Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

臨床心理行為研究セミナー

公開日: : 心理・精神医学本

しばらく前に書店で見つけたのですが、ようやくAmazonでも見られるようになったのでご紹介。現代のエスプリ別冊の最新号です。

臨床心理行為研究セミナー 臨床心理行為研究セミナー
亀口 憲治

至文堂 2006-09
売り上げランキング : 25503

Amazonで詳しく見る by G-Tools

出版社からの紹介文をコピペしますよ。

心理専門職の国家資格化を実現させるためにも、臨床心理行為の独自性をより鮮明にすることが求められている。このアポリア(難問)に取り組む初学者と指導者の双方にとって、本号所収の論考は刺激的な学習素材となるだろう。いずれの研究手法や事例も、心理臨床の最先端の課題に切り込む意欲と気迫に満ちた力作ばかりである。

うん…何か意気込みはビシビシ伝わってきます。意気込みはわかるのですが…
とりあえず目次見てみますか。

【目次】
座談会/臨床心理行為とは何か
(亀口憲治/狩野力八郎/中釜洋子/能智正博)
■臨床心理行為のコア概念とその理解
・変動社会における臨床心理行為の意味論 (亀口憲治)
・臨床心理行為の共通基盤について―トラウマへのアプローチから (森岡正芳)
・臨床心理行為の独自性 (氏原 寛)
・ユーザーから見た臨床心理行為 (能智正博)
・スーパーヴィジョンからみた臨床心理行為 (藤原勝紀)
■臨床心理行為のエビデンス
・発達心理臨床のエビデンス (田中千穂子)
・スクールカウンセリングのエビデンス (水野治久)
・産業カウンセリングのエビデンス (楡木満生)
・家族カウンセリングのエビデンス (藤田博康)
・病院心理臨床のエビデンス (丹野義彦)
・地域心理臨床のエビデンス (小倉歩/横山知行)
・心理教育のエビデンス―科学的根拠に基づいた心理学的実践に向けて (遊佐安一郎/大島 巌)
■臨床心理行為の事例研究
・死別と悲嘆夢の事例研究 (山本 力)
・不登校の事例研究 (藤岡孝志)
・摂食障害の事例研究 (井原成男)
・うつ症状の事例研究―認知行動療法から (石垣琢磨)
・統合失調症の事例研究 (井村 修)
・夫婦問題(カップル・カウンセリング)の事例研究 (中釜洋子)
・学生相談の事例―引きこもりから就職まで (倉光 修)
・発達障害の事例研究 (中川信子)
■臨床心理行為に関わる質的研究の新展開
・母子家庭の心理的支援と研究 (堀田香織)
・学校臨床における協働的支援 (角田真紀子/亀口憲治)
・予防的カウンセリングの実践過程―こころの健康教育 (長谷川恵美子)

冒頭の座談会は東大軍団の中の狩野氏が何か違和感を感じさせます。面白そうなんだけど…。
で、ちらっと見た限りでは「エビデンス」「事例研究」「質的研究」のパートはそれぞれバラバラで全く統一感がないのですよね。ただ同じ本の中にあるというだけで。
この混沌とした感じが「臨床心理行為」という概念の混沌っぷりに通じているのかもしれませんが。
もちろん、ここの論文の内容はそれぞれ興味深いものではあるんですけどね。これが同じ本の中にある意義が見いだせませんでした。少なくとも私は。
興味のある方は是非とも読んで感想などお聞かせくださいませ。

参考になった!という方はクリックしていただけるとありがたい学問・科学ランキング

関連記事

心理学を学ぼう!2

【心販研】心理学書販売研究会の『心理学を学ぼう!2』がスゴイ!【15周年】@shinpanken

昨日、いつもお世話になっておりますWebサービス・Reme(リミー)さん主催の第1回の臨床心

記事を読む

見開きの洋書

2016年第1四半期売れ筋ランキング

お久しぶりでございます 前回更新したのが4月4日ということで、実に2週間以上ぶりの更新にな

記事を読む

AGPA集団精神療法実践ガイドライン

アメリカ集団精神療法学会 著・西村馨, 藤信子 訳『AGPA集団精神療法実践ガイドライン』

気づいたら結構前の話になっちゃってますが、3月12日・13日の二日間、千葉県市川市の和洋女子

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

浅井伸彦氏(『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』著者)が盛大に誤読してらっしゃる件

再度の燃料投入いただきました もういい加減、この話題も終わりにしたいと思うんですが何で

記事を読む

あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには '16~'17年版

『あたらしいこころの国家資格「公認心理師」になるには ’16~’17年版』の著者、浅井伸彦氏はどうすべきだったのか? その2

さて、昨日のエントリの続きです。 未読の方はまずは過去ログからどうぞ。 ・浅井伸

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑