Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

ブログの力2~『のまねこ』問題と心理職国家資格化問題

公開日: : 資格問題

ここ数週間、ネット上ではのまねこ問題が非常に熱いです。
ご存じの方は多いでしょうし今さら私が説明するのもめんどくさいんで、詳しくはこちらをご覧下さい。
エイベックス著作権違反疑惑「のまネコ問題」のまとめ
この問題、その原因の一端としてはavexが2ちゃんねるやVIPPER…いやネットの力というのを甘くみたということがあると思うのですよね。甘くみていたからこそ簡単にパクってしまったわけで。その後、この問題を扱っていたサイトやブログが何らかの不可解な力が働いたのか突然閉鎖されたり、ログが消されるということがありましたが、そのこともさらにネット界隈の反発を買っただけでした。
ネットの情報に簡単に踊らされるようなアフォもそれはたくさんいますが、我が国のネット利用者の中で嘘を嘘と見抜く能力は次第に培われてきていると思います。
そんな中でネットの持つ力を甘く見るような人たちというのは、そのことが自分の身を滅ぼすかもしれないということに、気づくべきだと思うのですよ。特にブログがこれだけ隆盛を誇っている昨今、その力を侮ってはいけないと思うのですよ。
さて、ここで先日の日本心理学会第69回大会の3日目、10月12日に開かれたワークショップ「医療心理学の確立に向けて」ですよ。
心理系研究者のつれづれ日記日心を振り返る(3)~医療心理師WS~末々草(すえ思う故にすえあり)心理資格問題とブログでもこの話題について触れられています。
また、そのワークショップに参加されたある方からメールもいただきました。一部引用します。

ですが、少し気になる所がありました。
それは、会場の先生方、特に全心協の斎藤慶子先生が
「インターネットで無責任に資格問題を論じているブログ(と言う言葉を使いました)がある。正しい情報はぜんしんきょうのHPで発表するから、そういうブログの情報を信じないで欲しい」
と発言された事です。

なんつーか…はっきり言ってアフォですね。たぶん本気でそう考えているところがそもそもアフォですし、それを言ってしまうというのもアフォです。
上で述べたように、嘘を嘘と見抜けない人はまだまだ多いものの、まともな議論が可能な土壌というのは確実に育ってきていますし、実際、多くのブログでは非常に熱い、そして非常に有意義な議論が交わされています。
現場の声は上の人々には届きにくいですし、ネットでの議論に対してこんな見方をされているのならば、なおさら顔と名前を出して意見を言うのは難しいですよ。
だいたい、自分のところの情報だけが「正しい情報」だと思っているんでしょうか?てか「正しい情報」って何ですか?
当たり前の話でしょうが、臨床心理士資格推進派も医療心理師資格推進派も自分の側に不都合な情報は出さないでしょう。国家資格化を進める上でそれは当然の戦略だと思います。ただ、そうした情報を「正しい情報」と言ってしまうのはどうなんでしょうね?
結局、こういうことを言ってしまう人たちって、ネットの力、ブログの力をなめてるんでしょうねぇ。確かにこの業界では、ネットの力というのはそれほど大したものではないかもしれません。でも、そのようにネットで議論を繰り広げている人々こそ、現場の人間であるということを無視しないでいただきたいと思うのですよ。

なんかこういう認識の人たちが上にいる限り、やはり国家資格化は無理なんじゃないかと思えてきました。もっと賢ければネットで世論を動かすことすら可能だということに気づくと思うんですけどね。
以上はもちろん医療心理師側だけではなく、臨床心理士側にも言えることだと思いますよ。

上を読んで(・∀・)22!!と思った方はクリックしていただけるとうれしいですよ→人気Blogランキング

2005/09/18 | 資格問題

関連記事

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみて長くなりそうだったらまだ続く

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月19日だったので、約1ヶ月ぶり

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦 著『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』を読んでもいないのに批評してみる

最初にご注意。記事タイトルにもガッツリ書かせていただきましたが、ワタクシはこの本を読んでおり

記事を読む

スクールソーシャルワーク実践技術: 認定社会福祉士・認定精神保健福祉士のための実習・演習テキスト

「公認心理師と名称が似ているから国家資格成立後に臨床心理士は使えなくなる」論を唱えてた奴は前に出なさい

これまで何度かこのブログでも話したような気がするんですが、私の妻は社会福祉士の資格保持者であ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (27件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. >ロテ職人さん
    リンク&TB返しありがとうございます.
    ご意見全くその通りだと思います.
    少なくとも,僕はあの場では質問をしていいとは思えませんでした.ブログで書いたとおり思っていることはあったのですが,とてもそんなのを言えるような雰囲気ではなかったのです.
    現場の人がもっと来てたとして,はたしてあのWSで発言できたかは疑問です.
    ブログで意見をしているほとんどの人は責任もって自分の意見を言ってると思います.それをあんな風にいわれたら,それこそ本当に実名で意見なんか言えません.もっと我々を信じて欲しいと心から思います.

  2. のまネコ問題とminor threat問題 ~違いはどこにあるか~

    ネット上にはいろんな地雷が埋まっているようですね。たまには踏んでみましょうか。まぁ今更爆発することはないでしょうけどね。
    浜崎あゆみ等,ビッグアーティストを抱える巨???? )
    >私はそれは悪いことだとは思いませんし、当然のことだとも思っています。
    そうですね。そしてそれに「悪意」があったり「嘘」があったりした場合、結局、はじかれていくと言うことですね。
    ということで、久しぶりにちょっと長めに書き込みしました。それから最初のお返事、レイアウト失敗して読みにくくてごめんなさい。まだまだですね。
    これからも、楽しい、時にシビアに真実を追究するようなお話し、楽しみにしています。またそのうち出没します。ではまた。

  3. TBありがとうございます。
    >そのようにネットで議論を繰り広げている
    >人々こそ、現場の人間であるということを
    >無視しないでいただきたいと思うのですよ。
    この一文,ずしりと重いです。
    「信じるな」「正しい情報はこちらが発表する」なんて言えてしまうのは,ネットの力をなめているというだけでなく,この問題に関心を持り,ネットにアンテナを張って真剣に考えていこうとしている方々の見識もなめているという事なんでしょうかね。
    大本営発表でもあるまいに。

  4. 「正しい情報」??

    先日の日本心理学会第69回大会において、9月13日、
    「医療心理学の確立に向けて」と題したワークショップが行われたようです。
    リンク先を見ていただくと分かるように、企画者・話??
    >私はそれは悪いことだとは思いませんし、当然のことだとも思っています。
    そうですね。そしてそれに「悪意」があったり「嘘」があったりした場合、結局、はじかれていくと言うことですね。
    ということで、久しぶりにちょっと長めに書き込みしました。それから最初のお返事、レイアウト失敗して読みにくくてごめんなさい。まだまだですね。
    これからも、楽しい、時にシビアに真実を追究するようなお話し、楽しみにしています。またそのうち出没します。ではまた。

  5. もう怒り心頭です。

  6. >すえぞうさん
    > ブログで意見をしているほとんどの人は
    > 責任もって自分の意見を言ってると思います.
    そうなんですよね。
    ネットで匿名で発言するというのは、社会的な属性などは抜きにして、単純にその論理や議論のスキルで勝負できるところが良いと思うのです。
    で「匿名で責任ってどうよ?」と言われるかもしれませんが、その発言がおかしければ、それで無視されるか叩かれるかするってだけですからね。

  7. >Decoさん
    > この問題に関心を持ち,ネットにアンテナを張って
    > 真剣に考えていこうとしている方々の見識も
    > なめているという事なんでしょうかね。
    ま、そういうことでしょうねぇ。なめているというか、馬鹿にしている…ととられても仕方がないと思いますよねぇ。

  8. >臨床心理士デスマさん
    まあ、このメールをくださった方のおっしゃっていることが間違っている可能性もあるかもしれませんが、もしそうだとしたらツッコミが入りますよね。
    ったく、飲み会ならともかく学会のWSでそんなことを言ってしまう辺りが脇が甘いですよ。アフォですなぁ…

  9. ネットの情報価って?

    「ロテ職人の臨床心理学的blog」のロテ職人さんからTBをいただきました。まずはそちらをご覧下さい。
    ブログの力2~『のまねこ』問題と心理職国家資格化問題
    本当にネット上の情報
    >私はそれは悪いことだとは思いませんし、当然のことだとも思っています。
    そうですね。そしてそれに「悪意」があったり「嘘」があったりした場合、結局、はじかれていくと言うことですね。
    ということで、久しぶりにちょっと長めに書き込みしました。それから最初のお返事、レイアウト失敗して読みにくくてごめんなさい。まだまだですね。
    これからも、楽しい、時にシビアに真実を追究するようなお話し、楽しみにしています。またそのうち出没します。ではまた。

  10. ロテさん、お久しぶり。色々ホント忙しくて、あちこちブログ見るのが精一杯で、しかも特段、書き込む必要があるような情報が無かったので登場しなかったんだけれど、これにはさすがに反応したので、久々、登場しました。
    うーーん・・・。色々、思うところはあるけれど、ブログの力を甘く見るなというのは正にその通りですね。
    ただ、ブログを使いこなす術を、見ている人がどの位持っているかは、疑問がありますね。私も大分、情報選択出来るようになってきたけれど、時々、「この情報は一体どういう意図を以て書かれているんだ?」と真意を読み切れないことありますもの・・・。操作性を感じるものとか、ある一定の方向に議論を持っていこうとしているもの、確かにありますよね。

  11. もちろん自分がそういう姿勢を全く持っていないとは言わないし、それは書き込みしている誰もがそうだと思うけれど、でも、そういうことを読み手がどの位分かった上で読んでいるかということは、やはり疑問ですね。
    「ブログを甘く見る」のはホント、認識、甘いと思うけれど、「ブログでいっていたこと」を全て真実と思い、それに翻弄される人がいる事に対する懸念があるのも、確かだと思います。
    でも、だからといって「全心協HPのみを信じろ」と公言するのは、おかしな話しだと思います。確かに、デスマさんの怒り心頭は、無理ないですね。

  12. それから書いていて思ったけれど、「情報収集としてのブログ利用」と「議論を深めるためのブログ利用」は、その役割が違うように思います。そういう意味では、もしかしたら斉藤さんは「前者」は否定しているかも知れないけれど、「後者」までは否定していないのでは?と思ったりもしました(これってちょっと擁護しすぎ?ま、その場に私はいなかったので、これはあくまで私の推測です)。

  13. いずれにせよ、なんか、こんな事まで議論しないとならないのは、ホント、ちょっと疲れますね。
    >ったく、飲み会ならともかく学会のWSでそんなことを言ってしまう辺りが脇が甘いですよ。アフォですなぁ…>
    に、激しく同意しますよ。あーぁ、日曜の朝から疲れたぁ・・・。

  14. あと、誤解を招くとますますややこしくなるから補足しますが、>もちろん自分がそういう姿勢を全く持っていないとは言わないし、それは書き込みしている誰もがそうだと思うけれど、>というのは、「情報を操作する」とか「ある一定の方向に議論を持っていこうとする」ということでなく、「自分の意見を反映させたい」など、ある意図を以て書き込んでいるという意味です。

  15. ロテ職人さん、トラックバックありがとうございました。ブログを読んだり、書き込みしたりしている人たちは、全心協HPもちゃんと読んでる人たちだっていうことに想像力がいってないのでしょうね。やれやれ。

  16. 心理資格問題とブログ

    前にも上げましたが,日本心理学会に行って参りました.
    今回の僕の目的は自分が共同研究しているグループのWSと,非常に興味を持っているある分野のWS,そしてポスター発表を見に行くことでした.
    それと,もう一つの目的が
    舞衣さんのブログのこのエントリー;日心…
    >私はそれは悪いことだとは思いませんし、当然のことだとも思っています。
    そうですね。そしてそれに「悪意」があったり「嘘」があったりした場合、結局、はじかれていくと言うことですね。
    ということで、久しぶりにちょっと長めに書き込みしました。それから最初のお返事、レイアウト失敗して読みにくくてごめんなさい。まだまだですね。
    これからも、楽しい、時にシビアに真実を追究するようなお話し、楽しみにしています。またそのうち出没します。ではまた。

  17. 日本心理学会ワークショップについて

    徐々に内容が明らかになってきている”今話題”の日心「医療心理学」ワークショップについてです。   2005年9月12日(月)午後に、日本心理学会第69回大会において、「医療心理学の確立に向けて」というテーマで行われましたが、企画者は丹野義彦氏(東京大学)ほか…
    >私はそれは悪いことだとは思いませんし、当然のことだとも思っています。
    そうですね。そしてそれに「悪意」があったり「嘘」があったりした場合、結局、はじかれていくと言うことですね。
    ということで、久しぶりにちょっと長めに書き込みしました。それから最初のお返事、レイアウト失敗して読みにくくてごめんなさい。まだまだですね。
    これからも、楽しい、時にシビアに真実を追究するようなお話し、楽しみにしています。またそのうち出没します。ではまた。

  18. >臨床心理士ですが さん
    お久しぶりです。なかなか臨床心理士ですがさんが反応できるような内容のエントリを書けなくて申し訳ありませんでした。
    ブログに限らず、ネットでの情報収集や議論というのには、ある程度の慣れだったり、技能だったりが必要です。それはパソコン通信の時代から変わっていません。
    結局、個々人が情報を取捨選択した上で、建設的な議論ができれば良いということでしょう。私が見る限りでは怪しい情報や明らかにおかしな意見というのは叩かれるなり無視されるなりといった傾向にはあると思いますが、いかがでしょうか?

  19. >臨床心理士ですがさん
    そういたいわゆる「ネットリテラシー(=ネットでの情報を利用するための基本的な能力みたいなもの)」は、様々なサイトを閲覧したり、あるいはネット上での議論を繰り返すことにより、磨かれていくのではないでしょうか?
    というか、臨床心理士ですがさんはその辺りは実感されているのではないかと思います。
    > もしかしたら斉藤さんは
    > 「前者」は否定しているかも知れないけれど、
    > 「後者」までは否定していないのでは?と思ったりもしました
    どうでしょうね?ひょっとしたら「ブログ」が何なのか、実はよく分かってない…ということもあるのかも
    …なんてのも私の憶測でしかないんですけが。
    ただ、少なくともネットの力を甘く見ているというのは確かにあると思います。

  20. >臨床心理士ですがさん
    > 「情報を操作する」とか
    > 「ある一定の方向に議論を持っていこうとする」
    > ということでなく、
    > 「自分の意見を反映させたい」など、
    > ある意図を以て書き込んでいるという意味です。
    「自分の意見を反映させたい」というのも、ある意味では「情報を操作する」ことであり、「ある一定の方向に議論を持っていこうとする」ということなのではないかと思います。
    私はそれは悪いことだとは思いませんし、当然のことだとも思っています。
    結局、読み手のリテラシーの問題なのではないでしょうか。

  21. >つなでさん
    そういうことは想像してない…というか、端から馬鹿にしているんじゃないかなぁと思っております。
    まったくやれやれですよ。

  22. >ロテ職人さま
    ご丁寧なお返事をありがとうございます。秋の夜長、お返事のお返事です。
    >なかなか臨床心理士ですがさんが反応できるような内容のエントリを書けなくて<
    いえいえ、いつも楽しく読ませていただいておりますよ。お子さんのお話もそうだし、チャットもそうだし、ダイエットも出来れば仲間入り?!したいくらいです。ただ、ホント、今、忙しくてねぇ・・・。それこそ書き込みしたら、匿名だけれど「言動の責任」を最後まで持たないと!と思ってしまうので、それが今、出来そうにないので、全体的に書き込みを控えているところです。

  23. >臨床心理士ですがさんはその辺りは実感されているのではないかと思います。>
    はい、ホントそう思います。書き込み初期の頃、ロテさんに色々、言われましたね(笑)。
    >ひょっとしたら「ブログ」が何なのか、実はよく分かってない…ということもあるのかも>
    そうかも知れませんね。話しに聞いただけで言っているのでしょう。でも、もしそうだとしたら、随分、もったいないことをしていますよね。少なくとも私としては随分、色々なことをブログで学ばせてもらっていますから・・・。

  24. >私はそれは悪いことだとは思いませんし、当然のことだとも思っています。
    そうですね。そしてそれに「悪意」があったり「嘘」があったりした場合、結局、はじかれていくと言うことですね。
    ということで、久しぶりにちょっと長めに書き込みしました。それから最初のお返事、レイアウト失敗して読みにくくてごめんなさい。まだまだですね。
    これからも、楽しい、時にシビアに真実を追究するようなお話し、楽しみにしています。またそのうち出没します。ではまた。

  25. 臨床心理士は何処へ…

    ちょっと旧聞になるかもしれないのですが、
    ロテ職人さんの9/18と9/21のエントリ
    ブログの力2~『のまねこ』問題と心理職国家資格化問題
    それができないからこそのブログであり
    にトラバ
    blog上での資格問題についての議論を、「無責任である、正しい情報は○○○のH…
    >私はそれは悪いことだとは思いませんし、当然のことだとも思っています。
    そうですね。そしてそれに「悪意」があったり「嘘」があったりした場合、結局、はじかれていくと言うことですね。
    ということで、久しぶりにちょっと長めに書き込みしました。それから最初のお返事、レイアウト失敗して読みにくくてごめんなさい。まだまだですね。
    これからも、楽しい、時にシビアに真実を追究するようなお話し、楽しみにしています。またそのうち出没します。ではまた。

  26. 処分について

    「心理職の国家資格化実現検討委員会(byつなで)」のエントリ、
    「私たちは、どこに向かっているのだろう」
    >私はそれは悪いことだとは思いませんし、当然のことだとも思っています。
    そうですね。そしてそれに「悪意」があったり「嘘」があったりした場合、結局、はじかれていくと言うことですね。
    ということで、久しぶりにちょっと長めに書き込みしました。それから最初のお返事、レイアウト失敗して読みにくくてごめんなさい。まだまだですね。
    これからも、楽しい、時にシビアに真実を追究するようなお話し、楽しみにしています。またそのうち出没します。ではまた。

  27. 「処分」と「圧力」について

    昨日のエントリ「処分について」に対して、
    裕さんから9月30日のエントリ
    >私はそれは悪いことだとは思いませんし、当然のことだとも思っています。
    そうですね。そしてそれに「悪意」があったり「嘘」があったりした場合、結局、はじかれていくと言うことですね。
    ということで、久しぶりにちょっと長めに書き込みしました。それから最初のお返事、レイアウト失敗して読みにくくてごめんなさい。まだまだですね。
    これからも、楽しい、時にシビアに真実を追究するようなお話し、楽しみにしています。またそのうち出没します。ではまた。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑