Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

【独創性よりは】臨床心理学徒にとって必要な「研究能力」とは その2【創造性?】

公開日: : 研究と臨床

06/11/03のエントリ、臨床心理学徒にとって必要な「研究能力」とは?のコメント欄でデスマさんからこんなコメントいただきましたよ。

問題は、その「独創性」の程度というか、
中身の問題のような気がします。
修士レベルでは、それほど「独創的」ではなくとも、
まだ誰も手がけていない内容であって、
論理的に破綻が無く、
心理学研究の作法が守れて、論文の呈をなしていれば、
一応OKなのではないかと。


衝動的にアップしてしまったエントリだったので、かなり説明不足な点があったことをおわびいたします。私が想定していた「独創性」ってのはまさに「まだ誰も手がけていない内容」程度のもんです。
あえて「独創性」って言葉を入れたかったのは、与えられたテーマではなく自ら問題意識を持ってテーマを決定する…ってことが大事なんじゃないかなと思ったからであります。
大規模調査研究だったり、あるいは非常にコスト(人的にも金銭的にも)がかかる研究なんかは、ボスが修士の学生のテーマを決めて…ってことがあるのはわかります。そしてそれがやりがいのある研究だったりするであろうことも私なりにわかるつもりです。
そういう研究の方が学問的には意義があるってことも多々あるでしょう…けれども、私としてはそういう研究じゃない研究ができるのも心理学という学問の面白さだと思うのです。
そう考えると、他分野(というのはもちろん「心理学」以外の学問も含みます)の研究と臨床心理学の研究を比べても仕方がないとも思うのですよね。

その人は、人から受け取るだけで、
他の仲間に自分の知見を提供するだけの能力もなければ、
他の仲間から受け取る能力すらも怪しい、という、
そういう人になってしまい、
それでは、「現場的」な臨床心理職としてすら、
勤まらない人になってしまいます。

こういう辺りをカバーできるような「独創性」ってのが必要なのではないかと…ってことは「独創性」ってよりは「創造性」の方が適切かもしれないです

リンク先の廣中氏は、
暗にそういう博士レベル以上の
独創的「研究」のみを研究と考えているから、
臨床心理士の多くは研究能力を備えていないし、
臨床系の大学院教育はまともではない、
そして臨床職にはそもそも大学院教育は不要というような、
そういう意見になるのではないでしょうか。
カットオフポイントが高すぎるように思います。
その結果、
博士課程以上レベル以上ではない研究能力は、
糞も味噌も一緒にされているように、私には見受けられます。

ですね。つか、彼が言っているのは「独創性」というよりは単に研究のレベル(これも「彼の考える」…という限定つきですが)の問題なんじゃないかと思ったり。わたしゃ賢くないので難しいことはよくわからんのですが、わざわざ複雑なことをしなくともシンプルな研究デザインでもいい研究ってのはたくさんあり得るだろうし、それを認めないってのはいささか狭量なんじゃねーかとも思うわけで。
そんなわけで、基本的にデスマさんのおっしゃっていることに激しく同意です…ってことを言いたいだけのエントリになってしまったのでしたorz

1日1回クリックしていただけるとうれしゅうございます学問・科学ランキング

2006/11/07 | 研究と臨床

関連記事

東大赤門

大学入試で旧帝大に入るくらいの知的能力がない人は心理職は目指さない方が良い?

そんな暴論、誰が放った? 「大学入試で旧帝大に入るくらいの知的能力がない人は心理職は目

記事を読む

採用情報 - 株式会社金子書房

金子書房さんが「心理検査職」の募集をしてます

昨日、Twitterでもつぶやきましたが、心理アセスメント関連の書籍の出版で(私の中では)有

記事を読む

研究計画書の考え方

非心理系学科卒で臨床心理士指定大学院に入るのに心理系学科への編入・学士入学は必要か?

読者の方のメッセージから 先日、読者の方からメールフォームにてメッセージいただきました

記事を読む

ブログを書く手

研究の対象者をブログで募集することの問題点

何年前のことだろうか… 遥か昔…と言っても、このブログを始めて数年くらいの頃ですが、表

記事を読む

螺旋階段

臨床家として、研究者として、どのように生きていくのかということ

ためになった勉強会。来年度も参加するかどうか… 今年度、月1で開催される某勉強会に参加

記事を読む

新着記事

心的変化を求めて

【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。...

記事を読む

プレイボール2

あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか...

記事を読む

スープカレー lavi

学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜...

記事を読む

こ北海道の紅葉

学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日...

記事を読む

ジンギスカン

一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ...

記事を読む

コメント/トラックバック (7件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1. >「まだ誰も手がけていない内容」程度
    これはもちろん世界における研究の動向を踏まえてという意味ですよね?誰も手がけていない内容,ということを確認するだけでも相当な手間がかかります。まして,Journal of Consulting and Clinical Psychologyとかでやりたかったことがやられてたら,それ以上のことを確認するのは一学生には到底無理です。
    簡単な実験とか大学生サンプルの小調査ならまだしも,「臨床心理学」において先人が積み上げた事以上の研究をするのは,相当難しいと思います。

  2. >izugaeruさん
    > これはもちろん世界における研究の動向を
    > 踏まえてという意味ですよね?
    もちろん、最新の動向をおさえておく必要はありますが、本当にオリジナルな「まだ誰もてがけていない」研究ってのは実は不可能なのだと思います。
    つーか、学部時代に知覚系のせんせーがそう言ってたのをふと思い出しました。
    なので「(調べられる範囲で)まだ誰も手がけていない」位でいいんじゃないですかね?
    ちなみに
    > まして,Journal of Consulting and Clinical Psychologyとかで
    > やりたかったことがやられてたら,
    > それ以上のことを確認するのは一学生には
    > 到底無理です。
    この点に関しては、例えば似たような内容であっても被検者の所属する文化圏が異なるってだけで「誰もてがけたことのない」研究になる可能性もあるんじゃないすかね?そうした文化的要因が影響する可能性があるとしたら。
    > 「臨床心理学」において先人が積み上げた事以上の
    > 研究をするのは,相当難しいと思います。
    臨床心理学ってそんな狭い学問なんですかねえ?似たような研究でも、例えば社会心理学の方面でやられているような研究を臨床的観点から再検討するってだけでも研究として成立すると思うし、そう考えると可能性はかなり広がるように思いますよ。
    あとは似たような内容であってもどれだけ「違う」というところに説得力をもたせられるか…という「論理性」にかかっているのではないですかね?

  3. というわけで、私はそんな大それた「独創性」を求めているわけではないのです。
    それよりはどれだけ自分でその研究に説得力をもたせられるのかってことが大事なのではないかと思いますですよ。
    それはつまり、どれだけ自分の治療に説得力をもたせられるのかってことに繋がるのではないかと思うのですよ。

  4. はじめてカキコさせていただきます。
    いつも興味深く読ませていただいてます。
    一連のエントリに同意しつつ、ちょっと思ったのは、
    研究ってなんのためにするんだろう?自分にとってのメリットは?ということです。
    まあ、研究からすごいパラダイムを打ち出して世に名を残すという壮大なる野望ってのもありですが、そんなんすごく敷居が高い。
    それよりまずは、なにかに興味のあることを研究することで、その分野の研究者たちとの交流が生まれて、情報交換できて、自分にフィードバックできるのではないかと思いました。
    そう考えると、大それた「独創性」って必要ないのかなあ?なんて思ってみたり。
    それに、そうやって刺激をうけてれば、そのうちいい独創性が生まれるかもしれないし^^;

  5. 私もデスマさんのコメントに激しく同意です。なんか自分のいいたかったことを全部言っていただいた感じがします。スバラシス。
    結局彼が研究において何を重要視しているかというと成果や結果なんでしょうね。例えばIFの高い雑誌に載せる、とか研究費を引っ張ってこれるかとか産業に直結するかとかですね。「独創性」とか「論理性」とかはあくまでツールとしか考えてないのかもしれません。あくまで私の印象ではありますが神経科学や分子生物なんかやっている人に関して言えばそういう人が多いかもしれません。
    一応私もいろんな分野に身をおいたことがありますのでそれを踏まえた上でのイメージを言いますと神経科学や基礎医学は「勝つための研究」をする感じで、心理学は「きれいな研究」をするというイメージがあります。
    つまりアウトプットの出し方は基礎医学が上手いけど、研究そのもの厳密さ、細部へのこだわりというのは心理学のほうが勝っているように個人的には感じます。
    もちろんこれはロテさんもおっしゃってますように比較して良し悪しを論じることに意味はありませんし、そもそも善悪などつけようがありません。
    ただ、互いの分野のアドバンテージのある部分に目をつけるというのは互いの研究を発展させるうえでの大きなヒントになると思います。ですので他分野を偏見無く理解するというのはとても大切だと思うのです(これは研究だけの話ではなく、他の仕事などに対しても言えると思います)。
    ただ、残念ながら現実にはそうはいかないみたいですね。私の周囲に関して言えばあまり偏見無く心理学を見てくれた人はごく少数でした。だからこの一連のエントリをみて残念な気持ちになってしまいました。
    なんかまとまらなくてすみません。

  6. >やまもんきさん
    コメントありがとうございます。
    > 研究ってなんのためにするんだろう?
    > 自分にとってのメリットは?ということです。
    わたし個人としましては「面白いから」ってことだったりします。基本的には臨床やるのと同じ理由なんですが…。
    そんな大それた発見とかできなくとも、自分が知らないことを知ることができるってのは面白いことなんじゃないかと思うのですよね。
    もちろんその中で目に見える業績が得られるのかもしれないし、やまもんきさんがおっしゃるように大切な人との繋がりってのができるかもしれないし。
    …うん。だから「(これまで知られていなかった)自分が知りたいこと」を知るのに必要な程度の「独創性」とか「創造性」は必要なのかな、と。

  7. >ミラノさん
    > 「勝つための研究」
    ってのは正にそうでしょうね。IFが重視されるのもそういう風潮があるからこそでしょうし。
    > 互いの分野のアドバンテージのある部分に
    > 目をつけるというのは互いの研究を発展させるうえでの
    > 大きなヒントになると思います。
    > ですので他分野を偏見無く理解するというのは
    > とても大切だと思うのです
    聞く人が聞いたら甘っちょろい理想論なのかもしれませんが(政治とか色々あるし)、でもそういう態度は大事ですよね。
    んー…偉い人がああいう事を言ってしまうのを聞くとやっぱり悲しいですよね。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
心的変化を求めて
【ご恵贈】ハーグリーブス&ヴァーケヴカー 編・松木邦裕 監訳『心的変化を求めて: ベティ・ジョセフ精神分析ワークショップの軌跡』【感謝!】

ちょっと更新サボっておりましたが、ぼちぼち行きたいと思います。

プレイボール2
あのちばあきおの『プレイボール』の続編が出てるの知らなかった

本当にもう、最近の漫画には疎くてですね、これ、出てるの知らなか

スープカレー lavi
学会2日目終わって疲れたので北海道で食べた美味しかったものの写真を貼るよ

こちらは新千歳空港内「スープカレーlavi」の“チキンto野菜

こ北海道の紅葉
学会1日目疲れたの巻

日づけ捏造の上、簡易更新で失礼いたします。 10月28日

ジンギスカン
一人ジンギスカンを堪能するの巻

北海道きたー。 結局… 明日、札幌界隈にいてめちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑