【日心臨参加記録】ワークショップで感じた違和感【1日目】

公開日: : 臨床心理学

06/09/15のエントリ、【日心臨参加記録】ワークショップ参加【1日目】で、ワークショップの感想など述べたのですが…何か違和感を感じてたんですよね。
ああいうアプローチがあるのは別にいいと思う…。いいと思うんだけど。
…この違和感は何かって考えてみたんですよ。


で、結局、「心理臨床学 VS その他の心理学」という対立構造が話の前提にあったのが何だかなぁって感じだったのではないかと思いましたよ。
少なくとも私は学部時代は他の心理学の分野をわりとまんべんなく学ぶことができたと思っていますし、大学院に入学してからもそういう対立構造があるという感じはしなかったです。修論発表も他分野の学生と一緒で、他分野の先生方のいる場で行い、色んな立場からの示唆が得られて良かったと思っております。
そういう「対立構造」で捉えようとするから、新しい研究手法に自身のアイデンティティを求めねばならないのかなぁと思ったり。
話は面白かったですが「心理学の他の分野や医学は(研究の考え方・方法論を使われて)嫉妬している」ってのには閉口でしたよ…ってかネタですよね?ネタにしてもあまり出来がよろしくないかと思われます。
あと質問を受けつけなかったのもいかがなものかと思ったり。「それぞれの結論が得られればいい」って考え方もわからなくはないですが…色々聞きたいこともあったのになぁ…。
ま、とりあえず「臨床 VS その他の分野」的な考え方が既に時代錯誤な気がする。てか、そういう考え方をしているうちはアイデンティティの確立なんてできないと思うし。
以上でワークショップの感想は(いいかげん)終わりにしたいと思いますよ。

応援してください学問・科学ランキング

2006/09/19 | 臨床心理学

関連記事

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日、日本ロールシャッハ学会第21

記事を読む

仕事が終わったら

日本ロールシャッハ学会第21回大会で研究発表とWSの事例提供します

明日から2日間、札幌国際大学におきまして、日本ロールシャッハ学会第21回大会が開催されます

記事を読む

図解・台風の科学

台風なので…

今日は台風なので… もう出勤してしまいました。 やらねばならないことが山積みです

記事を読む

緑色のスカーフ

ゴールドウォーター・ルールに則ってみれば小池都知事の心理がスカーフから読み取れるあの人は完全にアウトだよね

17/10/02のエントリ、小池都知事の心理がスカーフから読めるそうだで取り上げた「臨床心理

記事を読む

AIに支配される人達

感情認識AI技術はオンラインカウンセリングの質の向上につながるか?

(いらすとやより「AIに支配される人達のイラスト」) こんなプレスリリースを発見。

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (3件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 賛同、賛同 !!
    わが国の臨床心理学には長い長い屈辱の歴史があります。われわれの時代には心理学は実験心理学中心の時代であり、現在お墓に入りかけているご老人方はいずれも無能力のために大学の研究室を追い出された面々なのです。食べていく為に嫌々、病院に勤務した人たちは単なるテスターとして若い医師たちの下でこき使われ、学会出張すら私費でまかなっていた時代があります。ご存知なように、わが国の臨床心理学の先達の多くは大学院を出ておられません。いわば大学院への入学を許されなかった面々なのです。
    そのような面々は他領域から、心理学を学ばずに来た人たちにまたたく間にその地位を奪われてしまうことになります。
    そして、時は流れ、心理学は知らないが世渡りには長けた人たちが文部官僚を抱きこんで
    設立したのが臨床心理士協会です。
    所詮、エビデンスベーストなどといっても心理学の基本すら学んでこなかった人たちが科学を理解することは不可能なのです。
    斯く言うわたしも嘗ては大学の研究室をおわれた心理学落ちこぼれの一人です。わるいことには世渡りにも疎く、アウトサイダーとして遠方から遠吠をしているだけの存在です。
    でも、かすかながら明かりは見えなくもないのです。このところ海外でしっかりとした基礎教育を受けた若い人たちがどんどん帰国して来て、学会を変革しようとの兆しはあるのです。もう一息です。わたしも含めて老害どもがこの世をさったとき、若い力がわが国の路線を修正し、真に心理学に根ざした実証的な臨床心理学の構築が目前に迫っているのです。

  2. >donさん
    コメントありがとうございます。
    > 賛同、賛同 !!
    私の文章のどのあたりに賛同されているのかがよくわからなかったりします。
    歴史は知っておく必要がありますが、その歴史にとらわれていては仕方がないわけで、これからの人達に期待というところではないでしょうかね。
    私もがんばりたいと思ってはいますが。

  3. 賛同したのは
    <とりあえず「臨床 VS その他の分野」的な考え方が既に時代錯誤な気がする。てか、そういう考え方をしているうちはアイデンティティの確立なんてできないと思うし。>
     実はあなたの参加されたワークショップにわたしは出ていなかったので臨床対他の分野の内容がわからないままにあなたの言動に賛同してしまったことになります。あなたの仰る臨床は何をさしているのでしょうか?わたしはエビデンスに基かない臨床そのものを単なる絵物語と捉え臨床には含んでいないので他の分野との対立というのが理解出来無いままに、時代錯誤だというあなたの表現に賛同したのです。わたしにとって臨床というのは他の異なった立場をも取り入れたもので対立の構造とはあいいれないものなんです。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑