Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

「問題ない」=「良い」ではないです

公開日: : 食育

06/08/31のエントリ、栄養的に極端な偏りがなければ偏食してても問題ないのコメント欄であままさんからこんなコメントいただきました(当該エントリを未読の方はまずそちらからどぞー)。

偏食については大人になったら解消されることが多いんだから、と思うより、子供なんだからほっといたらエスカレートする一方だ!と思う方です。
「色々工夫しながら様々な食品を与えていく必要があると思います」とありますがこうゆうことが大事だと思うのですよ。なんか「特に問題ない」とか「全く心配していない」とか言ってるから、まさか野放し状態?と勝手に思ったりしたので。

えーと…


とりあえずエントリの本文をちゃんと読んでくださいな。
あままさんも引用されていますが、私はこう言っておりますよ。

もちろん「うちの子はこれしか食べないから楽でいいよね~」とかアフォなことを言いながら、特定の食品しか与えない養育者がいるとしたら言語同断です。引用した部分にもあるように、幼児期の偏食は固定化しない傾向がありますし、その後の食生活のバラエティへの可能性を広げるという意味では、色々工夫しながら様々な食品を与えていく必要があると思います

ここ大事!
幼児期の偏食を見て「このまま何も食べない大人になるんじゃないか…」と思うのは余計な心配ってものですよ。だからと言って放置していいとは一言も言ってませんですよ
工夫することは大事です。つーか、自分の子どもを思えばこそそういうことをするわけじゃないですか。できるだけ美味しい物を食べさせたいですしね(※これは「好きなものだけ与える」ということではないです)。
で、なんで私が「気にするな」と言っているかっていうと、子どもの偏食が気になってそれが育児の負担を過度に増大させるということを危惧しているのです。「偏食はわがままに繋がる」なんて誤った信念はそうした負担を助長させかねないということを危惧しているのです。
ですから、負担が過度にならない程度に工夫していく必要はあると思っておりますよ。
ちなみに「子どもなんだからほっといたらエスカレートする一方だ!」ってのはあままさんの決めつけですよね?どこかにその証拠がありますか?もし根拠なくそういったことをおっしゃっているのであれば、そうした決めつけが他の養育者を苦しめる可能性はあるのだということを自覚してくださいな
・・・・・・・・・・・・
んでもちろん、タイトルにもあるように「問題ない」=「良い」ってわけではありません。「栄養的に極端な偏りがなければ偏食してても問題ない」とは言っても、偏食を放置することを推奨しているわけではないのですよ。つか

まさか野放し状態?と勝手に思ったりしたので。

「勝手に思うなよ」って感じでございますよ。我が家はそれなりに工夫していますよ。負担にならない範囲で。
個人的にはうちの娘は恵まれた食生活をしていると思いますよ。夏場なんかは常に畑で取れたての野菜を食べることができますし(てか彼女は自分で収穫するの好きですし)、苦手な食材も色んな調理方法で試してます(お陰で最近、ずいぶん色んなものを食べるようになりました)。
勝手に「まさか野放し状態?」とか思われてしまうのは心外です。

うちはおかんが栄養面重視の食事で「体にいいんだから少しくらいおいしくなくても食べなさい。」と言われて小さい頃育ったので、偏食でも意外と栄養面は大丈夫と言われても、ほんとにそうなのかな…?と疑ってしまいます。刷り込まれちゃってて。ロテ職人さんの娘さんの食事もあんまりよくないのではと思っちゃいます。ほんとに大丈夫なんだったら偏食しててもまあいいじゃん、と思いますけど。

疑われても、一応そういう研究結果は出てますですよ。でもそういう結果があるから、そういうことを主張する私ん家の食事があまりよくないと思われてしまうのも、これまた心外です。
栄養バランスの悪い食事よりはバランスの良い食事の方がいいに決まってるじゃないですか。その辺を踏まえた上で養育者が無理に偏食を矯正するのではなく、「まあいいじゃん」と思えてた方が養育上はいいんじゃねーかと思うわけなのですよ。
言いたいこと伝わりますかね?
そんなわけで、また異論・反論・オブジェクションありましたら受けつけますよ。

1日1回クリックしていただけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

2006/10/25 | 食育

関連記事

子どもクッキング

次女のために子ども向け料理本を買ってみた

最近、次女が料理に凝っておりまして。それ自体は良いことだと思うのです。 ただ、何と言い

記事を読む

no image

粗挽きハンバーグ作った

おそらく一般的に、ハンバーグと言えば「子どもの好きなおかずベスト3」には入ってくるはずの料理かと思い

記事を読む

no image

岩村暢子『家族の勝手でしょ!―写真274枚で見る食卓の喜劇―』

最寄りの書店で探してみたんだけどなかったので、とりあえず備忘録的に。 今、気になっている本です

記事を読む

no image

『えほんもやしもん きんのオリゼー いただきます』

09/10/07のエントリ、『えほんもやしもん きんのオリゼー てをあらおう』でご紹介したこちら。

記事を読む

no image

“TKG”は「卵かけごはん」の略だそうです

“TKG”が「卵かけごはん」の略のだって知ってました?私は知りませんでした。 味の素KKのサイト内コ

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (8件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. えと、
    簡単に言うと、
    『いいあんばい』が良いわけですよね。
    (簡単過ぎたかしら・・・)

  2. >pippさん
    コメントありがとうございます。
    > 『いいあんばい』が良いわけですよね。
    言いたいことは多分そういうことなんじゃないかと思いますです。

  3. 今度自分のブログのエントリにも書くつもりですが、「食育」に興味があります。
     というのも、SC先で調子が悪い女子達の栄養があまりにも!!だから、自然と興味が出てきてしまう。
     「食育」は現在なんだかヒステリックなイメージ(食品添加物は0ね!みたいな)がありますが、そうじゃなくて「悪くない食事」って大事だと思いますね。
     もちろん、心の健康にも通じると思います。唯一の物理的インプットが食事ですしね。
    ロテさんの娘さんの食育の感じは、私は好きですよ。なんというかバランスがよくて。

  4. >勝手に「まさか野放し状態?」とか思われてしまうのは心外です。
    まぁ、心外でしょうが、
    でも「まさか野放し?」と勝手に思わせ兼ねない文でもあったかと。
    書いてないことまでは分かりませんしねぇ。
    まだ、断定されずに「勝手に思った」とされるだけ、
    あままさんは丁寧な方だと私は思いましたよ。
    「まずはしっかり読んで欲しい」というのはもちろんですが、
    「しっかり読み込まずとも分かる内容」ってのも大事かと。

  5. 勝手に思っちゃってすいませんでした。ロテ職人さん宅もいろいろ工夫してるんですね。
    このコメント書いた後、田島みるくさんの育児マンガ「あた天」に食について書いてあってそれ読んでちょっと考えも変わったかもです。
    うちは0歳児だから2、3歳ぐらいってよくわからなかったんですが、あれですね、魔の2歳児っての相手ではなかなか偏らない食事なんてのは難しそうですね。
    食べさせなきゃと思って親がイライラするよりはこの時期は「楽しい食事」になるようにするのを最優先させたほうがいいかもしれないですね。長い時間かけて子供の食も成長するのでしょうね。

  6. >【家族心理.com】管理人さん
    コメントありがとうございます。
    > 「悪くない食事」って大事だと思いますね。
    そうそう。「悪くない食事」!自然食品とか突き詰めていくと、これも何だかなぁという方向に行ってしまうことがなきにしもあらずなので(特に強迫的な人は)、これくらい力が抜けた感じの方がいいんじゃないかと思う次第です。
    ついでに言えば「食育」だけでは意味がなく、結局重要なのは全般的な教育…つーか「子育てって大事だよね」ってごくごく当たり前の結論に行き着いてしまう予感。
    > ロテさんの娘さんの食育の感じは、
    > 私は好きですよ。
    > なんというかバランスがよくて。
    いやいや。妻が非常にしっかりした人なので(この辺、私とは正反対なのですよね)、根を詰めすぎないよう私がバランスを取って力を抜いていく必要があるのかな、と。

  7. >千尋さん
    んー…一応、前のエントリでも
    > 栄養的な問題よりも私が危惧するのは
    > 養育者のメンタルヘルスの問題だったりします。
    と書いてあって(強調のため原文でも太字を用いておりました)、私としては私のうちの食育がどうなのかなんてのはどーでもいい話だったりします。一番伝えたいところがうまく伝わっているか分からず、しかもあんまり関係ない我が家の教育について言及されてしまったため若干キレ気味になった次第であります。
    とりあえず私の書き方が良くなかったという見方もできるとは思いますので、今後も気をつけていきたいと思います。
    ちなみにあままさんが丁寧な方だというのは私もそう思います。

  8. >あままさん
    こんな失礼な書き方をしてしまったのにもかかわらず丁寧なコメントありがとうございます。
    > うちは0歳児だから2、3歳ぐらいって
    > よくわからなかったんですが、あれですね、
    > 魔の2歳児っての相手ではなかなか
    > 偏らない食事なんてのは難しそうですね。
    もちろん個人差はあると思うのですが、偏食が出てしまうのはある程度仕方がない時期なのではないかと思うのですよね。
    > 食べさせなきゃと思って親がイライラするよりは
    > この時期は「楽しい食事」になるようにするのを
    > 最優先させたほうがいいかもしれないですね。
    そうなんですよ。そんなことでイライラして、それが子育てに影響を与えているというのは、偏食が子どもに与えるよりもはるかに大きな影響なのではないかと思うのです。
    おわかりいただけて良かったです。今後ともよろしくお願いいたします。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑