Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

『DEATH NOTE』の感想を強引に心理臨床に繋げてみる

公開日: : 臨床心理学

06/05/09のエントリ、【DEATH NOTE】大人買い決定【おもすれえ】でも言いましたが、どっぷりはまってます。とりあえず既刊11巻まで読了いたしました。

DEATH NOTE 11 (11) DEATH NOTE 11 (11)
大場 つぐみ 小畑 健

集英社 2006-05-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

何がすごいって、主人公月(ライト)とそれを追うLの息詰まる心理戦!人間離れした頭脳を持つ2人の思考と思考のぶつかり合いが緊迫したストーリーを生み出します。そんな第一部に比べれば第二部は若干…ってのはありますが、この作品が週刊少年ジャンプ誌上で連載されているというのは現代の奇跡ではないかと思いますよ。
月とLは双方が発する一言一言について、それぞれが最良の一言が瞬時に選択される。双方が現状を絶えずモニタリングしつつ、それぞれの最終目標向かって何が最良か考え続ける。双方が自身の発する一言がどんな意味を持つのかはっきりと自覚し、ムダな言動が全くない…
そうした卓越した能力を持つキャラクター2人のリアルなやりとりは、そりゃあ面白くならないはずがありませんよ。
…ってな感想を強引に心理臨床に繋げてみましょう。


「人間離れした頭脳を持つ2人の思考と思考のぶつかり合い」なんてことを言いましたが、(少なくともまともな臨床実践を行っている人であれば)そういうのって実は臨床実践の中で普通にやっていることなんじゃないかと思うですよ。
もちろん、心理臨床ってのは騙しあいではないし心理戦なんてものでもないのですが、「(セラピスト・カウンセラー側が)発する一言について最良の選択肢を瞬時に選ぶ必要がある」「現状について絶えずアセスメントをくり返しながら、最終的な目的に向かって何が最良かを考える必要がある」「(心理療法を治療的意図に基づくコミュニケーションと定義すれば、治療者が)自身の発する一言がどんな意味を持つのかはっきりと自覚し、ムダな言動が全くない」ってのは実は心理臨床実践の中で必要不可欠なことなのではないかと思うのですよ。
…でも、どれだけの人がそれを出来ているのかはわかりませんし、私自身もかなり微妙…てかぶっちゃけ完全に出来ているはずなどないのですが、それでも理想はこういうことなんじゃないでしょうか。
…振り返ってみると当然のことながら「最良の選択肢を選べず、明らかに間違った返し方をしてしまったり」「アセスメントをくり返していながらも、それが微妙にずれたり」「明らかにムダな言動があったり」ってことはあるんですけど、そういうことがあるからこそSVを受けているわけで。だからまともなSVを受けないで何年もやっている人なんてのは恐くて仕方がないですよ。
とまあ、こんな感じのことをふと考えたわけですが、こういうこと抜きで純粋に面白いっす
未読の方は騙されたと思って読んでみてくださいな。

DEATH NOTE (1) DEATH NOTE (1)
大場 つぐみ 小畑 健

集英社 2004-04-02
売り上げランキング : 6,696
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

そういえば、デスノートの原作者である大場つぐみ氏が『とっても!ラッキーマン』の作者であるガモウひろし氏だって話しがありますが、あれって結局どうなんでしょうね?
参考:週刊少年Blog!!デスノートの原作者、大場つぐみはガモウひろしで確定?

1日1回クリックしてくれるとうれしいです。→人気Blogランキング

2006/05/13 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. こんばんは、エヴァはまだ7話くらいまでしか見てません☆ ごめんなさいー!!
    ですが、ロテさんのブログに影響されて、昨日からデス・ノートを読み返してしまいました♪
    (8巻までしか持ってなかったので、続きを買いに行って今読みました。時間かかる!)
    「心理戦」と言われてなるほどと思ったのですが、そうですね、口にしていることと口にしないこと、それらが丁寧に描写され、ストーリーの展開に関与してくるところは、心理戦として捉えるに十分応えますね。
    ホネのある戦い手たち、その背景にいろんなものが想像できそうであるのに、安易に「幼少時のトラウマが……」なんて方向に流れていかないのも満足です。
    上目遣い、猫背やチョコレート、LEGOなんかの小道具使いもとても好きです。
    ヒカ碁もそうでしたが、やはり第一部が面白いですね。
    ライトとL、なんて、ネーミングがすでに光学異性体みたいだし、ライバルであって「友達」という言葉をちらつかせたり否定したり。
    私としては、その二者の交流が一番好きな部分でした。
    11巻になってくると、なんとなく、ストーリーのために細部があるという感じかなぁ。
    まぁファンとしては、完結できなくなるよりは、多少品質にむらが出来てもなんとかクライマックスにこぎつけてもらいたいと願います。
    ともあれ、本当に、「そんなこと抜きで」面白い、読ませる力がある作品です。
    大好きです。
    ……エヴァもそ の う  ち  見   ま   す     …     …        (声はデクレッシェンド)

  2. >Mさん
    お待ちしておりました!コメントありがとうございます。Mさんがお薦めしてくださったお陰で(いや、前から気になってはいたのですが)大変楽しめましたよ。
    > 私としては、その二者の交流が一番好きな部分でした。
    そーなんですよね!なので第二部でニアの存在感というか凄さが薄まっている気が…てか、第二部になると月って頭悪くなってるんじゃないかって気もしたり。
    実はデスノ、今週号のジャンプでついに完結したようですよ。なのでコミックスも12巻で完結のようです。
    エヴァの方は…
    > まだ7話くらいまでしか見てません☆
    その後くらいから(この業界的には)面白くなってくるのに…
    まあ半永久的レンタルなので、その気になったらみてくださいな。

  3. 私は9巻まで集めて挫折しかかっていたのですが、このたび最終回を迎えたということで昨日10巻と11巻を買ってきました。相変わらず文字が多くてゆとり世代の私にはきついところです。
    Lとライトの心理戦、「書いた名前の人が死ぬ」というデスノートの設定、人間よりも人間らしくて愛らしい死神たち・・・この作品のさまざまなところにみられる作者の発想のセンスには感心させられます。やるなガモウ。
    ともかくあとはどんな結末を迎えるか、それがこの作品の評価を決めそうな気がするので楽しみです。

  4. >ミラノさん
    > 相変わらず文字が多くて
    > ゆとり世代の私にはきついところです。
    ゆとり世代はマンガ読むのもきつかったりするのですか。てか、ゆとり世代ってどの世代?ミラノさんって結構なお歳(失礼)の方だと思っておりました。
    私も最終巻が楽しみです…って最終回だけ立ち読みしてしまいましたorz
    ま、ネタバレ禁止ってことで。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑