Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

中学生は自分が嫌い…って何をいまさら

公開日: : 臨床心理学

そんなの何を今さら…と思うようなニュースがあったのでご紹介しますよ。
「自分嫌い」な子供たち 中学生の半数以上 心の意識調査Yahoo!ニュース
抜粋しながらさっくりとコメントなど…

「疲れる」7割、「キレるかも」5割
 中学生の半数以上が「自分が好きではない」ととらえ、小中学生の七割近くが疲労感を、さらに五割近くが「自分はいつかキレるかもしれない」と感じていることが、民間の教育研究団体「麻布台学校教育研究所」(原崎茂所長)が実施した「今子供たちの心の中では」と題した小中学生の意識調査で十七日分かった。

中学生の半数以上が「自分が好きではない」ととらえ…ってそんなの当たり前じゃないですか?その反面、過剰な自尊感情をあわせ持ってたりってのがいわゆる思春期における葛藤というやつであり、こんな調査は卒論レベルの話ではないの?というのが単純な感想でございました。

 調査は今年一月から二月にかけて都内や神奈川県、神戸市の小学五年生四百人と中学二年生六百五十四人の合計千五十四人に実施。思春期の子供の「心の中」に迫った調査は珍しい。

これ大規模調査だからニュースになるのかなぁ…。思春期の子供の「心の中」に迫った調査は珍しい…って、発達心理学者が聞いたら怒るか呆れるかどっちかでしょうね。でもこの程度の大規模コホート研究なんてのも最近ではやられてるし…やっぱりなんでニュースになるのかがよくわかりません

 また、自己肯定感とその他の回答との関係では、小中学生共通して、自分を肯定的にとらえている子供ほど、そうでない子供に比べ、「目標を持っている」「自分には良いところがある」「自分はクラスの中で役に立っている」「家庭内で助け合っている」などの質問への回答が高い傾向がうかがえた。

この「目標を持っている」「自分には良いところがある」「自分はクラスの中で役に立っている」なんてのは自己肯定感とどう違うんでしょうかん?同じようなものを見ているんだから、高い傾向がうかがえるのは当たり前でしょう

 調査結果について同研究所は、「『疲れた』『キレるかも』の多さは意外だった。自分が嫌いという回答の多さも中学生が反抗期や思春期であることを踏まえても、気になる結果だ。個々の児童生徒は実に多様で、一律に論じにくい面は無論あるが、今回の調査では子供が自らたくましく生きていくうえで礎となる自己肯定感について興味深い結果も得られたと思う。自分が好きだと素直に思える気持ちを養う教育者や親の心がけは、大変重要ではないか」と話しており、子供が自己肯定感をはぐくむうえで(1)将来への夢や目標、希望をもてるか(2)自分の長所への自覚があるか(3)自分の存在が他人のために役立っていること-の三つが大きな要素となると分析している。

へー…そこで教育者や親に原因帰属しますか。ふーん。いや、良いこと言ってるんだけど(※多分に揶揄を含んでおります)、んじゃどうすればそういう教育が可能なのさ?
で…

 麻布台学校教育研究所は、小中高校の退職校長や現職教員、教育委員会の元職員らが昭和五十八年に設立した教育研究団体。学校教育をめぐり提言をしている。

あー…そういうことね。退職校長や教育委員会の元職員ね。へー…。めんどくさそうなんで詳細なコメントは控えさせていただきますが、まあその程度のものだということです。(憶測ですが)暇と金のある団体というのはうらやましいですねぇ。同じような調査をやるにしても、その費用をもっとうまく使える人もいるんじゃないですかね。
このニュースに関して、発達臨床に詳しい方のコメントなんかおうかがいしたいところです。
(・∀・)??

この記事を読んで(・∀・)22!!と思ったらクリックを!→人気Blogランキング

2005/07/21 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (18件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 自分嫌いな子どもたち

    ○自分が好きではない 小学生(男23% 女31%) 中学生(男50% 女63%) ○疲れる 小学生(男67% 女70%) 中学生(男66% 女87%)○いつかキレてしまうかも 小学生(男50% 女54%) 中学生(男36% 女54%) Link : 産経新聞より夜まわり先生は、子どもたちに、「いい
    院生さんが調査のための被験者さんを探していたところ
    「怪しい団体なんじゃないか」と断られてしまったというケースも耳にします。
    「研究所」という名前で宗教活動をされてしまうと,
    まじめに調査している研究者に対する営業妨害だという気がしてきます。
    いや,当人はとってもまじめに調査されたのかもしれませんが,
    それだったらもうちょっと普通に先行研究を覗いてみないと労力の無駄ですよね。
    意図的であれ,無意図的であれ,宗教団体による調査であるということを表に出さずに
    研究に値しない「研究」をばら撒かれると,
    情報操作?などと邪推を受けてしまうのは仕方ないし,そもそも迷惑です。
    …私も怪しくない研究をしたいものです。精進しますです。

  2. 産経新聞~「小・中学生のこころの意識調査」より

    今日の産経新聞に出ていた日本の小・中学生の意識調査の結果がちょっと気になりました(>_「自分嫌い」な子供たち 中学生の半数以上 心の意識調査「疲れる」7割、「キレるかも」5割
    中学生の半数以上が「自分が好きではない」ととらえ、小中学生の七割近くが疲労感
    院生さんが調査のための被験者さんを探していたところ
    「怪しい団体なんじゃないか」と断られてしまったというケースも耳にします。
    「研究所」という名前で宗教活動をされてしまうと,
    まじめに調査している研究者に対する営業妨害だという気がしてきます。
    いや,当人はとってもまじめに調査されたのかもしれませんが,
    それだったらもうちょっと普通に先行研究を覗いてみないと労力の無駄ですよね。
    意図的であれ,無意図的であれ,宗教団体による調査であるということを表に出さずに
    研究に値しない「研究」をばら撒かれると,
    情報操作?などと邪推を受けてしまうのは仕方ないし,そもそも迷惑です。
    …私も怪しくない研究をしたいものです。精進しますです。

  3. 「夏は冬よりも暑い日が多い傾向にある」とか
    「太っている人は体が他の人よりも重い傾向がある」とか。そんな感じ?

  4. そんな感じですねぇ…。
    てかこんな結果、意外でも何でもないし
    そんなコメントをしている時点で調査内容自体もどんなものなのか
    大体推測できてしまうわけで…
    あーあ。

  5. コメントどうもありがとう
    時々見に来てやってください

  6. こういう調査研究を、くず研究とかクソ研究といいます。
    言いすぎだわ。失礼。

  7. ロテさん、みなさんはじめまして☆
    社会系学部の大学に通うマツといいます。
    (あーなんだかきんちょーします)
    ロテさんのことは、某なりたい人のためのサイトの時からその活躍を拝見させていただいてました。(でも、小心者なのでROM専門・・)
    これからは、ちょこちょこお邪魔させて頂きます☆
    みなさま、不束者ですがよろしくお願いします。
    で、↑の記事ですが、「自分のことが好きじゃない」ことっていけないことなんですかね??

  8. 「自分のことが好きじゃない」ことがいけないことみたいな論調で報道されてましたね。
    むしろ自分のことが好きじゃないと感じるところから、思春期の成長があるのではないかと思いますね。

  9. TBありがとうございます。

  10. ロテさん、初めまして。
    自己否定という言葉をほんの一瞬流行語のような感じで目にした時期がありましたが、
    昔は否定とは言わずに嫌悪ぐらいにとどまっていました。
    このアンケート自体がある種の思い込みから出発してるような気がします。
    そして、その時の気分で答えた子どもたち。瞬間の真実はキレることと変に重なります。
    TB,ありがとうございました。

  11. 疲れた子どもの国

    中学生の半数以上が「自分が好きではない」ととらえ、小中学生の七割近くが疲労感を、さらに五割近くが「自分はいつかキレるかもしれない」と感じていることが、民間の教育研究団体「麻布台学校教育研究所」(原崎茂…
    院生さんが調査のための被験者さんを探していたところ
    「怪しい団体なんじゃないか」と断られてしまったというケースも耳にします。
    「研究所」という名前で宗教活動をされてしまうと,
    まじめに調査している研究者に対する営業妨害だという気がしてきます。
    いや,当人はとってもまじめに調査されたのかもしれませんが,
    それだったらもうちょっと普通に先行研究を覗いてみないと労力の無駄ですよね。
    意図的であれ,無意図的であれ,宗教団体による調査であるということを表に出さずに
    研究に値しない「研究」をばら撒かれると,
    情報操作?などと邪推を受けてしまうのは仕方ないし,そもそも迷惑です。
    …私も怪しくない研究をしたいものです。精進しますです。

  12. たたみいわし

    [あいさつ&前置き]
    きょ、今日はまだそんなに暑くないですよね?
    ・・・ハイ。。。壊れかけのmooでございます。
    さて、先日ロテ職人さんからいただいたTB「中学生は自分が嫌い…って何をいまさら」を読みつつ、ロテ職人さん wrote:
    中学生の半数以上が「自分が好きで
    院生さんが調査のための被験者さんを探していたところ
    「怪しい団体なんじゃないか」と断られてしまったというケースも耳にします。
    「研究所」という名前で宗教活動をされてしまうと,
    まじめに調査している研究者に対する営業妨害だという気がしてきます。
    いや,当人はとってもまじめに調査されたのかもしれませんが,
    それだったらもうちょっと普通に先行研究を覗いてみないと労力の無駄ですよね。
    意図的であれ,無意図的であれ,宗教団体による調査であるということを表に出さずに
    研究に値しない「研究」をばら撒かれると,
    情報操作?などと邪推を受けてしまうのは仕方ないし,そもそも迷惑です。
    …私も怪しくない研究をしたいものです。精進しますです。

  13. TBさせていただきますた。
    つっこみどころが多過ぎて、挙げ句、まとまりのない面白味に欠けるエントリーに
    なってしまったことが心残りです。
    今日も半日。がんがりましょう♪ ではまた~。

  14. http://www.rirc.or.jp/data/output.cgi?id=99031201
    調査のソースがないかと思っていろいろ検索してみたのですが
    「麻布台学校教育研究所」は,どうやら↑こういう団体の下部組織みたいです。
    (ページの一番下をご覧下さい)
    いや,宗教団体を一概に否定したくはないんですけど,しかし,あやしさ満点…

  15. >>あしかさん
    なかなか有名どころの団体が出てきたみたいですね。
    わざわざソースを調べる姿勢、研究者を目指す人間として頭が下がります。
    >>ロテ職人さん
    >んじゃどうすればそういう教育が可能なのさ?
    ①調査の結果、中学生は自分が嫌いということがわかった。
    ②だが、¢子供が自らたくましく生きていくうえで礎となる自己肯定感£もたせなければならない。
    ③そのためには我が団体で¢インナートリップ£や¢魂の開発運動£を子供たりに受けさせるようにしなさい。
    ④さらに¢自分が好きだと素直に思える気持ちを養う教育者や親の心がけ£が
     欠かせないから、みんなで我が団体で教育を…
    なんて流れを想像してしまう私は愚かな邪推者なのでしょうか?
    とりあえず、教育と宗教は切り離してほしいものです。
    特に政教分離を掲げている国においては。

  16. >あしかさん
    をを…そういうことでしたか…そういうことになると
    なぜこの記事が新聞に載っているのはなぜなのか
    なおさら色々邪推してみたくなったりします。
    >シンさん
    まあ、そこまで言ってしまうのはやっぱり邪推なわけですが
    それでも色々考えちゃいますよねぇ…

  17. >>ロテ職人さん
    >なぜこの記事が新聞に載っているのはなぜなのか
    >なおさら色々邪推してみたくなったりします。
    ここはポイントですよね。
    情報操作や洗脳を最も得意にするのが宗教ですから
    今さら何言ってるんだ?レベルのこの研究結果が
    新聞報道されてることの意味を考えるとホント邪推が進みます。
    ただまぁ、メディア論系の本を読む限りでは、
    記者のレベル低下っていう問題もあるらしいですが。

  18. 院生さんが調査のための被験者さんを探していたところ
    「怪しい団体なんじゃないか」と断られてしまったというケースも耳にします。
    「研究所」という名前で宗教活動をされてしまうと,
    まじめに調査している研究者に対する営業妨害だという気がしてきます。
    いや,当人はとってもまじめに調査されたのかもしれませんが,
    それだったらもうちょっと普通に先行研究を覗いてみないと労力の無駄ですよね。
    意図的であれ,無意図的であれ,宗教団体による調査であるということを表に出さずに
    研究に値しない「研究」をばら撒かれると,
    情報操作?などと邪推を受けてしまうのは仕方ないし,そもそも迷惑です。
    …私も怪しくない研究をしたいものです。精進しますです。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑