Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【誰か】博士課程の学生がいない大学院ってどうなの?【教えて】

公開日: : 研究と臨床

ぶっちゃけて聞いちゃいます。博士課程の学生がいない大学院ってどうなんでしょうか?
…ということを考えたのはこのブログのこのエントリがきっかけでした。


ひろぼうCP日記大学
かなり気になったので私の方でコメントさせていただき、その後ひろぼうさんが修正されたのですが、当初本文にはこのように書かれておりました。

うちはD在籍がほとんどいません。歴代で就職が決まらず、大学に残った人は誰もいないんです。

これってどう読んでも「博士課程は就職が決まらない人がいくところである」というように読めてしまうのですが…ひろぼうさんはそういう意図はしていなかったとおっしゃっていますが、じゃあどんな意図で書かれていたのでしょうか?マジでわかんないっす。
まあ、世の中には「就職が決まらないから博士課程でも行くっぺか」なんて人もいるかもしれませんが、そもそもそういう輩は論外ですよね。
で、最初の質問に戻りますが博士課程の学生がいない大学院ってどうなんでしょうか?
私の出身大学院は研究者養成の色合いが強いところだったので「博士課程の学生がいない」という状況はそもそも経験したことがありません。で個人的な経験としては、院生時代に研究や臨床の上で師匠から学んだことももちろんたくさんあるのですが、それ以上に博士課程に在籍している先輩から教えてもらったことって、今の自分にもんのすごい影響を与えているような気にするのですよね。
そんなわけで改めて「大学院とはなんぞや?」ということを調べてみました。
大学院Wikipedia
ついでにこれも…
大学院大学Wikipedia
ふむ…

博士前期課程、修士課程は、「広い視野に立つて精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又はこれに加えて高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培うこと」を目的している。

博士後期課程・後期3年博士課程は、「専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うこと」を目的としている。

だそうです。
前者に関してはその業務の一つとして「調査・研究」を掲げているという臨床心理士資格の理念を踏まえると、その目的の一つとして「専攻分野における研究能力を養うこと」が挙げられているってのは妥当なところでしょうな。
そして博士課程はより高度な研究能力を身につけるところである…と。
ここで最初の質問、博士課程の学生がいない大学院ってどうなんでしょうか?ってことについて私なりに考えてみたいと思います。
やはり大学院というのは研究者養成機関であり、同時に研究機関なのだと思います。で、私は別に博士課程に行っているから偉いとか言うつもりはありませんし、むしろ臨床心理学という学問に限定して考えれば現場にこそ貴重なデータは存在しているわけで、修士課程修了者であっても現場にいる人が研究を続けていかなければ臨床心理学という学問は成立しえないと思っています。
でも博士課程の学生がいない大学院ってのは、ぶっちゃけ研究機関としての魅力がないってことでしょ?そして「就職が決まらなかった人がいないから博士課程の学生がいない」って発言が出るってことは、ぶっちゃけ「修士課程を専門学校扱いしている」ってことなんじゃないですか?
それって大学院のあり方としてはどうよ?と思うわけなのですよね。
ちなみに別にひろぼうさんの修了された大学院を貶めようって気はさらさらないです。純粋に冒頭の質問に対する皆様の意見が聞きたいだけです。上記の私の考えが間違っているのであれば訂正していただきたいのです。
ただ、個人的な意見を言わせてもらえば、「実習先が余るくらい過多」だったり「就職先が決まらない人はいない」ってのはそりゃ素敵なことですが、「就職先が決まらない人がいなかったから博士課程の学生がいない」ってのはあまり誇らしげに書くべきことではないのではないかとは思いますけどね。
・・・・・・・・・・・・
あ、ちなみに専門職大学院についてはこれまた別の問題ですのであしからず。
cf. 専門職大学院Wikipedia
専門職大学院関連過去ログ
専門職大学院=臨床心理士の質の決定的な低下~こんな大学院はダメダメだ!Vol4(05/09/03)
専門職大学院とは(05/09/04)
気になる「アレ」の件。南の方の「アレ」(06/03/15)
・・・・・・・・・・・・
皆様のご意見お待ちしております。

相変わらずの低空飛行?です→人気Blogランキング

2006/05/24 | 研究と臨床

関連記事

採用情報 - 株式会社金子書房

金子書房さんが「心理検査職」の募集をしてます

昨日、Twitterでもつぶやきましたが、心理アセスメント関連の書籍の出版で(私の中では)有

記事を読む

研究計画書の考え方

非心理系学科卒で臨床心理士指定大学院に入るのに心理系学科への編入・学士入学は必要か?

読者の方のメッセージから 先日、読者の方からメールフォームにてメッセージいただきました

記事を読む

ブログを書く手

研究の対象者をブログで募集することの問題点

何年前のことだろうか… 遥か昔…と言っても、このブログを始めて数年くらいの頃ですが、表

記事を読む

螺旋階段

臨床家として、研究者として、どのように生きていくのかということ

ためになった勉強会。来年度も参加するかどうか… 今年度、月1で開催される某勉強会に参加

記事を読む

本棚と本

それでも心理臨床家が「理論」や「根拠」にこだわらねばならない理由 @39you1さんのつぶやきへの返信

@39you1さんのつぶやきから 14/01/27のエントリ、「最終学歴=博士後期課程

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (14件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ロテさん
     言わんとするところはもちろん理解できるのですが,突っ込まれているところの嘆息も理解できないでjはありませんね。現在のところ博士課程修了者の就職もかなり落ち込んでいます。ロテさんのいうところの研究者養成養成機関たる資質を持つ大学でも同様です。学振を持っていてもそのまま数年パーマネントがないのは「ザラ」ですから。
     理想は職に関係なく大学院に人が行くことですが,まあそれをいうのは多少酷なようにも思います。
     少子化でもあるし,本来ならば大学院の定員を思いっきり削るくらいのことをしないと,ちょっと前までの大学院で想定できた「ある程度の研究者・専門家志望の学生に,ある程度の就業が保障できる」状況にはないと思われます。
     あくまで参考までに。では。

  2. まあ分野によっていろいろと違いはありそうですが、いずれにしても大学院生は研究遂行において安価で貴重なマンパワーではあるでしょうから、それがいない・少ないということは研究室をマネジメントする上で大変だとは思いますね。
    一点だけ質問なのですが、ロテさんは「博士課程の学生がいない」=「研究機関としての魅力がない」とされています。言いたいことはなんとなくわかるのですが、よければもう少し詳しく理由を説明していただければ幸いです。
    しかしそもそも博士課程の学生が全くいない大学院ってあるんでしょうか?定員をあまりにも下回ると国から指導とかうけるのではなかったでしょうか・・・?このあたりはあまり詳しくないので詳しい方いらっしゃいましたら教えていただきたいです。

  3. >しかしそもそも博士課程の学生が全くいない大学院ってあるんでしょうか?
    そういえば、うちの大学院にも博士課程の学生が全くいない時期ってありましたねえ・・・。
    それはさておき、そもそも博士課程が設置されていない大学院っていうのも結構あったように思いますが、そうゆうとこでは、大学院を研究機関だとは位置づけてないんでしょうね。

  4. >nikataさん
    なんか議論がずれてるような気がするのですよね。
    nikataさんは恐らく「心理系大学院全般」を想定していらっしゃるのではないかと思うのですが、「臨床心理学系大学院」と「心理系大学院全般」の事情は結構違うのではないかと思います。
    だいたい、臨床系以外で「修士課程修了後、就職が決まらなくて博士課程に残った」ってパターンは非常に考えにくいのではないでしょうか(臨床系でもまともな大学院ならまずそういうことはないと思いますが)。
    > 理想は職に関係なく大学院に人が行くことですが,
    > まあそれをいうのは多少酷なようにも思います。
    もちろんそうなのですが、結局私が問題にしたいのは(結局のところいつものように)臨床系の大学院生の意識というか考え方なのではないかと、ここまで書いてきづきました。
    臨床心理士という資格がいけないのでしょうけれども、大学院が専門学校化しているのが個人的にはどうにも…

  5. >ミラノさん
    なんだかこの一つ前の私のコメントで私なりの回答が出てしまったのですが、とりあえずレス。
    > ロテさんは
    > 「博士課程の学生がいない」=「研究機関としての魅力がない」
    > とされています。
    > 言いたいことはなんとなくわかるのですが、
    > よければもう少し詳しく理由を説明していただければ幸いです。
    博士課程に進学した学生にとって次のステップは(博士論文を提出することはもちろんですが)研究職として就職することだと思います。
    就職を考えるとそれなりの大学院に入る必要があるでしょうし、博士課程修了後の見通しが全く立たないような大学院だと落ち着いて研究もできない=研究機関として魅力がない=博士課程の学生はいない…ってことになるのではないかと。
    うーん、あんまりまとまってませんね。穴があったら指摘してください>ミラノさん&その他の方

  6. >しゅうさん
    > そもそも博士課程が設置されていない大学院っていうのも
    > 結構あったように思いますが、
    > そうゆうとこでは、大学院を研究機関だとは
    > 位置づけてないんでしょうね。
    大学側の考え方としてはそうかもしれないですね。でまあ、臨床系に限定して言えば、経営戦略って意味で「修士課程はとりあえず設置している」ところもあるでしょう。
    で繰り返しになりますが、あとは学生側の意識の問題だと思うのですね。大学院は「勉強する」場ではなく「研究する」場であるという意識を持ってさえいれば、個人的にはそれでいいんじゃないかと思いますし、そういう意識を持っていればエントリで引用したような発言は出てこないんじゃないかと思うのですよ。

  7. こんにちは、お邪魔いたします。
    読んでいて「大学の学校化」「教育機関化」という、大学院の前の段階のことも含めて話題にしてもらえるともっと何か出てくるのかな、なんて思ったりしましたが。。。
    ぼんやり考えているだけながら、失礼いたしました。

  8. 突然のコメント失礼します、以前某専門職大学院の件コメントしました、Setyです。
    私は今四月から心理学科に編入したのですが、その大学の精神科医の先生が仰っていたのですが、本当に研究したいなら博士課程も行かないと、博士課程に進みながら、就職して働いている人もいるから無理ではないはず。今、修士課程は臨床心理士の専門学校になってるから、と嘆いていらっしゃいました。学科の学生でも安易に大学院まで行くと考えている学生も多く、大学院がどういったところであるかということを考えず、臨床心理士になりたい=大学院進学、就職がなかったら、大学院に進学して臨床心理士の資格でも目指すか、と考えてる学生もいます。
    すいません、なんか最初の趣旨とずれてしまっていますね、申し訳ないです。題名を読み、つい、精神科医の先生の話を思い出してしまい、書き込んでしまいました。

  9. >就職を考えるとそれなりの大学院に入る必要があるでしょうし、
    >博士課程修了後の見通しが全く立たないような大学院だと落ち着いて研究もできない
    >=研究機関として魅力がない=博士課程の学生はいない
    確かに博士課程がいないというのはその機関(研究室)の魅力と関わっているといえるかもしれませんね。就職もしかり、あとはテーマのホットさとか研究室の人間関係、ボスの人格なんてのもあるかもしれません。
    それとは別にもう一つ、上の方でnikataさんが言っていることとかぶるのですが博士課程自体が抱える構造的な問題もあるかもしれません。現状として、理系文系問わず多くの分野で「博士課程終了後の見通しがしっかりと立っている大学院(研究室)」はごく稀ではないかとおもいます。臨床心理の分野もそろそろ学部学科の新設ラッシュがおさまり、また少子化の影響などでアカデミックポストが少なくなってくるかもしれません。
    このような状況下では博士課程に進むこと自体が大きなリスクとなってしまいそれによる不安などで研究活動も上手できなくなってしまいかねません。そのためあえて博士をとる意義が見出せず博士過程の人数がへっているということも考えられると思います。
    話がだいぶそれてしまいましてすみません。いずれにしましても学生さんの研究に対する意識が上がってほしいというのは同意です。臨床心理士というのはただ受け身で仕事をこなすのではなくてよりよい援助を自ら生み出し臨床心理学自体を発展させるために大学院で研究をしているんだということを学生さんには理解してもらえるとうれしいと思います。
    と、臨床心理士でない私が言ってみる。

  10. >ちゃいかさん
    > 「大学の学校化」「教育機関化」
    おー。確かにこれは重要なトピックかも。貴重なヒントありがとうございます。ちょっと考えてみます。

  11. >Setyさん
    コメント(以前のも含めて)ありがとうございます。
    > その大学の精神科医の先生が仰っていたのですが、
    > 本当に研究したいなら博士課程も行かないと、
    > 博士課程に進みながら、就職して働いている人もいるから
    > 無理ではないはず。
    > 今、修士課程は臨床心理士の専門学校になってるから、と
    > 嘆いていらっしゃいました。
    後半は同意します。前半に関してはこの精神科医の方がどれだけ臨床心理学系の現状を知ってらっしゃるかによって意味合いが違ってくるかと。
    医学部の博士課程ってのはこれまた特殊なものであり、特に医学の課程博士なんて一番かんt(以下自粛
    っても、多分この方は現状を知っておられると思うので、結局のところおっしゃっていることは妥当なのではないかと。

  12. >ミラノさん
    > 現状として、理系文系問わず多くの分野で
    > 「博士課程終了後の見通しがしっかりと立っている大学院(研究室)」は
    > ごく稀ではないかとおもいます。
    まー確かにそうですね。というか「博士課程修了後の見通しがしっかりたっている」ってのは完全に私の言い過ぎですな。極々一部を除いて…いやそんな大学院は存在しないかもしれないです。
    > 博士課程に進むこと自体が大きなリスクとなってしまい
    って辺りが一般化しているってのは同意です…でも研究職を選ぶというのは今も昔も「大きなリスク」なのではないかと思いますがいかがでしょうか?

    > 博士過程の人数がへっているということも考えられると思います。
    とありますが、博士課程に進学する学生って減ってるんでしょうか?むしろ増えているのではないかと思いますが。
    「博士課程の学生がいない大学院」ってのが出てきている背景には、相対的に「修士課程の学生が増えている」って事実があるのではないかと思うのですよね。臨床心理学系に限っては。
    …どうなんでしょうね?(とさらにひっぱってみる)

  13. ロテさんへ
    コメントのレス遅れました
    どうも収束しそうなところとして
    ・臨床家としても博士課程に進むべきといった「文化」が著しく減っている。
    ・そういう大学院は「専門学校化」して,研究意識が低い。
    ・臨床家=研究職といった図式が崩れた,ないしは若い志望者にその図式があてはまらない。
    ・ロテさんはじめ,ある一定世代以上の大学院教育を受けたものには,それが不安・憤りの種になる。
    といったところなのでしょう。基本的には同意するのですが,それであれば「大学院」は多すぎるというのが正直なところです。高等教育の大衆化の問題を議論しなければならないことになるでしょう。またその質の問題も。
    >今も昔も「大きなリスク」なのではないかと思いますがいかがでしょうか?
    逆に,昔のように博士課程に進んでも学位も取れず,それでもアカデミックな職に就いていたような人(私が代表か?)あたりは,ただの「修士」として同様に扱われ,淘汰されるようになるでしょう。その意味では,昔だって「リスクは過大ではなかった」のであり,現在と変わらないような気がします。問題なのは,そのリスクを自分で納得して受け入れるような学生が減ったように見えることです。

  14. >研究職を選ぶというのは今も昔も
    >「大きなリスク」なのではないかと思いますがいかがでしょうか?
    これはその通りだと思います。ただ、リスクの質は異なるのかもしれません。最近は期限付きのポストが増え、一見職にはつきやすくなったのかもしれませんがいつまでたっても不安定感がぬぐえないというのが特徴ですね。
    >博士課程に進学する学生って減ってるんでしょうか?
    >むしろ増えているのではないかと思いますが。
    文部科学省の学校基本調査報告書によると、分野によってバラつきはあるもののここ数年は横ばいもしくはやや減少傾向にあるようです。
    また、進学率でみると減少傾向はより顕著になります。このあたりは修士課程の増加や「修士課程の専門学校化」みたいなものと関連があるのかもしれません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑