Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【超】久野能弘の日記【ステキ☆】

公開日: : PC・インターネット

ykuno.jpg
ご存じの方も多いかと思いますが、超ステキブログのご紹介です。
こちら
久野能弘の日記
です。
久野氏のプロフィールはこちら。
経歴(久野能弘)(中京大学心理学部心理学科久野ゼミのページより)
Amazon.co.jpで入手可能な著書は現在これ一冊(しかもユーズド)のみですが、個人的に結構欲しいかも。

行動療法―医行動学講義ノート 行動療法―医行動学講義ノート
久野 能弘

ミネルヴァ書房 1993-12
売り上げランキング : 970468

Amazonで詳しく見る by G-Tools

内容(「BOOK」データベースより)

行動療法は治療の期間も短く、治療の効果もはっきりしています。治療の組みたて方、方針の立て方、その基本となる行動の見方を基礎からしっかりととらえれば、無限の可能性がひらかれます。本書は行動変容の理論、技法を根底から説き起すとともに、フロイトなどの症例を検討し、精神分析との違いをはっきりと打ち出し、行動療法のめざしている地点を著者の現場報告によって明確にします。



内容(「MARC」データベースより)

行動変容の理論、技法を説き、精神分析との違いをはっきり打ち出し、行動療法のめざしている地点を、著者の現場報告によって明確にする。行動療法家としての最低限の知識や技術が習得できる学習書。


で、ブログの内容なのですが、簡単にまとめると「行動療法バンザイ、精神分析は○○(自主規制)」という感じです。あ、あと「(日本の)精神医学も○○(自主規制)」というのもありますです。
それを端的に示しているエントリとしては、06/02/16の臨床の成果についてや06/04/18のわが国の臨床心理学が40年遅れていることについて、はたまた06/05/11のふと思うことがあります・・・・。なんかが挙げられますでしょうか。しかし「カルト」て!…「精神分析カルト」も気持ち悪いですが、「行動療法」も「行動療法教」になっちまっては(以下自粛)。
色々ツッコミたいところもあるのですが、敢えてそれはしません。私のような若造が一言二言伝えたくらいで何か変化があるわけでもないでしょうし、なにしろ偉大な先生です。お亡くなりになるまでこのままの方向性で突っ走っていただけたらと思います。是非とも長生きしてください。
いや、個人的には結構良いこと書いてあるとも思うのですよ。心理○床学会に対する批判とか、あるいはこういう記述とか。

河合先生、神田橋先生はある種天才と言えるひと達です。危険なのは力も無いのに天才の真似をすることです。科学は実は鈍才のためにあるのです。鈍才たるわたしは実証のある科学と言う手段を援用して行動療法の道を辿ることにしています。

河合氏に対してはともかく、神田橋氏に対する評価は私のブログの05/07/25のエントリ、私が神田橋本を紹介していない理由で主張したことと似たような内容なのだと思います。そして「科学的であること」に対する姿勢も好きです。ステキです。
とにかく未読の方は最初から通して読むことをお薦めいたします。そして久野先生におかれましては、退職記念出版計画が無事遂行されることを期待しております。
久野氏の今後を陰ながら応援しつつ、生暖かい目でブログの方を見守る所存でございます(トラックバック届くかな~)。

今、何位?→学問・科学ランキング

関連記事

iPhone6s表

iPhone 6sに機種変更した

完全に日づけ捏造記事なのですが気にしない。記事の公開日は2016年1月8日(金)ですが、今日

記事を読む

マーケット感覚を身につけよう

会話型見守りサービス“こころみ”を紹介するChikirinの日記の論調が次第に怪しい方向になってきている件

超有名ブログ、Chikirinの日記の15/05/02の記事、話し相手を雇う時代へで、こんな

記事を読む

(ハロ)HALO BENSINGTON 2P SOFA VELVET PATCHWORK BOHEME

ちょっと寝て起きたらブログを書こうと思っていたら朝までソファで寝てしまった後、更新がストップしてしまった件

※イメージ画像ですらありません 先週の金曜日、23時頃だったでしょうか。 土曜は

記事を読む

壊れたLightningケーブル

Lightningケーブルが壊れた

先日、MacBook Airで作業しつつiPadを充電しておりましたところ、ちょこーっとiP

記事を読む

掲示板

心理職を目指す人のための“掲示板”は今だからこそ意外にアリかもしれない

昔…1999年だから今から16年前、あるネット掲示板が開設しました。 今はなき「臨床心

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (12件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. [心理学小話][review]精神分析とブリーフセラピー

    まずは、用語の整理から。ブリーフについては、「ブリーフセラピー」と「ブリーフサイコセラピー」という2つの用語があって、混同されたまま扱われる場合も多いの…

  2. なんと、久野御大もブログをなされているんですね。すごい時代になったもんだ。
    著書「行動療法」は学部時代に読みました。ある意味この本がきっかけで大学院に進もうと考えるようになったので個人的にはとても思い入れのある本です。
    数年前ご本人と初めてお話をする機会があったのですが文章などから受ける厳しいイメージとは異なりとてもチャーミングなおじいちゃん(失礼!)という感じでステキな方でした。いつまでも元気でいていただけたらなあと思います。

  3. 縁あってだいぶ前、数年かのお方と共に過ごす時間を得ざるを得なかった身でございます。ひっさびさにブログで拝見したところ、変わってないなあ。数年間の間、行動療法はすごいって話・精神分析はカスだという話・自分の生い立ちの3本立てを延々聞かされてましたわ。げにほんま、雀百まで踊り忘れず。

  4. ブログへのコメントは久しぶりです。
    再びこういうエントリー、感謝します。
    久野さんのブログがよかれあしかれ、
    自分自身が今、河合さんに偏ってしまって
    いるので、そうでない方のエントリーは
    興味のバランスが取れて助かります。
    久野さんのブログをちらっと
    読んだんですが、日本の臨床心理学が40年
    近く遅れているとありましたが、
    世界の最先端な臨床心理学って、どの分野
    なんでしょうか?今いろいろな療法を読んで
    いますが、久野さんのように「行動療法が
    最先端!!」とは思えないんです。
    ブリーフかとも思うんですが、
    それでも確信がありません。
    ブリーフ系の本を読んでいますが
    やっぱり河合さんが言っているのとかぶる
    部分が多いんですよね・・・。
    再び疑問の日々です(笑)。
    やっぱり自分のやっている療法が一番イイ
    って思ってしまうものだから、久野さんも
    日本は遅れていると書いたのでしょうか。
    日本は遅れているんでしょうか?
    どこが最先端な国なのでしょうか?
    別に久野さんを批判している訳ではなく、
    純粋に疑問に思っているんです。
    ロテさんはどれが最先端(?)と思われ
    ますか?

  5. 書いてから思い出したんですが、
    日本は遅れてますね。精神保健の授業を
    思い出しました(^^;)
    やはり最先端はアメリカなんでしょうか?
    精保の授業では、そんな印象を受けました。

  6. 生の久野先生、言われてみれば確かにホント「チャーミングなおじいちゃん」な感じですね。
    私のイメージでは久野先生って結構ネット好きなので、ブログも「やっぱり始めたね」って感じでした。

  7. >ミラノさん
    > ある意味この本がきっかけで大学院に
    > 進もうと考えるようになったので
    > 個人的にはとても思い入れのある本です。
    おー!そうでしたか。
    私も若干ちゃかしたような書き方をしてしまいましたが、一本筋の通った方ってのは立場が違っても(そしてどんな語り口であっても)尊敬に値すると思っております。
    是非とも一度、ご本人にお会いしたいものでございます。

  8. >PEさん
    > 共に過ごす時間を得ざるを得なかった身でございます。
    「得ざるを得なかった」って辺りが微妙な感じで良いですね。
    > 行動療法はすごいって話・精神分析はカスだという話・
    > 自分の生い立ちの3本立て
    芸風が一貫しているってのはそれはそれで大事かと。
    この賛否両論なところがこの人なのだろうなぁという感じですな。

  9. >なんでもないさん
    > 日本の臨床心理学が40年近く遅れている
    私の個人的な意見ですが、この業界って「最先端だから良い」とは必ずしも言えないと思うのですよ。
    古いものが(当然のことながら形を変えながらも)残っているのは、それなりの理由はあると思うのですよね。
    > ロテさんはどれが最先端(?)と思われますか?
    私は不勉強なので何が最先端なのかわかりませんが、上記の理由でどれが最先端なのかってのは自分にとっては重要な問題ではなかったりします。
    ちなみに
    > 日本は遅れてますね。精神保健の授業を
    > 思い出しました(^^;)
    ってのは久野氏がおっしゃっている文脈とはまた違った意味で「遅れている」のだと思いますよ。
    学問的な問題と政治的・制度的問題は、当然リンクしている部分はありますがまた別の問題なのではないかと。

  10. >千尋さん
    やはりそちらの方では有名…てか基本的に全国的に(というかある意味では世界的に)有名ではありますわな。
    私も一度お会いしたいものです(マジで)。

  11. 古希というのは古来類稀なり、と言う意味です。この歳に至って尚、若造のごとく口に泡を飛ばしているわたしが恥ずかしくなります。皆さん、EysenckやWolpe にお会いになったことがおありでしょうか・御両人とも今や鬼籍の人ですが、書物での感じとお会いした感じでは180度異なる人でした。以来、わたしはこの二人を目標に行動療法をまなんできましたが、晩年のお二人はとてもさみしげでした。弟子が思うように育たず、行動療法が学習心理学を離れて、トンでもない方向にすすんでいってしまったからです。
    わたしは学問的にも臨床家としてもこの二人に及ぶべくもありませんが、不適応習慣の制御を目標に出来る限り悪態をついて生きたいとおもっています。人間年相応にこの歳になれば人格円満で枯れてくる必要があるのですが、行動療法をもってしても限界があるのですかねえ。罰の効かないひとですがわたしの言動に対して手厳しい批判をこんごとも頂きたいとおもっています。

  12. 古希というのは古来類稀なり、と言う意味です。この歳に至って尚、若造のごとく口に泡を飛ばしているわたしが恥ずかしくなります。皆さん、EysenckやWolpe にお会いになったことがおありでしょうか・御両人とも今や鬼籍の人ですが、書物での感じとお会いした感じでは180度異なる人でした。以来、わたしはこの二人を目標に行動療法をまなんできましたが、晩年のお二人はとてもさみしげでした。弟子が思うように育たず、行動療法が学習心理学を離れて、トンでもない方向にすすんでいってしまったからです。
    わたしは学問的にも臨床家としてもこの二人に及ぶべくもありませんが、不適応習慣の制御を目標に出来る限り悪態をついていきたいとおもっています。人間年相応にこの歳になれば人格円満で枯れてくる必要があるのですが、行動療法をもってしても限界があるのですかねえ。罰の効かないひとですがわたしの言動に対して手厳しい批判をこんごとも頂きたいとおもっています。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑