Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

研究について色々ともの思ふ秋

公開日: : 研究と臨床

結構前に届いた「心理臨床学研究 24 特別号 日本心理臨床学会創設25周年記念特別号」をぼへーっとしながらパラパラめくっておりましたら「第I部 特別寄稿:学会賞歴代受賞者より」の中にれーこタ…いやいや馬場禮子氏「我が学会の現在に思うこと 今こそ研究の視点を」というのを見つけて「さすがだなぁ」と思った次第でありますよ。
初期の日心臨の活動は研修と職能問題へ対応に追われていたのだけれども、なんとか体制が整ってきた今こそ、「学会」の役割に相応しく、研究の実を上げ、臨床心理学が将来に生きるために寄与することが重要という主張には首を縦にブンブン振りながら賛同してしまいました。
そして、それに関する具体的な2つの提言、「年次大会の発表演題を審査すること」「大規模研究を企画すること」の2点についても全く同意でございます。
ちょっと引用してみますよ。

大会が研修会方式で始まった名残から、演題の中には未だに大会を研修の場であるかのように理解しているものが目立つ。つまり、ケースの経過を報告するのみで、今後の進め方や関わり方について座長から助言を得ようとし、発表者の主張や見解や考察が見られないような、研修会方式の発表である。

そーなんですよね!
私が事例研究の発表を聴きに行くのを敬遠するのは、正にこれが大きな理由だったりします。どんなに座長が好きな先生でも、発表者がこんなグダグダな感じじゃ、はっきり言って時間の無駄なんじゃねーかと思うわけですよ。「研修会」だったらそれでいいんでしょうけど(いや…それはそれで退屈か)、本来は研究発表の場で事例検討するなんざぁ、座長の先生も気合い入んないんじゃねーかと思ったり。

それによって、現在多すぎる発表の数を減らすとともに、その質を高めることが出来るであろう。

うん。確かに一石二鳥ですな。問題は誰が査読するのかってことだったりしますが。その辺は発表者の方も「自分の発表は果たして研究発表なのか?」という自覚を持ってもらう必要があるかと。
大規模研究を企画することに関しては正にその通りで

学会が研究企画を募集し、研究費を提供して、大規模研究を推進することを勧めたい。

なんてのが実現できたら、それはもう大変ステキな話だとは思いますが、個人情報や倫理の問題が絡んでくると難しいこともあるだろうなぁと思ったり。
とにかく未読の人は(って未だに未読だったのって俺くらい?)読まれると良いかと思われます。歴史厨というか資格厨というか、そんな感じの文章も載ってたりして色んな意味で楽しめます。
とりあえずこういうのを見ると、自分の研究に対する在り方、臨床に対する在り方などをちょっと考えてみたいなぁと思ったりするのでした。

1日1回クリックしていただけるとロテ職人が喜びます学問・科学ランキング

2006/09/30 | 研究と臨床

関連記事

東大赤門

大学入試で旧帝大に入るくらいの知的能力がない人は心理職は目指さない方が良い?

そんな暴論、誰が放った? 「大学入試で旧帝大に入るくらいの知的能力がない人は心理職は目

記事を読む

採用情報 - 株式会社金子書房

金子書房さんが「心理検査職」の募集をしてます

昨日、Twitterでもつぶやきましたが、心理アセスメント関連の書籍の出版で(私の中では)有

記事を読む

研究計画書の考え方

非心理系学科卒で臨床心理士指定大学院に入るのに心理系学科への編入・学士入学は必要か?

読者の方のメッセージから 先日、読者の方からメールフォームにてメッセージいただきました

記事を読む

ブログを書く手

研究の対象者をブログで募集することの問題点

何年前のことだろうか… 遥か昔…と言っても、このブログを始めて数年くらいの頃ですが、表

記事を読む

螺旋階段

臨床家として、研究者として、どのように生きていくのかということ

ためになった勉強会。来年度も参加するかどうか… 今年度、月1で開催される某勉強会に参加

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. >本来は研究発表の場で事例検討するなんざぁ
    ごもっとも、と思います。
    しかし、研究発表であっても油断できません。私が心臨で聞いた事例研究は、一応研究の体裁は取っていたのですが、最大の主張を裏づける肝心のところが全くダメダメ、それも、解釈が分かれるとかそんなレベルじゃなくて、それじゃあ全然論拠になってません、という有り様でした。
    あんまりなので質問したのですが、発表者がちゃんと答えられないのは当然として、座長までが取りなすような言い方をして、議論を促すよりも議論を封じるような態度に出たのは本当に失望させられたのでした……

  2. >座長までが取りなすような言い方をして、議>論を促すよりも議論を封じるような態度に出た
    これは自分も感じたことがあります。ヘボ発表
    にツッコミを入れても、座長が収拾をはかろうとするんですよね。座長の個人的な資質(?)
    の問題じゃない気もします。本来、場の取り仕切り役のはずの座長が、歴史的に保護者役のようなものを暗黙のうちに担わされてきたんでしょうな、あの学会では。
    若手が学会で発表するのって、基本的に「恥をかきに行く」のが主な目的ですよね。しどろもどろでも本人にきちんと見解を言わせたうえで、次からの反省材料にしてもらわないと、結局本人のためにならないのに。
    その点では、「学会発表は研修会じゃないぞ」という馬場先生には賛同します。が、ただ現状の学会で「年次大会の発表演題を審査」しようとすると、ロテさんも言うように「誰が査読するか」の問題が起こりますね。基礎研究発表を軽視してきたここ数年の流れ及び今の学会幹部の顔ぶれを考えると、実証研究がさらに排除され、今以上に根拠レスな感想文的発表だらけになる恐れが強いと思います。

  3. >aenigmaさん
    コメントありがとうございます。
    > 一応研究の体裁は取っていたのですが、
    > 最大の主張を裏づける肝心のところが
    > 全くダメダメ、それも、解釈が分かれるとか
    > そんなレベルじゃなくて、それじゃあ全然
    > 論拠になってません、という有り様でした。
    あー…あるあるw…って笑ってる場合じゃないですよね。
    > 座長までが取りなすような言い方をして、
    > 議論を促すよりも議論を封じるような
    > 態度に出たのは本当に失望させられたのでした……
    うわぁ……
    確かに明らかにおかしい質問する人ってのはたまにいますし、そういう場合に座長が保護的機能を果たすのはまあ仕方がないかもしれません(ただ、それも発表者がやるべきことなんじゃないかとも思います)。
    ただ、正当な質問を封じようとするのは最低ですな。研究者としてどうよ?って感じですよね。

  4. >H・Beckerさん
    コメントありがとうございます。
    > 座長の個人的な資質(?)の問題じゃ
    > ない気もします。
    > 本来、場の取り仕切り役のはずの座長が、
    > 歴史的に保護者役のようなものを暗黙のうちに
    > 担わされてきたんでしょうな、あの学会では。
    うーん。そうなんでしょうか?座長の研究者としての個人的資質が関連しているんじゃないかなぁ…というのは私の希望的観測。
    なんか「臨床家として~」みたいな態度を変に発揮してしまっている座長とかいそうな気がします。
    > しどろもどろでも本人にきちんと見解を言わせたうえで、
    > 次からの反省材料にしてもらわないと、
    > 結局本人のためにならないのに。
    ですよね。私もそう思います。
    学会発表なんて場数を踏んでナンボだし、最初から完璧な発表できる人なんているはずないんだから、恥をかくのは悪いことではないはずなんですがねぇ…。
    > 基礎研究発表を軽視してきたここ数年の流れ
    > 及び今の学会幹部の顔ぶれを考えると、
    > 実証研究がさらに排除され、今以上に
    > 根拠レスな感想文的発表だらけになる恐れが
    > 強いと思います。
    なんだか恐ろしい未来…って感じですが、それが現実味を帯びてしまうのが一番怖いですね。
    そこまでひどい状況なのかなぁ…馬場先生みたいな人だったら、実証研究の重要性はわかると思うのですが…他は(以下自主規制


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑