Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【これは】カウンセリング学習サイト eライブラリー 動画配信サービス【安い!】

公開日: : 臨床心理学

先日、こちらのサイトの管理者の方からメールをいただきました。
カウンセリング学習サイト eライブラリー 動画配信サービス
個人的に非常に良いサービスだと思いましたのでご紹介いたしますよ。
サイトの説明はこんな感じです。

当サイトは、低価格で最先端の心理療法の実践的技法を、幅広く提供することを目的に企画された日本初のカウンセリング学習サイトです。



配信する映像は、各流派の第一人者によるカウンセリングの実践場面を収録したものです。現在、日本国内の心理系大学院臨床心理学科や医学部精神科の専門家養成のためのメディア教材として活用されております。



臨床現場で活躍されている精神科医、心理臨床家、カウンセラーの先生方には再研修教材として、教育、福祉、行政機関のあらゆる援助職の方や、各分野に学ぶ学生の皆様に、また単にカウンセリングに興味をお持ちの方にも、たいへん参考になる映像が満載です。

今回、先方のご厚意で視聴させていただきましたが、画質もそれほど悪くないですし(VHSってこんなもんですよね)、内容的にも面白かったですよ。


この手の映像資料って、大学とかに所属している人でもない限り、そうそう購入できるもんじゃないじゃないですか。需要と供給の関係からか結構な価格設定になってますし、そもそも観てみるまでアタリ・ハズレがわかんないですから。
こちらのサイトの場合、視聴可能回数が1回という制限はあるものの、500円という価格はこの手の資料の試聴料金としてはアリなのではないかと思いますよ。
こちらを配信しているJIP日本心理療法研究所によると、“APA心理療法ビデオシリーズI  問題別アプローチ編”の第1回は「6歳の児童とのプレイセラピー」「行為障害を持つ子供へのゲームとお話を使った心理療法」「思春期の子供との実際的な心理療法」の3巻セットで価格100,800円(税込)となっております。
これがネットでの視聴だと(再生回数は1回という制限はありますが)1,500円で3巻全てを観ることが可能です。
現在配信されているラインナップは以下の通り。

■ 6歳の児童とのプレイセラピー(収録時間50分)

精神分析的プレイセラピーでは、子どもの問題行動は無意識の葛藤と発達欠損から生じており、それらの問題は遊びの中でおのずと明らかになると見ている。



■ 行為障害の子供とのゲームとお話を使った心理療法(収録時間40分)

この心理療法ではゲームとお話を通して行為障害をもつ子供が、気づきや感情、特に怒りと悲しみを表現すること、自己主張、自分勝手な満足を差し控える能力、浅はかな行動の選択の結果を予期すること、内的あるいは外的に葛藤が生じた時に、より健康な選択を生み出しやすい心理的能力を学ぶ。



■ 思春期の子供との実際的な心理療法(収録時間45分)

カウンセリングの場に現れる思春期の子どもたちの多くは、怒り、抑うつ、敵対心あるいはたんに「燃えつきた」といった問題を既に抱えている。彼らの絶望を希望に置き換え、無力感に包まれた意識に変化の可能性を実感させることを目的にする臨床家の実践的面接場面。



■ トラウマ治療のためのEMDR(収録時間53分)

PTSD(心的外傷後ストレス障害)によるフラッシュ・バック及びその他のパニック症状に対して、最も即効的効果が高い治療方法として世界的に注目される。

■ 衝動的問題に対するエリクソン派の催眠療法(収録時間75分)

エリクソン派の心理療法は、クライアントが一時的に自らの持つの健康的な力に触れられなくなっている存在として捉えており、病理の視点でみることはない。クライエントの本来持っている健康的な「力の源」につながる方法として催眠、間接暗示等を用いる。これらの方法から生まれた様々な技法は他の治療モデルにも広く取り入れられている。

■ パニック障害に対する認知療法(収録時間51分)

パニック障害の認知理論に基づき8回から15回の面接による博士は、英国認知行動療法学会と際認知療法学会の両学会会長を歴任しているが、本編では認知療法を用いパニック障害にあたっている。



■ 境界例パーソナリティに対する認知療法

境界例パーソナリティ障害者は通常トラウマに関連した信念を深く持っており、信念の中核とは、「自分は欠陥者だ」「無能で無力だ」「誰にも愛されない」「自分を取り巻く世界は敵意に満ちている」こうしたスキーマ(思い込み)は、言葉やイメージで表現され、身体的感覚にも貯蔵されており、非常に痛みを伴う感情反応を引き起こす。



■ 嗜癖の認知行動的再発防止法(収録時間57分)

認知行動的再発防止法はCBT(認知行動療法)の基本原理を用い、嗜癖行動(アルコール・薬物乱用・衝動的賭博・異常性行動 等)の問題の査定や治療を行う。



■ 強迫神経症に対する行動療法(収録時間84分)

強迫神経症における行動療法は、恐怖心を生み出す刺激に直面化させるために暴露法を用いる。暴露治療の目標は、適応不全の不安感や浸入的な強迫観念につながる儀礼的な行動の除去していくことにある。



■ 受動的攻撃的人格障害への対人間再構成療法(収録時間48分)

受動・攻撃的パーソナリティ障害への対人間再構成療法は、「あらゆる精神病理は“愛”の贈り物」という仮説に基づいている。人々は過去における大切な存在(得に両親、あるいは世話をしてくれた人々)に忠実でいようと努力するが、その「努力」こそが問題となる行動パターンを生み出すと考える。



■ 婚外交渉についての夫婦面接(収録時間49分)

結婚生活において、相手の不倫の事実を知ることは強力なトラウマ体験となり、関係性への根本的な信念が揺らぎ相手への信頼の崩壊につながる。不倫を行った側は羞恥心のあまり自己防衛的に振舞い、関係性をいっそう悪化させてしまう。



■ 身体的な健康問題を抱える患者との家族療法(収録時間44分)

医療家族療法は、身体的病気、トラウマ、障害を持っている患者とその家族に、生物心理社会的システムの観点から心理療法を行うアプローチである。

今後も内容が充実していきそうですし、興味のある方はご利用してみてくださいな。
・・・・・・・・・・・・
ちなみにこういう良さげなサービスをご存じの方は、ご連絡いただけましたら当ブログでご紹介させていただくことがあるかもしません。ただし私が良さげなサービスではないと判断した場合には、逆効果になると思いますので、情報の内容については吟味していただけたらと思います。

参考になった!という方はクリックしていただけるとうれしいです→人気Blogランキング

2006/05/22 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (10件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. うわぁ。これ、よさげですね。
    今度、視聴してみたいと思いました。
    海外のカウンセリングの様子ですので、
    文化が違う日本とまるっきり同じようにとはいかないでしょうが、参考になります。
    それに、ちゃんと心理療法アプローチの概要とか、背景などの説明が書いてあるので、どういう立場、観点で臨床をしているのかというのも、分かりますし、良いですよね。

  2. たしかに、おもしろそう・・・。ですが、
    >トラウマ治療のためのEMDR(収録時間53分)
    これって、EMDRのセッションがそのまま映ってるんですかね?だとしたら、EMDR学会からクレームつきそう・・・。
    個人的にも、EMDRとか、催眠とかって、“それっぽい”ので、中途半端に見よう見まねでやる人が出てくるのはちょっと怖いかなって気もします。

  3. >浅木さん
    実際なかなかよかったです。きちんと解説もついてますし、なかなか見ることのできない面接の実際を(文化的差異はあるにせよ)目の当たりにできるというのは貴重な機会なのではないかと思います。

  4. >しゅうさん
    ご指摘ありがとうございます。
    実際見てみたのですが、面接後に解説がついてまして、それによるとEMDR自体は最小限しか使ってないそうですし、危険性に関しても述べられているので、これを見ただけでやろうという方はあまりいないのではないかと思います…というか、これを見ただけでは恐らくできないのではないでしょうか。
    ただ、EMDR学会の規定は「資格のない者がEMDRを教えることを強く禁じています。」となっており、この映像が「教えること」になるのかどうか微妙なところかもしれませんので、サイトを管理されている方に質問してみたいと思います。

  5. ・・・で、ロテ様はEMDRご愛用者ですか。
    私は今EMDRについての勉強をやめようかと悩んでいます。EMDR学会が主催するトレーニングコースはすでに終了しています。
    ぶっちゃけこれってどうなんでしょう。
    昔は熱心に信奉していた技法だけれども最近は???と感じることも多くなりました。
    クライエントの押さえ込んでいた記憶をよみがえらせてしまって強烈な欝にしてしまった。もし自殺でもされたら賠償金ものでした・・。

  6. >・・・でさん
    私はEMDR使いません。基礎の基礎ぐらいは知ってますけど。
    てか、基本的にEMDRだけで臨床やるわけじゃないでしょうし、基本的な面接技法だったりアセスメント能力だったりが身についていない人はEMDRも使えないと思ったりするのですが、いかがでしょうか?>・・・でさん&皆様

  7. EMDRは面接単価が高いのです。通常の面接は50分セッションで8000円(保険なし)、EMDRは2万円を越えます。
    遠くからはるばる来られて高いお金を払われてそれに見合う結果が出せないときは非常に悩みます。
    結果を出せないだけならいいですが、もっと悪くなることもあるんです。(セッションの2・3日後)それで最近悩み始めています。
    もちろん短期間にめざましい効果が出る方もいますので技法としては認めています。
    どうしてロテさんはこの技法をなさらないのですか?
    ロテさんの日々の臨床のなかで拠って立つ理論・技法はなんでしょうか。

  8. しゅう@いちおうEMDR使い・・・です。
    横槍失礼します。
    >基本的にEMDRだけで臨床やるわけじゃないでしょうし、基本的な面接技法だったりアセスメント能力だったりが身についていない人はEMDRも使えない
    おっしゃるとおりですね。まあ、見立てが不十分だと、症状を悪化させることがあるのは、トレーニングコースでも習うことですし。
    >結果を出せないだけならいいですが、もっと悪くなることもあるんです。(セッションの2・3日後)それで最近悩み始めています。
    そう簡単なことではないとは思いますが、悪くなる可能性のある人、生活状況などを勘案するとリスクが高い人などに適用しなければいいのでは?

  9. >・・・でさん
    > EMDRは面接単価が高いのです。通常の面接は
    > 50分セッションで8000円(保険なし)、
    > EMDRは2万円を越えます。
    というのは・・・でさんが働いてらっしゃる機関の料金設定であり、申し訳ありませんが基本的には私の知ったことっちゃありません。
    しゅうさんもおっしゃっていますが
    > 結果を出せないだけならいいですが、
    > もっと悪くなることもあるんです。(セッションの2・3日後)
    というところも、結局はアセスメント次第なのではないかと思いますよ。
    > どうしてロテさんはこの技法をなさらないのですか?
    必要性を感じないから…ですかね。
    > ロテさんの日々の臨床のなかで拠って立つ理論・技法は
    > なんでしょうか。
    という質問をされた場合には「(広義の)力動的心理療法です」と答えるようにしています。一応ベースは分析だと思いますが、ケースによって(=アセスメント次第で)認知療法的アプローチをとったり、認知行動療法っぽい技法をつかったりと様々ですが…それが何か?

  10. EMDRが臨床的に有効な技法であるとの証拠は何処にあるのですか?理論的には面玉を動かすことにより、視覚映像を妨害することはある程度可能であり、例えばトラウマと連合した刺激の情動のレベルを瞬間的に下げることは可能です。でもそれだけのことではないのですか?条件製の不安反応を隠蔽するだけなら面玉を動かすかわりに足の親指をうごかしても効果はあるのですよ!明確な治療効果が証明されるまで、効果な費用をふんだくって治療技法として宣伝することには賛成できませんねぇ。わたしとしては精神分析の欺瞞とさほど違いがないようにおもっています。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑