Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

高度な空間認知能力と共感性の関連についての一考察~機動戦士ガンダムSEEDの感想から

公開日: : 臨床心理学

opening少し前、『機動戦士ガンダムSEED』というアニメのDVDをレンタルで見ました。
軽度のガノタ(ガンダムオタク)としては、話題にもなっているし一応チェックしとかねばならないかなぁと思いまして。


世間での評判は色々で(アマゾンのカスタマーレビューはすごいことになってます。言いたいことはわからなくはないけど)主に腐女子の皆様方におかれましては非常に評価が高いというのもなんとなくわかるような内容でございました。
個人的に気になった点はいくつかあったのですが、ボケーッとDVDを視聴しながら考えたことなどをつらつらと書いてみようかと思います。
ガンダムSEEDでは劇中に「ガンバレル」という兵器が出てきます。
はてなダイアリーの解説によると

アニメ「機動戦士ガンダムSEED」に登場するモビルアーマー、メビウスゼロ?に搭載された、全方位攻撃システム。
銃砲のみがモビルアーマーの本体から分離し、敵機に多角的な攻撃を仕掛ける。
これを扱えるのは地球連合軍のムウ・ラ・フラガを始めとした15名の優れた空間把握能力を所持する者たち*1だけであったが、ザフトのラウ・ル・クルーゼが搭乗するプロヴィデンスガンダムにもこれと同様の武装が備わっており、そちらは無線式。

ふむ…空間把握能力…ってひょっとしてWAIS-Rとかの知能検査で測定できそうな感じのアレですか?
確かに空間認知能力が高くなければ、こうした兵器は扱えないですよね。
高速で移動する複数の物体の3次元的な位置関係を把握しつつ操作するなんて芸当は常人にはできませんわな。
で、ファーストガンダムにも同じような兵器が出てきてました。
それがビットというやつであり、後に改良されファンネルという兵器になりました。
ビットやファンネルを制御するのがサイコミュというシステムであり、サイコミュを扱えるのはニュータイプと呼ばれる特異な能力を持った人に限られていました。


閑話休題
サイコミュで思い出したんですが、以前こんな話題がありました。
IT羅針盤 日経BP社編集委員が斬る! :ITビジネス&ニュース 脳波インターフェース――頭で考えるだけでカーソルが動いた
こういうのを見るとガノタ的には「これでまたサイコミュに一歩近づいた」と思うわけです。


さてさて、3/31のエントリ【ガンダム】「わかりあう」ということ【エヴァ】でもニュータイプの概念については触れていますが、ニュータイプの特性の一つに高い共感性(とわたくし的には考えるもの)があります。
で、ここで一つの疑問が湧いてくるんですが神経心理学的に考えて、ビットやファンネル、あるいはガンバレルの操作に必要な高い空間認知能力とニュータイプの特性としての高い共感性というのは、どう関連するんでしょうか?
確かにどちらも前頭葉に関連する機能のような気はしますが…でもそれってリンクしてんのかなぁ?
という疑問を抱いたのは、ガンダムSEEDにおいては高い戦闘能力を持っていたり、あるいはガンバレルを扱えるような人であっても、ニュータイプに見られるような他者理解の能力はない…ってことからなんですけどね。
実はSEEDでは、主役機であるストライクガンダム(とその他のいくつかのガンダム)の操作には神経活動のフィードバックが関連していそうな可能性もあるんですけどね。
元々SEEDの世界では「ガンダム」という名前は正式名称ではなく、ガンダムを動かしているOSに由来しているものだったりします。
gundamosそのOSの起動画面で
General
Unilateral
Neuro-Link
Dispersive
Autonomic
Maneuver

という文字が出てきており、その頭文字をとったのがGUNDAMという名称なんですね。
ここで“Neuro-Link”(神経接続?)とあるのを見ると、SEEDのガンダムの操作にはなんらかの神経活動が関わっているのが想像できるんですが…劇中ではその辺全く触れられておりません。
…えー、何を言いたかったのかわからなくなってきましたが(こればっかりだね>自分)、誰か偉い人、空間認知能力と共感性の関連を(それがあるとしたら)教えてもらえないでしょうか。
そんなわけでSEEDの感想。
・同じ絵を使いまわししすぎ
・乳揺れすぎ
・久しぶりにガンプラ作りたくなった

以上。

この記事を読んで(・∀・)??!!と思ったらクリックを!→人気Blogランキング

2005/06/02 | 臨床心理学

関連記事

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日、日本ロールシャッハ学会第21

記事を読む

仕事が終わったら

日本ロールシャッハ学会第21回大会で研究発表とWSの事例提供します

明日から2日間、札幌国際大学におきまして、日本ロールシャッハ学会第21回大会が開催されます

記事を読む

図解・台風の科学

台風なので…

今日は台風なので… もう出勤してしまいました。 やらねばならないことが山積みです

記事を読む

緑色のスカーフ

ゴールドウォーター・ルールに則ってみれば小池都知事の心理がスカーフから読み取れるあの人は完全にアウトだよね

17/10/02のエントリ、小池都知事の心理がスカーフから読めるそうだで取り上げた「臨床心理

記事を読む

AIに支配される人達

感情認識AI技術はオンラインカウンセリングの質の向上につながるか?

(いらすとやより「AIに支配される人達のイラスト」) こんなプレスリリースを発見。

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (11件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 書いた後で読み返してみると全く「一考察」になってませんね。
    まあいいや。

  2. ハワード・ガードナーが『MI:個性を生かす多重知能の理論』提唱していた<言語的知能><論理数学的知能><音楽的知能><身体運動的知能><空間的知能><対人的知能><内省的知能>という7つの知能モジュールを連想しますた。
    子安増生さんという方が『子どもが心を理解するとき』のなかでこの多重知能を7つの六角形を組み合わせて図示していたと思います。

  3. ええと、空間的知能と言語的知能に難があるのでうまく説明できないのですが\\\まんなかの六角形にくるのが<内省的(個人内)知能>で、そのまわりに他の知能が並べられていました。<空間的知能>は<対人的知能>と<運動的知能>と隣接して描かれていたはずです(運動的知能の隣が音楽的知能)。
    戦闘には当然<空間的知能>と<運動的知能>が必要なはずですし、相手がいることだから<対人的知能>も不可欠です。「うち」とか「あなた(彼方)」という対人関係用語が、もともと空間的な言葉なのも、どっか関連しているかもしれません。

  4. ニュータイプの高度な共感性はこうしたいくつもの知能モジュールが流動的に結びついたものなのではないか(スティーヴン・ミズンのいう「認知的流動性」『心の先史時代』)、と朝っぱらから仮説を立ててみました。
    あ、仕事しよ。。

  5. > 戦闘には当然<空間的知能>と<運動的知能>が必要なはずですし、
    > 相手がいることだから<対人的知能>も不可欠です。
    そうなんですよね。
    ニュータイプが戦争の道具として使われたのは、空間認知及び運動機能(視覚と運動の協応など?)の能力の高さの他に、対人的な知覚の高さというのがあったわけなんですね。
    相手の考えを先読みすることができれば、戦闘において非常に有利であり、その「考えの先読み」というのは高度な共感性・共感能力につながる…ということで。

  6. ただ
    > 「うち」とか「あなた(彼方)」という対人関係用語が、
    > もともと空間的な言葉なのも、どっか関連しているかもしれません。
    この辺の仮説はちょっと苦しいものがあるかと…
    ここの繋がりについての神経心理学的な説明が欲しいんですよね。
    …え?自分で調べろって…確かにその通り。
    時間があったら調べたいんですが…

  7. たしかに無理やりな仮説でありました。
    うーん。神経心理学的説明。。
    ミラーニューロンなどというコトバが浮かびましたが、勉強不足が露呈しそうで…
    神経心理学が、頭部外傷その他の障害で“なんらかの能力が欠損する”ということからさまざまな知見を手に入れてきたことを考えると、ニュータイプの逆を想像したらなにか思いつく、かな。。あんまし自信ありません。

  8. 神経心理学ネタのようなので,ちょっと参加します。
    …とはいえすいません。ガンダムは最初のしかわからないので,ズレまくるかもしれません。ヒントになるかどうか。
    一般的には空間認知は頭頂葉の仕事,ということになっていて,
    ここの損傷で,空間的注意とか視覚構成などに問題が起こります。
    共感性は「心の理論」研究絡みで出てくるのですが,前頭葉内側面,
    上側頭溝・側頭頭頂接合部(頭頂葉と側頭葉の境界領域),
    側頭葉の先端部分のネットワークから創出されるようです。
    ではどのように接点が見いだせるかというと…

  9. 「意図の検出」とか,「animacy(意図を持って動いている生物らしく感じられる)の検出」といったあたりでしょうか。その機能を担っていると考えられている有力な場所は,上側頭溝というあたりです。
    動き認知+意図・animacyの検出という路線で。
    その能力が高いと,戦闘において有利で,共感性にもつながる。
    …かもしれません。

  10. >mochiさん
    をを!専門家のmochiさん降臨じゃないすか。
    ありがとうございます。
    神経心理学の文脈だと「共感性」って「心の理論」関連で扱われるんですね。
    ふーむ。
    で一言で「共感性」と言っても、それを構成する要素は複数あり
    それを司る部位も複数である…と。
    確かに空間認知能力だけ高くとも、戦闘で有利かと言うとそうでもないですわな。
    かささぎさんの言うように、いくつかの知能モジュールが有機的・流動的に結びついており
    神経心理学的に言えば脳の様々な部位が関連している…ということになりそうでうすね。
    参考になりました。貴重なご意見ありがとうございました。

  11. 半側空間無視1 はじめに

     ヒトは生まれた時から、もしくは非常に早い時期からある種の原始的な形の知覚能力を有する。乳児は学習によらなくても、急に深さが増すような刺激を避ける傾向がある(奥行知覚)ことが知られている。また空間での上下の関係を2歳前後、左右の関係を4歳前後に理解する。そ
    >mochiさん
    をを!専門家のmochiさん降臨じゃないすか。
    ありがとうございます。
    神経心理学の文脈だと「共感性」って「心の理論」関連で扱われるんですね。
    ふーむ。
    で一言で「共感性」と言っても、それを構成する要素は複数あり
    それを司る部位も複数である…と。
    確かに空間認知能力だけ高くとも、戦闘で有利かと言うとそうでもないですわな。
    かささぎさんの言うように、いくつかの知能モジュールが有機的・流動的に結びついており
    神経心理学的に言えば脳の様々な部位が関連している…ということになりそうでうすね。
    参考になりました。貴重なご意見ありがとうございました。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑