Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

臨床心理職(士)とボランティア

公開日: : 臨床心理学

恥ずかしながら「私はボランティアというものを一度もやったことがありません」。
いや、やったことはあるかもしれませんが、少なくとも自分で「ボランティア活動に参加しよう」と思って参加したことはないと思います。
で、昨日のエントリ、「心理カウンセラー」のなりかたで私は

災害時のボランティアって何ですか?災害時に派遣される臨床心理士資格保持者ってボランティアなのか?初耳です。私の知っているケースで災害時に派遣された人たちは、少なくとも日当をもらっていたはずなのですが…。

と書いてしまったのですが、しゅうさんからこの記述に関連して以下のようなコメントいただきました。

日本赤十字病院から来ているのはもちろん業務の一環です。他にも日当のあるケースはあったように思いますが、「無償・手弁当」で行っているケースも多いです。県士会や臨士会派遣のものは無償も多かったはず。あと、被災地の心理士達も無償の場合がほとんど。

私も新潟に行きましたが(勝手に行ったのではなく、公的な立場で)、交通費・滞在費も自己負担で、もち無償。

当時、現地で中心的に活動していた地元の心理士チームもボランティアでしたよ(少なくとも活動当初は)。

むー…そうでしたか。私の認識不足というか勉強不足でした。
確かに臨床心理士の4大業務は「臨床心理査定」「臨床心理面接」「臨床心理学的調査・研究」そして「臨床心理的地域援助」であり、この4つめの中で特に「危機介入」ってことがこのボランティアの根拠になっている…のかな?(詳しい人解説きぼん)。
で、「臨床心理士」「ボランティア」で検索してたらこんなページを見つけました。
災害医学・抄読会 040618 ボランティアが直面した心の問題(倉戸ヨシヤ:現代のエスプリ1996年2月別冊、p.173-182)
…これを読んで思ったのは…自分がボランティアに興味がないからこういうことを言うわけではありませんが「災害時に臨床心理士が臨床心理士としてボランティア活動を行う必然性」ってのはあるんでしょうか?
いや、別に臨床心理士が一個人として「心のケア」とか言わないでボランティアやるのはそれは結構なことだと思います。でも上記リンク先に

専門性を重視し、その役割を強調しすぎたためか、活動の枠組みや路線をあらかじめ設定したり、自由な活動を制限していた嫌いがあったかもしれない。また、ボランティア側も被災した人やその震災後ストレスにどう対処したらよいか、一定のモデルやマニュアルがあることを期待していた人もあった。

 しかし、活動のオリエンテーションでは、日ごろの各自の心理臨床活動の理念と方法論を手がかりに、「心のケア」の専門家として自ら臨機応変にやってほしいということを強調した。

と書いてあるのをみると、結局専門性とか臨床能力というよりは、ボランティア個々の「人間力」(他にうまい言葉があったら教えてください)で勝負!って感じになると思うですよ。…となると「別に臨床心理士じゃなくてもいいんじゃね?」と思うんですが…いかがですかね?
ほんと、自分の勉強不足が恥ずかしくなってしまうわけですが、そんな私に皆様教えてやってくださいな(やさしくしてね)。

1日1回応援クリック、よろしくお願いいたします。→人気Blogランキング

2006/02/21 | 臨床心理学

関連記事

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日、日本ロールシャッハ学会第21

記事を読む

仕事が終わったら

日本ロールシャッハ学会第21回大会で研究発表とWSの事例提供します

明日から2日間、札幌国際大学におきまして、日本ロールシャッハ学会第21回大会が開催されます

記事を読む

図解・台風の科学

台風なので…

今日は台風なので… もう出勤してしまいました。 やらねばならないことが山積みです

記事を読む

緑色のスカーフ

ゴールドウォーター・ルールに則ってみれば小池都知事の心理がスカーフから読み取れるあの人は完全にアウトだよね

17/10/02のエントリ、小池都知事の心理がスカーフから読めるそうだで取り上げた「臨床心理

記事を読む

AIに支配される人達

感情認識AI技術はオンラインカウンセリングの質の向上につながるか?

(いらすとやより「AIに支配される人達のイラスト」) こんなプレスリリースを発見。

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (14件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 危機介入も本来は正当な報酬が得られるべきだと思いますが、一方で臨床心理士の社会的地位を高めるためにボランティア活動もする必要があると思います。
    ちなみに、災害ボランティアは、基本は一般の方や相談業務経験者、元学校関係者などを募集していたと思います。ただ、その中で臨床心理士が活躍する場合や場所もあると思います。

  2. 危機介入も本来は正当な報酬が得られるべきだと思いますが、一方で臨床心理士の社会的地位を高めるためにボランティア活動もする必要があると思います。
    ちなみに、災害ボランティアは、基本は一般の方や相談業務経験者、元学校関係者などを募集していたと思います。ただ、その中で臨床心理士が活躍する場合や場所もあると思います。

  3. 社会の中で活動するということは、報酬と直結することばかりではないと思います。
    非常事態の中で、自分の専門分野が役に立つ場合、災害という正常に機能しない社会へ自分の専門を引っさげて、自発的に出来ることをしてくる。。。これ、資格とかなんとかの問題ではないと私は思っています。
    ロテ職人さんの言われるとおり、まさに人間力だと思います。

  4. >ボランティア個々の「人間力」
    >これ、資格とかなんとかの問題ではないと
    >私は思っています。
    これには少し疑問。心のケアに関する場合はある程度の専門性が必要ですし、責任も発生してきます。問題が起こった場合に賠償背禁が発生する場合もあります。となると、そういった責任をそもそも負っている臨床心理士や精神科医といった専門家を軸に、支援システムを構築する必要があります。

  5. 自分のブログにもエントリー載せようかなと思ってるので、ここでは少しだけ。
    まず、やったことのある立場での感想としては、
    >結局専門性とか臨床能力というよりは、ボランティア個々の
    >「人間力」(他にうまい言葉があったら教えてください)で勝負!
    とのことですが、「人間力」ではどうにもならないという感じです。
    倉戸氏の文章を引用した上で、「人間力」という言葉になったのがなぜだか、いまいちわかりませんが、
    >心理臨床活動の理念と方法論を手がかりに
    という部分のとおりです。
    「必然性」については、例えば学校で事件があったときに臨床心理士が派遣されることに、必然性があるということでよいのなら、同じレベルか、それ以上に(全員が被害者なので)必然性があると思います。ボランティアでやる理由は、ボランティアでやらなければ、やる人がいないというただそれだけの理由です。
    で、危機対応(介入)そのものは、臨床心理学の一領域なので、それ相応の知識が必要だし、ボランティアという治療構造の持つ難しさを理解して援助ができるということも、高度な専門性の上にしか成り立たないと思います。
    詳しくは私のブログで・・・(2、3日中にアップする予定)

  6. >takashiさん
    > 危機介入も本来は正当な報酬が得られるべきだと思いますが、
    これは賛成。
    (妥当な)専門的技術の提供に対しては、正当な報酬はあってもしかるべきでしょう…というかそれが当たり前かと。
    > 一方で臨床心理士の社会的地位を高めるために
    > ボランティア活動もする必要があると思います。
    ここがよくわかりません。現場に出て畑違いの領域で足手まといになるのであれば、社会的地位は高まらないと思います。
    専門家がその能力を発揮できるよう、ちゃんとしたコーディネーターが、適材適所で配置すべきなのではないかと思ったり…それができれば無報酬でもいいのですが、「無報酬である必然性」はよくわかりません。

  7. >ichigoさん
    > 社会の中で活動するということは、
    > 報酬と直結することばかりではないと思います。
    その根拠は?私は「正当な技術提供には正当な対価があってしかるべき」かと思っておりますが、それは間違っているのでしょうか?
    正直、私は「人間力」なんて気持ち悪い言葉は使いたくなかったのですが…
    専門性が発揮しづらい状況では、専門技術以外のものが役に立つのでは?と言いたかっただけであり。
    > 非常事態の中で、自分の専門分野が役に立つ場合、
    ならば「ちゃんと資格を持つのに値するだけの専門分野での能力を持った人」が「専門分野の知識・能力を活用する」ということでいいような気がするんですが…
    それだったら「人間力」なんて気持ちの悪い言葉を使う必要はないかな、と。

  8. >しゅうさん
    > 倉戸氏の文章を引用した上で、「人間力」という言葉になったのが
    > なぜだか、いまいちわかりませんが、
    >> 心理臨床活動の理念と方法論を手がかりに
    > という部分のとおりです。
    その理念と方法論がちゃんと生かせる場があるのであれば、別に「人間力」なんて気持ちの悪い言葉を使う必要はありません。
    ただ本文で引用した
    > 専門性を重視し、その役割を強調しすぎたためか、
    > 活動の枠組みや路線をあらかじめ設定したり、
    > 自由な活動を制限していた嫌いがあったかもしれない。
    ということなのであれば「(臨床心理士のボランティアなんて)いない方がいいじゃん」と思うし、むしろ「臨床心理士として」ではなく「一個人として」「心のケアなんてことは言わず」何でもやればいいんじゃないかと。
    その中で自身の専門知識や技術を生かせる場面があれば生かしていけばいいし、その場合には正当な対価が払われるべきであろうと思われるのです。
    別に「対価」ってのは余裕のない被災者(or 被害者)が払う必要はもちろんありませんけどね。

  9. >しゅうさん
    > ボランティアでやる理由は、
    > ボランティアでやらなければ、やる人がいないという
    > ただそれだけの理由です。
    必然性があるのであれば、どこからかお金を持ってくることはできないんですか?必然性があるということは、つまり「いないと困る」わけですよね?
    前述のように被災者(or 被害者)がそれを払う必要はなく、例えば自治体であったり、「臨床心理士の社会的地位を高める」ということであれば、臨床心理士会なりが出すべきなのではないかと。
    「自発的に専門性を発揮できるかもしれない現場に行くのは止めません。お金は出せないけどね」ってことだとしたら、「実は必要とされていないのでは?」って感じもあるんですが。
    もちろん、世の中には「必要なことに正当な対価が支払われない」ということは山のようにあるのは知っていますが…
    しゅうさんは「別に無報酬でもいい」と思ってらっしゃいますか?私は「正当な対価が支払われるべき」と思っております。

  10. 「ボランティア」とは、自発的に、、というのが大前提だと思っているので、お金を対価としていただけるほどの専門性をもった方でも、その気持ち悪い「人間力」のある人だけがボランティアで活動なさるのだと思います。そういうものではないでしょうか。
    やる人がいないからやるという方も別の意味「ボランティア」だと思います。いろいろなシガラミがあるとは思いますが、しないという選択もあるわけですから。ただ、そういう方は対価として報酬がないと、自分を切り崩すことになるでしょうね。。

  11. 医師としては、災害現場に「ボランティア」に行くのは結構アリなことだと思っています。
    局地的・一時的にものすごく医療の需要が高まった場所があれば、私も行って何かしたいと思います。
    きっと、血がどんどん出ている人の圧迫止血をするだけで、あるいは寒空のした風邪を引いてしまう人の喉をのぞいてみてあげるだけでも、意味があるかなと思います。
    意味って、その人たちにとっても、私にとっても。つまりこれは半分ボランティアで半分趣味の問題です。
    思い返せば初めて「医者になりたい」と思ったころ、そういう姿を想像しては憧れたものでした。
    うーん心理士さんと何が違うだろうなあ。

  12. 被災地に無償で行くのは、別に構わないと思いますよ。
    行政だって突発的な災害の場合に、そんなお金はないだろうし、
    もし臨床心理士会が出すのであれば、
    それは結局もともと私たちのお金なのではないかと。

  13. >ミナミノシマさん
    > 思い返せば初めて「医者になりたい」と思ったころ、
    > そういう姿を想像しては憧れたものでした。
    ただし、被災地にボランティアに駆けつける
    「臨床心理士」の姿にあこがれて目指す人の場合に問題なのは、
    「そのボランティアの人が普段どうやって生活しているのか」
    に関する想像力が欠けていることだと思います。
    阪神大震災のときにボランティアに駆けつけた
    臨床心理士の姿を見て「なりたい」と決意したのは分かったけど、
    普段はどういう業務をしたいのよあなた、みたいな人が、
    私の院生時代、たまにいました。
    まさか本業が「災害時ボランティアの臨床心理士」でもあるまいに…。

  14. 臨床心理士のボランティア

    ロテ職人の臨床心理学的Blogで、臨床心理士とボランティアという記事が出ています。その中でロテ職人さんが、
    「災害時に臨床心理士が臨床心理士としてボラン…


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑