で、俺は「医療心理師」取る必要あんのかな?-「医療心理師」の存在意義など

公開日: : 資格問題

ネットでも各所で既に触れられている話題ですが、ついに臨床心理士及び医療心理師法の法案要綱骨子(案)が公開されました。
2つの議連の合同総会が開催されました日本臨床心理士会
臨床心理士及び医療心理師法法案要綱骨子(案)日本臨床心理士会・PDFファイル)
詳しい解説は
「臨床心理士及び医療心理士法案」が姿を現しました(長文です)臨床心理職の国家資格のための緊急ブログ(以下緊ブロ))や
「臨床心理士及び医療心理師法案要綱骨子(案)」臨床心理士デスマのつぶやきBlog
などを見ていただければ良いかと思いますが、とりあえず私の雑感など…
…雑感というか素朴な疑問なんですが、私みたいな立場の人間は国家資格「医療心理師」は新たに取得する必要は出てくるんでしょうか?


一応、臨床心理士も医療提供施設では、「医師が医療を提供する傷病者に関してその業務を行うに当たっては」「医師の指示」を受けなければならないということで、まあ病院で働く分には問題ないはずなんですが、結局、重要な「診療報酬」の件については今の段階では触れられていないのですよね。
緊ブロでは、医療心理師資格について

5)経過措置…△現在医療に従事している人に対して、5年間の経過措置が認められます(厚生労働大臣が指定した講習会も受ける)。ただし、すでに臨床心理士をとっている方にとって、医療心理師をとるメリットはほとんどなさそうですが、何か裏があるかもしれませんね。

と書かれていますが…裏ってどんなことが予想されますかね?>こころしかくさん&ALL
…しかし、全心協を中心とする医療心理師資格推進派の方々は、今回の法案のような形で国家資格化がなされることについてどう感じているんでしょうね?色々なもの(これはつまらない「プライド」以外のものも含みます)を捨てて「医師の指示」を受け入れ、その結果、(恐らく思惑に反して)臨床心理士までもが国家資格化されるというのは…。
全心協の中にはそういった人も多いと思いますが、「どうしたって臨床心理士だけは取得したくない!」というよくわからん信念をお持ちの方にとっては、医療心理師という資格が存在することによる恩恵はあるのでしょうが、それ以外の人にとっては意味が見いだせないんじゃないでしょうか。少なくとも私は、医療心理師資格というのは心理職のレベルを低くするだけのものだと思っています(その辺の詳細については資格問題医療心理師関連の過去ログをご覧ください)。これまで現場でバリバリやってきた方にとってはいいんでしょうけどね。「もう少し後進のこと、そして後進が関わるであろうクライエントのことを考えません?」と言いたいです。
あー…なんか愚痴っぽいですね。もちろんわかってはいるんですよ。医療心理師資格がなければ今回の臨床心理士の国家資格化もあり得なかったということは。でも、医療心理師資格推進派の方々の真摯な思いが、結局は政治的な駆け引きの道具に使われたんじゃないか…って感じがしているだけです。
これはあくまでも私の感想というか戯れ言ですが、皆さんはどう思われるんでしょうね?

この記事を読んで(・∀・)22!!と思ったらクリックを!→人気Blogランキング

2005/07/06 | 資格問題

関連記事

secondaryロゴ

「心理学をもっと身近に」のセカンダリー(secondary)さんがニコ生で「公認心理師法を読む!」 @yksn22 @secondary_jp

公認心理師推進ネットワーク(略称:CPN)の後援もしていた合同会社セカンダリー(second

記事を読む

公認心理師の資格取得方法について

現時点でワタクシの考える【公認心理師資格試験対策】

公認心理師がらみの話題って、今取り上げるとかなり可燃性が高い(炎上しやすい)気がするのでアレ

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (15件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 今後は「医科点数表の解釈」が書き換えられて、国家資格保持者が行った場合のみ保険点数の請求が可能となっていく為、必要になると思います。
    施設基準の条件もなると思います。

  2. >カカさん
    いやいや。
    それだったら国家資格としての臨床心理士資格だけでいいじゃないですか。
    今のところの流れを見る限りでは
    「臨床心理士も医療提供施設で働くことができる=診療報酬が請求できる」
    ってことじゃないですか?
    …違うのかな?

  3. あ…言われてみれば、ほんとに…。
    そうか、病院で働く場合は、問題は、どっちの資格を選んで受験するかってことになるんですね。
    うにゃー
    なんかややこしいですね。
    んー。
    老人のデイなどがある総合病院では、介護保険で請求する分には、臨床心理士の資格が必要になるかも?

  4. いやほら、世間には「勉強はしたくないけどカウンセラーになりたい」人がいっぱいいますから。
    ・・・って、ダメじゃん・・・orz
    研究者志望のゼミの後輩が、自分の専門は臨床心理学だと就職活動の際にわかりやすく示すためにと言って臨床心理士の資格を取ってました。
    同じように自分の得意分野は医療の現場だと示すために両方の資格を取得、という学生や
    私のような病院での経験の少ない心理士が「病院に就職したい」と思った時に
    同じく「医療に関心があって勉強もしたんです」とわかりやすく示すために
    追加で取得したりはするかもしれません。
    ロテさんのように、今すでに病院にいて、常勤で、という方には必要ないものかもしれませんね。

  5. …臨床心理士がオールマイティーで請求可能なら、
    医療心理師資格ならではの存在意義って無いですよね、確かに。
    なんか変。
    私もよくわからなくなりました。

  6. ふたつの資格の連続性も違いもまだはっきりとしていないのでなんとも言えないところはありますが、確かに、医療心理士資格の存在意義が見えにくいですね。
    保険点数についても、内々で話はついているのか、それともこれから政治的なかけひきの第2ラウンドに入るのか…

  7. 先ほどは朝っぱらから寝ぼけたようなズレた書き込みをしてすみませんでした。
    恥じ入っています…。
    資格を持つ意義は別にして,個人的には,可能であれば,医療も臨床も両方,受けたいです。
    受験勉強に向き合うことは,虫食いだらけの今の自分の知識を埋めるこの上ない機会です。
    この年、この時期になって、そんな機会を得られることは,なんとも得がたい喜びです。
    おまつりを迎えるようにワクワクします。

  8. >千尋さん
    > ロテさんのように、今すでに病院にいて、常勤で、という方には
    > 必要ないものかもしれませんね。
    ただ「枯れ木も山のにぎわい」という言葉のように
    取得しておいて無駄というものでもないのかなぁと思うようになってきました。
    …「枯れ木」って医療心理師推進派の人には申し訳ないですが
    まあ正直なところを言えばそんな感じです。

  9. >かささぎさん
    色々な可能性が考えられることから
    今後とも資格問題から目が離せないですね。
    これからも情報提供よろしくお願いします(いつも感謝してます)。
    >カカさん
    > 受験勉強に向き合うことは,虫食いだらけの今の自分の知識を埋めるこの上ない機会です。
    > この年、この時期になって、そんな機会を得られることは,なんとも得がたい喜びです。
    > おまつりを迎えるようにワクワクします。
    あー、その気持ちわかるかも。
    「なんだかオラ、ワクワクしてきたぞ!」(by 某サイヤ人)って感じですね。

  10. 正看護婦、准看護婦、みたいなものでしょうか?
    正看・准看成立後、准看廃止問題も看護婦業界では長いこと問題になってますが、心理師も成立後、また長いこと問題になっていく気配が\\\\。

  11. > 少なくとも私は、医療心理師資格というのは心理職のレベルを低くするだけのものだと思っています。
    > 「もう少し後進のこと、そして後進が関わるであろうクライエントのことを考えません?」と言いたいです。
    >
    > あー…なんか愚痴っぽいですね。もちろんわかってはいるんですよ。
    > 医療心理師資格がなければ今回の臨床心理士の国家資格化もあり得なかったということは。
    > でも、医療心理師資格推進派の方々の真摯な思いが、
    > 結局は政治的な駆け引きの道具に使われたんじゃないか…って感じがしているだけです。
    私の思っていることも、上のロテ職人さんの発言と、ほぼ同じです。
    医療心理師推進派の人が、ときどき、
    「医療で資格が2つだと現場が混乱する」などと主張しているわけですが、
    「それなら、医療心理師のほうを無くせ!」と思っています。

  12. まあ、でもいいんです。
    私は2本立ての国家資格化で、十分納得です。反対する気もないですし、
    吹っかけられない限り、このことで医療心理師推進派の人たちと
    やり合う気もありません。

  13. >通りすがりさん
    > 正看護婦、准看護婦、みたいなものでしょうか?
    なんだかそれ以上に複雑な問題になりそうですよ。
    だって「私は准看とった方がいいのかな?」なんて悩む正看の人なんて
    あり得ないですよね。
    あぁ…問題の根は深いなぁ…

  14. >デスマさん
    で、現場はやっぱり混乱すると思いますか?
    私は別に混乱しないと思うんですよ。
    きっとそれなりに棲み分けされるだろうから。
    そうじゃないと、10万人(笑…って笑い事じゃない)が仕事にあぶれるわけで…
    私も臨床心理士派とも医療心理師派ともやりあう気はないです。

  15. 日本臨床心理士会「単独」での国家資格化はありえたか?

    昨日のエントリ「結局そうなんだよね…。」に、ひさしぶりに臨床心理士ですがさんから、コメントをいただきました。医療心理師側の方と臨床心理士側の人間が、けんか腰でなく返信しているサイトやブログという自体少ないことでもあり、たいへんありがたいことです。まぁ、臨
    >デスマさん
    で、現場はやっぱり混乱すると思いますか?
    私は別に混乱しないと思うんですよ。
    きっとそれなりに棲み分けされるだろうから。
    そうじゃないと、10万人(笑…って笑い事じゃない)が仕事にあぶれるわけで…
    私も臨床心理士派とも医療心理師派ともやりあう気はないです。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑