメイア(以下JCA)の概要とその広告戦略について述べてきましたが、ここからは具体的に「ビジネスとしてのカウンセリング」はどのように進めていくかご説明しましょう。


当JCAで力を入れて教えているカウンセリング技法はロジャースという人の開発した「来談者中心療法」という方法です。
来談者中心療法では純粋さ、無条件の肯定的配慮、共感的理解といった、まさに「まごころ」と言える部分、カウンセラーの人格者としての側面が重視されます。
では実際にどのようにカウンセリングを進めていくのか実例をご覧頂きましょう。
<プロジェクターのスクリーンに妄毛泰三と若い女性クライエントの映像>

クライエント(以下ク):「辛いんです」
妄毛泰三(以下妄):「辛いんですね」
ク:「何とか助けてください」
妄:「あぁ…助けて欲しいんですね」
ク:「夫を殺したいくらい憎いんです」
妄:「ご主人を殺したいくらい憎いんですね」

と、まごころを込めて丁寧にうなずきながらクライエントの話を傾聴していきます。
とにかく基本は丁寧に聴いていくことです。
クライエントは藁にもすがる思いで、話を聴いてくれる人を探しています。
そんな時、こうやって丁寧に話を聴くことが彼ら・彼女らに対して救いの手をさしのべることになるのです
おっと、その前に大事なことを忘れていました。
カウンセリングに入る前には必ず「治療契約」というのを結ぶことになっています。
「治療契約」とは読んで字のごとく治療のための契約のことを言うのですが、具体的にはカウンセリングの頻度や面接時間、あるいは料金についての契約を結びます。
料金体系も色々ありますから、そのクライエントにあったものを選んでいただく必要があります。
現在、当JCA付属カウンセリングルームでは五月病を吹き飛ばせキャンペーン実施中でして、キャンペーン期間中は通常1?2千円/50分の料金がなんと1?ぽっきり!となっておりますし、15枚綴りで17?のお得な回数券も常時販売しております。
その他、学割もありますし、またお友達を1名紹介につき3000円キャッシュバックなど、細かい料金設定をしております。
ユーザーのニーズは様々ですから、そのニーズにあった料金設定をすることが必要です。
治療契約の際には、契約書にサインしてもらうことも忘れてはいけません。
慈善事業ではなくビジネスなのですから、契約書にサインをしてもらうのは当然です。
契約書には免責事項もちゃんと盛り込んでおくのが大切です。
まあ、クライエントはそんなのは読まないですからね。
皆さんもそうでしょ?
保険の契約の時にあんな細かい字で書かれた約款読むような人はいないですよね(笑)。
…今回はここまで。次回も妄毛泰三の驚くべき高度なカウンセリング技術の秘密に迫ります。
続く
※このテキストは「ジャパン・カウンセリング・アカデメイア開校10周年記念講演『カウンセリングビジネスの現状と展望』」の録音記録を再構成したものです。本講演記録の無断転載は堅く禁じます。掲載記事の全ての著作権はジャパン・カウンセリング・アカデメイア(株)に帰属します。


…いつものように嘘記事です…が、当然のように続きます。
なんか前回の最後

…今回はここまで。次回は「JCAにおけるカウンセリング教育」の核心に迫ります。

と書いていたを今回のエントリを途中まで書いて思い出しました。
…まあ大筋では外れていないので、良しとしましょう(ぇ
繰り返しになりますがこの記事はフィクションであり、ジャパン・カウンセリング・アカデメイア、超カウンセラー学会、妄毛泰三(もうけたいぞう)は架空の団体・人物です。実在の団体・人物とは一切関係ございません
また本来の来談者中心療法はもう少しまともなものだと思います
当エントリはカウンセリング・ビジネスを奨励するものでも擁護するものでもございませんが、いくつかの団体(どことは言いませんが)を揶揄する内容は含まれているかもしれません。
その辺りを何卒ご了承くださいませ。
なお、本カテゴリー「カウンセリングで金儲け(偽)」及び当エントリに対してのご意見ご感想は専用のエントリを設けますので、そちらへよろしくお願いします。
当エントリのコメント欄はジャパン・カウンセリング・アカデメイア及び妄毛泰三へのご意見・質問・応援メッセージなどのみの受付となりますのでご了承ください。
コメントいただいた方には妄毛泰三CEO兼主任講師兼主任カウンセラーより直々にコメントレスをお返しいたします。
Yahoo! JAPANでは妄毛泰三のプロフィールも見ることができます→こちらから

この記事を読んで(・∀・)22!!と思ったらクリックを!→人気Blogランキング

関連記事

no image

一人でも多くの方に心の癒しを!~日常的にカウンセリングを受けられる時代を目指して~

月刊『癒しの時代』8月号 妄毛泰三氏(ジャパン・カウンセリング・アカデメイア(以下JCA)CEO兼主

記事を読む

no image

「カウンセリングでがっぽり(略」ご意見専用エントリ

当エントリは「カウンセリングで金儲け(偽)」カテゴリ及び、「カウンセリングでがっぽり儲ける方法」シリ

記事を読む

no image

カウンセリングでがっぽり儲ける方法(5)

ここまではネットによる広告戦略について述べてきたように、確かにネットは強力な武器になります。 ただ、

記事を読む

no image

カウンセリングでがっぽり儲ける方法(4)

私はカウンセリングの専門家でありますが、同時にジャパン・カウンセリング・アカデメイア(以下JCA)と

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 【全て】アニマルセラピスト活躍!【フィクションです】

    ごきげんよう皆様。癒芽視留子の母,犬子でございます
    おかげさまで,うちの視留子も臨床心理士として順調に活躍してますの。
    あたくしも負けてはいられませんわ。
    心理の業界に多くのカウンセラーを輩出していらっしゃるJCA理事長・妄毛泰三先生の講演を伺って,…
    と思ったら、もう入ってましたね(汗)。

  2. 新天地[5]:ちょっと真面目なお話

    おはよう ミルリン今日はお仕事お休みなの 
    でね
    ママがとうとうアニマルセラピストになるって決めたみたい
    ああん 先を越されちゃうよぅ 
    私もちゃんとセラピストとして働いてるんだけどね
    実は お給料少ないのよね…計算したんだけど
    コンビニ昼間並ぐらいの時給
    と思ったら、もう入ってましたね(汗)。

  3. [癒阿気男のSC奮闘記]僕は君の味方だよ。

    お久しぶりです、癒阿気男です。 光高校爆発事件、同級生ら「いじめた」証言  山口県立光高校の爆発物投げ込み事件で、事件が起きた3年1組や、傷害の現行犯で逮捕された男子生徒(18)の所属する3年2組の複数の生徒が、県教委が派遣した臨床心理士や同校教諭に「
    と思ったら、もう入ってましたね(汗)。

  4. [癒阿気男のSC奮闘記]番外編─making of 癒阿気男

    最近は、リアル世界で、想定外でヘヴィーなケースが続いたので、ちょっと書く気になれませんでした(笑)。 さて、今後の展開はどうなっていくか—- ミルリン(by[http://www.doblog.com/weblog/myblog/40454:title])との仲は? 近いうちに結婚はあるか? ミルリンマ
    と思ったら、もう入ってましたね(汗)。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑