Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

そういうことは「少なくない」ですか?

公開日: : 臨床心理学

wikicp.jpgネット上で使える大変便利なフリー百科事典として多くの方が利用し私も愛用している『ウィキペディア(Wikipedia)』で、「臨床心理士」という項目を検索してみました。
すると…

臨床心理士(りんしょうしんりし) 財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格。臨床心理学を学問的基盤に、心の問題の援助・解決・研究に貢献する専門家として認定する資格である。心理療法家・カウンセラーの資格には、国家資格が存在しない一方、民間の認定資格は多数存在するが、その中で臨床心理士は、現在もっとも知名度の高いものである。
臨床心理学の専門性と資格をめぐる1970年代の論争を経て、日本臨床心理学会を離脱したメンバーが中心となって立ち上げた日本心理臨床学会が事実上の母体となっている。
心の癒しを求める社会風潮や少子化に悩む大学のニーズを背景に資格者数を拡大して社会的認知を勝ち得る一方で、指定大学院制の導入に伴う資格認定協会の大学院カリキュラムへの介入、有資格者の技術水準のばらつきと常勤職への就職難、心理学諸学会や民間団体による認定資格の乱立といった問題も生じている。

うん。まあここまでは妥当な内容だと思います。
問題は次です。

臨床心理士の資格と責任
又、一方で、本来心のケアを行なう臨床心理士が他者やクライエントに対して心的外傷を与える場合も少なくなく、これは臨床においても、教育現場においても同様である。 又、効果が見られない、もしくはAPA(アメリカ心理学会)の定める倫理基準から外れた治療行為等を行なっている臨床心理士も少なくないので、場合によっては刑事訴訟や民事訴訟に訴える必要性がある。 一方、臨床心理士は医師と違い、国家資格ではないので、行政訴訟を起こすことは出来ないものの、財団法人日本臨床心理士資格認定協会に対して、臨床心理士として不適切であると思われる者については、意見書を提出し、その臨床心理士の免許剥奪や業務停止処分を申請するべきである。

「心的外傷を与える場合も少なくなく」「APA(アメリカ心理学会)の定める倫理基準から外れた治療行為等を行っている臨床心理士も少なくない」って本当ですか?
もちろん、もしそういった事があった場合の対処としては間違っていないと思いますが、これは中立的・公平な記述なのでしょうか?
Wikipedia:基本方針とガイドラインを見ますと基本方針の第一に

1. 偏見を避ける – 中立的な観点に基づいて記述されなければなりません。すなわち、異なった観点について公平に好意的に表現しなければなりません。

とあり、このガイドラインに反するのではないか?と思った次第でありますよ。
「臨床心理士としての資格と責任」という小見出しもこの文の内容に適合するのか微妙なところだと思いますが…
投稿者向けFAQには

記事をよりよいものにするための議論は歓迎です。ですが、それは記事に付属したノートのページで行って下さい。

とあり、ひょっとしたらここでこういうことを述べるのは問題なのかもしれません(その辺詳しい方いらっしゃいましたらご教授お願いします)。
とりあえず私が自分で編集するかどうか検討中でございます。もし「我こそは!」という方がいらっしゃいましたら、「臨床心理士」の項目の編集よろしくお願いいたします。

ぽちっとクリックしていただけるとうれしいですよ→人気Blogランキング

2006/01/12 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (9件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ちょっと、サイトの実情と照らし合わせ【家族臨床心理.com】という名前を試しています。
    それはそうと、ウィキペディアってかなり中立公平な辞典みたいなサイトだったはずですよね。これはひどい。悪意を感じますね。小○牧子先生的なね。学会のすったもんだのことだって、この短い辞書的内容の分量にしては多すぎ。ロテさん、書き換えをお願いします!!

  2. はじめまして、毎回ブログを興味深く拝見させていただいています。
    そう思ったら、すぐ書き換えていいんじゃないでしょうか。誰でも編集できて変な記事ならすぐ書き換え、直されるのがウィキペディアの利点ですし。逆にすぐ書き直されないと困ります(笑)

  3. ウィキペディアってのは基本的に人の良心に支えられて辞典ですからねえ\\\。しかし、世の中いろんな人がいるもんですから\\\。
    他の言葉で何度か編集したことはあるのですが、勝手に言葉を付け加えて意味を歪められたこともありましたよ。

  4. >【家族臨床心理.com】管理人
    > かなり中立公平な辞典みたいなサイトだったはずですよね。
    というのは執筆者がそういう意識を持っているかどうかにかかっているわけで、この記述はどうかなぁという感じですよ、ほんと。
    > ロテさん、書き換えをお願いします!!
    書けるものなら書きたいんですがねぇ…やはり中立・公正でかつ著作権に触れないというのは結構難しかったり(いや、単純に私の能力の問題なのですが)。

  5. >oneさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    > そう思ったら、すぐ書き換えていいんじゃないでしょうか。
    で、私が書き換えて「変な記述」にならない保証はないわけで。特に私は下手にネット上で名前が売れてしまっているので、不毛な編集合戦になるのは避けたいというのもあるのですよ。
    > 逆にすぐ書き直されないと困ります(笑)
    ではoneさんが書かれてはいかがですか?

  6. >しゅうさん
    全くその通りでございまして…どうしたもんでしょうねぇ…?ふぅ…。

  7. 返信ありがとうございます。
    ロテ職人さんが変だと思われ、直されたとしたらそれはウィキペディアの本位に適ってると思いますよ。例え「変な記述」になったとしてもそうやってさらに色々書き直されて精度が高まっていくことが理想だと思います。
    不毛な編集合戦は望むところじゃないですよね。ロテ職人さんのブログに載った時点で知れ渡ってそうですしねぇ(笑)
    しかし生憎、私には心理学の知識が乏しいのでお願いするしかないのです(笑)

  8. 間違えました(笑)
    neon→oneです。すみませんm(_)m

  9. >oneさん
    > 例え「変な記述」になったとしてもそうやって
    > さらに色々書き直されて精度が高まっていくことが理想だと思います。
    「変な記述」をしてしまって、ただ修正されるのであればいいんですが、それでまた叩かれるのはいやだったりします。
    ですので、どうしても修正には慎重になってしまいます。
    気が向いたらやると思いますので、気長にお待ち下さい。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑