Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

2005年第3四半期売れ筋ランキング

公開日: : 心理・精神医学本

さて10月に突入しました。昨日の関東地方は結構暑かったですが、朝晩はめっきり冷え込むようになりました。
で、皆様にご好評いただいている当ブログでの心理・精神医学本紹介及びロテ職人のセレクトショップも第4四半期に突入しました。
当ブログ経由でご購入してくださった皆様への感謝の気持ちを込めつつ(ほんとありがとうございます!)恒例の売れ筋ランキングいってみますよ。
なお2005年売れ筋ランキングの過去ログはこちら↓
ランキング(4/21up)
2005年第2四半期売れ筋ランキング(7/1up)
では5位から1位まで、カウントーダウン!(CDTVっぽくちょっとイタい感じで)
第5位
前回同様、今回も第5位は同数で2冊あります。

4821063611 WISC-IIIアセスメント事例集―理論と実際
藤田 和弘 上野 一彦 前川 久男

日本文化科学社 2005-04
売り上げランキング : 1,658
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

4821073242 軽度発達障害の心理アセスメント―WISC-IIIの上手な利用と事例
上野 一彦 海津 亜希子 服部 美佳子

日本文化科学社 2005-02
売り上げランキング : 1,166
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

講評WISC-III関連2冊に・”煤━━━━(?・??延a━━━━!!!!!!
やはり時代の要請というか、流行っているんですねぇ…私も購入しました。どちらもなかなか良い感じです。ただ、これを紹介したエントリのコメント欄にも書きましたが、便利だからと言って安易なプロフィール分析は止めましょうね。精神的にも肉体的にも被検者の負担は少なくないわけですから、得られた多くのデータを過不足なく整理できるようになりましょう。…と自戒を込めつつ言ってみるテスト。
第3位

4772408797 私説対象関係論的心理療法入門―精神分析的アプローチのすすめ
松木 邦裕

金剛出版 2005-07
売り上げランキング : 10,386

Amazonで詳しく見る by G-Tools

講評:この本が入ってきました。私の周りでも結構購入している人多いです。売れているだけあって良い本だと思います。非常に具体的でわかりやすく、そして示唆に富んでいます。松木氏の著作の中では(個人的に)一番読みやすかったと思います。使える1冊!です。
第2位

4260333259 看護のための精神医学 第2版
中井 久夫 山口 直彦

医学書院 2004-03
売り上げランキング : 9,835
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

講評:前回3位だったあの歴史的名著がランクアップ。紛れもなく良い本です。持っていない人はどうぞ。心理臨床に関わる人にとっては、マストバイの一冊だと思います。
ちなみに私の知り合いのアフォ研修医が看護学校の講義に行った際、この本の中の名文句「看護できない患者はいない」をパクって使ったそうです。殴ってやろうかと思いましたが、私も一応大人なのでやめておきますた。
さて、やはり第1位は…そうあの本みたいです。










(禮によってちょっと引っ張ってみる)









4753399060 精神分析的心理療法の実践―クライエントに出会う前に
馬場 礼子

岩崎学術出版社 1999-09
売り上げランキング : 29,725
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

講評

禮子?V2・”煤━━━━(?・??延a━━━━!!!!!!

今さら私なんぞが言うことはありません。良書です。持ってない人も一度は読んでみてください。
・・・
改めましてこちらのブログ経由で買ってくださった方々、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。セレクトショップの方もちょこちょこと更新してますので、たまにチェックいれていただけたらと。
引き続き「こんな本を探しているよ~」というコメントありましたら遠慮なく書き込みいただければと思います。また、私が紹介した本の関連書籍でもっと良いものなどありましたら、やはりコメントいただければと思います。

この記事を読んで参考になった!と思っても思わなくても、クリックしてくれた方には感謝申し上げますよ→人気Blogランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑