Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【傍聴】裁判長!ここは懲役4年でどうすか【したくなった】

公開日: : 雑記

※このエントリはエロとか違法モノとかに嫌悪感を感じる方は読まない方がよいかもしれません。ついでにこのエントリは違法な行為を助長することを目的としたものでもありません。むしろ逆なんですが、それでも読んで不快な思いをされたらごめんなさい。
長女が生まれる前まで、愛読してた雑誌があります。『裏モノJAPAN』って雑誌なんですけど…知ってますか?
アングラ系というか正に裏モノ系の雑誌でして端的に言うと有害図書ですね(エロ企画も満載ですしね)。たぶんコンビニでは売ることはできないレベルの雑誌である気がします。
なので、娘が生まれてからは購入するのは避けてるのですが…暇な時には書店で立ち読みをしたりします。
具体的にどんな内容の雑誌なのかと言いますと…最新号はこちら↓

裏モノJAPAN (ジャパン) 2006年 08月号 [雑誌] 裏モノJAPAN (ジャパン) 2006年 08月号 [雑誌]

鉄人社 2006-06-24
売り上げランキング : 39260

Amazonで詳しく見る by G-Tools

特集 ヤクザまる裸!現役50人に聞いた極道の素顔、好きなタレントから組長に言えない秘密まで/今月の裏モノリポート-超穴場!僧侶専用出会い系サイトがオイシすぎ/駐禁取締りの民間監視員から逃れる方法

バックナンバーもなかなかアレな感じの内容になっております。

裏モノJAPAN (ジャパン) 2006年 07月号 [雑誌] 裏モノJAPAN (ジャパン) 2006年 07月号 [雑誌]

鉄人社 2006-05-24
売り上げランキング : 278543

Amazonで詳しく見る by G-Tools

裏モノJAPAN (ジャパン) 2006年 06月号 [雑誌] 裏モノJAPAN (ジャパン) 2006年 06月号 [雑誌]

鉄人社 2006-04-24
売り上げランキング : 330323

Amazonで詳しく見る by G-Tools

そもそもキャッチコピーが「体験ベースの欲望追求・娯楽雑誌」ですから。やっぱ有害図書です。
で、その中で結構楽しみにしていた連載がありまして、それをまとめた文庫が出ているのを発見しました。こちらです。

裁判長!ここは懲役4年でどうですか 裁判長!ここは懲役4年でどうですか
北尾 トロ

文藝春秋 2006-07
売り上げランキング : 2715

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Amazon.co.jpの商品の説明からコピペ

ワイドショーも小説もぶっとぶほどリアルで面白いのがナマの裁判だ。しかもタダで誰でも傍聴できる。殺人、DV、詐欺、強姦…。突っ込みどころ満載の弁明や、外見からは想像できない性癖、傍聴席の女子高生にハッスルする裁判官。「こいつ、絶対やってるよ!」と心の中で叫びつつ足繁く通った傑作裁判傍聴記。


ということで、裏モノ系のライターが、野次馬根性にもとづいて司法についての知識ゼロの状態で裁判の公判を傍聴しはじめてからの記録です。
帯には「離婚、DV、強姦、詐欺、殺人、強制わいせつ・・・真にリアルな人間ドラマは、裁判所にある。面白すぎ」とありますが、まさにそんな感じ。
はっきり言って視点は不謹慎です。野次馬根性で「他人の不幸」「他人の悲劇」を鑑賞しているわけですから。その辺の批判は単行本版のレビューにもいくつか書かれています。

裁判長!ここは懲役4年でどうすか―100の空論より一度のナマ傍聴 裁判長!ここは懲役4年でどうすか―100の空論より一度のナマ傍聴
北尾 トロ

鉄人社 2003-11
売り上げランキング : 164554
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

でも、確かに面白いのです
私は法律に関しては(とりあえず自分の専門に関わること以外では)全くの門外漢ですし、傍聴もしたことはありません。裁判の制度や関連する専門用語もよくわかりません。そういったレベルの人間にとっては勉強になる部分もあります。で、何よりも裁判というのがどんなものなのか、傍聴したことのない私みたいな人間にもその様子が生々しく伝わってくるのです。
我が国では近く裁判員制度を導入することが決まっております。
参考:裁判員制度 – Wikipedia
文庫版の解説で直木賞作家の角田光代氏も述べているように、もし自分のところに裁判員の役割がまわってきたとしても、この本を読んでいればそれほど困惑しないのではないのかと思います。てか、これ読んで一度傍聴してみたいという気にもなってきました。恐らく同じ感想を持たれる方は少なくないはず。
単行本では続編も出ております。

気分はもう、裁判長 気分はもう、裁判長
北尾 トロ

理論社 2005-09
売り上げランキング : 9256
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

身近で小さないざこざから、窃盗・サギ・殺人にいたるまで―。法廷を覗けば、どんな事件にも人間ならではの底知れぬドラマがある。「裁判なんて、カンケーないよ」というきみを、スリリングでエキサイティングな傍聴の世界へご招待しよう。中学生以上。

さらりと読める内容ですし、でも色々考えようと思えば色々考えられる内容です。
興味を持たれた方は是非とも読んでみてくださいな。マジお薦めです。

1日1回応援クリックよろしくです学問・科学ランキング

2006/07/21 | 雑記

関連記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ?

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

公園に転がっていたどんぐりと落ち葉

筑波大の学生らが福島の子ども達にドングリを贈る…ってそんなに良い話なのか?

昨年末、いくつかの媒体(主に新聞のネット記事)でこんな話題が取り上げられておりました。

記事を読む

「いつも忙しい」がなくなる心の習慣

くっそ忙しい

くっそ久しぶりの更新でいきなり「くそ」だなんて、アテクシとしたことがなんてはしたない…

記事を読む

テンピュール枕

ねーむーいー

超絶眠いです。ネタはあるのに、今日はもうブログを書くのは無理かもしれません。 せっかく

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1.  ううう、おもしろそう。文庫、さっそくAmazonカゴに入れました☆
     裏モノJAPANは一乙女として、読んだことはありませんが、なかなか取材側にも迫力と根性のいる内容満載のようですね・・・。臨床家として一読の価値ありかしら・・・。
     でも、臨床家として仕事をしていると、一般に「違う世界」と思われているようなところでも、本当に日常と隣り合わせなのだなと思ったりすることがあって、何に対してもあまり驚かなくなってきますよね。

  2. >teto2005さん
    お買い上げありがとうございます。
    乙女には『裏モノJAPAN』はキツイっすよね。でも実際面白いので、機会があればご一読をお薦めいたしますよ。
    > 臨床家として仕事をしていると、
    > 一般に「違う世界」と思われているようなところでも、
    > 本当に日常と隣り合わせなのだなと思ったりすることがあって、
    > 何に対してもあまり驚かなくなってきますよね。
    そーなんですよね。
    ご紹介した北尾トロ氏が書かれている内容も、あまり非日常って感じがしなかったのは、きっと自分の毎日が非日常に近いところにあるからなのではないかと思ったり。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑