Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「役に立たない研究」は存在するのか?

公開日: : 研究と臨床

心理学関連のエントリをここ何日か書いていなかったので、少し真面目に更新(…しかし、心理学関連の内容なんて毎日毎日書けるものでもなく…そういうサイト・ブログを管理されている方には頭が下がりますです)。
さて、ネット上でもリアルでもそうなんですけど「役に立たない研究はダメだ」とか「研究するからには役に立たないと」とかいう研究者の方がいらっしゃいます。まあ、聞いた限りでは「ごもっとも」と思いますよね。
でも「役に立たない研究」って本当に存在するのでしょうか?私は「役に立つ/立たない」って結局相対的なものでしかないと思うのですよ。
ある分野ではどんなにすごい研究であったとしても、他の学問分野の人たち、あるいは一般の人々からしたら「何それ?」ってことはよくあると思います。逆に、一般層からの注目が高く、パッと見では役に立つように思えても、専門家からすると「なんだそれ?」的な研究もあるでしょう(○ーム脳とかゲ○ム脳とかゲー○脳とかゲーム脳とか)。
「役に立たない」ということについても同様で、ある人から見て「役に立たない」研究が他の人からすれば「役に立つ」ということだって往々にしてあるはずです。
…と考えると「役に立つ研究がしたい」ってのはどういうことかな?なんて考えてみたりもします。それってひょっとして「金になる研究がしたい」ってことだったりして。心理の分野でそうそう「金になる研究」ができるとは思えませんが…。あるいは「人の役に立ちたい!」ってことかもしれませんね…まあそれはそれでいいでしょう(個人的にはあまり好きじゃないですが、それは個人的な感情なので)。
ぶっちゃけ研究の動機なんて「知りたいから」ってことで十分なんじゃないですか?
そりゃあ論文にまとめる時、「問題」とか「目的」のところでは、当然それらしいことを書くでしょう。んでもそれ以前の動機の部分では「知りたい」ってことがあれば十分だと思います。
今すぐ役に立たない研究でもあっても、いつか時代の流れとともに意義を持ってくるかもしれません。また、やってる当人が「役にたたねぇかもなぁ」と思っていても、ひょっとしたら他の誰かにとっては非常に意義のある研究かもしれません。
浦沢直樹のMASTERキートン(これは傑作!)のあるエピソードで(巻数もタイトルも失念してしまいますた…)、図書館で調べ物をしている主人公キートン、どうしても見たい資料があって図書館司書にお願いするのだけれど、閉館間際に面倒な仕事を押しつけられて司書も機嫌が悪くて…という場面がありました。最後、手続き上必要であったため出されたキートンの身分証明書を見て図書館司書の態度は一変します。彼が感銘を受けて考古学者を志すきっかけとなった、その論文を書いたのがキートンであった…という。
これ、エピソードとしては地味ですが、この下りが個人的に好きだったりします(ご興味のある方はどーぞ↓文庫版の方が手に入りやすいかも)。
※大筋はこんな感じでした。今、手元に単行本がないので若干間違い・記憶違いはあるかも。

4091816916 MASTERキートン (1)
勝鹿 北星 浦沢 直樹

小学館 1988-11
売り上げランキング : 351,247
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

まあ英語で論文を書いていれば、キートンのように世界のどこかで誰かが興味を持ってくれるかもしれないわけです。そこまでいかずとも日本語でもきちんと発表して形にまとめさえしていれば、日本のどこかで、いつか誰かが興味を持ってくれるかもしません。いつかどこかでその研究は「役に立つ研究」になるかもしれないのです。
ですから、その研究が「役に立つか/立たないか」に関わらず、まずはまとめてみることが大事だと思うのですよ。繰り返しになりますが、「役に立つ/立たない」なんてのは相対的な問題でしかないのですから。
もちろん、その研究がちゃんとした方法論だったり、思考法に基づいていて、倫理的観点からも問題がなければ…という前提はありますけどね。


…って書いてから気づいたのですが、これは単に私の研究が役に立たないことの言い訳のようにも思えてきました
まあその辺はあまりツッコミを入れない方向でおながいします。

「そうだそうだ」と思った人も思わない人もクリックしていただけたらうれしゅうございます→人気Blogランキング

2005/09/26 | 研究と臨床

関連記事

採用情報 - 株式会社金子書房

金子書房さんが「心理検査職」の募集をしてます

昨日、Twitterでもつぶやきましたが、心理アセスメント関連の書籍の出版で(私の中では)有

記事を読む

研究計画書の考え方

非心理系学科卒で臨床心理士指定大学院に入るのに心理系学科への編入・学士入学は必要か?

読者の方のメッセージから 先日、読者の方からメールフォームにてメッセージいただきました

記事を読む

ブログを書く手

研究の対象者をブログで募集することの問題点

何年前のことだろうか… 遥か昔…と言っても、このブログを始めて数年くらいの頃ですが、表

記事を読む

螺旋階段

臨床家として、研究者として、どのように生きていくのかということ

ためになった勉強会。来年度も参加するかどうか… 今年度、月1で開催される某勉強会に参加

記事を読む

本棚と本

それでも心理臨床家が「理論」や「根拠」にこだわらねばならない理由 @39you1さんのつぶやきへの返信

@39you1さんのつぶやきから 14/01/27のエントリ、「最終学歴=博士後期課程

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (25件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 役に立つか立たないかなんてのを基準に研究するのは、いかにもつまらない。
    だから、研究の第一の目的は知的探究で十分ですよ。役に立つかどうかなんて、そのときには誰にも決められないのです。

  2.  ただ、大前提として何らかの貢献を狙ったものでなければ、被験者の方々に申し訳ない気がします。最初から自分の知的欲求を満たすのが狙いであったなら(そしたらそう銘記すればよいのだと思います)。
     結果として役に立とうが立つまいが、それは仕方がないし、相対的だとは思います。
     そしてもちろん「知りたい」がなければ研究に力を注げないとも思います。
     というわけで、貢献と「知りたい」の落としどころを見つけていくのが必要ではないかと思います。

  3. 関西の某大学院にいるFuminです。
    突然ですが、研究が“役に立つ”か“役に立たない”か、ということで、以前ある先生の発言に激しく違和感を覚えたことを思い出しました。
    入学した院生のためのオリエンテーション的な授業を行った時の話です。その先生は、研究には“知るための研究”と“援助のための研究”があるとし、「やるべきなのは“援助のための研究だ”」と言われました。その発言に「“知るための研究”は不毛」とでもいうようなにおいを感じ、違和感と不愉快さが残ったのを覚えています。
    (続きます)

  4. (続きです)
    知るための研究なくしてどうやって援助をするというのだろう、というのが私の正直な感想でした。その先生がしている“援助のための研究”の中に、どれだけたくさんの“知るための研究”が使われているか。そうやって考えると、直接的に役に立っていないように見えるような研究(知るための研究)でも、間接的には役立っているといえるかもしれないし、蓄積されることにより役に立つかもしれません。なので、ロテさんの
     >今すぐ役に立たない研究でもあっても、いつか時代の流れと
     >ともに意義を持ってくるかもしれません。また、やってる当人
     >が「役にたたねぇかもなぁ」と思っていても、ひょっとしたら他
     >の誰かにとっては非常に意義のある研究かもしれません。
    というご意見には激しく同意します。
    (続きます)

  5. (続きです)
     表題の「役に立たない研究」は存在するのか? ということについて、私は“現時点では未だ役に立てていない研究”は存在すると思います。ですが、まともな研究の中で、“これからもずっと役に立たないだろう研究”というのは、ひょっとしたら存在しないのかもなぁ、などと感じています。
     いきなり長文になってしまい、大変失礼しました…
    日々考えていることなので、つい…

  6. [研究生活]おもしろさ>役に立つ

    「その研究はなんの役に立つの?」 研究者がよくたずねられる質問です.ただし,この質問には別の意味があるとわたしは思っています.この質問の意味は 「あんたの研究全然おもしろくないんだけど,それをやってるからにはせめてなんかの役には立つんでしょう?なんの役に…
    >ロテ職人さん
    すみません,見落としてました\\\ 補足ですが,文献レビューは,論文の種類ではなくて,普通の研究論文のintroductionのつもりでした。説明不足ですみません。
    つまり,方法論がしっかりしてても,先行研究からみた位置づけの問題があるんじゃないかということです。前提条件として,しっかりした文献レビュー(和文誌のみでなく)も必須なのではないかと思います。

  7. [研究生活]おもしろさ>役に立つ

    「その研究はなんの役に立つの?」 研究者がよくたずねられる質問です.ただし,この質問には別の意味があるとわたしは思っています.この質問の意味は 「あんたの研究全然おもしろくないんだけど,それをやってるからにはせめてなんかの役には立つんでしょう?なんの役に…
    >ロテ職人さん
    すみません,見落としてました\\\ 補足ですが,文献レビューは,論文の種類ではなくて,普通の研究論文のintroductionのつもりでした。説明不足ですみません。
    つまり,方法論がしっかりしてても,先行研究からみた位置づけの問題があるんじゃないかということです。前提条件として,しっかりした文献レビュー(和文誌のみでなく)も必須なのではないかと思います。

  8. TBを2重に送信してしまいました.ごめんなさい.
    研究の動機としては「知りたい」というのだけで充分ですが,「自分が知りたい」だけの研究ってはつまらないし,完結しないかなとおもいます.
    実際,「自分が知りたい」だけだと研究成果を発信するところまで行かないことが多いと思います.

  9. 役に立たない研究はないように思うのですが、するべきでない研究はあると思いますよ。
    特に対象がヒトであり、研究への参加に一定の侵襲や負担を伴う場合には、研究者の「知りたい」という動機だけをもって、行っても良いとするのは、どうかと。
    それを正当化するには、直接的、ないし間接的に「役に立つかもしれない」ということを論証する必要があります。というか、それをやらないと倫理委員会とおらないですよね。

  10. というわけで、teruさんに同意。

  11. >中猫さん
    > だから、研究の第一の目的は知的探究で十分ですよ。
    > 役に立つかどうかなんて、そのときには誰にも決められないのです。
    ですよねぇ!
    中猫さんなら同意してくれると思っておりました。

  12. >teruさん
    > 大前提として何らかの貢献を狙ったものでなければ、
    > 被験者の方々に申し訳ない気がします。
    確かに被験者の方々のことを思うとそうですね。ただ、これは研究をやる上では当然のことだと思いますが、結果のフィードバックだったり、臨床場面では得られたデータを臨床上活用していくということが「貢献」になるのではないでしょうか。

  13. >teruさん
    > 最初から自分の知的欲求を満たすのが狙いであったなら
    > (そしたらそう銘記すればよいのだと思います)。
    afcpさんもおっしゃっていることですが、それを明記しちゃったら論文としてはまとめられないでしょう。やはり「目的」のところではどのように役に立つかは書かないと研究として成り立たないわけですから。
    そういう意味で私は
    > そりゃあ論文にまとめる時、
    > 「問題」とか「目的」のところでは、
    > 当然それらしいことを書くでしょう。
    > んでもそれ以前の動機の部分では
    > 「知りたい」ってことがあれば十分だと思います。
    と述べた次第であります。

  14. >Fuminさん
    はじめまして。ご丁寧なコメントありがとうございます。
    > その先生がしている“援助のための研究”の中に、
    > どれだけたくさんの“知るための研究”が使われているか。
    > そうやって考えると、直接的に役に立っていないように
    > 見えるような研究(知るための研究)でも、
    > 間接的には役立っているといえるかもしれないし、
    > 蓄積されることにより役に立つかもしれません。
    あぁ…激しく同意します。
    学問全体の発展を考えると「知るための研究による」知識の蓄積というのは必要不可欠だと思うのですよね。みんながみんな「援助のための研究」をしていたのでは、学問的な発展は望めないのではないかと思います。

  15. >lateral55さん
    TB&コメントありがとうございます。
    「おもしろさ」っていうのは重要な視点かもしれませんね。というか、「知りたい」という背景には「おもしろさ」が自明のものとしてある…という前提で語っていたような気がします。
    lateral55さんがおっしゃるように、「知りたい」からといって必ずしもそれが「面白い」とは限らないですね。
    ただ、私の言う「知りたい」ってのは知的好奇心というか内発的動機づけを伴うものであり、lateral55さんが例として挙げられたような、質問紙作成などとは異なるイメージなのですが…

  16. >ロテ職人さん
    >ただ、私の言う「知りたい」ってのは知的好奇心と
    >いうか内発的動機づ けを伴うものであり、
    >lateral55さんが例として挙げられたような、
    >質問 紙作成などとは異なるイメージなのですが…
    「自分が知りたいだけ」だとデータ取っておわりになるケースが多いと思うんですよね.そこに外へ発信しようというモチベーションはないですから.せいぜい学会発表して終わりでしょう.
    あと,その人が知りたいからといって,必ずしもおもしろい研究にはならないと思います.自分が知りたい「だけ」ですと,その研究の位置づけや意義が曖昧になりがちです.突き詰めるとすでにわかっていることと大差ないとか,あまりにも些末で意義を見いだせないというのはよく見かけます.

  17. いつ来ても活発でいいですよね~
    ウラヤマシイ.
    このネタは大学1年の冬から友人らとの間で
    延々議論してきているネタで,
    非常~~に自分にとっては身近です.
    何気にギリシャでも後輩と議論しました(笑).
    ここに書くと長くなるので(^^;;,
    落ち着いたらこのネタでエントリしてみようと思います.

  18. >SDさん
    実は是非ともSDさんのコメントをうかがいたかったのでした(笑
    関連エントリ、楽しみにお待ちしております。

  19. 役に立つのか、立たないのか研究

     研究が役に立つかどうかは、心理学にかぎらず、科学的研究を二分する視点としては無意味なものかもしれない。役に立つかどうかという視点だけで研究を開始するのは、可能性の範囲を狭めるようにもかんじる。だからといって、探究の欲求のために研究をするのだなどと表明す…
    >ロテ職人さん
    すみません,見落としてました\\\ 補足ですが,文献レビューは,論文の種類ではなくて,普通の研究論文のintroductionのつもりでした。説明不足ですみません。
    つまり,方法論がしっかりしてても,先行研究からみた位置づけの問題があるんじゃないかということです。前提条件として,しっかりした文献レビュー(和文誌のみでなく)も必須なのではないかと思います。

  20. 9/29(木) 「研究」と「役に立つ/立たない」 その1

    いつもアツイ議論が交わされるロテ職人さんのブログですが,
    ついに来ました,このエントリ
    研究は役に立つのか?
    このテーマ,自分にもひっじょーーーーにクリティカルなテーマです.
    ご存知の方も多いと思いますが,
    ワタクシの属する某T大(笑)は研究…
    >ロテ職人さん
    すみません,見落としてました\\\ 補足ですが,文献レビューは,論文の種類ではなくて,普通の研究論文のintroductionのつもりでした。説明不足ですみません。
    つまり,方法論がしっかりしてても,先行研究からみた位置づけの問題があるんじゃないかということです。前提条件として,しっかりした文献レビュー(和文誌のみでなく)も必須なのではないかと思います。

  21. 自分のblogでこの話題の記事を書こうとして挫折しました(笑 質問なんですけど,ロテ職人さんの仮説は,「役に立たない研究はない」=「全ての研究は役にたつ」ということですよね。その「全ての研究」の定義はどの範囲まででしょうか?
    本当に全て含めると,文献レビューや方法論が未熟な研究もたまにはあるので,コメント14でlateral55さんが言っているような問題が生じてくると思います。

  22. >izugaeruさん
    本文にも
    > もちろん、その研究がちゃんとした方法論だったり、
    > 思考法に基づいていて、
    > 倫理的観点からも問題がなければ…
    > という前提はありますけどね。
    と書いたように、私が言うところの「全ての研究」はこの範囲に当てはまるものです。

  23. あと、「まともな」文献レビューは役に立つと思いますよ。少なくとも私は重宝してます。

  24. 方法論上の問題がなく
    論理が整合的で
    倫理的観点が問題がなかったとしても
    役に立たない研究は(原理的には)ありうると思います.
    (実質的にはないと思いますけどね)
    逆に,方法論に問題があって,
    論理に飛躍があり,
    倫理的観点に問題がある研究でも,
    役に立つものがあったりしますね.
    (血液型研究とか:笑)
    そもそも,役に立つか立たないかは,
    誰が判断するんでしょうかねぇ?

  25. >ロテ職人さん
    すみません,見落としてました\\\ 補足ですが,文献レビューは,論文の種類ではなくて,普通の研究論文のintroductionのつもりでした。説明不足ですみません。
    つまり,方法論がしっかりしてても,先行研究からみた位置づけの問題があるんじゃないかということです。前提条件として,しっかりした文献レビュー(和文誌のみでなく)も必須なのではないかと思います。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑