Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

院試の英語対策って…

公開日: : 臨床心理学

い~そ~が~し~い~!でも更新しちゃうぞ☆
06/06/06(オーメンの日)のエントリ、【APA】研究のために買います【論文作成マニュアル】のコメント欄で、これから心理系の大学院を受験されるとみゃー。さんからこんなコメントいただきましたよ。

「英語対策は大切だから、英論文の参考書もそろえた方が今後のためにもいいよ」と言われていたのですが、一体何を買えばいいのかよく分からなくて。。。院試の問題集もそれで買い込みすぎの失敗をしたので、今回ロト職人さんや他の方々のコメントを拝見できてよかったです。他の院志望の友達にも教えようと思います☆彡ありがとうございました(⌒∇⌒)

むむむ…。「そんなことなら(どんなことなら?)先に言ってくれよう」という感じでございます。
確かにこの本、いい本です。

APA論文作成マニュアル APA論文作成マニュアル
APA アメリカ心理学会 江藤 裕之 前田 樹海

医学書院 2004-07
売り上げランキング : 56784
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

いい本なんですけど、英論文の参考書かってーと…そうでもないかも。
以前、こちらのエントリでも紹介しましたが、こんな本もあります。

初めての心理学英語論文―日米の著者からのアドバイス 初めての心理学英語論文―日米の著者からのアドバイス
デイビッド シュワーブ 高橋 雅治 バーバラ シュワーブ

北大路書房 1998-03
売り上げランキング : 154329
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

将来のことを考えると、この辺は持っていると良いかと思います…
…が(返信コメントでも書きましたが)院試の英語対策ってのはヒルガードに始まり、ヒルガードに終わるのではないかと思いますですよ

Atkinson and Hilgard's Introduction to Psychology With Infotrac Atkinson and Hilgard’s Introduction to Psychology With Infotrac
Edward E. Smith Susan Nolen-Hoeksema Barbara L. Fredrickson

Wadsworth Pub Co 2002-12-31
売り上げランキング : 1027
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

こちらはAmazonではあんまり評判のよろしくない和訳版

ヒルガードの心理学 ヒルガードの心理学
スミス バーバラ・L. フレデリックソン ノーレン ホーセクマ

ブレーン出版 2005-11
売り上げランキング : 50634

Amazonで詳しく見る by G-Tools


とみゃー。さんはその後、さらにコメント欄でこのように書かれております。

ヒルガードももちろんなのですが、志望の院試では「英語訳」も専門英語として入るので、どちらかといえば「英論文を読む」というよりは「書く」という視点からの本を探していたのです。といっても、もちろん前提として十分読み込みできるだけの単語力が前提となるのですが・・・(;´Д`A “`

卒論のためとか、その後の研究のためってのであれば、APAのマニュアルは必須だと思いますよ。
で、確かに院試に和文英訳ってありますよね。私の時もありました。
私なんかは…他の大学院志望者と分担してヒルガードの原版を日本語訳→勉強会でみんなで訳を検討→検討した和訳をさらに英訳→英文と照合…ってことをやりましたよ。これ、結構役に立ったというか、そのくらいでほとんど間に合うんじゃないかと個人的には思うのですが…いかがでしょうね。
はっきり言って、大学院入試用の参考書とか必要ないし(てか、実用的なものにしようと思ったら、各大学院別の対策が必要になるはずであり1冊では到底間に合わないと思うのですが…)、ヒルガードの邦訳版すらいらないわけでありますよ。邦訳版見ちゃったらトレーニングにならないし、訳があってるかどうか確かめようと思っても微妙な訳だったりしたら…ですよね。
ま、この方法だと時間はかかりますけどね。学部の3年生が今からやれば間に合うんじゃないかと思います。
あ、あと卒論に必要な英語の論文をたくさん読むって訓練も必要かもですね。全文読まなくても要点を押さえるにはどうすればいいかって練習にもなりますし。これは卒論を充実させることにも繋がり、一石二鳥かと。
院試の英語(和訳&英訳)対策、他に良いアイディアがあれば教えてくださいな。
ちょっぴり追記:
テロ職人」と言われることはよくあるのですが「ロト職人」は新しいですね。

一日一回応援クリックしていただけるとうれしゅうございます→学問・科学ランキング

2006/06/14 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (11件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. ヒルガード・英語論文は前提として,
    英語力がすっかりさび付いていた僕は,文法の参考書も平行してやりました。
    時間はかかりましたが,今はやっといてホントに良かったと思います…。

  2. 英訳が出る大学院は捨てました・・・。第一志望の大学院に英訳はなかったし。それに何せ大学院受験勉強を始めたのは、4回生の夏前からでしたので・・・。
    やったのは、まず「英単語ターゲット1900」の前から1500の日本語訳を覚えて、それから当時和訳本がまだなかったヒルガードの和訳と、DSM-ⅢRの和訳。以上ですかね。

  3. みんなヒルガードって言うのね。私はヒルガードやらなかった口なのです。

  4. イギリスから書き込みしております。グローバル?
     それはともかく、院試の英語はレベルとしては大学受験程度で十分(まあどこの大学かにもよるでしょうが)。
     あとは心理用語と文章に「場慣れ」していることが大事でしょう。ということで私もヒルガードがいいと思います。あとは、どうせ卒論で英語論文をたくさん読まされますので、それでtoo muchかと。
     なぜ英語が重視されるかというと、大学院に入ってから山盛り英論を読まなければならないからですし。
     ただ、勉強の仕方がロテさんと異なり、私は「読み流す派」。なんとなく雰囲気がつかめればよしとするという読み方です。日本語訳も見ない。誤解しているかもしれなくても気にしない(笑
     どうせ、大学院受験では長い文章を読まされて要約しろというのがほとんどですし。「下線部を訳せ」という対訳なら、構文さえ間違えていなければ語彙の間違いは「マイナス2点」くらいでしょう。(代ゼミ模試の採点のバイトをしたことがあるので、採点の方法には詳しいです)
     そんなことより、心理の専門の方は大学によって傾向が違いますので、そっちの対策をがんばらなきゃ。

  5. イギリスから書き込みしております。グローバル?
     それはともかく、院試の英語はレベルとしては大学受験程度で十分(まあどこの大学かにもよるでしょうが)。
     あとは心理用語と文章に「場慣れ」していることが大事でしょう。ということで私もヒルガードがいいと思います。あとは、どうせ卒論で英語論文をたくさん読まされますので、それでtoo muchかと。
     なぜ英語が重視されるかというと、大学院に入ってから山盛り英論を読まなければならないからですし。
     ただ、勉強の仕方がロテさんと異なり、私は「読み流す派」。なんとなく雰囲気がつかめればよしとするという読み方です。日本語訳も見ない。誤解しているかもしれなくても気にしない(笑
     どうせ、大学院受験では長い文章を読まされて要約しろというのがほとんどですし。「下線部を訳せ」という対訳なら、構文さえ間違えていなければ語彙の間違いは「マイナス2点」くらいでしょう。(代ゼミ模試の採点のバイトをしたことがあるので、採点の方法には詳しいです)
     そんなことより、心理の専門の方は大学によって傾向が違いますので、そっちの対策をがんばらなきゃ。

  6. こんにちは。私は高校3年生の女の子です。
    今、自分がカウンセリングを受けていることもあって、心理学に興味を持ちました。
    大学に進学して心理学を学びたいなぁと思っています。
    そこで質問なのですが、病院に就職したり、スクールカウンセラーになるには、やはり臨床心理士の資格が必要なのでしょうか?
    臨床心理士の資格は指定の大学院を修了して試験を受けないと取得できないんですよね。
    私の家はそんなに裕福ではないので、大学院まで行けるかわかりません。
    大学で取得できる認定心理士や、認定心理カウンセラーの資格だけで精神科やスクールカウンセラーとして働くことはできないのでしょうか?
    あと、臨床心理士と精神保健福祉士はどう違うのでしょうか?
    精神保健福祉士の資格は大学卒業によって受験資格が得られるんですよね。
    大学院に行けるかどうかわからないので、臨床心理士が無理なら精神保健福祉士を目指そうと思います。
    臨床心理士を目指す学部と精神保健福祉士を目指す学部が違うので、とても悩んでいます。
    質問の答えと、何かアドバイスあったら、よろしくお願いします。

  7. >Decoさん
    > 英語力がすっかりさび付いていた僕は,
    > 文法の参考書も平行してやりました。
    私も近頃英語力が完全にさび付いております。さびさびです。abstractも書けない始末です。いわんや英語論文をや。
    >しゅうさん
    > 何せ大学院受験勉強を始めたのは、
    > 4回生の夏前からでしたので・・・。
    つ…強気ですね。
    確かに基本的な単語力は必要ですよね。
    >中猫さん
    ヒルガード必要ないレベルの人もそりゃあいると思います。で、中猫さんは何か大学院入試の英語対策はしましたか?

  8. >【家族心理.com】管理人さん
    はるばるイギリスからのコメントありがとうございます。
    > どうせ卒論で英語論文をたくさん読まされますので、
    > それでtoo muchかと。
    世の中そういう大学ばっかりだといいんですけどねぇ…
    「卒論書いたけど、ほとんど英語論文読んでません」って学生がいそうなのが怖いです。
    > 私は「読み流す派」。
    > なんとなく雰囲気がつかめればよしとするという読み方です。
    > 日本語訳も見ない。
    > 誤解しているかもしれなくても気にしない(笑
    それもある程度の英語力が前提になるのではないかと思われますよ。それに和訳はともかく、和文英訳はまた違う能力が必要になる気が…。
    > 心理の専門の方は大学によって傾向が違いますので、
    > そっちの対策をがんばらなきゃ。
    これはもうひたすら過去問ですよね。その際には「各教員の専門・得意領域」などもおさえておくとよろしいかと。

  9. >きのこさん
    コメントありがとうございます。
    質問の答え&アドバイスとなると、このエントリの内容からは外れてしまいますので、後日改めてその回答を新しいエントリとしてアップしますのでお待ちいただけたらと思います。

  10. >>ヒルガード必要ないレベルの人もそりゃあいると思います。で、中猫さんは何か大学院入試の英語対策はしましたか?
    そうですねえ、十年分ぐらい過去問入手してやりましたね。それから、文法もやり直しました。英作文とかも。で、論文のアブストラクトの和訳だとかも。

  11. こんにちは。卒論と出願願書の書類製作が重なって、ちょっぴり訪問がご無沙汰になっていました。。。(;´Д`A “`
     皆さんの英語対策についての見解が見れて、英語に悩む私としてはとてもうれしい限りです。また色々参考にさせていただこうと思います。m(_ _”m)ペコリ


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑