Psychologists&Students
Psychiatrists
Others

検査所見はちゃんと書こうぜ

公開日: : 臨床心理学

たまにはちょっと真面目な話。
先日、ある心理系専門職(微妙な書き方だなぁ)の方からうかがったお話。その方の知り合いでこれまた心理系専門職の方は職場でロールシャッハをとったりすることもしばしばあるそうなんですが、少なくともロールシャッハに関しては3~4行くらいの所見しかかかないのだそう。
えーと…
心理検査所見はちゃんと書きましょうよ。で、それができないんだったら、心理検査やるのやめましょうよ。


別に「長々と書いてある所見=良い所見」なんてことは言いません。グダグダとくだらないことの書いてある検査所見を私も見たことがありますから。
それに私自身、時間のない医師からのオーダーが多いこともあって、最終的な結論は3~4行くらいでコンパクトにまとめるようにしております。でもね、わざわざ時間をかけてロールシャッハまでやっておいて3~4行程度のことしか書けないのなら、それは明らかに時間の無駄ですよ。
心理検査所見を書く目的として、とりあえずオーダー理由に応えるということはもちろんありますが、後々その所見を他の専門家が見た時にどうしてそのような結論・見立てが導きだされるのか、そのプロセスを残しておくという意味合いが非常に重要なのではないかと思っております。
数学のテストで最終的な解だけを書いたのでは点数が半分以下しかもらえないように、どうしてそのようなまとめになるのかということが重要だと思うのですよね。
で、ひょっとしたら「そんなロールシャッハなんて意味ないから」と思いながら、実際には使わざるを得なくて使っている人もまたいるかもしれません。そんなんじゃ、技術を習得しようという気にはならないでしょうし、またその程度の所見しか書けないのは当然かもしれません。
でもそう思っているのであれば、ロールシャッハなんてやるのはやめましょう。時間の無駄です。テスターも貴重な時間を割いて検査しているのでしょうし、何よりも被検者に不要な負担をかけるのは専門家としていかがなものでしょうか?
意味がないと思っているなら、オーダーが出た時点で断りましょう。それが専門家の責任というものではないでしょうか。
…で、きっとアセスメント技法そのものだったり、あるいはテストバッテリーの組み方だったりについては、いくつか文献もありますし、大学院の授業その他で色々学んでいるはずなのだと思います。ただ、心理検査所見の書き方について体系的にまとめた本って(日本語では)実は存在しないんじゃないかと思います(海外ではどうなのかってのは調べていないのでわかりません。詳しい人がいましたら情報プリーズ)。
手元にある本で近いのはこの辺ですが…

心理査定プラクティス 心理査定プラクティス
岡堂 哲雄

至文堂 1998-06
売り上げランキング : 152912

Amazonで詳しく見る by G-Tools

心理アセスメントハンドブック 心理アセスメントハンドブック
上里 一郎

西村書店 2001-06
売り上げランキング : 174125
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

診断と見立て―心理アセスメント 診断と見立て―心理アセスメント
氏原 寛 成田 善弘

培風館 2000-02
売り上げランキング : 253163
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

…でも所見を書くということが目的の本ではないですね。
もし今から5年後、まだそういう本がないのであれば、いっそ私が書きましょうか(今はまだちょっと無理)。その手の本を企画している方がいらっしゃいましたら、今が狙い時ではないかと思います。そしてきっと出せばそれなりに売れると思います。
ただ、きっとその手の本をまともに書こうと思ったら、結局は「心理アセスメント論」という包括的な話になってしまうので、単著だと難しいかもですね。
とりあえず今は今やるべきことを頑張ろうと誓うロテ職人なのでした。

1日1回クリックして、順位確認後、飛んだ先からまた当ブログに戻ってきていただけると大変うれしかったり学問・科学ランキング

2006/12/04 | 臨床心理学

関連記事

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生きております。 しかし何な

記事を読む

Reme クラウドファンディング

“心の専門家を身近にするQ&Aサービス”Reme(リミー)さんのパトロンになってみた

Remeさんがクラウドファンディングを開始! 2015年10月にβ版サイトをオープンし

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【催眠】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その2【臨床動作法】

さてさて昨日のエントリ、【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加

記事を読む

Reme 第1回 臨床心理士向け研修会

【長谷川明弘】Remeさんの第1回臨床心理士向けワークショップに参加した!その1【杉山崇】

Remeさん主催の初めての研修会! 去る4月24日の日曜日。東京都のど真ん中、千代田区

記事を読む

ノリで採用を決める人事担当者

心理臨床家の能力をアセスメントするのって難しいよねという話

タイトル書いてから思ったんですが、この話題って、論文検索すれば関連するテーマでいくつもヒットしそうな

記事を読む

新着記事

疑問

ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ...

記事を読む

黒子がPCを再起動

再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き...

記事を読む

いつも怒っている父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ...

記事を読む

不満爆発父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移...

記事を読む

激おこ父さん

「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月...

記事を読む

コメント/トラックバック (5件)

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

  1.  確かに所見の書き方を教えてくれる書籍は見当たりませんよね。病院で実習を始めた初心者の頃は、何をどのように所見を書けばよいか分からず困っていました。
     高橋先生の「ロールシャッハ診断法1」の最後に少しだけ所見の書き方の章がありましたが、もちろんそれだけで所見が書けるわけもなく、ある程度の臨床経験なしにはこのオーダーでどの情報を記すことが必要かの判断はできませんね。今でも不安がないわけではありませんし。この辺は「見立て」と一緒ですね。
     所見の書き方の本、あるといいですよね。

  2. わたしにもRテストの判定書について苦い経験があります。40数年前、武庫川病院というところに勤務していたとき、判定結果をA4二枚ほどにぎっしり書いて院長からこっぴどく叱られたことがあります。院の報告書ではあるまいし、多忙な自分には君のレポートに付き合っている暇はないのだ!結局、しんりてすとからみてこの患者さんが分裂病なのか、分裂病とすれば何型なのかを書いてくれれば良いと仰るのです。報告書を出すときにこころがけたいのはその読み手が誰なのか、その医師は何得御もとめているのかということです。
     武庫川病院の医局には非常勤を含めて10数人の意思が勤務されていたのですが、それらの医師とは常時、行動をともにし、昼食も一緒、飲み会も一緒、気心の知れている人たちでした。
     当時、わが国の病院勤務の常勤の心理士は全国でも全国でも30人といない頃でしたが武庫川病院には10人近いスタッフがいました。流石、後に医大に発展したほどの病院です。
     当時から、その病院ではテストは質問紙が中心でしたが、投影法にはRテストとTAT,バウム、ゾンディなどがつかわれていました。
     Rテストでわれわれが重視したのは反応潜時、反応領域、決定因、反応内容などで、実験心理学の出身者で占められていた心理室では精神分析的な解釈が取られることは極力さけられていました。反応領域での仮説、決定因での仮説、反応内容での仮説が一致したときのみ判定に信頼性があると教えられました。いずれにしろRテストは知覚テストの一つとして捉え、量的分子を中心に体験型にもとずく説明をもって判定書をかきあげていました。
     

  3. >nocteさん
    > 所見の書き方の本、あるといいですよね。
    そう。意外にないんですよ。
    そして広義の心理アセスメント=「見立て」について包括的に述べた本も実はそんなになかったりして。
    その辺はきっと「職人芸」的に先輩から後輩へ伝えられているものなのだと思いますが、そのノウハウをまとめた本は書けないものかな、と思っている次第であります。
    ま、私にとっての壮大な夢ということで。

  4. >donさん
    > 判定結果をA4二枚ほどにぎっしり書いて
    > 院長からこっぴどく叱られたことがあります。
    それは書きすぎw
    > その読み手が誰なのか、その医師は
    > 何得御(※ロテ注:「何を」のタイプミス?)もとめているのかということです。
    まさにその通りです。で、問題はその医師が経験のない若い研修医だったりすると、医師自身が何を求めてオーダーを出しているのか理解していなかったりもします。
    そんなところも見越した上で、私としましては的確な指導ができたらなぁと思っております。

  5. ロールシャッハテストの権威「上芝功博」先生の「報告書の書き方」という本がかなり参考になると思います。わたしも一冊持ってます。そのほか、地域の研究会の先輩や、学会で出会った方等に、報告書を見せていただいたりもしました。多種多様ですが、大変参考になりましたよ!


follow us in feedly
  • 某総合病院精神科勤務の臨床心理士であり臨床心理学者(自称)。なんだかんだで2児の父。妻との仲もそれなりに良好
疑問
ん?

超久しぶりの投稿です。 明日から継続して投稿できるかなあ

黒子がPCを再起動
再起動します

みなさまお久しぶりでございます。 わたくし、なんとか生き

いつも怒っている父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(後編)

このシリーズもついに完結…するのかどうか実は微妙です。書いてみ

不満爆発父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(中編)

さてさて、昨日のエントリ、「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移

激おこ父さん
「日本臨床心理士会が公認心理師の職能団体へ移行する?」という問題に対する現在のワタクシの見解(前編)

またまたお久しぶりの更新になってしまいました。前回の更新が5月

→もっと見る

PAGE TOP ↑