Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「準ひきこもり」という概念

公開日: : 臨床心理学

こんな記事をみつけましたよ。
社会性低い大学生→『準ひきこもり』 命名 ネットで賛否 富山国際大 樋口講師が論文(中日新聞)
紀要論文が発端となってネット上で話題が沸騰、内容を練り直して新書として出版する計画が進んでいるのだそうです。
これが発端となった紀要論文です(PDFファイルに直リンクしてます)。
樋口康彦 2006 大学生における準ひきこもり行動に関する考察―キャンパスの孤立者について― 富山国際大学国際教養学部紀要, 2, 25-30.
樋口康彦 2006 かぐや姫症候群に関する考察―準ひきこもり行動との関連から― 富山国際大学国際教養学部紀要, 2, 31-18.
で、Discommunicativeというブログ(つーかはてなダイアリー)の06/04/25のエントリ、[communication]大学における準ひきこもりという存在とコメント欄で話題になり、2ちゃんねるにもスレッドが立ったとのこと(該当スレッドは未確認)。
ネットの各所で批判されているように、論文としてのクオリティはとりあえず置いておきましょう。紀要とは言え、これで載っちゃうんだ…ってのはある意味驚きだったりするんですが(こんなんでいいんだったら、私もバンバン書きますぜ)。
で、とりあえず一読して「高機能広汎性発達障害の可能性はどうなのよ?」と思いました(以下、詳しい人ツッコミあったらお願いします)。筆者はその辺の発達障害の概念とか理解した上でこれ書いてるんですかね?少なくともこの論文を書いた時点では知らなかったんじゃないかって気がするんですが…どうでしょ?
…と思って検索したらこんなページも見つけました。
「準ひきこもり」という新概念とその実態についての若干の覚え書き
私が言いたいようなツッコミはほとんどされてますが、とりえあず若干ツッコンでみたいと思いますよ。


つか定義のところから見ていきますと…

大学入学以前に問題化している

社会的に問題が顕在化するのは就職活動期もしくは大学卒業後である

えーと…「不登校」は「社会的に問題が顕在化していない」と?
この時点で「何かちがくね?」って感じがします。

他の精神障害がその第一の原因とは考えにくい

これ、かなり難しいところです。つまり、筆者の樋口氏は厳密に精神医学的・臨床心理学的アセスメントを行い、精神障害の可能性を除外した上で「準ひきこもり」と言っている…ということになりますよね。
少なくとも新聞記事を見る限りではそうは思えないのですよね。

他方、ブログには「印象論に終始していて、客観的なデータがない」「冷たく見下しているようだ」など厳しい批判も目立つ。樋口さんは「富山国際大の学生百十七人を対象に実施したアンケートの結果から、準ひきこもりの存在は確認できる」と反論する。

「冷たく見下しているようだ」ってのはともかく「印象論に終始していて」ってのは激しく同意です。それに対する「富山国際大学の学生百十七人を対象に実施したアンケートの結果から~」ってのは、一体どんなアンケートをしたのでしょうか?少なくとも発達障害等の可能性を踏まえた上でのアセスメントとは考えにくいのですが(そういうことをやってる可能性もゼロではないですが、限りなく低いかと)。
あとサンプルが偏りすぎですよね。失礼ながら関東の片田舎に住む私は「富山国際大学」という大学名をこれまで聞いたことがありませんでした。広く「大学生」に一般化するのであれば、もっと幅広い調査研究が必要だと思いますよ。
・・・・・・・・・・・・
しかし、「4. 準ひきこもり大学生の特徴」の「(1)性格」の

精神病ではない。現実との接点はある程度残っているし、善悪の区別はつくので犯罪を犯すようなこともない。むしろ他の大学生よりも大人しくて真面目な部類に入る

ってのもすごいですね。「精神病」の定義にもよりますが、これだとまるで「精神病は現実との接点は残っていない」し「善悪の区別がつかない」みたいじゃないですか。
地方私立大学では珍しくないパターンで、臨床が専門ではない心理学系の教員が学生相談とかやってて、その中から出てきた理論(つーか感想)なんだと思いますが、もちっと臨床系の文献を調べてから書いた方がいいんじゃないでしょうか。特に発達障害に関する議論は最近熱いところだったりしますしね。
なんか他にもツッコミどころは満載ですが、いちいちツッコンでたらキリがなかったり。
・・・・・・・・・・・・
「今後の課題」を見ると

アルバイト、ボランティア活動、クラブ活動(サークル活動)、大学内の各種委員会などを通じて、仲間付き合い、参加意識、チームワークなどを体験することが防止策・対応策として有効であろう。

とありますが、それができないから困るのではないですか?
それによって「社会性を育てる」なんてことを言ってますが、それができるのであれば最初から苦労はしないと思いますよ。
・・・・・・・・・・・・
…というようなツッコミはこれまで誰もしていないんですかね?
新聞記事では

「冷たい印象を持たれたのは意外。隠しておきたかったが、実は私も準ひきこもりだった」と告白。「漫画やフィギュアに没頭するオタクで人付き合いが怖かった。だから彼らの気持ちは分かる」と神妙に語る。

とあります。
自分の問題が研究の発端になるのは別にいいです。良くあることだし、だからこそ研究の動機づけが高まるってことはあります。ただし、その場合には客観性という面でかなり慎重になる必要があり、かなり気をつけて距離を取りながら研究する必要があるかと。
どんな研究でもそうですが、少なくとも「その概念がこれまで述べられている概念(あるいは疾患等)に当てはまるのではないか」という視点は必要不可欠ですし、それが欠如しているからこそ、こんな近視眼的な論になってしまっているんじゃないでしょうかね。
とりあえず新書として出版する前に、少なくとも「高機能広汎性発達障害の可能性」についてだけは検討していただきたいものでございます。もちろん全てではないだろうけど、かなり当てはまる部分はあるだろうし、当てはまる群はいるんじゃないかと思うけどなぁ。
個人的には「なんでも発達障害」的な昨今の風潮はいかがなものかと思うものの、この場合はやはり検討する余地があるかと。
皆さんからのご意見・ご感想もお待ちしておりますよ。
・関連(しそうな)書籍-参考にどぞー-

社会的ひきこもり―終わらない思春期 社会的ひきこもり―終わらない思春期
斎藤 環

PHP研究所 1998-11
売り上げランキング : 76057
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

教師のための高機能広汎性発達障害・教育マニュアル 教師のための高機能広汎性発達障害・教育マニュアル
杉山 登志郎 海野 千畝子 大河内 修

少年写真新聞社 2005-01
売り上げランキング : 46187

Amazonで詳しく見る by G-Tools

広汎性発達障害の子どもたち―高機能自閉症・アスペルガー症候群を知るために 広汎性発達障害の子どもたち―高機能自閉症・アスペルガー症候群を知るために
辻井 正次

ブレーン出版 2004-09
売り上げランキング : 4421
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

軽度発達障害のある子のライフサイクルに合わせた理解と対応―「仮に」理解して、「実際に」支援するために 軽度発達障害のある子のライフサイクルに合わせた理解と対応―「仮に」理解して、「実際に」支援するために
田中 康雄

学習研究社 2006-03
売り上げランキング : 10521

Amazonで詳しく見る by G-Tools

発達と障害を考える本〈1〉ふしぎだね!?自閉症のおともだち 発達と障害を考える本〈1〉ふしぎだね!?自閉症のおともだち
諏訪 利明 安倍 陽子

ミネルヴァ書房 2006-03
売り上げランキング : 3350
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

発達と障害を考える本〈2〉ふしぎだね!?アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち 発達と障害を考える本〈2〉ふしぎだね!?アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち
安倍 陽子 諏訪 利明

ミネルヴァ書房 2006-03
売り上げランキング : 1920
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ついでに1日1回応援クリックよろしくです学問・科学ランキング

2006/07/14 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (16件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1.  地域性という視点を考慮せずに、強引に印象で語ることの危険性に1票。
     その大学には、私の友人が通っていました。以下、私があぞびに行ったときの印象と友人の経験から、その大学の環境の特異性を考えて見ます。ただし、10年ほど前のことなので、今は違うのかもしれないのですが・・・。
     
     片田舎のさらに山のてっぺんにある大学です。車なしでは生きることすら困難。付近にコンビニがあるかどうかも怪しい。冬には雪(1m以上)に埋まり、熊が出没。街中までは車で30分以上。(ここまでは今の変わってないようです。)バイトする場所もあまりありません。娯楽は、一人遊びか、誰かのアパートに集まって飲むか、麻雀か、恋愛かというような・・・。
     また、専攻なども職業と即結びつくものではなく、学校のレベルも高いとはいいがたいとことから、動機づけの低い学生が集まっていることが推測されます。学費はすごく高い。印象としては親に「どこでもいいから大学へ行け」と言われ、滑り止めとして受験する人が多いようです。そして実際に入学する人は、人生に対してある種の諦観をもった人が多いのではないかと感じられました。
     このような環境の中では、「皆」、準引きこもりとして生活せざると得ないのではないかと考えられます。
     高機能自閉や精神疾患が除外されていないということもあると思われますが、やはり(1)田舎の県のさらに田舎という生活地域と大学の特殊性、(2)その大学に入学した学生の心理的傾向という点から、「準引きこもりに見える状態」を考察してもらえば、よかったのではないかと思います。
     ん~、あるいは(1)と(2)の相互作用から来るうつ状態の人が多いのかも。日照量も少ないし・・・。
     東京の私大であれば、かなり異なる結果が出るのではないでしょうか。あるいは同じ県の街中の専門学校生なんかでも、全く異なる結果が出そうですよね。
     ・・・でも、案外、暴力的といえるほどの強引な「印象」を発表した方が、一般やメディアには受けるのだろうなあという気もして、研究を志すものとしてはなんだかちょっと切ないですよね。

  2. 追加:
     統合失調症の前駆症状ということも考えられますよね。論文中にあげられているもので、当てはまるものが多いように感じました。実際、地方の私大で学生相談をしていたことがありますが、うつ、統合失調症疑い、妄想性障害などで医療機関を紹介することがとても多かったと思います。でも、大学の先生はそのまま話を聞いたりして面倒見ちゃうんですね。そのために、適切な治療を受ける機会が遅れる学生が多く、就職の段になって初めて「問題」になるようでした。

  3. また新手が出ました。皆さんごチューイ。
    わたしもなんか新しいカテゴリー作って売り出そうかしらね。

  4. ゲーム脳以来の、「世紀の発見」ってことになるんでしょうかね。

  5.  どうも、リンクしていただいた文章「『準ひきこもり』という新概念とその実態についての若干の覚え書き」の作者です。突然の訪問数大爆発に驚いて調べる内にこちらにたどり着きました。
     teto2005さんの地域性についての御指摘に応じてデータを追加のためにコメントを書き込ませていただきます。
     私の場合、通っていた大学は都心でした。半径数キロ一面の市街地(若干の公園と水面を含む)。
     いやまあその、サンプル数に一度n++するだけなので大勢(たいせい)には影響しないかもしれませんが。

  6. 皆さんの討論、とても興味深く読ませていただいています。ただ、大学の紀要というのと、学会誌、国際誌とではレベルが違うのです。査読を経ていない紀要をまともにとりあげて討議しても益はないですよ。わが国のマスコミのレベルというのも考えて見てください。N新聞というのは戸塚ヨットを持ち上げ、メンタルスクールをもちあげた一地方紙です。大学名も著者の名前も存知あげないのですが、紀要というのはまだ草案の段階で、この著者も本気でこの問題に取り組むのであれば間もなく学会誌にまとまった論文を投稿されることになろうかと思います。それからじっくと議論しようではありませんか!

  7. >teto2005さん
    やっぱ環境要因は無視できないですよね。自身が置かれている環境での出来事を安易に一般化してしまう時点で、研究者としては「お里が知れてしまう」わけですな。
    > 暴力的といえるほどの強引な「印象」を発表した方が、
    > 一般やメディアには受けるのだろうなあ
    そりゃあデスマさんもおっしゃっていますが、「ゲーム脳」なんかを見ると明らかですわな。そこはもう「研究者としての良心」の問題になるかと。
    > 統合失調症の前駆症状ということも
    > 考えられますよね。
    その辺も含めて「精神病ではない」という部分が果たして適切にアセスメントできているのかってあたりが問題ですね。
    『社会的ひきこもり-終わらない思春期』を書いている斎藤環氏は一応精神科医なわけですが、この紀要論文を書かれた樋口氏はその辺の専門家ではないですからね。で、妥当なアセスメントがなされているか否かもこの段階では不明である…というか恐らくやってないでしょうね。
    その時点で「ダメじゃん」って感じです。

  8. >中猫さん
    > わたしもなんか新しいカテゴリー作って
    > 売り出そうかしらね。
    ブログで話題沸騰になると良いみたいですよ。
    >デスマさん
    > ゲーム脳以来の、
    > 「世紀の発見」ってことになるんでしょうかね。
    そもそもゲーム脳に飛びついている人間の脳が問題であり、こういうのに飛びついてしまう人々もまた…って感じ。

  9. >Agnusさん
    無断で、しかも直リン張ってしまって申し訳ありません。きっと驚かれたことでしょう。
    とりあえず色々な要因というか変数がある中で「環境」というのはその一つでしかなく、それ以外の個人内要因も考慮に入れた上で議論は展開する必要がありますわな。で、樋口氏の論の展開はそもそも環境要因に対する配慮というか検討が見られない、と。
    あれが「心理学者が書いた論文」だと思われると同業者としては大変迷惑だったりしますな。まあ、私も大したもんが書けるわけではないですが、あれよりゃマシですよ。

  10. >donさん
    > 大学の紀要というのと、学会誌、国際誌とでは
    > レベルが違うのです。
    それは理解しております。
    別に樋口氏の紀要論文もそれだけだったら特に問題ないのですが、新書として出版する計画が進行中ということであり
    > この著者も本気でこの問題に取り組むのであれば
    > 間もなく学会誌にまとまった論文を投稿されることに
    > なろうかと思います。
    どうもそうはならないような気がします。まともに批判を受けたら出版計画は頓挫するでしょうし、とりあえず出版するんじゃないでしょうか?
    そうなると心理学者の書いた本」として一般の方の目に触れることになる…それは大いに問題なのではないかと思いますがいかがでしょうか?
    そもそも『ゲーム脳の恐怖』なんかも学会発表等を踏まえたものではないわけですし、今の段階で議論をしておくのはムダではないというか、むしろ必要だと思います。

  11. >>今の段階で議論をしておくのはムダではないというか、むしろ必要だと思います。
    どの段階であろうが,議論すること自体には何の問題もなかろうかと思います。

  12. ええと・・・基本的なことから教えてください。論文を読みましたが、「目的」からすぐに「考察」に入ってもいいのですか?ある男子学生のお話は事例紹介でもないですよね(当たり前ですね、ごめんなさい)
    それでどのようなサンプルや手続きをもって「準ひきこもり」の定義や特徴が出てくるのでしょうか。Table 1 の表で比較してある根拠は何でしょう。そもそも通常の「ひきこもり」の特徴はどこから持ってきてあるのか、教えてください。(こちらの勉強不足は認めます。ただ、このように分類する手続きが知りたいだけです。)
    考察の4~6にいたってはどれだけの調査をしてこのように導いたのか知りたいです。親が過保護、甘いというのは何を基準にしているのでしょう。まさか、筆者の直感のみということは・・・ありえないですよね。本当にみんな裕福なのか?裕福の基準は?じゃあお金に困ったら準ひきこもりにはならないし、今後も困らない人だけが準ひきこもりなんですね?
    ある男子学生さんに関して言えば、やはりうつ病か統合失調症など精神疾患の前駆症状かもしれないなあとも感じましたし、発達障害のいずれかに当てはまるかもしれないと思いました。実際のところはわかりませんが。つまり既存の概念でどうとでも取れるということです。「準ひきこもり」とくくってしまう前に、ひとりひとりのアセスメントをきちんととれば、発達障害や精神疾患のどこかに引っかかる可能性が大きいのではないでしょうか。あるいは、まったく普通で他に要因があるのかもしれませんが。
    ここまで書いて突然少し昔の小此木啓吾先生が言った「モラトリアム」とはどう違うの?と思いました。
    ごめんなさい。まだまだたくさんありますが、初めての書き込みなのでこれくらいにしておきます。

  13.  富山国際大学という1大学の,しかも或る特定の時代の学生だけを対象にして軽々に概念形成するのは余り学問的とは言えないように思われます。
     紀要論文は査読を経ていないのは事実ですけど,それは「とても査読に通らないようなバカ論文でも載せていいよ」という趣旨ではなく,「大学で教鞭を執っている以上,査読を受けなくても査読つき論文と同程度の論文は当然かけるでしょ」という趣旨ではないのですか?

  14. あのひどい論文には書かれていない
    「準ひきこもり」の子の特徴のひとつに
    低学歴者に対する投影的恐怖感が強い
    というのがあると思います。
    観念的意識しか持てない学生の段階にあっては、ブルーカラーこそ、「就きたくない」職業
    であると。。学部を卒業したあとの「準ひきこ
    もり」さんたちの多くが、大学院を目指したり
    公務員を目指すという傾向がそれを物語って
    いると思うのは 私だけー??
    とにかく樋口氏には、おながいだから
    新書はださないでくれと言いたい。

  15. ちなみにこんな本が先日発売されました。
    準ひきこ森―人はなぜ孤立するのか―,樋口康彦著,講談社プラスα新書

  16. teto2005さんへ
    ちょっと言い過ぎだよー。
    (T_T)


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑