水木・北大・悪魔~憑きものつながり

公開日: : 心理・精神医学本

子どもの頃、妖怪が好きでした。若干年齢がばれそうな発言になってしまいますが、私が子どもの頃、ちょっとした妖怪ブームが来ていたように思います。
私はよく近所にある神社の裏の林の中や、草むらの中で妖怪ポストなんかを探してました。
その頃の妖怪好き少年のバイブルと言えば水木しげる御大の『妖怪なんでも入門』(小学館)でしたが、実は復刊されていたのですね(結構欲しい)。

4092203217 水木しげる妖怪大百科
水木 しげる 小学館クリエイティブ

小学館 2004-10
売り上げランキング : 2,221
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

で、密かに今も水木しげる…というか妖怪好き(水木しげる翁も妖怪みたいなもんですけどね←褒めてます)な私は、彼の新刊が出てると思わずチェックしてしまいます。
先日書店でこんなのを見つけましたよ。

4094047026 水木しげるの憑物百怪 (上)
水木 しげる

小学館 2005-05
売り上げランキング : 46,439

Amazonで詳しく見る by G-Tools

4094047034 水木しげるの憑物百怪 (下)
水木 しげる

小学館 2005-05
売り上げランキング : 51,921

Amazonで詳しく見る by G-Tools

憑き物に特化してもこれだけボリュームのある本が書けるというのは、やはり水木翁の天才ゆえでしょう。日本各地の憑き物がカラフルな図版で紹介されています。水木ファン・妖怪ファンなら要チェックの一冊だと思います。
・・・・・・・・・・
で、精神科臨床的にはやはり「狐憑き」ってのはポピュラーじゃないでしょうか。ポピュラーといっても、私も憑き物関連の症例は数例しか関わったことがありませんが。都会の病院だと、今「狐憑き」ってあるんですかね?狐憑き情報に詳しい人、情報プリーズ(ってそんな人いるのか?)。
そんな「憑依」という現象を精神病理学的に論じている本がありますよ。

4791102592 憑依の精神病理―現代における憑依の臨床
大宮司 信

星和書店 1995-08
売り上げランキング : 133,407

Amazonで詳しく見る by G-Tools

著者は北大の医学部出身の方だそうですが、噂によると北大の精神科には「憑き物外来」があるとかあったとか…(詳しい人、やっぱり解説プリーズ)。
沖縄のユタなんかもそうですが、アイヌにもシャーマンの伝承があったりと、やはり文化的に憑き物関連の症例が多い地域ってのはあるような気がします。
・・・・・・・・・・
んで、西洋には「狐憑き」はないですよね。やはり取り憑くのは「悪魔」です。
悪魔憑きといえばもうこれでしょう。

エクソシスト プレミアム・ツイン・パック
B00005HWRN エレン・バースティン リンダ・ブレア ジェーソン・ミラー

おすすめ平均
stars旧式と新式のコンピ
starsより感動が増したディレクターズカット版
starsアメリカ映画の金字塔
starsガキの頃は・・・とにかく怖かった
stars20世紀のベスト10に入る傑作

Amazonで詳しく見る by G-Tools

主人公のカラス神父は精神科医でもあり、若い神父のカウンセリングを担当していたりします。
これも以前聞いた話なんですが、バチカンには悪魔払いのマニュアルのようなものがあるとのこと。で、悪魔払いの実行のためには、対象者が精神疾患ではなく、正真正銘の悪魔憑きであることが明らかにならなければならないそうで…つまり、悪魔払いのためには精神医学の知識が必要であるということですな。
ということで憑き物関連の書籍&DVD、興味のある方はどーぞ。

よろしければワンクリックお願いします→人気Blogランキング

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. あれ?結構近い世代でしょうかね。僕の方が結構上なのかと思っていましたが・・・まあ妖怪ブームも何度かありましたからね。ちなみに幼稚園の頃の僕のバイブルも水木先生の鬼太郎と千年王国でした。

  2. >裕さん
    そうそう。何度目かのプチ妖怪ブームの時に私ははまった口です。
    しかし幼稚園の頃のバイブルが『千年王国』ってすごいですね。
    あれ、ストーリーはかなりめちゃくちゃですが、何かよくわからん魅力というか力はありますよね。私も好きです。読んだのは大学に入ってからですが。

  3. 憑きもの関係の研究をしている医学系の研究者は他にもいます。勉強しましょう。

  4. >神本さん
    コメントありがとうございます。
    > 憑きもの関係の研究をしている医学系の研究者は
    > 他にもいます。
    「今回紹介した本の筆者が日本の憑き物関係の研究者である」なんてことは一言も言ってませんが何か?


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑