Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【デザインが】講談社現代新書3冊【変わった!】

公開日: : 雑記

以前、この本をご紹介しました。

わが子に教える作文教室
わが子に教える作文教室 清水 義範

講談社 2005-10-19
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star親自身が燃える本
star一見小手先のワザに見えますが、実は体幹がしっかりしています

Amazonで詳しく見る by G-Tools

元々私は、著者の清水義範氏が好きで文庫なんかも出る度にチェックしてはいて、この本も書店で見つけて早速購入してみたわけで。
で、読んでみると大変良い本でしたよ。表題にあるような「作文の書かせ方」というだけの本ではなく、広い意味での「教育書」なのではないかと思います。
「けなす」のではなく「ほめる」指導を、なんてのは自分の子どもの教育においては基本中の基本でしょうし(でもそれがなかなかできないんですよねぇ…)、学校の先生(の中でもとりわけ頭の固い人)が好きそうな「よい子」の作文ではなく、もっと自由な枠組みで…ってのも一つの教育論としては充分「アリ」です。
「作文教育に『道徳』を持ち込むな」って主張は「心理職になるのは『優しい人』じゃないと」なんて馬鹿げた考えを持っている人に聞かせてあげたいものですよ。
作文の善し悪しがその作文に含まれる道徳的価値観によって決まるわけじゃないのと同じように、臨床家としての技術が高ければ普段のその人が優しかろうが冷たかろうが関係ないわけで。もしその人の「冷たさ」が臨床場面でクライエントに悪影響を及ぼすとしたら、それはその人の技術の低さの問題であり、そして同様に臨床家の側の「優しさ」が出てくることでクライエントに悪影響を及ぼす可能性も充分にあるのですよ。
…って思いっきり脱線してしまいました。
とにかくこの本、良い本です。それほど時間をかけずにさらりと読めるのも良いです。
そうそう。本書ではあの「ブログの女王」眞鍋かをりの小学生時代の作文も批評してたりします。
子どもを持つ親だけじゃなく「文章書くの苦手なんだよなぁ…」って大人にもお薦めです。
そういう人には同じ作者のこれもお薦めしますよ↓

大人のための文章教室
大人のための文章教室 清水 義範

講談社 2004-10-19
売り上げランキング : 8,886

おすすめ平均 star
star実用的な文章指南
star多くを期待するのは・・・
star役に立つ『文章読本』

Amazonで詳しく見る by G-Tools


ってことが本題なのではなく、タイトルにもあるように「講談社現代新書って装幀を新しくしたんですね」ってことが衝撃的だった…というのが本題なのでした。
講談社現代新書と言えば、あの黄色っぽい表紙に何だかエキセントリックな表紙の絵…ってのが個人的にはおなじみだったのですが、かなりすっきりとしたデザインに変わってます。
てか、もう変更してから1年以上経つのですね。書店で見かけてはいたのですが、あれが「講談社現代新書だ」ということに気づいていませんでした。てっきり講談社の新しい新書のラインなのかな程度で。何冊か買ってたのに気づかなかった…○| ̄|_
で、せっかくなんで、そんな新しい「講談社現代新書」で上記2冊以外のお薦めをば。

議論のウソ
議論のウソ 小笠原 喜康

講談社 2005-09
売り上げランキング : 107,894

おすすめ平均 star
starわかりにくかったが実はわかりやすかった
star書を読むための書:読書を高めるために
starメディアリテラシーの本

Amazonで詳しく見る by G-Tools

当ブログでも以前から「ネットリテラシー」の問題といのは議論の中で取り扱っていますが(特に「実名」「匿名」関連で)、この本はレビューにもあるように「メディアリテラシー」を高めるための本だと言えます。
筆者は「少年犯罪は本当に凶悪化しているのか?」「『ゲーム脳』って本当なのか?その理論のどこが問題なのか?」「『ゆとり教育』批判は正しいものなのか?」「『携帯電話のマナー』を巡る諸問題」などの議論に関して、メディアに氾濫する情報を批判的に展望しながら、その情報を受け取る我々の側の問題も指摘します。
私も「ゲーム脳」や「少年犯罪の凶悪化」なんて問題は前々から「そもそもそれは本当なのか?」という視点から考えることができましたが「ゆとり教育による学力低下」などについてはそれほどデータをしっかり見ることもせず安易に「ゆとり教育批判」をしてしまっていたので、本書を読んで反省した次第であります。
議論下手だと思う人、議論の中で論理的思考が苦手だと感じている人、ブログにコメントを書いた際に自分ではまともな意見だと思っているのになんだかよく分からない批判を何度もされてしまうような人には強くお薦めしたい1冊です。
新書ってやっぱり手軽に読めるからいいですよね。たまには専門書(とマンガ)以外も手を出してみると良いと思いました。まる。

このレビューいいねとあなたが言ったから2月3日はブログ記念日(ウソ)→人気Blogランキング

2006/02/03 | 雑記

関連記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ?

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

公園に転がっていたどんぐりと落ち葉

筑波大の学生らが福島の子ども達にドングリを贈る…ってそんなに良い話なのか?

昨年末、いくつかの媒体(主に新聞のネット記事)でこんな話題が取り上げられておりました。

記事を読む

「いつも忙しい」がなくなる心の習慣

くっそ忙しい

くっそ久しぶりの更新でいきなり「くそ」だなんて、アテクシとしたことがなんてはしたない…

記事を読む

テンピュール枕

ねーむーいー

超絶眠いです。ネタはあるのに、今日はもうブログを書くのは無理かもしれません。 せっかく

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (3件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ロテ職人さんはもしかしたら知っているかも知れませんが、
    「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ 谷岡 一郎 文春新書
    なんかは『議論のウソ』に通じるものがあると思います。これも新書でいて、中身が濃い読み物でございますよ。著者のツッコミも鋭くて爽快です。
    あと僕のところでも紹介してますが、議論自体の初級スキルを獲得するなら
    議論のレッスン 福沢 一吉 日本放送出版協会
    が、わかりやすくてよろしいかと。
    (新書ばっかり読んでるような…(^ ^;
    でも安くていいんですよね)

  2. >慶さん
    コメントありがとうございます。
    > 「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ
    これ同じようなリテラシーの問題を扱っていますが、微妙に違うんですよね。
    アマゾンのレビューにもあるように『「茶会調査」の~』の方はデータ収集・データ分析上でのウソを主に扱っていますが、本書は受け取る側の問題(「権威に弱い」とか)に注目しているのが新しいのではないかと。
    > 新書ばっかり読んでるような…
    大学生のうちは専門書を読むよりも新書を広く浅く読んだ方がいいんじゃないかと個人的には思います。院生になるとなかなかそういう本をゆっくり読む暇はなくなるので。

  3. >これ同じようなリテラシーの問題を扱っていますが、微妙に違うんですよね。
    あっ、そうなんですか。『議論のウソ』は本屋でパラパラっとめくって「ああ、「社会調査」のウソと変わらんな」というイメージだったので違いに気づきませんでした…今度読んで見ます。
    >院生になるとなかなかそういう本をゆっくり読む暇はなくなるので。
    僕、院は目指してませんけど、早いうちに論理的思考や議論の技術を磨いたほうが良いとは思うので、おっしゃるようにいろいろと読もうと思います。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑