【あえて】樋口康彦著『「準」ひきこ森 人はなぜ孤立してしまうのか?』【釣られてみる】

公開日: : 心理・精神医学本

過去ログ未読の方はまずはそちらをどぞー。
「準ひきこもり」という概念(06/07/14)
富山国際大学のIPアドレスから樋口氏の著書を宣伝するコメントが投稿されている件(06/10/27)
コメントの件は実際誰が投稿しているのかわからないので、これ以上は触れないでおきます。てかわりとどーでもいい話なので。
で、7/14のエントリで書いた内容をまとめますと、私の疑問は以下の2点に集約されます。
1. 準ひきこもり(と思われる人)の中には高機能広汎性発達障害に分類される人もいるのではないか?
2. 樋口氏が行ったアンケート調査とは?心理アセスメントのツールは何か使っているのか?
ということです(他にもいくつかあるのですが、とりあえずこれだけはまとめたいと思います)。
で、ざっと読んでみました。この本。

「準」ひきこ森―人はなぜ孤立してしまうのか? 「準」ひきこ森―人はなぜ孤立してしまうのか?
樋口 康彦

講談社 2006-10-21
売り上げランキング : 39563

Amazonで詳しく見る by G-Tools

で、そのレビューというかツッコミです。


結論から言いますと、上記2つの疑問に関する回答はこの本からは得られませんでした
まず1つめの疑問についてですが、全く関連する記述はありません。前に挙げた紀要論文と同程度の内容しか書かれていません。
で、この点について樋口氏の公式ブログのコメント欄で関連する記述を見つけました。
見つけたんですが…とりあえず読んでみてください。
樋口康彦の公式ブログです。
※このブログ、運営しているのは樋口氏本人ではないのですね。なぜに?
06/10/12のエントリ、準ひきこもりに関する本出版のお知らせ
のコメント欄に、六という名前の方による書き込みがありました。

Unknown (六) 2006-10-29 16:44:28
拝読さていただきました。
質問ですが、アスペルガーとは違うのですか?

これに対する樋口氏の回答がこちらです。

コメントありがとうございます。 (樋口康彦) 2006-10-30 10:52:50
お読みいただいてありがとうございます。
アスペルガー症候群に関しては残念ながら世間であまり知られていないため,本人や周囲の人たちも気づかないまま大学生あるいは社会人になってしまうことが多いようです。
そういうこともあり,見分けるのは困難です。
ただ,アスペルガー症候群の方は準ひきこもりとよく似た症状を示しますが,症状が似ていているからといって原因が同じであるとは言えないと思います。
準ひきこもりの中には,人付き合いが苦手で孤立しているうちにいつのまにかそうなってしまった方がいるでしょうし,アスペルガー症候群の方もいないとは言えないと思います。

えーと…この回答コメントは何が言いたいのでしょうか?はっきり言ってよくわかりません。

アスペルガー症候群に関しては残念ながら世間であまり知られていないため,本人や周囲の人たちも気づかないまま大学生あるいは社会人になってしまうことが多いようです。
そういうこともあり,見分けるのは困難です。

見分けるのは困難である…ということは樋口氏の提唱する「準ひきこもり」群の中にアスペルガー症候群の人が含まれている可能性は否定できないということですよね?
にも関わらず、樋口氏の挙げる「準ひきこもり」の定義の中には「統合失調症などの精神的疾患が原因ではないと考えられる」というのがあります。
ここで「精神的疾患」の定義が問題になりますが、少なくとも「準ひきこもり」とされるのには発達障害の可能性は除外する必要があるんじゃないですかね?(私の言っていることが間違っているのであればご意見ください)

ただ,アスペルガー症候群の方は準ひきこもりとよく似た症状を示しますが,症状が似ていているからといって原因が同じであるとは言えないと思います。
準ひきこもりの中には,人付き合いが苦手で孤立しているうちにいつのまにかそうなってしまった方がいるでしょうし,アスペルガー症候群の方もいないとは言えないと思います。

えーと…つまり「準ひきこもり」の中には「アスペルガー症候群の方」もいるかもしれない、と。区別する必要はないということですか?んー?
・・・・・・・・・・・・
2つめの疑問、アンケート調査についても全く記述がありません。アセスメントに関しても同様です。
ただ、個別の事例についてはこんな記述がありました。

知能は正常である。Cattle-CFテストにおいてはIQ=100程度である。

すみません。誰か教えてください。Cattle-CFテストって何ですか?(不勉強ですみません)
もし個別の検査ができる状況であるならば、やはりWAIS-R(最近はIIIですか)くらいはやっておくべきなのでは?

えーと、個人的には新書の方は買う必要はないと思います。紀要論文の内容を水増しただけで、目新しいところは何も書かれておりません(私が読んだ限りでは)。
で、ブログの方ではこんな募集も…
ものすごい大募集(06/10/06)

本を読んでいただいて本当にありがとうございます。
準ひきこもりの皆さんのインターネット上での交流を促進するという目的から,「樋口康彦へのリターンメール編集委員」では本の出版を企画しています。
「ご自分の準ひきこもり体験」(「準ひきこ森」を読んだ感想,どんな状態だったの樋口康彦の近況か,どうやって抜け出したのか,準ひきこもりの詩:その時の心情を詩にしたもの・・・・・・etc 内容は自由です)を大募集致します。あなたの体験を本にして,みんなと共有してみませんか?

えー?…何かどんどんアレゲな方向にいっている感じがしますよ。誰か周りで止める人はいないのでしょうか?(というかたきつけてるのは誰だ?本人が暴走してるだけ?)
06/10/30のエントリ、樋口康彦の近況では

樋口康彦の近況をお知らせします。
現在2冊目(新書)を執筆中です。1冊目より絶対いい内容にします。
また,同時進行で小説も執筆中です。何十冊分も小説のネタをストックしてあるのですが,今は「ひきこもり」に関する小説を書いています。

小説…?
…この人、心理学者は辞めるんでしょうか?樋口氏の今後が心配です。
なんか私の意見が偏っているだけという可能性は否定できませんので、皆様からのご意見をいただけたらと思います。
※13:30追記:ある方からご連絡いただいたのですが、Cattle-CFテストは知能検査の一種らしいです。こちらのページを見ると、主に企業用に使われる知能検査のようです。へー。一つ賢くなりました。

1日1回クリックしていただけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

関連記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。 最近、色々と本をお送り

記事を読む

心理学書籍販売研究会

心理学書販売研究会(心販研)のページがセブンネットショッピング内に!…あったんだけど…

先日、「何か面白い本はないかしらん?」とネットの海を漂流していたところ、心理学専門書を刊行す

記事を読む

「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本

【ご恵贈】杉山崇 著『「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本』【感謝!】

17/09/26のエントリ、【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション

記事を読む

改訂 精神分析的人格理論の基礎

馬場禮子著『精神分析的人格理論の基礎』の改訂版が気になるのです

情報いただいたのは昨年です。ずーっと気になっていたのです。 改訂 精神分析的人格理論の

記事を読む

対人関係とコミュニケーション

【ご恵贈】渡邊敦子・安齊順子 編著『対人関係とコミュニケーション』【感謝!】

「ご恵贈いただいたにも関わらず長い間ご紹介せずにいて大変申し訳ありませんでした」シリーズ第1

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (5件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. 内容はともかくこの本のタイトルって誤植かと思ってました・・・。
    「ひきこ森」って誰がうまい事言えと・・・って全然上手くねーだろ、と一人ノリツッコミする人続出の予感。

  2. えとですね、引用します。
    ・・・・・ここから・・・・・
    ところで私の「準ひきこもり」に対するイメージは「準ひきこ森」である。誰もいない森の中で膝を抱えて座っている孤独な青年。孤独地獄の中で、それでも誰かを待っている孤独な人。人格はないが相手をしてくれるもの(テレビ、パソコン、コンピュータゲーム、マンガ、アニメ、フィギュアなど)にひたすらのめり込んで現実逃避を繰り返しているうちに、人里離れた暗く恐い森の中に迷い込んでしまって、どうしていいか途方にくれている人。それをタイトルに反映してみた。
    ・・・・・ここまで・・・・・
    …( ゚д゚)ポカーン
    さらに
    ・・・・・ここから・・・・・
    また準ひきこもりについての理解を助けるため、自作の「準ひきこもりの詩(うた)」を何編か挿入しておいた。
    ・・・・・ここまで・・・・・
    という辺りでイタさ倍増です。

  3.  ロテ職人さんと同様の疑問をもち、期待しつつ私も買ってしまいました<準ひきこ森
    >新書の方は買う必要はないと思います。
    >紀要論文の内容を水増しただけで、目新
    >しいところは何も書かれておりません
     賛成です。ただ、出版後まもないうちは、買わないとそのことがわからないのですよね………

  4. これはもはや、心理学の学者が書いたものではなく、ひとりの人の随筆+エッセイ+小説+ポエム(?)なのですね。
    大学名と「心理学」が入っていなければ、よかったのになあという感じがしますね。
    先日、地方工学系の大学で先生方の勉強会で講演に呼んでいただいたのですが、工学系の先生方の方が、「単位不足者」「引きこもり傾向の学生」に対して、正しい認識をしようとデータを取るなどして頑張っておられました。
    発達障害・あるいはソーシャルスキル面の発達に関して両親にネグレクトされてきた群(後天的な軽度発達障害)についても話し合ったところ、「そのような視点で見れば当てはまる者が多い、ではどうやって具体的に援助していこうか。勉強や単位取得、バイト配分のルールが分からず、やむを得ず不本意に、単位不足者予備軍になっているものをぜひ救済したい」として、あれこれ具体策を話し合っておられました。
    この著者にも、エッセイではなく、心理学としてきちんと取り組んでいただければ、大部分の学生に対する援助になりうる部分なだけに、残念ですよね。

  5. なるほど「ひきこ森」にはそういう意味があるんですね。納得納得・・・ってんなわけねーよwww。ていうかそこまでイメージしてなんで最後ダジャレなんだよって感じですよね。
    しかし詩やら小説やらなんかちょっと見てみたい気もする・・・。これが噂の邪気眼ってやつなのか?うーんオラワクワクしてきたぞ。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑