Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

看護研究再び

公開日: : 研究と臨床

(※FMラジオのDJ風に)はーい、じゃ、次のお便りいってみよーかー。
看護研究に悩めるナースKIKO139さんからのお便り。
ナースって言葉がそそるよねHAHAHA!

はじめまして。いきなりなんのこと?かと思われると思います。
実は、看護研究のアンケート調査に参考になるものを検索したところロテ職人さんの昨年のページにめぐりあいました。
正直なところ統計・分析が全く無知に近い状態でして、どうしょうかな?と考えていました。研究前後のアンケート調査でしか研究の評価ができない内容なのでアンケート作成から慎重にとは考えています。
とりあえずロテ職人さんご紹介の「すぐわかるSPSSによるアンケート調査・・・」は購入の手配をしました。最低今月中にはアンケートを作成して来月早々に実施しなければいけないのですが、この本を読んでこのど素人にでもできますでしょうか?

んー、そろそろこの本は届いた頃かな?

すぐわかるSPSSによるアンケートの調査・集計・解析 すぐわかるSPSSによるアンケートの調査・集計・解析
内田 治

東京図書 2002-04
売り上げランキング : 65865

Amazonで詳しく見る by G-Tools

確かにこの本は使える本だねぇ~。ただ、これ1冊だと…心もとないかもしれないYo!
まずはどんな分析やりたいんだい?どんなことが知りたいんだい?
質問紙作る前にそれをはっきりさせておくべきさHAHAHA!
分析手法によってはこっちも必要になるかもNe!

すぐわかるSPSSによるアンケートの多変量解析 すぐわかるSPSSによるアンケートの多変量解析
内田 治

東京図書 2003-03
売り上げランキング : 94616

Amazonで詳しく見る by G-Tools

初心者にはこちらもお勧めだYo!

SPSSでやさしく学ぶアンケート処理 SPSSでやさしく学ぶアンケート処理
加藤 千恵子 石村 貞夫 盧 志和

東京図書 2003-05
売り上げランキング : 85774

Amazonで詳しく見る by G-Tools

こちらのエントリで紹介してるこの本は、具体的なイメージをつかむのには最適だ。HAHAHA!分析結果の書き方なんかも丁寧に書かれててグーだYo!

研究事例で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析 研究事例で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析
小塩 真司

東京図書 2005-10
売り上げランキング : 9096
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

また何かわからないこと(きっとわからないことだらけかな・・)があればご相談にのっていただけますでしょうか

もちろんさ!ラジオの前のリスナーからのお便り、まってるZe!
じゃ、聴いてください。KIKO139さんからのリクエストでW(ダブルユー)の『ロボキッス』

ロボキッス ロボキッス
W つんく 高橋諭一

アップフロントワークス(ゼティマ) 2004-10-14
売り上げランキング : 41474
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

・・・・・・・・・・・・
書いてて疲れてきたんでこの辺でやめておきます。てか、俺の中の「FMラジオのDJイメージ」って…。もちろん、最後のリクエストもウソです。
せっかくメールいただいたので他のお薦め本もご紹介させていただきました。また何かご質問がありましたらどーぞ(忙しい時にはお返事かけないかもしれませんが…ごめんなさいです)。

1日1回クリックお願いして、飛んだ先からまた当ブログに戻ってきていただけると大変うれしかったり学問・科学ランキング

2006/11/10 | 研究と臨床

関連記事

採用情報 - 株式会社金子書房

金子書房さんが「心理検査職」の募集をしてます

昨日、Twitterでもつぶやきましたが、心理アセスメント関連の書籍の出版で(私の中では)有

記事を読む

研究計画書の考え方

非心理系学科卒で臨床心理士指定大学院に入るのに心理系学科への編入・学士入学は必要か?

読者の方のメッセージから 先日、読者の方からメールフォームにてメッセージいただきました

記事を読む

ブログを書く手

研究の対象者をブログで募集することの問題点

何年前のことだろうか… 遥か昔…と言っても、このブログを始めて数年くらいの頃ですが、表

記事を読む

螺旋階段

臨床家として、研究者として、どのように生きていくのかということ

ためになった勉強会。来年度も参加するかどうか… 今年度、月1で開催される某勉強会に参加

記事を読む

本棚と本

それでも心理臨床家が「理論」や「根拠」にこだわらねばならない理由 @39you1さんのつぶやきへの返信

@39you1さんのつぶやきから 14/01/27のエントリ、「最終学歴=博士後期課程

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑