Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

娘の偏食

公開日: : 食育

もうすぐ2歳11ヶ月になるうちの娘の話。
離乳食の頃はもう「お前はベジタリアンか?」ってくらい野菜しか食べませんでした。細かく切った野菜をカツオだしで煮たのが好きで、あとはヨーグルトくらいしか食べなかったですね。
ところが最近は野菜ほとんど食べなくなってます。かろうじてトウモロコシは食べるかなぁ…という感じ。去年はあんだけトマト食べてたのに何で?
今年も我が家の畑は豊作で、トマト・ナス・ズッキーニ・ゴーヤなどなど、ガンガン収穫できているのですが…このご時世、採れたての極上のトマトなんてそんな食べられないのになんて贅沢な…と思いますが、本人は「去年は食べてたのに、今年は食べないんだよねぇ」などと他人事のように言ってます。
今の娘の主食は昔と変わらずヨーグルト&牛乳。あとパンは好きですが、ご飯は少々。肉はほとんど食べず、魚はまあちょこちょこと…果物は割と好きという感じです。
偏食なんてのは大人になったらほとんど解消される場合が多いですし、多少の好き嫌いはあっても栄養的に問題なければいいかぁ…と思ってこのエントリはまとめようと思っていたのですが…
ふと検索するとこんなのを見つけてしまいました。
偏食をなくそう
「偏食」のGoogle検索でトップに出てた、千葉県栄養士会のサイトの1コンテンツです。
えー
偏食はわがままを助長し、意欲や好奇心をなくす
だそうです。


ちょっと引用してみますと…

 偏食とは、一般的にある特定の食品に対する好き嫌いがはっきりしていて、しかもその程度がひどい場合を言います。ある特定の食品が嫌いであっても栄養学的に代替しうる食品、例えば魚が嫌いであっても肉や卵、大豆製品などを食べれば問題はないわけですが、だからといって偏食があってもかまわないという意味ではありません。

 偏食がひどく特定の食品しか食べない状態では、成長・発育に必要なビタミンやミネラルなどの栄養素が不足しやすくなります。また、子どもが好むからといって偏食を容認し、肉料理などに偏っているようでは、わがままを助長するだけでなく、将来の生活習慣病の原因にもなりかねません。

 さらに、偏食は意欲や好奇心など心の発達や性格形成などの阻害要因になるといわれています。実践女子大の二木先生の調査によると、楽しくなんでも食べる食欲の旺盛な子は、意欲や好奇心、自主性に富み、偏食の多い子はその逆だったそうです。

んーと…1段落目では「栄養学的に代替しうる食品を食べれば問題がない」という話をされていますよね。で、2段落目では「栄養が偏る」って話になり、それが「わがままを助長する」って話にすり替わってませんか?
で、気になるのが「実践女子大の二木先生の調査」ですね。これ一体どんな調査したのでしょうか?めちゃめちゃ気になるんですが…。つーか、何かツッコミがいありそうな調査の臭いがプンプンするぜ!
ちょっと文献調べてみようかな。
なんつーか、「偏食」の問題がいつのまにか「過度の偏食」の問題にすり替わっているような気も。あと、意欲や好奇心を削がれるような教育がわがままを助長する…って可能性もあったりするような気がしますよ。
皆さんのご意見もおうかがいしたいところ。
とりあえず私は文献検索してみたいと思います。

1日1回クリックしていただけると大変うれしいです学問・科学ランキング

2006/08/23 | 食育

関連記事

子どもクッキング

次女のために子ども向け料理本を買ってみた

最近、次女が料理に凝っておりまして。それ自体は良いことだと思うのです。 ただ、何と言い

記事を読む

no image

粗挽きハンバーグ作った

おそらく一般的に、ハンバーグと言えば「子どもの好きなおかずベスト3」には入ってくるはずの料理かと思い

記事を読む

no image

岩村暢子『家族の勝手でしょ!―写真274枚で見る食卓の喜劇―』

最寄りの書店で探してみたんだけどなかったので、とりあえず備忘録的に。 今、気になっている本です

記事を読む

no image

『えほんもやしもん きんのオリゼー いただきます』

09/10/07のエントリ、『えほんもやしもん きんのオリゼー てをあらおう』でご紹介したこちら。

記事を読む

no image

“TKG”は「卵かけごはん」の略だそうです

“TKG”が「卵かけごはん」の略のだって知ってました?私は知りませんでした。 味の素KKのサイト内コ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (10件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 今日は。
    大人になっても、食べられない程嫌いな物は、食べませんよねえ。
    食べ物に対する好き嫌いって、美味しくないから嫌いな訳であって、「わがまま」とは余り関係無い気もします。不味い物を食べたくないという気持は、大人子どもに関係無いのではないかと思います。
    「美味しくない(と思う)物も食べなさい」というやり方、ありますよね。給食を残したら居残らせるみたいに。あれで好き嫌いが直る事はありませんよね。単なる我慢大会ですね。
    これは屁理屈ですが、魚と野菜以外は嫌いな「偏食」の子って、そんなに責められないような気が。
    そもそも、「偏食が無い」って、どんな状態だ?、と思ったり(笑)

  2. >TAKESAN
    個人的には別に偏食があったっていいと思いますよ。栄養的に問題がなければ。
    で、それを「わがまま」と断じてしまうのは、単に大人のエゴだったり、あるいは農林水産省(以下自粛
    > 「美味しくない(と思う)物も食べなさい」というやり方、
    > ありますよね。
    > 給食を残したら居残らせるみたいに。
    > あれで好き嫌いが直る事はありませんよね。
    > 単なる我慢大会ですね。
    あれは最悪ですよね。てか、私らの世代ではそういうのよくありましたが、今でもあるんでしょうか?あるとしたら、このご時世、結構大きな問題になるのではないかと思います。
    > これは屁理屈ですが、魚と野菜以外は
    > 嫌いな「偏食」の子って、そんなに責められないような気が。
    いや、屁理屈でも何でもなく、全然問題ないのではないかと。栄養的に問題がないのであれば。

  3. 「食の好み」と「偏食」とは、違いますよね。
    「××は、食べられない(食べたくない)」なら、まぁいいとして、食べられないものが多すぎて、「××しか食べられない」まま大きくなると、人生の楽しみが少なくなっちゃうかな。
    そういえば、まだ離乳食のはじめの一歩で、薄めた汁物を上げてた頃、上の娘は、ミソとか醤油味はOKだったのに、トマト味が絶対ダメでした。下の坊主は、お腹一杯のはずなのに、トマト味には反応してました。
    味覚の好みは完全に後天的なものだと思っていたので、6ヶ月の赤ん坊に好き嫌いがあるのを知って、目からウロコでしたね。
    初期値として好みはあるとしても、そのあとの、「味覚の広がり」っていうのはかなり後天的な要因が大きいような気がしますけど。

  4.  >今でもあるんでしょうか?
    私の世代では、給食を食べ切れなくて、昼休みが潰れてしまっている児童がいたりしましたね。今はどうなのでしょうね。
    あ、後、私の、
     >魚と野菜以外は嫌いな「偏食」の子っ
     >て、そんなに責められないような気が。
    ちょっと訂正します。
     →魚と野菜以外は嫌いな「偏食」の子っ
      て、偏食だと責められる事は少ない気が。  
    これは、肉が嫌いだからといって、「偏食だ」と言われる事は少ないのではないか、という意味ですね。逆に、魚が嫌いな人は、偏食だと判断され易いのではないかな、と。勿論印象ですけれど。

  5. 私も子供の偏食について考えていたところこのようなサイトを見つけました。
    http://www.kenko-trendy.com/nakazawa/001354.html
    6つの習慣
    1. 論より証拠,行動で示す
    2. 多様な種類の食べ物を与えること
    3. 盛り付けは子供に合わせて
    4. 少ないかなあ,と思う程度でやめる
    5. おやつは規則的に
    6. 栄養価の高いおやつを

  6. >楽しくなんでも食べる食欲の旺盛な子は、意欲や好奇心、自主性に富み、
    >偏食の多い子はその逆だったそうです。
    因果関係逆もあり得るんじゃ?

  7. >紀さん
    コメントありがとうございます。
    > 初期値として好みはあるとしても、
    > そのあとの、「味覚の広がり」っていうのは
    > かなり後天的な要因が大きいような気がしますけど。
    それはそうだと思います。
    だからと言って
    「偏食はわがままを助長し、意欲や好奇心をなくす」
    ってのはどうかと思うのですよね。

  8. >TAKESANさん
    > 肉が嫌いだからといって、「偏食だ」と言われる事は
    > 少ないのではないか、という意味ですね。
    > 逆に、魚が嫌いな人は、偏食だと判断され易いのではないかな、と。
    > 勿論印象ですけれど。
    思いっきり誤読してしまいましたね。すみません。
    ちなみに、最近の栄養学の本をちらっと読んでみましたが、基本的には魚が食べられなくても、肉などでたんぱく質を補えればオッケーとのことでした。
    偏食に悩む母親は多いけど、本当に問題となる偏食は実はそう多くないのだそうな。
    この辺はまたエントリにまとめてみたいと思いますよ。

  9. >心療耳鼻咽喉科医さん
    コメントありがとうございます。
    リンク先の情報ですが、これアメリカの現状を踏まえた上での偏食対策ですよね。
    今の日本の食生活もずいぶん乱れているとは思いますが、基本的に和食中心の組み立てにしていれば、そこまで偏食の問題は深刻にはならないのではないかと。
    …と考えると、日本の現状に合わない部分もあるのではないでしょうか。
    もちろん食のバリエーションを拡げるために何らかの工夫は必要かもしれませんが。

  10. >通りすがりさん
    > >楽しくなんでも食べる食欲の旺盛な子は、
    >> 意欲や好奇心、自主性に富み、
    >> 偏食の多い子はその逆だったそうです。
    >
    > 因果関係逆もあり得るんじゃ?
    あり得るというか、「むしろ逆」と考えた方が自然なように思います。
    てか
    > >楽しくなんでも食べる食欲の旺盛な子は、
    >> 意欲や好奇心、自主性に富み、
    >> 偏食の多い子はその逆
    思いこみたい人がいるんじゃねーかと。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑