Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

私が臨床心理士になっている理由(4)

公開日: : 臨床心理学

ダメダメ大学院ばっかりでも何なので久しぶりにこのシリーズでも書いてみよう。
私が臨床心理士になっている理由(1)
私が臨床心理士になっている理由(2)
私が臨床心理士になっている理由(3)
私が進学したのは研究者養成系の大学院でした。学生はそれなりに研究に対して熱い気持ちを持っていたし、臨床の研究会の他、研究・統計に関する研究会なども学生が自主的に開催していたりしました。
そんな環境の中育った私ですが、たぶん私は私の師匠の弟子の中でも最も出来の悪い弟子だったと思います。


なんつーか…院生時代は思い出したくもないのですが 、本当に最悪でした。自分の出来が悪いのを人のせいにはしたくないのであまり多くは語りませんが、この時期の私は異性関係でボロボロになってました。徹底的に巻き込まれてたっていうか…裸で寝ている時、気づいたら包丁突きつけられてた…なんてこともありました(相手は当時つきあっていた彼女ではありません)。
臨床のトレーニングに関しては恵まれた環境だったと思います。私の師匠は病院臨床に強い人であり、運良く口があったため、私は大学院入学当初から単科の精神科に実習(というかバイト)に出ることができました。もう古くからある「The 精神病院」とでも言うような病院で、80歳くらいになるような超ベテラン(という域すら超えた)のNs.がいたりして…。
2回/週・9:00~17:00で、予診をとったり、集団絵画療法(というほど高級なものではなかったけど…)をやったり、SSTなんかをやったこともありました。で、時間があるときは病棟を(他のスタッフの邪魔にならない程度に)ウロウロして、患者さんと話しをしたり、時にはおやつをもらって一緒に食べたりして…あるいは病棟の看護師さんと一緒にお茶を飲んだりしたこともあったなぁ(遠い目)。
ここで実習していたことは、今の職場に入る際の試験で一つの決め手になったのですが、まあそれはおいといて…大学院○年目からはもう一つの他の病院にも行ってました。そこでは毎週、知能検査だったりロールシャッハだったりをとって、最初の数10ケースは全て師匠に検査所見のチェックをしてもらっておりました。
ただ、師匠は数年間、私に大学の心理相談室のケースは持たせようとしませんでした。今にして思えば納得できることであり、私がもし師匠の立場だったとしたら当時の私にはやっぱりケースは持たせないだろうなぁと思いますが、その時は「なんで自分だけ」とずーっと思っていました。
研究に関しても、もうずーっと行き詰まっていて…なんだか長いトンネルが永遠に続くかのような気持ちを毎日味わってました。ゼミで研究計画だったり、研究の途中経過に関する発表するなんてのはどこも同じだと思いますが、私は発表するたびにテーマが変わっているという最悪の状態でした。
研究計画を発表して、根本的な部分に対する意見を出されて反論できないと「これはダメだ…」と思い、また新しい方に手を出す…で、内容が煮詰まることなく新しい研究計画を出して、また意見・質問に対して反論できず…という繰り返し。まさに悪循環にはまっていました。
当時つきあっていた彼女(というのは今の妻ですが)は、こんな私によく愛想を尽かさなかったなぁと思います。まあ、その辺がお互い(私も妻も)しつこいところなのかもしれませんが…
で、なんだかんだで大学院△年目も終わりに近づいた頃、師匠に呼び出されて話をしていました。研究者志望なのにろくに業績もない…このままではもう「オーバードクターという名の無職」になるのは確実で、その後もニート街道まっしぐら(当時はニートという言葉はなかったですけどね)だったはずの私に対して師匠は
「どうするつもりなの?」
と言いました。
(どうするもこうするもないよなぁ…)なんて思いながら
「どうしましょうねぇ?」
と曖昧な笑顔を浮かべるしかなかった私に師匠は
「こんな話があるんだけど受けてみる?」
とある病院の心理職の口を紹介してくれたのでした。
…でこのシリーズ、 まだまだ続くみたいです。

1日1回のクリックがロテ職人を救います(謎)→人気Blogランキング

2005/08/30 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (7件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. >裸で寝ている時、気づいたら包丁突き
    >つけられてた…なんてこともありまし
    >た(相手は当時つきあっていた彼女で
    >はありません)。
    すごいカミングアウトだ(笑)。あまりのインパクトに後半の話が完全に霞んでいます。

  2.  なんかロテ職人さんの味が出てくるような文章で、ちょっと「近さ」を(勝手に)感じました。
     私も異性関係でボロボロの時間を過ごした抑うつ淫性生活を過ごしました…思い出したくもないですが。

  3. >takashiさん
    > すごいカミングアウトだ(笑)。
    あれ?前のチャットの時に、この話はしてませんでしたかね?なんか他にもきついネタはあるんですが、とりあえず寝かしておきたいと思います。
    >teruさん
    「淫性」って言葉はいいですね。まさに感じが出てます。ほんと私の院生生活(特に前半)は「淫性生活」ですた。

  4. 9/1(木) 東京大学医学部附属病院精神科デイホスピタル研修生募集のご案内

    今日はちょっと告知です.
    東京大学医学部附属病院の精神科デイホスピタルでは,
    精神障害者のリハビリテーション・社会復帰に携わる
    スタッフ育成のための研修プログラムを行っています.
    研修生募集案内はこちら
    研修プログラムは2年間です.
    1990年からだか
    このシリーズの続編なのですが、もしお時間がありましたらぜひ更新の方をお願いします。
    お礼に「プチッ」としますから。笑

  5. いやはや,さすがですねぇ.
    僕自身は修士に入ってからは俗世から
    解離してます.まさに「隠棲生活(苦笑)」.
    というわけで(どういうわけだ;笑),
    僕が修士2年間に研修を受けたプログラムの
    募集が近々ありますので,告知させていただきました.
    予備校よりも断然いいと思いますよ~(^^;;

  6. >SDさん
    > いやはや,さすがですねぇ.
    「さすが」って何がですかw
    貴重な情報提供ありがとうございます。私もSDさんの研究指導を受けてみたいです(笑
    そういえば近々東大のデイホスピタルに行く用事があるかもです。

  7. このシリーズの続編なのですが、もしお時間がありましたらぜひ更新の方をお願いします。
    お礼に「プチッ」としますから。笑


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑