「データをムダにしない」ってことから考えてみる

公開日: : 研究と臨床

これから卒論のための調査・実験をしようという人たちへ(これから修論って人はさすがにこの辺は大丈夫…だと思いますが…)。これは研究について具体的にどこまで言及するのか?(06/04/18)のコメント欄ですえぞうさんとちょこっと話していることでもあります。
データを無駄にしたくなうと思うのなら、できるだけ緻密な研究計画を立てましょうよ。
ええ、これはもう当たり前すぎる話なんですが…この辺をおろそかに考えている人、いたりしないですかね?
安易な探索的研究はやめましょうよ。てか「何か見られたらいいと思う」じゃ、どんな結果が出たってうまく考察できないですよ。逆にちゃんとした仮説を立てて、ちゃんとした研究計画を立てていれば統計的に有意な結果が出なくてもいくらでも考察できると思うのですよ。
すえぞうさんもおっしゃていますが、「データをとらせてもらっている」という意識があれば「データをムダにしたくない」ではなく、「(最初から)ムダなデータはとらない」と考えられるんじゃないかと思うんですが…。
研究計画を考えるってのは研究の醍醐味の一つであり、そこで手を抜くことはその研究の成否に関わってくるわけで、おろそかにはできないはず…と言っても、失敗するのが恐くてなかなか調査・実験が開始できないってのもそれはそれで困りものですが(ええ、私の修論時代がまさにそうでした)。
この辺、今さらって感じもしますが、やっぱ大切なところですよね。
で、これって臨床実践にも似たようなことが言えるのではないかと思うのですよ。


どんなにベテランであってもそうでしょうし初心者ならなおさらだと思いますが、臨床実践の中でクライエント・患者から直接学ぶことは非常に多いでしょう。その意味では「面接させてもらっている」「アセスメントさせてもらっている」という意識ってのは大事なのではないかと思うですよ。
そういう意識を持っていれば、例えばある治療技法に関して「使いたいから使う」なんてことは言えないと思うのですよ。
少なくとも「なぜその治療技法を使うのか」「なぜその場面でそのような対応をしたのか」「なぜそのクライエントに対してそのアセスメント技法を使うのか」を他者にも理解できる形で言語で表現するというのは、最低限必要なことであり、それができないというのはその患者・クライエントに対してものすごく失礼なことなのではないでしょうか。
研究する中でデータをムダにしてしまうような輩は、臨床実践においても色んなものをムダにしてしまうのではないかと思います。臨床場面では思考の瞬発力が要求されますが、研究はじっくり腰を据えて考えることが可能です。また、臨床実践に比べて研究はこちら側がコントロール可能な変数が多く、その意味では実は楽な部分は多々あるのではないかと思いますよ。
そんなわけで結論。
研究ができないような奴に臨床はできねぇ
「早く修論書き終わって臨床だけやりたーい(はあと)」なんて奴は臨床やらないでくれ。お願い。マジで。

…病み上がりなので今ひとつキレの書ける文章ですが、その辺は病み上がりってことでご勘弁を。

ついでに人気ブログランキングのクリックよろしく→人気Blogランキング

2006/05/01 | 研究と臨床

関連記事

東大赤門

大学入試で旧帝大に入るくらいの知的能力がない人は心理職は目指さない方が良い?

そんな暴論、誰が放った? 「大学入試で旧帝大に入るくらいの知的能力がない人は心理職は目

記事を読む

採用情報 - 株式会社金子書房

金子書房さんが「心理検査職」の募集をしてます

昨日、Twitterでもつぶやきましたが、心理アセスメント関連の書籍の出版で(私の中では)有

記事を読む

研究計画書の考え方

非心理系学科卒で臨床心理士指定大学院に入るのに心理系学科への編入・学士入学は必要か?

読者の方のメッセージから 先日、読者の方からメールフォームにてメッセージいただきました

記事を読む

ブログを書く手

研究の対象者をブログで募集することの問題点

何年前のことだろうか… 遥か昔…と言っても、このブログを始めて数年くらいの頃ですが、表

記事を読む

螺旋階段

臨床家として、研究者として、どのように生きていくのかということ

ためになった勉強会。来年度も参加するかどうか… 今年度、月1で開催される某勉強会に参加

記事を読む

新着記事

コメント/トラックバック (16件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. こんにちは.
    おかげんはいかがでしょうか?
    私はつい最近卒論を書き上げた身なのですが,
    データを無駄にしないというか,
    データが無駄になるような研究計画で指導教官からOKが出るのがすごいなーと感じました.
    私の指導教官は研究計画や,質問紙の内容をチェックしてから配布の許可を出すようにしています.
    データを収集する目的をきちんと答えられないとやりなおしをさせられます.
    探索的な研究にしろ,先行研究から導き出された仮説やモデルに基づいて
    使用する質問紙などを決めるのが研究としては正しい順序ですし,
    そうでないと,「問題と目的」の部分と「結果」「考察」とで齟齬が生じるというか,
    論が流れていかないと思います.
    卒論を書き上げてみて,指導教官や先輩のアドバイスのありがたみがわかりました.

  2. データを無駄にするというのは,私のばあい,その動物を無駄に死なせてしまうということでもあるので恐ろしいことなのです。
    量的比率で語れる問題ではありませんが,計画の段階で,研究は半分以上終わっているとも思えますね。

  3. あえて探索的な研究をするならばメインの実験で余裕があるときに「こっそりと」やる。で、うまくいきそうならそこからボスに相談する。うまくいかなそうなら無かった事にする。のがいいのかもしれませんね。
    まあそこからはちゃんと研究計画立てないといけないのは一緒なんですが。

  4. >研究する中でデータをムダにしてしまう
    >ような輩は、臨床実践においても
    >色んなものをムダにしてしまうのでは
    >ないかと思います。
    同感です。
    そもそもデータというのは,研究においてのみ扱うものではなく,臨床実践においても大事にされるべき最小限の単位なのではないでしょうか。
    クライアントさんの語る言葉,非言語的に提示してくれる諸情報,諸検査によって得られる情報,それらに対するセラピスト側の反応・・・その他もろもろ,全て臨床現場における重要なデータであって,それらを大事に扱う態度は,研究であれ臨床実践であれ,最重要であることには変わりがないと考えます。
    なのであえて断言しちゃいますが,「研究をさっさか終えて,“臨床”やりたい」などとほざく人の言っている“臨床”は,本当の意味での臨床とは言えないんじゃないでしょうか。

  5. >あーちゃんさん
    > 探索的な研究にしろ,先行研究から導き出された仮説やモデルに
    > 基づいて使用する質問紙などを決めるのが
    > 研究としては正しい順序ですし,
    > そうでないと,「問題と目的」の部分と「結果」「考察」とで
    > 齟齬が生じるというか,論が流れていかないと思います.
    まーったくその通りだと思うのですよ。それなのに「データをムダにしてしまう」ということがあり得るというのは、実は「研究指導の出来ない臨床系教員」というのが実は少なからず存在するのが原因なんじゃないかと想像しております。
    この辺はあくまでも私の仮説なので今後検証していきたいと思います。

  6. >中猫さん
    > データを無駄にするというのは,私のばあい,
    > その動物を無駄に死なせてしまうということでもあるので
    > 恐ろしいことなのです。
    つーかsubjectが人間であっても、データがムダになるというのは、データ上は「死んだ」も同然だと思うのですよね。すげー恐ろしいことだと思います。

  7. >ミラノさん
    探索的研究も別にいいんですよ。「安易に」やらなければ。
    単に「仮説が思い浮かばないから」探索的とか言ってしまうのが非常に危険だと思うのです。
    結局それって考えることを放棄しているわけですから。

  8. >たかこさん
    > そもそもデータというのは,研究においてのみ扱うものではなく,
    > 臨床実践においても大事にされるべき
    > 最小限の単位なのではないでしょうか。
    実はこのエントリ、最初に書き出したのは「クライエント・患者はデータである」という言葉でした。さすがに過激かと思ったので(てか、これだけ読んで誤解する人がいないとも限らないので)修正しましたが、でもその通りだと思います。
    臨床実践というのは無数のデータを扱って仮説の検証をくり返していくといく過程であり、つまりデータをおろそかにする人というのは臨床を、クライエントをおろそかにする人であると言っても過言ではないでしょうね。

  9. 研究計画の作り方

    ロテ職人さんの5月1日のエントリ「データをムダにしない」ってことから考えてみる,
    で言われていたこと,
    “データを無駄にしたくなうと思うのなら…

  10. 研究計画の作り方

    ロテ職人さんの5月1日のエントリ「データをムダにしない」ってことから考えてみる,
    で言われていたこと,
    “データを無駄にしたくなうと思うのなら…

  11. ロテさんこんばんは.
    身体のお加減いかがでしょうか?
    愛娘様との楽しいGWを過ごせていることを心からお祈りしてます(いやいや,ホントに)
    >「なぜその治療技法を使うのか」
    >「なぜその場面でそのような対応をしたのか」
    >「なぜそのクライエントに対してそのアセスメント技法
    >を使うのか」を他者にも理解できる形で
    >言語で表現するというのは、最低限必要な
    >ことであり、それができないというのは
    >その患者・クライエントに対してものすごく
    >失礼なことなのではないでしょうか。
    今の自分が,一番肝に銘じている事の一つが上記のことです.
    EBMの理念ってのも,これがかなりの部分を語ってくれていると思うんです.面接やアセスメントはマスターベ(ryではないわけですし・・・

  12. ロテさんこんばんは.
    身体のお加減いかがでしょうか?
    愛娘様との楽しいGWを過ごせていることを心からお祈りしてます(いやいや,ホントに)
    >「なぜその治療技法を使うのか」
    >「なぜその場面でそのような対応をしたのか」
    >「なぜそのクライエントに対してそのアセスメント技法
    >を使うのか」を他者にも理解できる形で
    >言語で表現するというのは、最低限必要な
    >ことであり、それができないというのは
    >その患者・クライエントに対してものすごく
    >失礼なことなのではないでしょうか。
    今の自分が,一番肝に銘じている事の一つが上記のことです.
    EBMの理念ってのも,これがかなりの部分を語ってくれていると思うんです.面接やアセスメントはマスターベ(ryではないわけですし・・・

  13. 続き・・・
    僕は,
    >「クライエント・患者はデータである」
    という意見が「過激である」とは思いません.
    でも,とても誤解を与えやすいフレーズですよね.
    その誤解を解くと,この言葉は非常に納得のいく者になると思います.
    具体的に書こうと思ったんですが,長くなりそうだったので,エントリして,TBさせていただきます.
    僕とのやりとりを取り上げてくださってありがとうございました.
    P.S.先のコメントを二重投稿してしまいました.お手数ですが,片一方を削除して頂ければと思います.よろしくお願いします.

  14. 続き・・・
    僕は,
    >「クライエント・患者はデータである」
    という意見が「過激である」とは思いません.
    でも,とても誤解を与えやすいフレーズですよね.
    その誤解を解くと,この言葉は非常に納得のいく者になると思います.
    具体的に書こうと思ったんですが,長くなりそうだったので,エントリして,TBさせていただきます.
    僕とのやりとりを取り上げてくださってありがとうございました.
    P.S.先のコメントを二重投稿してしまいました.お手数ですが,片一方を削除して頂ければと思います.よろしくお願いします.

  15. 「データ」という言葉

    皆様こんばんは.連休も後半に入ってしまいましたが,いかがお過ごしでしょうか?
    すえぞうはちょこっとボランティアに参加していたので,夜はほぼ0度の場所で3…

  16. あああスイマセンスイマセン
    耳が心が痛いっすうう
    これからはちゃんと計画しますので
    あああスイマセンスイマセン


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
PAGE TOP ↑