Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

私が臨床心理士になっている理由(6)

公開日: : 臨床心理学

いったいいつまで続くんだ~?というこのシリーズ。過去ログはこちら↓
私が臨床心理士になっている理由(1)
私が臨床心理士になっている理由(2)
私が臨床心理士になっている理由(3)
私が臨床心理士になっている理由(4)
私が臨床心理士になっている理由(5)
院生の頃、2ヶ月も入院したり裸で寝ている時に包丁つきつけられたりしたわけですが、そんな大学院生活も○年目を終えようとしていたとき、師匠から某総合病院で心理職の後釜を探している…という話を聞き、試験を受けに行った…というところまででした。
ODという名のニート」目前だった私にとってはそれは魅力的な話であり…
「どんな試験すんのかなぁ」とワクワクテカテカしながら病院に行ってみたのですた。
+   +
  ∧_∧ + 
 (0?・∀・)    ??
 (0?穐 ∪ +     oo
 と__)__) +


試験を行うという部屋に行ってみるとそこには
10人くらいいるじゃないですか~!
その人たちと色々話してみたのですが、某有名私大(私があんまり好きじゃない大学)のM2数名とD1数名、あとは現場で働いている人数名という感じでした。
で、あとから聞いた話によると、実は別の日にも同じくらいの人数が同じ試験を受けてたということで…実質20倍くらいだったようです(結構すごいな>自分←自画自賛ヤメレ)。
「そういやペーパーテストなんて実は久しぶりかも?」とか思いながらワクワクテカテカしているうちに試験が始まりました。
で、試験を受けながら思いましたよ。「こりゃ、M2じゃ無理だろう」と。つーか「筆記用具を持ってくるように」とは言われていましたが、まさかこんな本格的にペーパーテストやらされるとは思ってませんでした。
仕事内容はアセスメントが主ということで、そらもう実践的な問題がてんこ盛りですたよ。
WAIS-Rの下位検査のプロフィールと各IQの指標、ロールシャッハのプロトコルとスコアリングをまとめたもの、あとは簡単なケース概要が提示され、「この症例への力動的精神療法の適用について、検査結果の解釈をふまえて述べよ」
とか…
ケース概要と検査オーダー(~について知りたい)が提示され、「このオーダーに対応するためにはどのようなテストバッテリーを組む必要があるか、その理由を含めて述べよ」
とか…
それまであまり使わなかったベンダーとかクレペリンの結果なんかが関わってくる問題もあったりして結構焦ったんですが、まあ自分としては何とか書けたような気がしました。
あと、ロールシャッハ関連の問題は主にエクスナーでスコアリングされていたので(片口も併記されてはいた…かな?)、片口メインでやってる私はそこでも結構焦りました。その頃、エクスナー関連の文献の抄読会などもやっていたので、何とか対応できましたが(さすがールシャッハスト職人!)。たぶんロールシャッハのSVを定期的に受けているような人じゃないと、あれに対応するのは無理だったのではないかと思います(感謝します>師匠)。
で、ロールシャッハ関連の問題でスコアリングが「違うんじゃ?」と思うところがいくつかあって、「指摘してやろうか」的なアフォな考えが頭に浮かんできたりもしたんですが、さすがにそれをするほど現実検討力が低下しているわけではなかったようです。
そんなこんなでペーパーテストも終了。その後、一人ずつ面接ですた。
面接室に入ると、前にずらりと数人の白衣を着た人(もちろん医者)が並んでいて、色々と質問されましたよ。
「元々なんで臨床心理学を学ぼうと思ったのか?」とか
「これまでの臨床経験は?」とか
「研究テーマと修論の内容について詳しく」とか
…他にも色々聞かれたような気がするんですが、さすがに結構昔のことなので細かいところは忘れちまいました。
後に上の方の先生に聞いたところによると、私が単科の精神病院で○年間実習してたところが良かったとのことでした。うちの病院は典型的な統合失調症の患者さんが少ないだけに、なおさら精神科医療の実際のところを知っている心理職じゃないとやらせたくなかった…と。「クリニックしか知らないような学生」はその時点で×だったそうで。
あと、自分は元々臨床志向というよりも研究志向が強かったこともあって、研究についてはそれなりに語れたところも自分的には良かったんじゃないかなと思っています。この頃、そもそも自分の人生に対してあきらめ感が非常に強かったので、「ま、どうなってもいいかぁ」という気楽な気分で受けられたのもひょっとしたら良い方向に作用したのかもです。
こんな感じで試験は終わりました。あとは結果を待つばかりでした…
…ってもったいぶっても仕方がないので書きますが、この試験、合格したので今ここにいます。ペーパーテストも一番出来が良かったそうですし、面接でも全会一致で私に決まりだったそうな(すごいな>自分←だから自画自賛ヤメレ!)
このシリーズもうちっとだけ続きます。

続きが気になる方は是非とも1クリックを!→人気Blogランキング

2005/09/16 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (7件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. なんか一段とオナニーっぽい感じのエントリになっているような…
    まあいいや。気にしない気にしないっと。

  2. すっすげえ・・・・
    とてもM2卒業の時の僕には解けそうにありません・・・
    RTなんか,ほんとまだ勉強中ですもん.
    僕の就職の時も,朝早くに寝ていたら師匠から電話がかかってきて,
    「すえぞう君○○病院で働いてみるか?」って聞かれて,
    その次の日に連れて行かれました.
    面接だけはしたような憶えはありますが・・・・こんなテストはなかったですよ!!
    テカテカ具合にヤッパソンケイ・・・・

  3. >すえぞうさん
    いやいや。
    単に私がロールシャッハ「だけ」は得意だったというのと、あとは私のスキルとうちの職場の求めるニーズが合致したというだけのことであり。
    ちゃんとテストをやったことは良心的だと思いますし、その方がきっと雇う側としてもいい人材を採用できる可能性は高くなるはずなんですが…
    近いうちに「コネ」についてのエントリをアップする予定ですので、その際にはまたコメントいただけたらと…

  4. 初めまして。ブログ読ませてもらってるくぅといいます。私は、将来心理カウンセラーになりたくて来年大学受験することにした心理学のヒヨッコなんですが、このブログを読んでるとなんだか勉強になるような気がします。書いてある本はまだ一つも読んでないけど(苦笑)。
    これからもちょくちょくお邪魔させていただきます。【わた訳】シリーズ完結適度にソワソワしながら待ってます(笑)

  5. >くぅさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    > このブログを読んでるとなんだか勉強になるような気がします。
    「気がする」だけでもうれしゅうございます。
    本を読んでいただけるのもうれしいのですが、むしろこれから大学受験する方の立場で、私の書いていることをどのように思われるのか、他のエントリでもコメントいただけると非常にうれしゅうございます。

  6. みちたりぬ【強意の『ぬ』】

    一日の大半を勉学に費やしている?筈もないくぅです!
    Ν?・一日の大半を遊びに費やしてます!
    妄想膨らましたり??Tμ見たり?音楽聞いたり?1°2いじったり…
    勉強しなきゃと思いつつ?ついつい他の事ばかりしてまう…
    こんな??受験….
    >くぅさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    > このブログを読んでるとなんだか勉強になるような気がします。
    「気がする」だけでもうれしゅうございます。
    本を読んでいただけるのもうれしいのですが、むしろこれから大学受験する方の立場で、私の書いていることをどのように思われるのか、他のエントリでもコメントいただけると非常にうれしゅうございます。

  7. 20倍ですか。うわぁ~すごいな。全会一致ってなかなかないですよ~。
     私が今の臨床現場に勤めるときも(児童養護施設とSC)、非常勤に関わらず対立候補を立てられました。年齢が若いせいでしょうね(いや今という意味ではなく勤務したときです)。
     施設では「メンタル的に頑丈かどうか」、SCでは「生徒が気さくに話しかけやすいかどうか」がポイントになったようです。
     
     あれ? 実力は? 
    でも、勤めてからが肝心。しっかりやっていると、「絶対辞めないで。他の心理士じゃ不安だから」というノリになってきます(←ちょい自慢?)。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑