Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

偏見の話とか

公開日: : 臨床心理学

たまには真面目な話など…
特になんというわけでもない時、私はふとこう考えます。
自分もいつ統合失調症が発症してもおかしくないよなぁ
と。


てか、この「統合失調症」の部分は別に何でもいいです。「うつ病」でも「強迫神経症」でも、あるいはその他の身体疾患でも別にいいんです。とにかく、そういうことをふと考えたりするのです。
例えば統合失調症の罹患率は概ね約1~1.5%。1クラス40人の学校があったとしたら、3クラスに1人くらいは統合失調症に罹患する可能性があるというわけです(←間違ってないですよね?)。
また私の年齢で考えると、破瓜型はともかくとして妄想型の統合失調症については後発年齢に入っていると考えてもよろしいかと思います。
つまり「誰でも」「いつでも」発症する可能性はあるわけですよ。そういう病気に対して偏見持つのって、今さらですが(ほんとに今さらですが)どうかと思うのですよ。今、偏見を持っている人だって、いつ偏見の目で見られる側になるかわからないわけですよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ついでに言えば、私は病気になるのは嫌です。まあ「病気になりたい!」という人はそんなに多くはないかと思います。それは精神疾患でも身体疾患でも同じでしょう。
以前、どっかで話したと思いますが、私は大学院生時代、結構長い期間入院したことがありました。特定疾患に指定されている病気であり、保健所に行ったりして医療費免除の申請なんかもしたりしました(…結局それは「誤診」だったわけですが…)。
入院期間中は身体的にも精神的にも辛かったですし、退院してからも食事制限は厳しいし、ほんと大変でした。で、その頃考えていたのは、単純に「病気になるって辛いことだなぁ」ということでした。
身体疾患だろうと精神疾患だろうと、患者本人はやっぱりとても辛いわけですよ。「辛いこと」は一緒なわけで、殊更に精神疾患だけ特別視する必然性はないと思うのですよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は自分がいつ統合失調症になってもおかしくないと思っています。で、妻には「もし私が発症したらすぐに精神科に連れて行ってくれ」と今から頼んであります。そうすることで自分も家族も楽になれるのであれば、すぐに受診した方がいいじゃないですか。
殊更に精神疾患だけ特別視する必要はないと思うのですよ。それによって治療が遅れ、患者本人も家族も辛い思いをするのならなおさらですよ。
なんかまとまりませんが、日常生活を送る中でふとそういうことを考えるのですよ。

「偏見」って何でしょうね?→人気Blogランキング

2005/11/04 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (17件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. まだまだ精神疾患に対する理解は得にくい世の中ですね。 うつ病は少し広がってきましたがそれ以外はなんとも。 ドラマで主人公が普通に心療内科やカウンセリング利用するシーンが放送されたらすごい認識変わるだろうなあって思いますw 

  2. ロテ職人さん初めまして、aenigmaと申します。
    統合失調症の罹患率はもうちょっと低くて、0.7%ぐらいだったかと思います(研究によって若干異なるでしょうけれど)。まあいずれにしろ大体1%前後ですから、かなりポピュラーな病気ではあるわけなんでしょうね。
    しかし、ほんとおっしゃるように、誰でも、いつでも病気になる可能性はあるわけですよね。それがたとえ医療サービスを提供する側であっても、自分がそうしたサービスを受ける側になることは十分あり得る。
    実はわたくしも精神医療業界の片隅におりまして、精神科OTとしてデイケアに勤務しています。それで思うのが、職員の側にも十分病んでいる人間はいるし:-ロテ職人さん初めまして、aenigmaと申します。
    統合失調症の罹患率はもうちょっと低くて、0.7%ぐらいだったかと思います(研究によって若干異なるでしょうけれど)。まあいずれにしろ大体1%前後ですから、かなりポピュラーな病気ではあるわけなんでしょうね。
    しかし、ほんとおっしゃるように、誰でも、いつでも病気になる可能性はあるわけですよね。それがたとえ医療サービスを提供する側であっても、自分がそうしたサービスを受ける側になることは十分あり得る。
    実はわたくしも精神医療業界の片隅におりまして、精神科OTとしてデイケアに勤務しています。それで思うのが、職員の側にも十分病んでいる人間はいるし:-<、自分だってそうならないとは限らない、絶対的な線引きなどないなあということです。

  3. アップしようとしたら文字数オーバーでエラーが出たので、続きの分です。
    こちらのブログは先日’発見’いたしまして:-)、思わず読み耽ってしまいました。商売柄&職種柄、「精神科リハビリテーションも治療である」という条には、思いきり頷きました。因にわたくし、OTではあるのですが、現在某臨床心理系指定大学院にも在籍しております。ロテ職人さんの基準でいくと、かなりヤバイ方かもしれませんので、内緒です:-p 
    斯様なわたくしではありますが、どうぞお見知り置き下さいませ。

  4. 多分、どこでもそうなんだろうなあと思いますが、
    うちの病院は総合病院ですので、
    身体疾患で入院したけど、もともと他の精神疾患があったのではとか、二次的なうつになったりとかというケースが多いのですが、
    そういうのを私が発見したとして、主治医に精神科受診が必要だと進言しても、なかなか受診させないんですよね。家族の同意がいるとか、本人になんて言えばいいの?とか\\\
    でも、糖尿病や白内障がわかれば、何のためらいもなくすぐに内科や眼科にコンサルトするんですよね。
    あー、医者でもやっぱりそうなんだって思ってしまいます。

  5. >おとやさん
    > ドラマで主人公が普通に
    > 心療内科やカウンセリング利用するシーンが
    > 放送されたらすごい認識変わるだろうなあって思いますw 
    で、ここで何故「心療内科」や「カウンセリング」なのかと問いたい私ですよ。
    別に「カウンセリング」である必要はないと思うのです。何故「精神科」ではないのか?と。
    この辺で既におとやさんの「偏見」が入っているのではないかと思うのですよ。
    ちなみにそんなドラマが本当に面白いのかという、また別の問題もありますが…。

  6. >aenigmaさん
    はじめまして。コメントありがとうございました。
    > 職員の側にも十分病んでいる人間はいるし:- 自分だってそうならないとは限らない、
    > 絶対的な線引きなどないなあということです。
    そうなんですよ。で、そういうことを考えた時に、自分自身の中の「偏見」ってのが露呈するのではないかと思うのです。
    利用する側の偏見をどうこうする前に、まずはサービスを提供する側に偏見がないかどうか、まずは考える必要があるのではないかと。

  7. ただ、私としては単純に「偏見をなくせ!」と言いたいわけでもないのです。個人的な意見としては偏見なんて絶対なくなるもんじゃないと思っていますので。
    偏見を持っていることを認めた上で、どうしていくか考えていく必要があるのではないかなと思うのです。

  8. >しゅうさん
    コメントありがとうございます。
    > そういうのを私が発見したとして、
    > 主治医に精神科受診が必要だと進言しても、
    > なかなか受診させないんですよね。
    > 家族の同意がいるとか、本人になんて言えばいいの?
    > とか\\\
    精神科がないとやっぱりそうなりますよね。確かに配慮は必要なんですが…
    ただ、下手な配慮をして対応が遅くなるよりは、むしろ淡々とやった方が良い場合の方が多いのではないかと思います。
    その際のアフターフォローってのは我々の仕事だったりするのではないかと。
    まあ医師の中にも精神科に対する偏見を持っている人は少なくないというのは同意でございますよ。

  9. かなり言い訳めいたものをトラックバックさせていただきました。ロテ職人さんのコメントの意図を理解していない内容と思われましたら削除してください。 

  10. コメントについて

    ロテ職人さんに突っ込みいただいたので自分で自分のコメントの整理をしてみま??す。
    ロテ職人さんのエントリーはそちらで読んでいただくとして、
    それに対して僕は
    「まだまだ精神疾患に対する理解は得にくい世の中ですね。 うつ病は少し広がってきましたがそれ以…
    > 「精神科かかるくらいやったら、
    > 死んだほうがましよね」
    そんなこと言ってんだったら、死ねよ。

  11. 敷居の高さはどこから?

    ロテ職人さんが精神科受診と偏見について書いておられます。
    mooさんとこの「何でも利
    > 「精神科かかるくらいやったら、
    > 死んだほうがましよね」
    そんなこと言ってんだったら、死ねよ。

  12. >ロテ職人さん
    うちは週1で大学病院から非常勤の精神科医が来るんですけど、
    それでも、受診はなかなかさせませんね。
    いっつも、カルテに理由も含めて、「さっさと受診させろ」という趣旨のことを書くんですけど、無視する医師も\\\
    >アフターフォローってのは我々の仕事だったりするのではないかと。
    もちろんそうなります。はあ~\\\

  13. 【どんなことも】精神医療に対しての偏見【起こりえる】

    ロテ職人さんが11月4日のエントリ「偏見とか」で、貴重な意見を述べておられるようだったので、早速トラバしてみる。
    > 「精神科かかるくらいやったら、
    > 死んだほうがましよね」
    そんなこと言ってんだったら、死ねよ。

  14. つか、臨床心理士とか医療職とかの中にも、「精神科にだけはお世話になりたくない」などとたわけたこと言っている人が多いように思うのは、私だけでしょうか。

  15. えええええっ
    私の周りにはそういう臨床心理士や医療職はいないようですが・・・。

  16. 臨床心理士は聞いたことないですが、
    医師は多いですねえ。
    「精神科かかるくらいやったら、
    死んだほうがましよね」
    などと、ふざけたことを言ってた、
    医師にあったこともありますよ(`´??・—–
    > 「精神科かかるくらいやったら、
    > 死んだほうがましよね」
    そんなこと言ってんだったら、死ねよ。

  17. もし精神疾患にかかったら

    「もし自分が精神疾患にかかったら」ということで、
    ロテ職人さんやすえぞうさ
    > 「精神科かかるくらいやったら、
    > 死んだほうがましよね」
    そんなこと言ってんだったら、死ねよ。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑