Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

匿名のブログはどう「危ない」のか?

公開日: : 心理・精神医学本

裕さんの「裕’s Objective World」でも紹介されていますが、金剛出版の『臨床心理学』の新しいのが出てます。

臨床心理学 (第6巻第1号) 臨床心理学 (第6巻第1号)

金剛出版 2006-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

新しい年の最初の号ということで数名の選者による「今年の注目!私のBooks & Papers」という記事が載っております(裕さんも選者の一人になっておりますね)。
で、その中で某氏がブログについても少し触れておりまして、こんなことが書かれていましたよ。

書評特集執筆はこの1年の読み落としチェック。(中略)また、お気に入りのブログを見る。例えば、本書評特集執筆・太田裕一の「裕’s Object Relation World」。国家資格問題では日本臨床心理士会の情報戦に勝利した。匿名のは危ないが、略称「心編研」」は最近よく見る。

※「心編研」って何かと思ったら…こちらだったんですね。
で、この記述の中で気になったのは

匿名のは危ないが

というところであり、昨日のエントリ、【皆さんの】臨床系ブログ・実名か仮名か【ご意見は?】はこのエントリの布石だったりしたのでした。


正直、この文脈で「危ない」というのはどういうことなのかよくわかりません。
匿名で書評をしているブログが危ない」のか、それとも「匿名でやっているブログが危ない」のか?そしてそもそも「危ない」とはどういうことなのでしょうか?
ブログに関して批判されるべきはその内容であり、匿名か実名かってのは本質的な問題ではないように思います。実名であっても批判は受けつけないという人も時にいますし、そういう人こそ「危ない」と思うのですが。
もしそれが書評の内容についてだったとしたらなおさらよくわかりません。匿名の書評は「危ない」のでしょうか?(でもそれでpsy-pubさんのところを「よく見る」というのは今ひとつわかりません)
ひょっとしたら実名での発言を匿名で批判するのはけしからんということなのかもしれませんが…
少なくとも私の頭では理解できませんでした。
だれか賢い方、どういうことなのか教えてくださいな。
あ、ちなみにこの号、特集は「医療と臨床心理士」ということで、なかなか読み応えがあります。お薦めでございます…ということでもう一回リンク貼っておこう。

匿名(というか仮名ですね)ブログですが何とぞポチっと押してくださいな→人気Blogランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (11件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 「危ない」のは匿名だからですかねえ?
    ブロガーが臨床心理士を騙ってるかもかもしれないから?
    それとも,匿名にすることによって,過激な主張が可能になるから?
    こればかりはそう感じた方に聞かないと了解できない気がします。
    でも,昨年の「サンバじゃない」を始めとした数々の熱い議論は,参加する人が匿名であるからこそ成しえたものだと思うのですが。
    そもそもネット上で実名を名乗ることの方が,よほど危ないと思うし。
    エントリ内の方が言うのとは違う意味で,ですけどね,きっと。

  2. > 国家資格問題では日本臨床心理士会の情報戦に勝利した。
    どう勝利したのか、気になるところです。
    どういう意味なんだろう\\\。

  3. >ぽちこさん
    コメントありがとうございます。
    > こればかりはそう感じた方に聞かないと
    > 了解できない気がします。
    そうなんですよねぇ…。これはご本人の降臨をお待ちするしかないのでしょうか(かなり期待薄)。
    >デスマさん
    実はそれ、私もかなり気になっていたのですがあえてスルーしました。
    てか、業界内での対立構造とかにこだわっている時点で…いや匿名での批判はやめておきましょうかw

  4. >ロテ職人さま
     TBありがとうございます。これはpsy-pubにも憶測せよということと解釈しましたので,以下,「匿名」者の憶測です。
    >日本臨床心理士会の情報戦に勝利した。
     心臨および認定協会(後には,○ん○ん○ょう)等の公的団体における情報規制,および情報公開の遅れのこと? と解釈してみるtest

  5. >匿名のは危ないが、
     一般論としては,匿名のブログが,無責任な情報「しか」流さない,ということよりは,ただ,無責任な情報を流す「可能性」が「ゼロではない」ということへの危惧ではないかと思います。しかし実名であれ匿名であれ,いずれも可能性は「ゼロではない」。ただ,実名は,疑いようがなく明らかにリスキーですから,その点はリスペクトされるべきとは思いますが。

  6. >略称「心編研」」は最近よく見る。
     大変恐縮ではございますが(w,はっきりいって,psy-pubの書評のほうがよっぽど「危ない」ような気がするのですが。
     psy-pub個人としては,実名であれ匿名であれ「危ないか危なくないかは俺が主観で決めつける」。それがpsy-pubクオリティです(なんじゃそりゃ?)。まあそれが現実に繋がったり繋がらなかったり,影響したり影響しなかったり,そういうことは一概にはいえないでしょうというのは,実名・匿名に関するpsy-pubの見解であります。すげえ無難ですが。そういう意味では,ブログ等でのこういう議論の一つひとつも無駄ではないのかもしれない。無駄かもしれないけど……でも無意味ではない……と思いたい……いち匿名ブログのpsy-pubであります。

  7.  以上,チラ裏的長文&連続投稿,失礼しました。
     しかし,この記事,正直こちらも困惑してるのですが,なんか間にあったものが省略されてるかのような端折りっぷりですよね。まあ紙媒体には紙媒体独特の力動があるのかもしれませんね。

  8. たびたびすいません。1つだけ書き忘れましたので,追補させて下さい。
    いずれにせよ,専門一般誌に「ブログ」という文字が載ったことは,前進(漸進)でしょうね。あとは読む人次第,書く人次第ではないでしょうか。

  9. 【実名か】匿名にもの申す【闘争か】

    物々しいタイトル。もちろん,タイトルだけですが,ま,ロテ職人さんのところで盛り上がっていて,先にもちっと書きましたが,もう一言
    > なんか間にあったものが省略されてるかのような
    > 端折りっぷりですよね。
    そーなんですよ!字数制限?とか思っちゃいました。その中でもブログのことに言及されたのは画期的かなとは思いますが。
    結局、受け手の側の問題かなと思うんですよね。それが「無責任な情報か否か」を判断する…なんてやっぱり「ネットリテラシー」の話になってしまいましたとさ。

  10. >psy-pubさん
    こちらこそ反応ありがとうございます。いつもお世話になってます。
    >> 日本臨床心理士会の情報戦に勝利した。
    >
    >心臨および認定協会(後には,○ん○ん○ょう)等の
    > 公的団体における情報規制,および情報公開の
    > 遅れのこと? と解釈してみるtest
    そもそも原文だと誰が何に勝利したのか、そこからしてよく分からなかったりするのですが、まあそんなところでしょうかねぇ…でもそれを「勝利」って言ってしまうのはどうかとおも思うわけで。

  11. > なんか間にあったものが省略されてるかのような
    > 端折りっぷりですよね。
    そーなんですよ!字数制限?とか思っちゃいました。その中でもブログのことに言及されたのは画期的かなとは思いますが。
    結局、受け手の側の問題かなと思うんですよね。それが「無責任な情報か否か」を判断する…なんてやっぱり「ネットリテラシー」の話になってしまいましたとさ。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑