Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【一番】こんな状況じゃ開業もアリ…だけど3【怖いパターンは】

公開日: : 臨床心理学

エセカウンセラーの皆様はネット上で臨床心理士資格保持者を叩くのがお好きなようです。てか、そういう人もいます。曰く「臨床心理士が必ずしも優れた臨床家ではない」とか…。ええ、全くその通りでございます。だからと言って「だから臨床心理士をとる必要はない」「臨床心理士の資格なんてとっても意味がない」とはならないはずなんですがね。
で、「それなりに能力があるなら取れる(取れた)んじゃないですか?」と尋ねると、「そんな時間があるなら一人でも多くの人を助けたい」などと馬鹿げたことを言ったりするわけで。「お前は研究とか研修とか自己研鑽ってものを何だと思っているのだ?」と小一時間問いつめたくなったりします。
で、エセカウンセラーに限らず、臨床心理士を持っている人の中にもこういう人、いるんじゃないかと思うんですよ。自分の臨床能力をわかっていない(あるいは理解しようとしない、理解したくない)人が。
そして一番怖いパターンはそういう人が開業することだと思うのですよね。


スクールカウンセラーって基本的に一人職場が多いじゃないですか。SCのレベルが低いことの原因の一つとして確実に「一人職場であること」が挙げられると思います。修士課程修了直後にスクールカウンセラーなんかやったりすると(自分でスーパーヴァイザーを探したりしない限りは)、同業者からのチェック機能が働かないまま何年か過ぎていったり。
で、グループでやるとかじゃないかぎり、開業ってのはある意味究極の一人職場なわけじゃないですか。
フリーランスで色んなところに出ていって自分の能力を切り売りしていく…ってならまだ外部からのチェックは働くかもしれませんが、自分の能力を過信した自己愛的な初心者が突然開業なんてした日には、目も当てられないことになることうけあいですよ。
それで失敗するのはそりゃあ「自己責任」ってことで知ったこっちゃないのですが、その犠牲になるクライエントは悲惨です
ここで再びtakashiさんの書かれたさいころじすと日記開業って—-より引用。

それから、他の機関での臨床経験などの条件を課すのも個人的には愚かな発想としか言いようが無い。臨床心理士になったのであれば、基本的に何をしようと自由だ。とってすぐの人が開業したってかまわない。医師がそうであるように。

そらーそうなんですけど、医師の場合はシステマティックに確立された研修医制度ってのがあって、基本的に医師国家資格を取得してすぐに開業するなんてあり得ませんわな。まともな卒後研修の制度が確立されていない心理職の場合はなおさら「とってすぐの人が開業」ってのは危ないですよ。

ただ、「自己責任をきっちりとる」ことと、「他の心理士に迷惑をかけない」ということをしっかり了解していればいいことである。

それよりも何よりも「クライエントに迷惑をかけないこと」が一番なんじゃないですかね?それを避けるために、安易な開業は職業団体として規制する必要もあるのではないかと思いますよ。「クライエントに迷惑をかける開業臨床家」が増えると、結局それは同業者の不利益となって返ってくる可能性もあるわけですし。

それを年寄り連中が「経験年数」で規制するのは、ただの老害だ。「経験年数が多いほど臨床心理士として実力がある」なんてものは傲慢な妄想だ。ただのドグマである。それとも、開業臨床は、「病院臨床や学校臨床よりも崇高なものがある」とでも言いたいのだろうか。

全ての臨床心理士が自分の能力に関するアセスメントをできる人であれば問題なんですけど、現実はそうじゃないですよね。皆さんの周りにもいませんか?ろくに実力もない(ことはバレバレな)のに、やたらと自己愛的な発言の多い臨床心理士。「そういうのが開業するのも自由だ」とは到底言えないです。私は。
くり返しになりますが、そういう輩が勝手に失敗するのはかまわないのですが、何よりもクライエントに迷惑をかけないで欲しい…ってことはやっぱり開業して欲しくはないってことにならざるを得ないのです。
で、「開業臨床は病院臨床や学校臨床よりも崇高なものがある」とは言いませんが、少なくとも「開業臨床は病院臨床や学校臨床よりも難しいところはある」ってのは言えると思いますよ。
その一つが「経営」と「臨床家としての倫理」だったり「アイデンティティ」だったりの両立ってことではないかと思います。
長くなりましたのでまた次回。
ついでに興味のある方もいらっしゃるようなので、またこれ↓貼っておきます。

さらに続く。

参考になった!という方はクリックしてくださるとありがたいです→学問・科学ランキング

2006/06/06 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (18件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. >それよりも何よりも「クライエントに迷惑を
    >かけないこと」が一番なんじゃないです
    >かね?
    そうです。
    当たり前すぎる話なのですから—-別に開業だから特別な話ではないですし。

  2. [心理学小話][時事問題]開業臨床心理士 雑感

    ロテ職人の臨床心理学的Blogのロテ職人さんと、LIFE IS NOT ENOUGH. Shit!!!!のへなちょこ心理士さんが、最近開業についてのエン…

  3. 臨床心理士雑感

    さいころじすと日記のtakashiさんと、ロテ職人の臨床心理学的blogのロテ職人さんからTBをいただいたので、それにまつわる雑感を少々。
    なお該当…

  4. つか、臨床心理士の教育システムの中に経営学は入っていないんですよね。
    福祉の方(社会福祉士や社会福祉主事任用資格)では経済学や経営学が基礎単位として含まれていたように記憶しているのですが(まあ、必須単位ではないにしろ)心理士の養成について、経済や経営のことを必要最小限にでも理解している人は少ないでしょうし。
    このことを考えると、ロテさんが指摘されるところの
    >「経営」と「臨床家としての倫理」だったり
    >「アイデンティティ」だったりの両立って
    >ことではないかと思います。
    って最初から成り立たないのではないか、と危惧していみたりします。
    >「クライエントに迷惑を
    >かけないこと」
    は当たり前すぎて、ピンとこなかったのが正直なところです。

  5. >takashiさん
    > 当たり前すぎる話なのですから
    既にエントリでも書きましたが、安易な開業が増えることで、その当たり前の前提が崩れる恐れがあるのではないかと言っているのですよ。
    >へなちょこ心理士さん
    エセラー程度のノウハウがあれば、それなりにできるんじゃないすか?つか逆に大学で経営学や経済学の講義があったって経営ができるってわけじゃないですし。
    > 最初から成り立たないのではないか、
    > と危惧していみたりします。
    いや~、反臨床的な行為をもってすればそれなりに儲かると思うんですがどうでしょうね?

  6. ロテさん、教えて下さい。
    エセカウンセラーの皆様はネット上で臨床心理士資格保持者を叩くのがお好きなようです。
    とありますが、
    私は、勉強不足なのか、そのような文章を見たことがありません。
    よろしければ、どこで、そのようなことが書かれているのか、教えていただけないでしょうか。
    哀しきかな、逆はあります。
    臨床心理士資格保持者が、保持していないカウンセラーを、エセカウンセラーだと言って、非難する姿を…。

  7. 私も、ぜひ聞きたいです。
    臨床心理士が、臨床心理士資格を持っていないカウンセラーを攻撃している姿は、何度も見聞きしたことがありますが、
    その逆は、見聞きしたことがありません。
    ですから、上記のロテさんのコメントは、
    投影の成せる業なのかと、思っております。

  8. >尾形さん
    >売れない臨床心理士さん
    「叩く」という表現が悪かったかもしれませんが、「叩く」の内容はエントリに書かれております。
    「臨床心理士が必ずしも優れた臨床家ではない」から、「臨床心理士をとる必要はない」「臨床心理士の資格なんてとっても意味がない」という論法で臨床心理士資格を貶めることを、私は「叩く」と表現しました。
    そういう主張はご覧になったことはありませんか?
    ついでに「臨床心理士資格を持っていないのにカウンセリング行為を行っているから」という理由で無資格者を叩く・攻撃する臨床心理士がいたとしたら、それは大変頭が悪いことだと思いますよ。
    少なくとも私は、ネット上で無資格者を批判する際には、その発言内容しか根拠にならないと考えております。
    「無資格者だから」という理由で攻撃されているということがあるのであれば、逆にそういう発言を教えていただきたいのですが…そういうのありますか?

  9. あー、あと「逆ギレ」のようなパターンもありましたね。
    無資格者によるカウンセリング行為の危険性の根拠として、私が「アセスメント能力の欠如」を取り上げた際に、「臨床心理士の指定校でその辺をちゃんと教育しているのか?」という筋違いな反論をされたことがありました。
    それとこれとは話が別だと思うんですがねぇ…。
    以上は某SNSのカウンセリング関連コミュニティでのやりとりがソースです。

  10. ご返信、ありがとうございます。
    「臨床心理士が必ずしも優れた臨床家ではない」
    この部分は、当たっていると思います。
    けれど、だからと言って、
    「臨床心理士をとる必要はない」「臨床心理士の資格なんてとっても意味がない」という論法は、ロテさんのおっしゃる通り、確かに飛躍しすぎというか無理があります。
    そういう主張はご覧になったことはありませんか?

    はい、私は見たことがありません。
    宜しければ、どこに書いてあるのか、お教え願えないでしょうか。
    お時間取らせて申し訳ないです。
    ※繰り返しですが、逆は見たことがあります。

  11. >売れない臨床心理士さん
    繰り返しですが、私がそういう主張を見たのは、我が国でもっとも巨大な某SNSのカウンセリング関連コミュニティです。
    具体的な記述に関しましては、お手数ですがご自身でお探しください。

  12. 繰り返しですが、私がそういう主張を見たのは、我が国でもっとも巨大な某SNSのカウンセリング関連コミュニティです。
    ということは、
    下記の文章は、ロテさんの拡大解釈ですね。

    エセカウンセラーの皆様はネット上で臨床心理士資格保持者を叩くのがお好きなようです。

    臨床心理士を名乗っているあなたが、
    ご自身の投影に気付いてないとは、なんともはや、情けないことでございます。

  13. 繰り返しですが、私がそういう主張を見たのは、我が国でもっとも巨大な某SNSのカウンセリング関連コミュニティです。

    たった、それだけ…。(驚き)
    ということは、
    下記の文章は、ロテさんの拡大解釈ですね。

    エセカウンセラーの皆様はネット上で臨床心理士資格保持者を叩くのがお好きなようです。

    臨床心理士を名乗っているあなたが、
    ご自身の投影に気付いてないとは、なんともはや、情けないことでございます。

  14. 2重投稿をしてしまったようです。
    申し訳ございませんです。
    最初に書いた文章は、どうぞ削除して下さい。

  15. 具体的な記述に関しましては、お手数ですがご自身でお探しください。

    今回に限って、具体的な記述を示さないのですね。ロテさんらしくないですねぇ。(苦笑)
    ロテさんが、エセカウンセラーを攻撃するのは理解できなくもありませんが、下記の理由を引っ張ってくるのは、どうかなあと思います。同じ、臨床に携わる身として、見苦しく感じます。

    エセカウンセラーの皆様はネット上で臨床心理士資格保持者を叩くのがお好きなようです。

  16. 臨床心理士は、ダイエットするのがお好きなようです。

    拡大解釈

  17. >尾形さん
    ご指摘ありがとうございます。正しくは
    「エセカウンセラーの中にはネット上で臨床心理士資格保持者を叩く方もいらっしゃいます」
    ですね。訂正させていただきます。
    > ロテさんが、エセカウンセラーを攻撃するのは
    > 理解できなくもありませんが、
    > 下記の理由を引っ張ってくるのは、どうかなあと思います。
    私はエセカウンセラーを攻撃する意図で書いたわけではないのですがね。単に「そういう傾向がある」と言いたかったわけですが、それはそれで「過度の一般化」であるというのはわかります。

  18. >尾形さん
    ところで…
    > 臨床心理士を名乗っているあなたが、
    > ご自身の投影に気付いてないとは、
    > なんともはや、情けないことでございます。
    これって「投影」なのですか?どういう「投影」なのかよくわからないのですが、その辺り教えていただけたら幸いです。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑