Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

医療心理師の存在意義について改めて考えてみた(1)

公開日: : 資格問題

昨日の緊ブロのエントリ、こんな(悪?)夢をみたではまたえげつない医療心理師批判をしていますが、確かにまあ「そうかも」と思う部分もあります。でも、「そうじゃないかも」と思う部分もあります。
当ブログの7/6のエントリ、で、俺は「医療心理師」取る必要あんのかな?-「医療心理師」の存在意義などでは「医療心理師の存在意義がよくわからん」というところで止まってしまいましたが、改めてちょっと考えてみたいと思います。


今、私は病院の精神科で働いていますが、ある意味では非常に楽です。それこそ、一人職場のスクールカウンセラー(以下SC)やってる人や、一匹狼で流しの臨床家をやってる人なんかに比べたら、精神的に非常に楽です。その「精神的な楽さ」ってのは何かっていうと、やっぱり「医師やその他コメディカルスタッフと一緒に働いている」というところなのだと思うのです。
私の今の環境では、自分の見立て違いで患者さんが絶望的な状況に陥ることはまずないですし(だからと言って気を抜いて仕事をしていいというわけではありません)、職種間で様々な形でフォローされたりしたりしているわけです。
と、考えてふと気がついたのですよ。これが「医師の指示」の意味なのではないかと。
今、例えば心理検査のオーダーがあった場合、私は必ず口頭で「患者さんが今、どんな状態なのか?」を主治医に尋ねることにしてますし、またどんな状態なのかを聞いた上で、どんなテストバッテリーにするかこちらから提案することが多いです。んでもって、必要だと思われた場合には、心理療法の適用についても提案します。考えてみると、こうしてこちらの考えを提示する(ある意味「医師の指導の元」かも)のは、自分がある程度の責任を負うことになると思うのですよ。少なくともこういう必要性があって、こういうことをやっている・こういうことをやらなければならないということは、私なりに色々考えているつもりです。
もし、完全に医師の指示の元で仕事をするとなると、それはそれは楽だろうなぁと思うのです。だって自分で考える必要ないですから。そう考えると、医療心理師の教育課程で研究が軽視されるのも理解できるんですよね。
先日、mixiで非臨床系の心理学の某大御所に無謀にも議論をふっかけてしまったのですが(てか議論にもなってなかったか…そういえば、ご所望の文献、まだ探せてません。忙しくて…すみません>某大御所)、その大御所(恐らくは反臨床心理士派)も医療心理師の養成課程における研究に関するトレーニングの必要性は感じていないようでした。まあ常識的に考えて、4年間で基礎的な医学の知識+基礎的な心理学の知識を身につけた上で、臨床のトレーニングもして、さらに研究法や研究のための思考まで身につけようなんて土台無理な話であり。
「基礎的な医学・心理学の知識を身につける=科学的思考が身につく」でもないですしね。…そうなると、何で医療心理師養成のカリキュラムで基礎系の心理学をしっかり学ぶことが義務づけられるのか、いまいちわかんないんですけど…基礎系の教員の就職先の確保のため?てか、それ以前に医療心理師のカリキュラムで基礎系心理学を学ぶというのはもう確定事項だったんでしたっけ?なんだかあいまいな知識ですみません&誰か教えて!>all
…あ、みなさんは既にそんなことは気づいてましたか?なんかまとまらなくてすみません。でもまだ続きます。まとまらないなりに、も少し考えてみます。

この記事を読んで(・∀・)22!!と思ったらクリックを!→人気Blogランキング

2005/07/13 | 資格問題

関連記事

secondaryロゴ

「心理学をもっと身近に」のセカンダリー(secondary)さんがニコ生で「公認心理師法を読む!」 @yksn22 @secondary_jp

公認心理師推進ネットワーク(略称:CPN)の後援もしていた合同会社セカンダリー(second

記事を読む

公認心理師の資格取得方法について

現時点でワタクシの考える【公認心理師資格試験対策】

公認心理師がらみの話題って、今取り上げるとかなり可燃性が高い(炎上しやすい)気がするのでアレ

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (9件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. いやぁ~熱いですね。
    心理関連の資格とかって他の資格に比べてとてもホットですよねぇ。
    …と面白そうだと思っていつも拝見&勉強させて頂いているんですが(~~;)
    純粋な知的好奇心からお聞きしたいのですが、
    ロテさんの言われる『科学的思考』というのは
    具体的にどのようなモノを意味されていらっしゃるのでしょうか?
    私は心理も医療も学んだことがないので
    分野がまったく異なる方がどのような捉え方を
    されているのか興味があり、ご意見を拝聴致したく。

  2. > 昨日の緊ブロのエントリ、こんな(悪?)夢をみたでは
    > またえげつない医療心理師批判をしていますが、
    記事もえげつないですが、コメントにもっとすごいのが…。

  3. 今現在アメリカでカウンセリングの学位をとろうと頑張っているものです。
    日本での動向が気になり、情報を探してみたらこのBlogに出会いました。
    勝手にリンクさせてもらいましたーー事後報告ですみません。
    ちなみに、私のブログは自分の思い(愚痴とも言う)を書いてるだけなので
    まったく役に立ちませんけれど・・・
    私の現在の悩みは、
    臨床心理士になるためには、海外の学位+「2年の『有給』の臨床経験」が必要です。
    日本の学位がない者を、日本で雇ってもらえるのか。ボランティアでも、この2年の経験を積もうを思っていたのですが、有給 でないと、認められないそうです。。。。
    臨床心理士の資格を持っていても
    職を得るのは難しいといわれている今、
    私に未来はあるのか?
    事情により、学位取得後すぐに帰国しないといけないので
    アメリカで2年働くのは難しいです・・・
    どなたか、意見いただければ嬉しいです

  4. >通りすがりAさん
    > 純粋な知的好奇心からお聞きしたいのですが、
    > ロテさんの言われる『科学的思考』というのは
    > 具体的にどのようなモノを意味されていらっしゃるのでしょうか?
    科学的な研究をされている通りすがりAさんから見たら
    ツッコミどころ満載でしょうがこの辺りをお読みいただけたらと…

  5. 「研究と臨床」カテゴリー過去ログ
    http://blog.livedoor.jp/rotemeister/archives/cat_703470.html
    【研究】臨床心理士が研究するということ(1)【臨床】
    http://blog.livedoor.jp/rotemeister/archives/13014092.html
    【科学的】臨床心理士が研究するということ(2)【思考】
    http://blog.livedoor.jp/rotemeister/archives/13086701.html
    【再現性】臨床心理士が研究するということ(3)【論理性】
    http://blog.livedoor.jp/rotemeister/archives/13368683.html

  6. 【これまでの】臨床心理士が研究するということ(4)【まとめとか】
    http://blog.livedoor.jp/rotemeister/archives/13634078.html
    【色んな】臨床心理士が研究するということ(5)【実例とか】
    http://blog.livedoor.jp/rotemeister/archives/13822889.html
    【科学者】臨床心理士が研究するということ(6)【実践家】
    http://blog.livedoor.jp/rotemeister/archives/14015253.html
    【修論で】臨床心理士が研究するということ(7)【症例研究】
    http://blog.livedoor.jp/rotemeister/archives/14096605.html

  7. もしお時間があってお読みいただけたら
    ご感想などおうかがいしたいです>通りすがりAさん&all
    >デスマさん
    なんかああいうのを見ていると余計に「陰謀論」臭が強く漂ってくるのですよね。

  8. >sakuraさん
    当ブログは(どこにも書いてないですけど)無断リンク大歓迎です。
    こちらからもリンク張らせていただきました。
    というか、BlogPeopleに入れさせていただきました。
    今後ともよろしくお願いします。
    > 今現在アメリカでカウンセリングの学位をとろうと頑張っているものです。
    カウンセリングの学位というと、PhDですか?それともPsyD?
    博士号を持っているのなら、いっそ日本で
    研究職に就くという手もあるかと思うのですが、それはどうですか?
    海外の院出身者の日本での臨床現場への就職状況というのは
    私も詳しくないので、誰か教えていただけたらと…

  9. >sakuraさん
    今回の国家資格化により、どう状況が変わってくるか…
    ってところもありますが…
    こんなところもありますよ。
    臨床心理士になりたい人のためのサイト
    http://collabo.s17.xrea.com:8080/phpBB202/index.php
    過去ログ(参考)
    http://collabo.s17.xrea.com:8080/phpBB202/viewtopic.php?t=1549&highlight=%83A%83%81%83%8A%83J
    過去ログに同じような話題があったような気もするのですが
    検索しきれませんでした。よかったらご覧になってください。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑