Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【書名だけで】高次脳機能検査の解釈過程【購入決定!】

公開日: : 心理・精神医学本

※12:50追記あり
タイトルにもありますが、書名を見ただけで購入確定しました。

高次脳機能検査の解釈過程―知能,感覚-運動,空間,言語,学力,遂行,記憶,注意
4763930397 ゴールデン 櫻井 正人

おすすめ平均
stars症状の多角的見方の指針となる貴重な一冊

Amazonで詳しく見る by G-Tools


以前から言っていることですが、最近、神経心理学的検査の重要性が増しているように思います。医療現場でアセスメントに比重がおかれた仕事をしている私の場合も、オーダーがかなり増えてきているという印象です。
ロテ職人のセレクトショップ』の神経心理学のカテゴリーでも、高次脳機能障害に関する概論書は何度か紹介しており、実際仕事の中で非常に役に立っている訳なんですが、検査に焦点を絞った本というのは実はかなりレアです
Amazonのカスタマーレビューを見ても

この本は、これまで日本には無かった新しい試みの本である。昨今話題になっている高次脳機能障害の症状の典型例を説明する本は出版されているが、臨床で、症状に合わせて多くの検査の中からどのような検査を用い、そこから得られる多くの可能性から何が最も大きな原因となっているのか、そしてさらに詳細を知るために、どのようなことをしたらよいかを詳細に述べている。一見原因が簡単そうに見える症状も、実は多くの要因が背後にある。このような新しい視点から症状を捉え、解釈しようとする点で、易しい本ではないが今までにはない重要な情報を臨床家や研究者にもたらしてくれる貴重な一冊である。

と大絶賛です。
ほんとに私は即購入決定です。皆様もよかったらどーぞ。絶対役に立つと思いますよ。今は役に立たなくても将来的には絶対。
追記:
コメント欄ですえぞうさんからこんなコメントいただきましたよ。

2. Posted by すえぞう 2005年12月02日 09:55
日本語版が出ていない検査・・・
いっぱいありますよね・・・
ご存じかもしれませんが,関連書籍で「神経心理学検査法(第2版)」スプリーン&ストラウス(著 秋元波留夫 (監 想像出版
というのがあります.まだ日本語版ができていない神経心理学的検査についてもかなり幅広くカバーしています.(あくまでツールの紹介ですが・・・)
仕事に使えるかどうかは別にして・・・研究分野などでは結構使えるのではないか?と思ったりしています.

ほう!これは知りませんでした。情報ありがとうございます…ということでさっそく検索したところ、ありますた!

神経心理学検査法
4881582887 オトフリード スプリーン エスサー ストラウス Otfried Spreen

創造出版 2004-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

えーと価格は…
高っけぇぇぇぇぇぇぇぇよ!
価格: ¥26,250 (税込)
しかも

現在、在庫切れです。このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

在庫切れ…OTL
ただ、確かにツールの紹介としてはかなり充実しているかも。98種類の神経心理学的検査法を網羅ということですので。ちょっと欲しい…かな。

参考になったという方はクリックしていただけるとありがたいです→人気Blogランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 持ってます\\\。
    私も、書名見ただけで、即買いしてしまったのですが\\\。
    おっ、なるほど!ってのもまあまあ載ってるのですが、
    紹介されている検査の中には、日本語版が出てないものや、日本語版がしょぼいものもありまして\\\。
    そこが翻訳書の弱点かなあ\\\と。
    でも、WAIS-Ⅲはもうじき出るし、WMS-Ⅲもそのうち出るかもしれないので、たしかに、いつか役に立つかもです。

  2. 日本語版が出ていない検査・・・
    いっぱいありますよね・・・
    ご存じかもしれませんが,関連書籍で「神経心理学検査法(第2版)」スプリーン&ストラウス(著 秋元波留夫 (監 想像出版
    というのがあります.まだ日本語版ができていない神経心理学的検査についてもかなり幅広くカバーしています.(あくまでツールの紹介ですが・・・)
    仕事に使えるかどうかは別にして・・・研究分野などでは結構使えるのではないか?と思ったりしています.

  3. >しゅうさん
    おお!持ってましたか。
    > そこが翻訳書の弱点かなあ\\\と。
    その辺は仕方がないですよね。最終的には自分でアレンジするというか、大筋からは外れない程度に自分なりの解釈仮説を構築していくのが必要かと思います。
    > でも、WAIS-Ⅲはもうじき出るし、
    > WMS-Ⅲもそのうち出るかもしれないので、
    > たしかに、いつか役に立つかもです。
    WAIS-IIIはどうなんでしょうね?標準化に関わった人の一人は「私は使わない」と言ってました。やはり検査が煩雑になってしまうそうで。
    WMS-IIIもねぇ…保険点数がとれるようになると良いです。

  4. >すえぞうさん
    遅くなりましたが、コメント参考にさせていただきました。ありがとうございました。今後ともよろしく~。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑