Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

素敵な国~日本~

公開日: : 臨床心理学

学会というのは基本的に「学術」「学問」の「大会」であり、研究者の集まりだと思うのですよね。


日本心理臨床学会の大会に参加すると、「こんなに臨床心理学者が多い日本というのは素敵な国だなぁ」と思いますよ。学会というのは間違っても「勉強するための会」ではないと思うのですよね。「学問のための会」だと思うのですよね。
…さて。「自分は研究者で(も)ある」という自覚のある臨床家の方はどれくらいいらっしゃいますでしょうかね?「自分は研究者で(も)ある」という自覚をもって学会に参加してらっしゃる方はどれくらいいらっしゃいますでしょうかね?
学会で若いおねえちゃん達を見ると、エロおやじ的視点からしますと(・∀・)イイ!!感じだったりするわけですが、「お前ら何考えて出てるの?」と思うこともあったりなかったり。

今日はこれしか書けませんが、是非ともポチっとワンクリックお願いします→人気Blogランキング

2006/03/07 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 日本最高~ですよね

  2. はじめまして。たまたまこのブログを見つけ、興味深く拝読しました。
    ロテ職人さんの書いている“若いおねえちゃん”に該当する者です(おそらく)。
    個人的な考えに過ぎませんが、研究者としての意識は大変薄いのではないでしょうか?
    私個人のことですが、
    修士1年で初めて心理臨床学会に参加したときは、「私もこれからは研究者の仲間入り」という気持ちで参加しました。しかし、実際に参加してみると、基礎研究や実態調査は別ですが、事例研究会場では勉強以外の何ものでもありませんでした。もちろん知識や経験が不足しているのですが、「何が研究されているのかよくわからない」という状態でした。その後も心理臨床学会の事例研究では同じように思うことが多いです。
    私の周囲の人の話にうつります。
    院生のときの仲間はほとんど、「早く研究をやらないで済むようになりたい(=さっさと修了してさっさと臨床だけやりたい)」と言っていました。
    おそらくこれが“若いおねえちゃん”の実状ではないでしょうか?
    私自身も「研究なんて・・・」と文句を言っていた時期もあります。しかし、目の前に患者さんがいるならば、研究をすることが人間としての礼儀ではないか?、と考えるようになってきています。貴重な知見を心理職の中に公開し、議論をすることが、結局は多くの患者さんに還元されていくのではないかと信じています。
    やっと最近そう思うようになったのですがね。

  3. >“若いおねえちゃん”ですさん
    はじめまして。当ブログは…というか、ちょいワルおやじ予備軍な私個人としましては若いおねえちゃんのコメントは大歓迎でございます。
    > 事例研究会場では
    > 勉強以外の何ものでもありませんでした。
    なんつーか「事例“研究”発表の場」であるはずなのに「有名な先生による公開SV」みたいなことになっていること、しばしばありますよね。
    これは発表者や座長の意識次第というところが大きいかと思います。ということで“若いおねえちゃん”達や私みたいな若手(ちょいワルおやじ予備軍)が積極的に意識を変えていく必要あるのではないかと思うですよ。
    ただ
    > 「早く研究をやらないで済むようになりたい
    > (=さっさと修了してさっさと臨床だけやりたい)」
    > と言っていました。
    こういう人も少なからずいるんですよね。
    こういう人を淘汰するシステムができないかと本気で考えてしまう今日この頃ですが、まあこのブログでは草の根的にそういう活動をやっていこうかな、と。
    研究に対する自分のモチベーションを保つってことも結構大事だったりする今日この頃です。

  4. ロテ職人さんがコメントを下さったので、遅ればせながらコメントをさせていただきます。
    ロテ職人さんはこのブログで、
    「心理士を養成していく過程で、基礎的知識以外にも研究・臨床への意識の持ち方や姿勢を身につけてさせる。身につかないならば時間をかけ、それでも駄目ならば淘汰する」
    ということをおっしゃっているのだと、私は理解しています。
    私個人の経験からの話になってしまいますが、多くの著名な先生方はご自身の臨床・研究への姿勢を私のような若い者に伝えようとして、いろいろとメッセージを発しているのだと思います。問題なのは、それらのメッセージに鈍感であったり、自分なりに考えようとしていなかったりする若い人たちの側にあるように思います。
    「臨床とは何か?研究とは何か?臨床と研究はどうつながるのか?研究が社会にどのように還元されるのか?」ということを考えたり議論したりすることを避けている人が多いように思います。時間がない、気持ちの余裕がない、などと言い訳をして。
    指導者側は、学生や若い人が避けていることを承知の上で「いずれ気付くだろうからメッセージを発し続けながら待っていよう」という姿勢になっている気がします。
    長く書きましたが、指導者側は母親か、もしくはCLに接するTHのような感覚で指導しているような気がしています。そして指導を受ける側は、母親かTHかは不明ですが、その心地よさに甘んじているのだと思っています。
    私が大学院から離れて冷静に大学院で起きていることを振り返ると以上のようになります。
    では、どのように養成過程を変えていくか、というところまでにはなかなか考えが及びませんが、大学院で起きている事態はこんなところだと思います。
    ところで、ある大学院では、研究指導も実習で担当するケースも、特定の教員が指導するのではなく、様々な教員がローテーションで指導する仕組みになっているそうです。その理由は教員と学生が密着しすぎて、離れるのが大変だから、ということでした。
    私が考えていた、学生が乳幼児やCLになってしまっていることへの打開策だとも思いました。ただこのようなシステムだと、指導者の臨床心理学への姿勢をじっくりと学び取ることが難しくなるのではないかとも思っています。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑