Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

投影法にはこだわりたいと思っていますが「同じ穴の狢」呼ばわりはいかがなものかと>donさん

公開日: : 臨床心理学

06/07/20のエントリ、「食育」が気になる その6-描画の解釈について思う-のコメント欄にて、donさんからコメントいただきました。当該エントリを未読の方はまずはそちらから。
で、色々言いたいことがあったので、あえてエントリで返信してみますよ。

わが国の臨床の世界は科学とはかけはなれているので室田氏の解釈は当然の帰結だとおもいます。

もし、donさんがこの室田氏の解釈を「わが国の臨床の世界」のスタンダードだと考えてらっしゃるのであれば、私個人としてはここまで酷いとは思ってないですけどね。

要因は無数にあるのに自分の気にいった幾つかの要因だけから結論を導き出すのは心理学研究家の血液型性格診断と同じですよ!

その通りですね。無数の要因と可能性の中から、何故その解釈が導き出されるのかが明らかにされておらず、その点では「科学とはかけはなれている」と言っていいでしょう。
ただ…

妥当性も信頼性も欠いた投影法そのものに固執している点ではロテ氏も同じ穴の狢のように感じられますが、いかがでしょうか?

「妥当性も信頼性も欠いた投影法そのもの」というのが、「全ての投影法は妥当性も信頼性も欠いている」ということなのであれば、それはdonさんの態度が「科学とはかけはなれた」ものであると言えるでしょうね。
donさんは全ての投影法の妥当性と信頼性を確かめられたのですか?その上でおっしゃっているのであれば文句はありませんが、もしそうだとしたら是非ともそのソースを示していただきたいですね。全ての投影法が妥当性も信頼性も欠いているということが明らかになっているのであれば、私は心理アセスメントの中で投影法を使うのは止めますよ。
で、「妥当性も信頼性も欠いた投影法そのもの」というのが、ある特定の投影法を指しているとしても、これも同じです。その投影法の妥当性と信頼性に関するデータを全て概観した上でdonさんがそうおっしゃっているのであれば何も言い返せませんが、もしもdonさんの経験の範囲内で導きだされたご意見なのであれば、それはやはり「科学とはかけはなれた」意見であると言われても仕方がないでしょう。
で、私はこれからもきっと投影法にはこだわっていきたいと思います。で、私の仕事の範囲内で自分が使っているアセスメント手法の妥当性や信頼性に関しての研究は常に追っていきたいと思っておりますし、時間と体力が許す範囲で自分でもそれらに関する研究をしていきたいと思っております。
で、それも踏まえた上で私と室田氏は同じ穴の狢ですか?>donさん
「そうだ」と言われれば返す言葉はないですけどね。

臨床には文脈を読み取るという重要な作業があり、その点ではわたしはアイゼンクのごとく、投影法の総てを否定する者ではありませんが、解釈は説明に比べてあくまでも控えめなものであるべきだと常々考えています。

全くその通りですね。私も投影法の解釈はあくまでも「可能性でしかない」と思っていますし、それを踏まえた上で検査所見を作成し、依頼者や被検者に説明し、見立てを進めていくことにしております。
どんな手法を用いたとしても、臨床実践とは「仮説」の積み重ねであり、いかにしてその仮説の精度を高めていくかが必要かと思っています。ですから、投影法のみでアセスメントすることは出来る限り避けるようにし、やむを得ずそれだけでアセスメントしなければならない場合には、その限界を理解して行わなければならないと思っています。
で、それも踏まえた上で私と室田氏は同じ穴の狢ですか?>donさん
…どうやら私は「同じ穴の狢」扱いされたことがよほど不本意だったようです。

それにしても、臨床家の養成に携わる人々の資質を再考するにはロテ氏の低減は貴重なものだとおもいます。

どんな立場であったとしても、いつかは自分も臨床家の養成に携わっていかざるを得ないわけですし、そう考えるとこれは他人事ではなく自分自身の問題なのですよ。
自分自身の能力向上はもちろんですが、今後の業界全体の底上げを考えるとしたら、やはり教育の問題は避けて通れないものなのですよね。
そんなわけで、「臨床家の養成に携わる人々の資質」については皆様に考えていただきたい問題だと思います。
ほんと、直接室田氏とお話してみたいですよね。何でこんな解釈すんのか。もし室田氏のお知り合いがいらっしゃいましたら、「こんなところでこんなことが書かれているよ」とお伝えください。きちんと議論したいものです。

1日1回応援クリックよろしくです学問・科学ランキング

2006/07/22 | 臨床心理学

関連記事

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日、日本ロールシャッハ学会第21

記事を読む

仕事が終わったら

日本ロールシャッハ学会第21回大会で研究発表とWSの事例提供します

明日から2日間、札幌国際大学におきまして、日本ロールシャッハ学会第21回大会が開催されます

記事を読む

図解・台風の科学

台風なので…

今日は台風なので… もう出勤してしまいました。 やらねばならないことが山積みです

記事を読む

緑色のスカーフ

ゴールドウォーター・ルールに則ってみれば小池都知事の心理がスカーフから読み取れるあの人は完全にアウトだよね

17/10/02のエントリ、小池都知事の心理がスカーフから読めるそうだで取り上げた「臨床心理

記事を読む

AIに支配される人達

感情認識AI技術はオンラインカウンセリングの質の向上につながるか?

(いらすとやより「AIに支配される人達のイラスト」) こんなプレスリリースを発見。

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1.  思うところがあって記事を書いてみたんですけど、トラバができないのです…
     こなだロテ職人さんも私のところにトラバできませんでしたよね。ナンデデショウカ。
     http://kokoronashika.blog47.fc2.com/blog-entry-58.html
     です。

  2. 同じ穴の狢というのは云いすぎです。失礼いたしました。
    わたしにはRテストに浸っていた6年間があります。女子大の講義で三島由紀夫のロールシャッハテストのプロフィー-ルをみてたしか片口先生が同性愛だといっておられたのを自殺の危険性があると言い放った次の週に彼が切腹したとき、してやったりと有頂天になっていた苦い経験がわたしにはあります。当時、わたしは精神病院に勤務していて、1500例を取り終えたところでした。
    辻先生、河合先生、藤岡先生のRTの講習会にでていました。
    Rテストでは結果として片口先生もその一生を棒に振られた感をもっていますし、高橋先生といえども大同小異です。Exnerに至って信頼性は多少ともましてはきていますが、書が欧米の論文を読む限り、MMPIによる後付がないかぎり、RT単独では学会誌への投稿すら受理されない傾向にあります。
    ひとり田舎の病院で手動の計算機で1500のケースと病名との照合をつづけていた30代前半の空しい歳月をおもいおこしています。それぞれの人にはそれぞれの道があり重いがあり夢があるにも拘わらず明確な証拠もあげずに極論を発したことを心からお詫びもうしあげます。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑